九州大学 研究者情報
総説一覧
奈良岡 浩(ならおか ひろし) データ更新日:2021.06.16

教授 /  理学研究院 地球惑星科学部門 太陽惑星系物質科学


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 奈良岡浩, 隕石中の有機化合物の起源と生成機構, 低温科学, 78, 265-275., doi: 10.14943/lowtemsci. 78. 265, 2020.03.
2. 奈良岡浩, エポックメイキングな隕石たち その6:Murchison隕石〜地球外有機化合物の証拠〜, 日本惑星科学会誌「遊星人」, 2015.10.
3. 奈良岡 浩, 「はやぶさ」粒子の有機化合物分析と「はやぶさ2」, 日本惑星科学会誌, 2013.08.
4. 奈良岡浩, 隕石中の有機化合物-その起源と生成機構, 日本惑星科学会誌 遊星人, 170-175ページ, 1994.08.
5. 力石嘉人, 奈良岡浩, 超微量有機分子の安定水素・炭素同位体比測定とその応用, ぶんせき, 456-462ページ, 2004.08.
6. 奈良岡浩, 有機宇宙化学における分子・同位体分析とサンプルリターン, 日本惑星科学会誌 遊星人, 59-65ページ, 1998.08.
7. 奈良岡浩、山田桂太、松本公平、石渡良志, ガスクロマトグラフ燃焼安定同位体比質量分析計を用いた軽元素の有機分子レベル同位体比測定と地球化学への応用, 地球化学, 193-210ページ, 1997.06.
8. 奈良岡浩, 陸−海洋系における環境試料中の有機分子レベル安定炭素同位体比と地球化学サイクル, 平成9-11年度科学研究費補助金基盤研究B(2)研究成果報告書, 2000.03.
9. 奈良岡浩, 低分子有機酸類の分子レベル炭素同位体比の測定法の確立と応用, 平成9-11年度科学研究費補助金基盤研究B(2)研究成果報告書, 2000.08.
10. 奈良岡浩, バイオマーカーと同位体を用いた始生代における生物多様性と地球表層環境変動の関係, 平成12-14年度科学研究費補助金基盤研究B(2)研究成果報告書, 2003.10.
11. 奈良岡浩, 超微量有機分子レベル水素同位体比測定法の開発と地球環境科学への応用, 平成12-14年度科学研究費補助金基盤研究A(2)研究成果報告書, 2004.09.
12. 奈良岡浩, 有機分子の宇宙・地球環境における多次元同位体システマティクス, 平成15-18年度科学研究費補助金基盤研究A(2)研究成果報告書, 2007.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」