九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
平野 羊嗣(ひらの ようじ) データ更新日:2021.05.11

講師 /  九州大学病院 精神科神経科 精神病態医学


主な研究テーマ
AMPA受容体標識PETプローブを用いた精神神経疾患横断的研究
キーワード:AMPA受容体、PET、統合失調症、双極性障害、うつ病、発達障害、ARMS
2018.11~2021.03.
多言語音声知覚における脳内リズムと意味理解
キーワード:時間窓, 音声知覚, 劣化音声, 統合失調症, 脳内リズム
2019.04~2024.03.
統合失調症発症前後の脳画像機械学習と計測最適セットの提案:アジア多施設共同研究
キーワード:初発統合失調症, ARMS, アジア, MRI研究コンソーシアム, マルチモダリティ, 機械学習
2019.04~2022.03.
神経症傾向と感情制御・健康との関わり:社会・生物の二項対立の超克へ向けて
キーワード:神経症傾向, 文化, 感情制御, 健康, 脳波, 脳波測定, 行動調整傾向, 感情
2017.04~2020.03.
統合失調症の情動制御障害に関する神経同期活動異常の同定
キーワード:統合失調症、ガンマオシレーション、神経同期活動、情動制御障害
2019.05~2021.03.
初発統合失調症とハイリスク群におけるγ帯域皮質活動異常の包括的解明
キーワード:初発統合失調症、ハイリスク群、γ帯域皮質活動
2015.04~2018.03.
統合失調症・双極性障害の脳機能評価
キーワード:統合失調症 双極性障害 脳機能画像 脳磁図 認知機能評価
2004.04.
従事しているプロジェクト研究
神経同期活動を軸にした統合失調症の橋渡し研究 : 病態解明と新規治療法開発にむけて
2021.04~2025.03, 代表者:平野羊嗣, 九州大学, 日本.
脳構造と脳機能から精神疾患を再分類する取り組み:5カ国国際共同研究
2020.10~2025.03, 代表者:平野羊嗣, 九州大学, 日本.
AMPA受容体標識PETプローブを用いた精神神経疾患横断的研究
2019.04~2021.03, 代表者:高橋琢哉, 横浜市立大学大学院医学研究科生理学, 横浜市立大学(日本)
統合失調症をはじめとする精神疾患の原因解明は難渋しており、既存の疾患概念を超えた視点による研究が緊急課題である。興奮性グルタミン神経系のAMPA受容体は、基礎研究により統合失調症様症状の発現や発病への関与が明らかになっているが、今までヒトの検証はできていない。そこで本多施設共同研究では、世界初の試みとして、統合失調症患者の脳内のAMPA受容体密度を、放射性リガンド[11C]K-2を用いた陽電子放射断層撮影(PET)検査により測定し、AMPA受容体が統合失調症の発病やその病態にいかに関連しているか解明する。また各精神疾患(統合失調症、双極性障害、うつ病、発達障害、ARMS)において、疾患横断的に、AMPA受容体密度と重症度が相関する脳領域の同定も行う。.
Development of SCII-11for ICD-11 Mental and Behavioural Disorders
2017.04, 代表者:Michael B. First and Geoffrey M. Reed, Clinical Psychiatry at Columbia University, WHO (World Health Organization), コロンビア大学(米国)、WHO(世界保健機関)
Since 2017 an international workgroup consisting of psychologist and psychiatrist researchers and clinicians with expertise in devising diagnostic instruments has been developing a Structured Clinical Interview based on the ICD-11: the SCII–11. The aim of the SCII-11 is to provide Mental Health Professionals worldwide with a validated, reliable, and clinically useful diagnostic measure to standardize and facilitate the process of accurate Psychiatric diagnosis in a broad range of settings. .
Evaluation of ICD-11 ‘Mental and behavioural disorders’
2016.04, 代表者:Michael B. First and Geoffrey M. Reed, Clinical Psychiatry at Columbia University, WHO (World Health Organization), コロンビア大学(米国)、WHO(世界保健機関)
To evaluate the reliability and clinical utility of new ICD-11 draft with WHO members.
多言語音声知覚における脳内リズムと意味理解
2019.04~2024.04, 代表者:上田和夫, 九州大学芸術工学研究院, 九州大学(日本)
連続的に流れてくる音声を聴きとり、意味を理解するためには、音声の細かい時間的な変化と、大まかな変化の両方を捉えて、子音や母音を聴きとることと、文脈を理解することの両方が必要とされている。そして、脳内にもこれらに対応する二つのしくみが存在するとされてきた。しかし、この二つのしくみがどのように組み合わされて音声が理解されているのかは,まだよく分かっていない。 九州大学芸術工学研究院の上田和夫准教授との共同研究である本研究では、音声の時間的な変化を劣化させた音声を合成し、劣化の度合によって音声の聴き取りがどう変化するのかを調べることで、音声知覚と脳内リズムの謎の解明に役立てる。また、健常者と聴覚処理異常があるとされる統合失調症患者で同現象を比べ、音声知覚と脳内リズム異常を軸とした病態の解明を目指す。.
統合失調症発症前後の脳画像機械学習と計測最適セットの提案:アジア多施設共同研究
2019.04~2022.03, 代表者:小池進介, 東京大学大学院総合文化研究科, 東京大学(日本)
アジア精神病MRI研究コンソーシアム(ACMP)により、初発統合失調症を中心とした大規模マルチモダリティ脳画像データを集積する。疾患共通性・特異性に着目した生物学的要因を検討しつつ、大規模データを生かした機械学習により、臨床応用可能なバイオマーカー開発を目指す。10,000計測を超えるMRIデータ量を取り扱う解析・機械学習パイプラインを備え、効率的な前処理・解析分担の仕組みを作る。病態解明、バイオマーカー開発だけでなく、臨床現場で実施可能な必要計測手法の提案を行い、アジアの精神疾患脳画像研究拠点を構築することを目指す。.
神経症傾向と感情制御・健康との関わり:社会・生物の二項対立の超克へ向けて
2017.04~2020.03, 代表者:内田由紀子, 京都大学こころの未来研究センター, 日本
京都大学こころの未来研究センター内田由紀子教授との共同研究である本研究の目的は、神経症傾向のの適応価が行動調整傾向の強弱に応じて変動するかを検討することである。負の情報へ行動調整傾向とは、負の情報への敏感性を促す性格特性で、疾病・精神疾患などの不適応症状の予測因子であるとされる。一方で神経症傾向は、さまざまな危険・脅威を効率的に検知することを可能にする。従って、自らの行動を柔軟に調整し周囲に合わせる傾向が高い場合には、神経症傾向は適応的になり得るであろう。適応の指標としては、脳誘発電位を用いて測定する感情制御能力を用いる。.
統合失調症患者の聴覚情報処理と視覚情動処理異常に関連した社会機能障害の解明
2004.04~2008.03, 代表者:神庭重信, 九州大学大学院医学研究院精神病態医学, 日本
統合失調症に患者にみられる、聴覚情報処理の異常や、感情の読み取りの問題、情動処理の障害、それに伴う社会機能障害について、主に電気生理学的手法(脳磁図・脳波・NIRS)を用いて検証する。.
統合失調症の情動制御障害に関する神経同期活動異常の同定
2018.04~2021.03, 代表者:平野羊嗣, 九州大学大学院精神病態医学, 日本
本研究では“統合失調症の重篤な社会機能障害の原因でもある情動制御障害の病態に、ガンマ帯域神経振動異常が関わっている”との病態仮説を立て、それを詳細に検証していく。最終的には、BMI (Brain-machine interface) のデバイスとして脳波・脳磁図を用い、ニューロフィードバックによって、情動を自己制御する治療方法の開発を目指す。研究費総額:4,420,000円。.
初発統合失調症とハイリスク群におけるγ帯域皮質活動異常の包括的解明
2015.04~2018.03, 代表者:平野羊嗣, 九州大学病院精神科神経科, 日本
統合失調症の発症前後におけるγ帯皮質活動異常の、縦断的かつ包括的な解明を進めることで、同疾患の早期診断や早期介入、新規治療法といった臨床応用を視野に入れたBiomarkerの確立を目指す。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Alexandra Wolf, Kazuo Ueda, Yoji Hirano*, Recent updates of eye movement abnormalities in patients with schizophrenia: A scoping review., Psychiatry and Clinical Neurosciences, 10.1111/pcn.13188, 2020.12.
2. Yoji Hirano*, Itta Nakamura, Shunsuke Tamura, Toshiaki Onitsuka, Long-Term Test-Retest Reliability of Auditory Gamma Oscillations Between Different Clinical EEG Systems, Frontiers in Psychiatry, 10.3389/fpsyt.2020.00876, 2020.09.
3. Daiki Kobayashi, Michael B First, Takuro Shimbo, Shigenobu Kanba, Yoji Hirano*, Association of self-reported religiosity with the development of major depression in multireligious country Japan., Psychiatry and Clinical Neurosciences, 10.1111/pcn.13087, 2020.06.
4. Yoji Hirano*, Shunsuke Tamura, Recent findings on neurofeedback training for auditory hallucinations in schizophrenia., Current Opinion in Psychiatry, 10.1097/YCO.0000000000000693, 2021.01.
5. Shogo Hirano, Kevin M. Spencer, Toshiaki Onitsuka, Yoji Hirano*, Language-Related Neurophysiological Deficits in Schizophrenia, Clinical EEG and Neuroscience, 10.1177/1550059419886686, 2019.01, [URL].
6. Yoji Hirano, Naoya Oribe, Toshiaki Onitsuka, Shigenobu Kanba, Paul G. Nestor, Taiga Hosokawa, Margaret Levin, Martha E. Shenton, Robert W. McCarley, Kevin M. Spencer, Auditory Cortex Volume and Gamma Oscillation Abnormalities in Schizophrenia, Clinical EEG and Neuroscience, 10.1177/1550059420914201, 2020.01, [URL].
7. Naoya Oribe, Yoji Hirano, Elisabetta del Re, Larry J. Seidman, Raquelle I. Mesholam-Gately, Kristen A. Woodberry, Joanne D. Wojcik, Takefumi Ueno, Shigenobu Kanba, Toshiaki Onitsuka, Martha E. Shenton, Jill M. Goldstein, Margaret A. Niznikiewicz, Robert W. McCarley, Kevin M. Spencer, Progressive reduction of auditory evoked gamma in first episode schizophrenia but not clinical high risk individuals, Schizophrenia Research, 10.1016/j.schres.2019.03.025, 208, 145-152, 2019.06, [URL].
8. Yoji Hirano, Naoya Oribe, Shigenobu Kanba, Toshiaki Onitsuka, Paul G Nestor, Kevin M Spencer, Spontaneous Gamma Activity in Schizophrenia, JAMA Psychiatry, 10.1001/jamapsychiatry.2014.2642., 72, 8, 813-821, 2015.08, [URL], We found increased spontaneous gamma activity during auditory steady-state stimulation in schizophrenia (SZ), reflecting a disruption in the normal balance of excitation and inhibition. This phenomenon interacts with evoked oscillations, possibly contributing to the gamma ASSR deficit found in SZ. The similarity of increased spontaneous gamma power in SZ to the findings of increased spontaneous gamma power in animal models of NMDAR hypofunction suggests that spontaneous gamma power could serve as a biomarker for the integrity of NMDARs on parvalbumin-expressing inhibitory interneurons in humans and in animal models of neuropsychiatric disorders..
9. Shogo Hirano, Yoji Hirano, Toshihiko Maekawa, Choji Obayashi, Naoya Oribe, Toshihide Kuroki, Shigenobu Kanba, Toshiaki Onitsuka, Abnormal neural oscillatory activity to speech sounds in schizophrenia: A magnetoencephalography study, The Journal of Neuroscience, 10.1523/JNEUROSCI.5031-07.2008, 28, 19, 4897-4903, 2008.05, [URL].
10. Yoji Hirano, Shogo Hirano, Choji Obayashi, Naoya Oribe, Akira Monji, Kiyoto Kasai, Shigenobu Kanba, Toshiaki Onitsuka, Auditory gating deficit to human voices in schizophrenia: a MEG study, Schizophr Res, 10.1016/j.schres.2009.09.003., 117, 1, 61-67, 2010.03, [URL].
11. Yoji Hirano, Toshiaki Onitsuka, Toshihide Kuroki, Yuji Matsuki, Shogo Hirano, Toshihiko Maekawa, Shigenobu Kanba, Auditory sensory gating to the human voice: A preliminary MEG study, Psychiatry Research - Neuroimaging, 10.1016/j.pscychresns.2007.07.002, 163, 3, 260-269, 2008.08, [URL].
12. Naoya Oribe, Yoji Hirano, Shigenobu Kanba, Del Re E, Seidman L, Mesholam-Gately R, Goldstein JM, Shenton M, Spencer KM, McCarley RW, Niznikiewicz M, Progressive Reduction of Visual P300 Amplitude in Patients With First-Episode Schizophrenia: An ERP Study, Schizophr Bull, 10.1093/schbul/sbu083, 41, 460-470, 2015.03, [URL].
13. Naoya Oribe, Yoji Hirano, Shigenobu Kanba, Elisabetta C. del Re, Larry J. Seidman, Raquelle Mesholam-Gately, Kevin M. Spencer, Robert W. McCarley, Margaret A. Niznikiewicz, Early and late stages of visual processing in individuals in prodromal state and first episode schizophrenia: An ERP study, Schizophrenia Research, 10.1016/j.schres.2013.01.015, 146, 1-3, 95-102, 2013.05, [URL].
14. Itta Nakamura, Yoji Hirano, Naotoshi Ohara, Shogo Hirano, Takefumi Ueno, Rikako Tsuchimoto, Shigenobu Kanba, Toshiaki Onitsuka, Early Integration Processing between Faces and Vowel Sounds in Human Brain: An MEG Investigation, Neuropsychobiology, 10.1159/000377680, 71, 4, 187-195, 2015.06, [URL].
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 平野羊嗣, 統合失調症の神経生理学的な知見(Neurophysiological findings in patients with schizophrenia), 医学のあゆみ. 医歯薬出版, 2019.08, [URL].
2. Shogo Hirano, Kevin M. Spencer, Toshiaki Onitsuka, Yoji Hirano*, Language-Related Neurophysiological Deficits in Schizophrenia, Clinical EEG and Neuroscience, 10.1177/1550059419886686, 2019.01, [URL].
主要学会発表等
1. Yoji Hirano, Takako Mitsudo, Shunsuke Tamura, Attention to Sound Stimuli Modulates Gamma Oscillation: Towards Neurofeedback Training, The 2021 Congress of The Schizophrenia International Research Society, 2021.04.
2. 平野羊嗣, 精神現象の可視化:ガンマオシレーションを軸にした統合失調症の病態解明と治療, 第42回日本生物学的精神医学会年会, 2020.08.
3. 平野羊嗣, Oscillatory Neurophysiological Biomarkers in Schizophrenia – Toward Translational Research –(基礎-臨床連携シンポジウム), 第43回日本神経科学大会, 2020.07.
4. 平野羊嗣, Sensory Processing and Neural Oscillation Deficits in Schizophrenia: Towards Asian Consortium on EEG studies in Psychosis(シンポジウム23), 第41回日本生物学的精神医学会, 2019.06.
5. Yoji Hirano, Naoya Oribe, Robert W McCarley, Kevin M Spencer, Spontaneous and Evoked Auditory Gamma Abnormalities in First-Episode Schizophrenia: A Longitudinal Study, The ACNP Annual Meeting, 2019.12.
6. Yoji Hirano, Spontaneous Gamma Activity in Schizophrenia, 6th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology, 2019.10.
7. Yoji Hirano, Abnormal Cortical Activities in Schizophrenia -Potential Novel Targets for Clinical Applications-, Asia Pacific Society for Biology and Medical Sciences 2019 Annual Meeting, 2019.07.
8. Yoji Hirano, Sensory processing dysfunction and abnormal neural oscillation in schizophrenia, UNSW Sydney Psychiatry Lecture, 2019.03.
9. 平野羊嗣, 統合失調症の神経生理学的研究 -ここまで分かった統合失調症-(若手中堅シンポジウム), 第13回日本統合失調症学会, 2018.03, [URL].
10. Yoji Hirano, Abnormal Neural Oscillation and Auditory Hallucination in Schizophrenia, The International Consortium on Hallucination Research 2018 KYOTO, 2018.09, [URL].
11. Yoji Hirano, Kevin Spencer, Abnormal cortical activities in psychosis: toward translational research, 生物学的精神医学会, 2018.09, [URL].
12. Yoji Hirano, Progressive spontaneous and synchrony gamma-band oscillation deficits in first episode schizophrenia., The 2018 Congress of The Schizophrenia International Research Society, 2018.04.
13. Yoji Hirano, Toshiaki Onitsuka, Kevin M Spencer, Abnormal cortical activities in psychosis: toward translational research, The 21st International Conference on Biomagnetism, 2018.08, [URL].
14. Yoji Hirano, Altered Gamma Oscillation Patterns During Name Recognition in Schizophrenia, 16th International Congress on Schizophrenia Research, 2016.03, [URL].
15. 平野羊嗣, 統合失調症の神経生理学的研究, 第46回日本臨床神経生理学会学術大会, 2016.10, [URL].
16. 平野羊嗣, 統合失調症のガンマ帯域神経活動異常, 第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会合同年会, 2016.09, [URL].
17. Yoji Hirano, Kevin Spencer, Reduced auditory evoked oscillations and underlying structural abnormality in Schizophrenia, Organization for Human Brain Mapping 2015, 2016.06.
18. 平野 羊嗣, 米国での初発統合失調症の神経生理学的研究, 第44回日本臨床神経生理学会学術大会, 2014.11.
その他の優れた研究業績
2020.04, Topic Editor (Frontiers in Psychiatry).
2019.01, Associate Editor (Psychiatry and Clinical Neurosciences).
2017.01, Ad Hoc Reviewer: The American Journal of Psychiatry, Biological Psychiatry, Scientific Reports, Psychological Medicine, Schizophrenia Research, PLOS ONE, International Journal of Psychophysiology..
学会活動
所属学会名
日本薬物脳波学会
Schizophrenia International Research Society
Society for Neuroscience
Societies of Biological Psychiatry
Society for Psychophysiological Research
Japanese Societies of Biological Psychiatry
World Federation of Societies of Biological Psychiatry
統合失調症学会
九州精神神経学会
日本臨床神経生理学会
日本精神神経学会
学協会役員等への就任
2019.01, 日本薬物脳波学会, 評議員.
2018.01, 日本統合失調症学会, 評議員.
2017.10, 生物学的精神医学会, 評議員.
2017.04, 日本臨床神経生理学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2021.09.19~2021.09.21, 第117回日本精神神経学会学術総会, コアプログラム委員.
2018.10.18~2018.10.19, The International Consortium on Hallucination Research 2018 KYOTO, 実行委員.
2015.03.03~2015.03.06, 5th World Congress of Asian Psychiatry, 事務局.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2019.01, Psychiatry and Clinical Neurosciences, 国際, 編集委員.
2018.01, Frontiers in Psychiatry, 国際, 査読委員.
2017.10, Psychiatry and Clinical Neurosciences, 国際, Art Advisor.
2015.05, Psychiatry and Clinical Neurosciences, 国際, 編集委員.
2015.04~2017.03, 九州神経精神医学誌, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2021年度 15  27 
2020年度 25  10  47 
2019年度 25  35 
2018年度 10    13 
2017年度   11 
2016年度 16    29 
2015年度 16  12    34 
2014年度   16 
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Harvard Medical School, VA Boston Healthcare System, Beth Israel Deaconess Medical Center, Brigham and Women's Hospital, UnitedStatesofAmerica, 2011.02~2014.05.
受賞
第7回若手研究者育成プログラム最優秀奨励賞, 日本生物学的精神医学会, 2020.08.
The SIRS Research Fund Award, Schizophrenia International Research Society, 2019.07.
若手研究者育成プログラム奨励賞, 日本生物学的精神医学会:, 2015.09.
ICOSR Young Investigator Award, International Congress on Schizophrenia Research:, 2015.03.
Fund Award for Brain Science, ブレインサイエンス振興財団:, 2015.11.
TSSR Award, Taiwanese Society of Schizophrenia Research:, 2017.08.
SIRS Travel Award, Schizophrenia International Research Society:, 2018.04.
SIRS Research Fund Award, Schizophrenia International Research Society, 2019.09.
60th Research Grant Award, UBE Industries Foundation, 2020.04.
Outstanding Research Award 2019, Asia Pacific Society for Biology and Medical Sciences 2019 Annual Meeting, 2019.07.
SIRS Young Investigator Award, Schizophrenia International Research Society, 2018.04.
TSSR Award, Taiwanese Society of Schizophrenia Research, 2017.08.
Fund Award for Brain Science, Brain Science Foundation, 2015.10.
Young Investigator Program Encouragement Awards, The Japanese Society of Biological Psychiatry, 2015.09.
Young Investigator Award, International Congress on Schizophrenia Research, 2015.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2021年度~2025年度, 基盤研究(B), 代表, 神経同期活動を軸にした統合失調症の橋渡し研究 : 病態解明と新規治療法開発にむけて.
2020年度~2024年度, 国際共同研究強化(B), 代表, 脳構造と脳機能から精神疾患を再分類する取り組み:5カ国国際共同研究
.
2020年度~2023年度, 基盤研究(C), 分担, 音声と音楽に対する神経振動帯域間相互作用の解明とその障害.
2019年度~2024年度, 基盤研究(A), 分担, 多言語音声知覚における脳内リズムと意味理解.
2019年度~2021年度, 基盤研究(B), 分担, 統合失調症発症前後の脳画像機械学習と計測最適セットの提案:アジア多施設共同研究.
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, 統合失調症の情動制御障害に関する神経同期活動異常の同定.
2017年度~2020年度, 基盤研究(B), 分担, 神経症傾向と感情制御・健康との関わり:社会・生物の二項対立の超克へ向けて.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 初発統合失調症とハイリスク群におけるγ帯域皮質活動異常の包括的解明.
2010年度~2011年度, 若手研究(A,B), 代表, 統合失調症の幻聴及び聴覚情報処理機構障害の解明に関する研究.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2019年度~2020年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, AMPA受容体標識PETプローブを用いた精神神経疾患横断的研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2020年度~2022年度, 60th Research Grant Award (UBE Industries Foundation), 代表, 統合失調症の神経振動異常と神経免疫異常.
2019年度~2021年度, The SIRS Research Fund Award (Schizophrenia International Research Society), 代表, Detecting Neural Dynamics During Emotion Regulation in Patients with Schizophrenia.
2017年度~2019年度, 先進医薬研究振興財団 精神薬療分野研究助成金, 代表, 統合失調症の発症に関わる神経同期活動異常の解明.
2017年度~2020年度, 武田科学振興財団医学系研究奨励, 代表, 統合失調症の病態解明に向けて — 統合失調症の神経振動異常と神経免疫異常 —.
2015年度~2017年度, ブレインサイエンス振興財団研究助成, 代表, 初発統合失調症のγ帯皮質活動異常の解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」