九州大学 研究者情報
総説一覧
中原 真希子(なかはら まきこ) データ更新日:2020.06.08

助教 /  医学研究院 臨床医学部門 外科学


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Masutaka Furue , Dugarmaa Ulzii , Takeshi Nakahara , Gaku Tsuji, Kazuhisa Furue, Akiko Hashimoto-Hachiya, Makiko Kido-Nakahara, Implications of IL-13Rα2 in Atopic Skin Inflammation , Allergol Int , doi: 10.1016/j.alit.2020.01.005. , 2020.02.
2. Furue M, Ulzii D, Vu YH, Tsuji G, Kido-Nakahara M, Nakahara T., Pathogenesis of Atopic Dermatitis: Current Paradigm., Iran J Immunol. , 2019.06.
3. Furue K, Ito T, Tsuji G, Ulzii D, Vu YH, Kido-Nakahara M, Nakahara T, Furue M., The IL-13-OVOL1-FLG axis in atopic dermatitis., Immunology. , 2019.10.
4. 中原真希子, 【アトピー性皮膚炎~基礎から最新知見まで~】アトピー性皮膚炎のかゆみの本態, 美容皮膚医学Beauty, 2019.03.
5. 中原真希子, Patient-Oriented Eczema Measure(POEM)によるアトピー性皮膚炎の評価(総説), 西日本皮膚科, 2019.02.
6. 中原真希子, 痒みの原因がよくわからないときの対処法 ”わけのわからない痒み“管理マニュアル, Monthly Bool Derma 283号, 2019.09.
7. 中原真希子, 変わりつつあるアトピー性皮膚炎の常識-最近の知識と治療の極意―(第I章)最新の知識 病態の新しい考え方 4)かゆみのメカニズム, 皮膚科の臨床, 2019.06.
8. 中原真希子,
【アレルギー疾患update-最新の治療動向と展望-】 アレルギー疾患別に見た治療の現状と展望 アトピー性皮膚炎 かゆみのメカニズムとその対策
, 日本臨床 , 2019.01.
9. 中原真希子、古江増隆, 【かゆみ 治療薬を使いこなす"知識"と"ノウハウ"】 かゆみの評価と治療効果の考え方, 2018.05.
10. Furue K, Yamamura K, Tsuji G, Mitoma C, Uchi H, Nakahara T, Kido-Nakahara M, Kadono T, Furue M., Highlighting Interleukin-36 Signalling in Plaque Psoriasis and Pustular Psoriasis., 2018.01.
11. Furue M, Yamamura K, Kido-Nakahara M, Nakahara T, Fukui Y., Emerging role of interleukin-31 and interleukin-31 receptor in pruritus in atopic dermatitis., 2018.01.
12. 中原真希子、古江増隆 , かゆみの評価と治療効果の考え方 かゆみ 治療薬を使いこなす“知識”と”ノウハウ“, 薬局, 2018.06.
13. 中原真希子, アトピー性皮膚炎のかゆみのメカニズム, 臨床免疫・アレルギー科, 2017.11.
14. Masutaka Furue, Takahiro Chiba, Gaku Tsuji, Dugarmaa Ulzii, Makiko Kido-Nakahara, Takeshi Nakahara, T Kadono, Atopic dermatitis: immune deviation, barrier dysfunction, IgE autoreactivity and new therapies, Allergol Int. , 2017.01.
15. 中原 真希子, 中原 剛士, 最新のアレルギー診療のコツ アレルギー疾患の治療―アトピー性皮膚炎―, 2016.02.
16. Makiko Kido-Nakahara, Takeshi Nakahara, Masutaka Furue, tch in Atopic dermatitis., Immunology and Allergy Clinics of North America, 2017.01.
17. 中原 真希子, 古江 増隆, 免疫不全患者における感染症の現状と展望
 免疫低下状態において注意すべき皮膚感染症
, 2016.05.
18. 中原 真希子, 中原 剛士, 最新のアレルギー診療のコツ アレルギー疾患の治療―アトピー性皮膚炎―, 臨床と研究, 2016.02.
19. 中原 真希子, 世界の皮膚科学者「Erwin Tschachler 教授」, 西日本皮膚科, 2014.02.
20. 中原 真希子, 1. 世界の皮膚科学者「Cord Henrich Sunderkotter教授」, 西日本皮膚科, 2014.01.
21. 中原 真希子, 世界の皮膚科学者 Giampiero Girolomoni教授, 2013.08.
22. 中原 真希子, 重症薬疹Stevens-Johnson症候群・中毒性表皮壊死症のHLA検索による発症予防, 2013.07.
23. 城戸真希子, 古江増隆, 皮膚・排泄ケア最前線 GVHD 病態生理(解説)

, ナーシング・トゥデイ, 23巻10号 Page40-43, 2008.09.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」