Kyushu University Academic Staff Educational and Research Activities Database
List of Reports
Chisako T. MASUO Last modified date:2021.06.30

Associate Professor / Department of Social Studies / Faculty of Social and Cultural Studies


Reports
1. Xi Jinping Administration and Science & Technology: The International Order Transformed by its "Chinese Dream".
2. 中国動態 再分配政策をためらう習指導部.
3. 天遠地方28 日本人の変節? 急速に広がる海警法の波紋.
4. 対談 覇権拡大する習近平の論理:中国の海洋戦略、人権問題を読み解く 強権中国の野望 川島真×益尾知佐子.
5. 漁民を海洋問題に投じる中国にどう対応するか:海警法始動で国際社会はハイテク・ゲリラ戦に.
6. Chisako T. Masuo, The Coast Guard Law: China’s Readiness for a Maritime Military-Civil Fusion Diplomacy, No.288, p.-, 2021.04.
7. 天遠地方27 国土空間長期計画 陸海空の一体統治目指して.
8. 中国動態 現代版「万里の長城」を構築へ.
9. 中国動態 国際ルールから逸脱の「海警法」.
10. 天遠地方26 素朴な偉人の足跡 ヴォーゲル先生を偲んで.
11. 中国動態 習近平の「人民に優しい」技術戦略.
12. 天遠地方25 バイデンの新時代 現代の政経分離は可能か?.
13. 発言 中国の軍民融合政策と漁業.
14. 天遠地方24 人の交流の難しさ 日中関係を支えられるか.
15. 習近平がテコ入れする「新法」で、中国は「尖閣の実効支配化」にいよいよ乗り出す:「中国海警法」が示す、次の海上行動.
16. 中国動態 中国の被害者意識が育む対外強硬策.
17. 「軍民融合」で描く社会主義中国の夢.
18. 米国への怒りと恐怖が中国を動かす.
19. 天遠地方23 安倍首相の貢献 建設的な日中関係に向けて.
20. 中国動態 習体制でイノベーションは可能か.
21. 国家与社会編織的歴史:評傅高義『中国和日本』.
22. 習近平 土着共産主義者の皇帝化.
23. 天遠地方22 昔の習演説がいま マルクス主義経済への回帰.
24. 中国動態 準戦時体制に移る中国経済.
25. 中国動態 度を越した習近平「神格化」の弊害.
26. 天遠地方21 スマート漁業構築 ビッグデータで海洋統制.
27. 中国動態 国境紛争で矛盾が明らかに インドも対中牽制に傾くか.
28. 天遠地方20 海南自由貿易構想 「戦略目標」と「経済」の関係注視.
29. 中国の頼みの綱はWHO:コロナ禍で行き詰まる対外政策.
30. 著者に聞く 『中国の行動原理』/益尾知佐子インタビュー.
31. 天遠地方19 中国の自傷行為 コロナ禍が砕く「中国の夢」.
32. 著者インタビュー 中国の対外行動原理を、中国国内の視点で読み解く 九州大学大学院准教授 益尾知佐子.
33. 天遠地方18 教訓は残されたか 「実力に沿った」対外援助を.
34. 中国の頼みの綱はWHO:コロナ禍で行き詰まる対外政策.
35. 中国動態 国際的評判より内政の安定 強硬化する中国の対米外交.
36. 天遠地方17 危機と国際政治 新型コロナをサバイブする.
37. 中国動態 新型コロナで先進国と衝突 途上国支援が中国の重荷に.
38. 天遠地方16 植物で測る中国 国境ガーデンで春を待つ.
39. 天遠地方15 新型肺炎の蔓延 内憂外患の年明けに.
40. 天遠地方14 日中社会の共通性 新たな世界構築の気概で.
41. 訳者あとがき.
42. 天遠地方13 学術交流への憂い 中国で国内法は守れるのか.
43. 天遠地方12 ポピュリスト体験 台湾総統選挙とSNSの力.
44. 天遠地方11 遠ざかる韓国 変動する東アジア地域構造.
45. 国際政治の変動に向けたブレーンストーミングを.
46. 天遠地方10 香港が抱える恐怖 境界を超える中国の統治体制.
47. 天遠地方9 G20外交の背景 中国はキメラか生きた化石か.
48. 天遠地方8 中国の言語空間 国内から見た米中貿易論争.
49. 天遠地方7 民族の選択 開発に呑まれるチベット.
50. 天遠地方6 パートナーシップ ボーダーツアーのすすめ.
51. 天遠地方5 井戸を掘った人々 改革開放を支えた日本人.
52. 天遠地方4 個人、国家、世界 ドリアンの宴に思う新時代.
53. 天遠地方3 世代間の確執 自由に生きる中国女性.
54. 鄧小平訪日:“我明白了什麼是現代化” 専訪日本中国問題専家、《鄧小平時代》日文版訳者益尾知佐子.
55. 天遠地方2 「一帯一路」の化学反応 重層的に結ばれた新地域に.
56. 天遠地方1 日本の挑戦 世界最前線の対中関係.
57. SOKA GLOBAL ACTION 未来をつむぐ : 日中関係史のなかの民間交流.
58. KAMO Tomoki ed., The Origines of Chinese External Behaviors.
59. 日本は総合的対中戦略を:地域秩序変動期を乗り切るために, [URL].
60. 特朗普喜剧是世界悲剧的开始吗?.
61. "Global China" and the realignment of US-China relationship.
62. 和中國「通過對話解決問題」可行嗎?.
63. 中国との「成熟したライバル関係」を目指して.
64. 書評:白石隆/ハウ・カロライン著『中国は東アジアをどう変えるか 21世紀の新地域システム』.
65. Book Reviews : UEKI Kawakatsu Chikako and HONDA Miki, eds., The "Long Peace" in East Asia : War Avoided.
66. 解題.
67. Chisako Teshima MASUO, "East Asia Security Situation" in "The 9th Canada-Japan Symposium on Peace and Security Cooperation" (March 29-30, 2011, Ottawa, Canada), pp.43-46., 2011.11.
68. 書評:井上正也著 名古屋大学出版会『日中国交正常化の政治史』.
69. 広西経験将加速中国未来国際区域経済合作歩伐.
70. 書評:中居良文編著 御茶の水書房『台頭中国の対外関係』.
71. HIRAIWA Shunji, The Democratic People's Republic of Korea and the People's Republic of China.
72. 書評:川島真・清水麗・松田康博・楊永明『日台関係史 1945~2008』.
73. 濁流にのまれた人間たち 『中国文化大革命の大宣伝(上、下)』草森紳一著.
74. 書評:Go Ito, Alliance in Anxiety: Détente and the Sino-American-Japanese Triangle.
75. Chisako T. Masuo, Regenesis of the People’s East Asia, Vivian Brailey Fritschi ed., China’s Emergence and its Impact on the United States, the Republic of Korea, and Japan: Views from the Next Generation, Vol.5, No.1, pp.2-5, 2005.01.
76. 書評:Evelyn Goh, Constructing the U.S. Rapprochement with China, 1961-1974: From “Red Menace” to “Tacit Ally”.
77. Book reviews: John W. Garver, China and Iran: Ancient partners in a post-imperial world.
78. 書評:趙全勝著/真水康樹・黒田俊郎訳『中国外交政策の研究 毛沢東、鄧小平から胡錦涛へ』・川島真編『中国の外交:自己認識と課題』(異文化理解講座6).
79. キーワード(用語解説):中国の「平和的台頭」.
80. Book Reviews : Akira Ishii, Jianrong Zhu, Yoshihide Soneya and Lin Xiao Guang, eds., Documents and Investigations on the Normalization of Sino-Japanese Relations and the Conclusion of the Peace and Friendship Treaty between Japan and the People's Republic of China.
81. キーワード(用語解説):(台湾の)住民投票.