九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
當眞 千賀子(とうま ちかこ) データ更新日:2020.07.03



教育活動概要
【大学院教育】学生への問いかけを通して、クリティカルに問い、考え、互いに語り合い、問題の本質を掘り下げながら学びを深めていく対話型の授業を大事にしている。
専門領域の知識を提供するだけでなく、個々の研究や異なるアプローチがどのような哲学的立場(人間観、世界観、認識論)をベースとし、どのような問題設定(プロブレマティーク)によって方向づけられているのか、またそれぞれどのような意義と限界があるかについて掘り下げて検討する力を培う教育を試みている。
 現実生活の諸側面での問題を同定し分析する力や、必要な実践を創っていく方向を模索し実現する力、その過程で知識を活用する力を身につける体験を織り込んだ授業形態を工夫している。
特定の学問領域を超えた学際的な接触を通して自らの専門性の特徴や限界を自覚し、異なる専門領域の協働によって新たな視点や問題へのアプローチを拓く体験を大事にしている。
担当授業科目
2020年度・後期, 実践形成型フィールドワーク演習.

2020年度・後期, 実践子ども学.

2020年度・後期, 生涯発達心理学.

2020年度・通年, 特別研究(2)統合新領域学府 ユーザー感性学専攻.

2020年度・通年, 特別研究(1)統合新領域学府 ユーザー感性学専攻.

2020年度・通年, 特別研究(人間環境学府 都市共生デザイン専攻).

2020年度・前期, アーバンデザインセミナー.

2020年度・通年, Doctoral Studies in Practice Design and Developmental Psycho.

2020年度・後期, 生涯発達心理学特論.

2020年度・通年, 実践発達心理学講究.

2020年度・後期, Theory of Sustainable Architecture and Urbanism.

2019年度・前期, 生涯発達心理学特論.

2019年度・前期, 実践形成型フィールドワーク演習.

2019年度・前期, 実践子ども学.

2019年度・前期, 生涯発達心理学.

2019年度・通年, 特別研究(2)統合新領域学府 ユーザー感性学専攻.

2019年度・後期, 特別研究(1)統合新領域学府 ユーザー感性学専攻.

2019年度・前期, アーバンデザインセミナー.

2019年度・通年, Doctoral Studies in Practice Design and Developmental Psycho.

2019年度・通年, 実践発達心理学講究.

2019年度・後期, Theory of Sustainable Architecture and Urbanism.

2019年度・前期, アカデミック・フロンティアII.

2019年度・通年, 特別研究(人間環境学府 都市共生デザイン専攻).

2018年度・前期, 生涯発達心理学特論.

2018年度・前期, 実践形成型フィールドワーク演習.

2018年度・前期, 実践子ども学.

2018年度・前期, 生涯発達心理学.

2018年度・通年, 特別研究(2)統合新領域学府 ユーザー感性学専攻.

2018年度・後期, 特別研究(1)統合新領域学府 ユーザー感性学専攻.

2018年度・前期, 統合新領域最先端セミナー.

2018年度・通年, Doctoral Studies in Practice Design and Developmental Psycho.

2018年度・通年, 実践発達心理学講究.

2018年度・前期, アーバンデザインセミナー.

2018年度・後期, Theory of Sustainable Architecture and Urbanism.

2018年度・通年, 特別研究(人間環境学府 都市共生デザイン専攻).

2017年度・前期, アーバンデザインセミナー.

2017年度・後期, Theory of Sustainable Architecture and Urbanism.

2017年度・前期, 実践形成型フィールドワーク演習.

2017年度・通年, 特別研究(1).

2017年度・通年, 特別研究(2).

2017年度・前期, 生涯発達心理学.

2017年度・前期, 生涯発達心理学特論.

2017年度・通年, 実践発達心理学講究.

2016年度・前期, アーバンデザインセミナー.

2016年度・前期, 実践子ども学.

2016年度・後期, Theory of Sustainable Architecture and Urbanism.

2016年度・前期, 実践形成型フィールドワーク演習.

2016年度・通年, 特別研究(1).

2016年度・通年, 特別研究(2).

2016年度・前期, 生涯発達心理学.

2016年度・前期, 生涯発達心理学特論.

2016年度・通年, 実践発達心理学講究.

2015年度・前期, 生涯発達心理学特論.

2015年度・前期, 生涯発達心理学.

2015年度・通年, 特別研究(2).

2015年度・通年, 特別研究(1).

2015年度・前期, 実践形成型フィールドワーク演習.

2015年度・前期, 実践子ども学.

2015年度・後期, Theory of Sustainable Architecture and Urbanism.

2015年度・通年, 実践発達心理学講究.

2014年度・前期, 生涯発達心理学特論.

2014年度・前期, 生涯発達心理学.

2014年度・通年, 特別研究(2).

2014年度・通年, 特別研究(1).

2014年度・通年, 実践発達心理学講究.

2014年度・前期, 実践形成型フィールドワーク演習.

2014年度・前期, 実践子ども学.

2014年度・前期, アーバンデザインセミナー .

2014年度・後期, Theory of Sustainable Architecture and Urbanism.

2013年度・後期, Theory of Sustainable Architecture and Urbanism.

2013年度・前期, アーバンデザインセミナー .

2013年度・前期, 人間環境学.

2013年度・前期, 実践子ども学.

2013年度・前期, 実践形成型フィールドワーク演習.

2013年度・通年, 実践発達心理学講究.

2013年度・通年, 特別研究(1).

2013年度・通年, 特別研究(2).

2013年度・前期, 生涯発達心理学.

2013年度・前期, 生涯発達心理学特論.

2013年度・前期, 科学の統合方法論.

2012年度・前期, Theory of Sustainable Architecture and Urbanism.

2012年度・前期, アーバンデザインセミナー .

2012年度・前期, 実践子ども学.

2012年度・前期, 実践形成型フィールドワーク演習.

2012年度・通年, 実践発達心理学講究.

2012年度・前期, 感性コミュニケーション概論.

2012年度・通年, 特別研究(1).

2012年度・通年, 特別研究(2).

2012年度・前期, 生涯発達心理学.

2012年度・前期, 生涯発達心理学特論.

2012年度・前期, 科学の統合方法論.

2011年度・前期, アーバンデザインセミナー .

2011年度・前期, 人間環境学.

2011年度・前期, 実践子ども学.

2011年度・前期, 実践形成型フィールドワーク演習.

2011年度・通年, 実践発達心理学講究.

2011年度・前期, 感性コミュニケーション概論.

2011年度・通年, 特別研究(1).

2011年度・通年, 特別研究(2).

2011年度・前期, 生涯発達心理学.

2011年度・前期, 生涯発達心理学特論.

2011年度・前期, 科学の統合方法論.

2010年度・前期, 実践子ども学.

2010年度・前期, 実践形成型フィールドワーク演習.

2010年度・通年, 実践発達心理学講究.

2010年度・前期, 感性コミュニケーション概論.

2010年度・通年, 特別研究(1).

2010年度・通年, 特別研究(2).

2010年度・前期, 生涯発達心理学.

2010年度・前期, 生涯発達心理学特論.

2010年度・前期, 科学の統合方法論.

2009年度・前期, 実践子ども学.

2009年度・前期, 感性コミュニケーション概論.

2009年度・通年, 特別研究(1).

2009年度・前期, 生涯発達心理学.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2013.07, 部局, 参加, 人間環境学研究員FD研修.

2014.10, 部局, 参加, 人間環境学研究員FD研修.

2012.07, 部局, 企画, 箱崎文系地区ハラスメント防止セミナー.

2012.05, 部局, 参加, 人間環境学研究員FD研修.

2012.06, 部局, 参加, 人間環境学研究員FD研修.

2010.10, 部局, 参加, 人間環境学研究員FD研修.

2011.03, 部局, 参加, 人間環境学研究員FD研修.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2018年度,
Ecole Nationale Supérieure d'Architecture de Paris La Villette (パリ・ラヴィレット国立建築大学), 5月, 集中講義, 国外.

2019年度, 放送大学, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 福岡教育大学, 前期, 集中講義, 国内.

2009年度, 安田女子大学 文学部, 集中講義, 国内.

2009年度, 茨城大学・人文学部, 前期, 集中講義, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2018.05, Erasmus + Teaching Staff Mobility Program to Ecole Nationale Supérieure d'Architecture de Paris La Villette , France・Paris, Ecole Nationale Supérieure d'Architecture de Paris La Villette (パリ・ラヴィレット国立建築大学).


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」