九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
樋口 重和(ひぐち しげかず) データ更新日:2020.04.23

教授 /  芸術工学研究院 デザイン人間科学部門 生理人類学


教育活動概要
人間と環境やモノとの関わりを考える際に、ヒトの生物学的、生理学的、人類学的な特徴の理解が重要になる場面がある。
統合新領域学府ユーザー感性学専攻の「行動適応論」「感性人類学」などの講義を通じて、学部教育では人間工学に関連する講義の中で、これらのことを伝えていきたい。
担当授業科目
2019年度・通年, ユーザー感性学特別研究.

2019年度・後期, 特別研究(1).

2019年度・後期, 特別研究(1).

2019年度・前期, 人間工学測定演習.

2019年度・後期, 人間工学設計演習.

2019年度・前期, デザインと観察.

2019年度・前期, 人間工学設計法.

2019年度・前期, 卒業研究Ⅰ.

2019年度・前期, 生体情報処理演習.

2019年度・前期, 感覚生理心理学演習.

2019年度・前期, ユーザー感性学PTL(感性科学Ⅰ).

2019年度・前期, 感性科学概論.

2019年度・前期, 感性人類学.

2019年度・後期, 適応行動論.

2019年度・後期, 人間工学概論.

2019年度・後期, 人間工学研究法.

2019年度・後期, 行動生理学.

2019年度・後期, ユーザー感性学PTL(感性科学Ⅱ).

2019年度・後期, 感覚生理心理学演習.

2019年度・後期, 卒業研究Ⅱ.

2018年度・後期, 卒業研究Ⅱ.

2018年度・後期, 感覚生理心理学演習.

2018年度・後期, ユーザー感性学PTL(感性科学Ⅱ).

2018年度・後期, 行動生理学.

2018年度・後期, 人間工学研究法.

2018年度・後期, 人間工学概論.

2018年度・後期, 適応行動論.

2018年度・前期, 感性人類学.

2018年度・前期, 感性科学概論.

2018年度・前期, ユーザー感性学PTL(感性科学Ⅰ).

2018年度・前期, 感覚生理心理学演習.

2018年度・前期, 生体情報処理演習.

2018年度・前期, 卒業研究Ⅰ.

2018年度・前期, 人間工学設計法.

2018年度・前期, デザインと観察.

2018年度・後期, 人間工学設計演習.

2018年度・前期, 人間工学測定演習.

2018年度・通年, 特別研究(2).

2018年度・後期, 特別研究(1).

2018年度・通年, ユーザー感性学特別研究.

2017年度・通年, ユーザー感性学特別研究.

2017年度・後期, 特別研究(1).

2017年度・通年, 特別研究(2).

2017年度・前期, 人間工学測定演習.

2017年度・後期, 人間工学設計演習.

2017年度・前期, デザインと観察.

2017年度・前期, 人間工学設計法.

2017年度・前期, 卒業研究Ⅰ.

2017年度・前期, 生体情報処理演習.

2017年度・前期, 感覚生理心理学演習.

2017年度・前期, ユーザー感性学PTL(感性科学Ⅰ).

2017年度・前期, 感性科学概論.

2017年度・前期, 感性人類学.

2017年度・後期, 適応行動論.

2017年度・後期, 人間工学概論.

2017年度・後期, 人間工学研究法.

2017年度・後期, 行動生理学.

2017年度・後期, ユーザー感性学PTL(感性科学Ⅱ).

2017年度・後期, 感覚生理心理学演習.

2017年度・後期, 卒業研究Ⅱ.

2016年度・前期, 人間工学設計法.

2016年度・前期, 卒業研究Ⅰ.

2016年度・前期, 生体情報処理演習.

2016年度・前期, デザインと観察.

2016年度・前期, 感覚生理心理学演習.

2016年度・前期, ユーザー感性学PTL(感性科学Ⅰ).

2016年度・前期, 感性科学概論.

2016年度・前期, 感性人類学.

2016年度・後期, 適応行動論.

2016年度・後期, 学術英語B.

2016年度・後期, 人間工学設計演習.

2016年度・後期, 人間工学概論.

2016年度・後期, 人間工学研究法.

2016年度・後期, 行動生理学.

2016年度・後期, ユーザー感性学PTL(感性科学Ⅱ).

2016年度・後期, 感覚生理心理学演習.

2016年度・後期, 卒業研究Ⅱ.

2015年度・後期, 卒業研究Ⅱ.

2015年度・後期, 感覚生理心理学演習.

2015年度・後期, ユーザー感性学PTL(感性科学Ⅱ).

2015年度・前期, デザインと観察.

2015年度・後期, 行動生理学.

2015年度・後期, 人間工学研究法.

2015年度・後期, 人間工学概論.

2015年度・後期, 人間工学設計演習.

2015年度・後期, 学術英語B.

2015年度・後期, 適応行動論.

2015年度・前期, 感性人類学.

2015年度・前期, 感性科学概論.

2015年度・前期, ユーザー感性学PTL(感性科学Ⅰ).

2015年度・前期, 感覚生理心理学演習.

2015年度・前期, 生体情報処理演習.

2015年度・前期, 卒業研究Ⅰ.

2015年度・前期, 人間工学設計法.

2014年度・後期, 適応行動論.

2014年度・後期, ユーザー感性学PTL(感性科学Ⅱ).

2014年度・後期, 感情生理心理学演習.

2014年度・後期, 行動生理学.

2014年度・後期, 人間工学研究法.

2014年度・後期, 人間工学概論.

2014年度・後期, 人間工学設計演習.

2014年度・後期, 学術英語B.

2014年度・前期, 感性人類学.

2014年度・前期, 感性科学概論.

2014年度・前期, ユーザー感性学PTL(感性科学Ⅰ).

2014年度・前期, 感覚生理心理学演習.

2014年度・前期, 生体情報処理演習.

2014年度・前期, 人間工学設計法.

2013年度・後期, 適応行動論.

2013年度・後期, ユーザー感性学PTL(感性科学Ⅱ).

2013年度・後期, 感情生理心理学演習.

2013年度・後期, 行動生理学.

2013年度・後期, 人間工学研究法.

2013年度・後期, 人間工学概論.

2013年度・後期, 人間工学設計演習.

2013年度・後期, 学術英語B.

2013年度・前期, 感性人類学.

2013年度・前期, 感性科学概論.

2013年度・前期, 科学の統合方法論.

2013年度・前期, ユーザー感性学PTL(感性科学Ⅰ).

2013年度・前期, 感覚生理心理学演習.

2013年度・前期, 生体情報処理演習.

2013年度・前期, 人間工学設計法.

2013年度・前期, コアセミナー.

2012年度・後期, 適応行動論.

2012年度・後期, 感情生理心理学演習.

2012年度・後期, 行動生理学.

2012年度・後期, 人間工学研究法.

2012年度・後期, 人間工学概論.

2012年度・前期, 生体情報処理演習.

2012年度・前期, コアセミナー.

2012年度・前期, 人間工学設計法.

2012年度・前期, 感覚生理心理学演習.

2012年度・前期, 科学の統合方法論.

2012年度・前期, 感性人類学.

2012年度・前期, 感性科学概論.

2011年度・後期, 学術英語B.

2011年度・前期, 感性科学概論.

2011年度・前期, 感性人類学.

2011年度・前期, 科学の統合方法論.

2011年度・前期, ユーザー感性学PTL(1).

2011年度・前期, 感覚生理心理学演習.

2011年度・前期, 人間工学設計法.

2011年度・前期, コアセミナー.

2011年度・前期, 生体情報処理演習.

2011年度・後期, 人間工学概論.

2011年度・後期, 人間工学研究法.

2011年度・後期, 働態学.

2011年度・後期, 感情生理心理学演習.

2011年度・後期, ユーザー感性学PTL(4).

2011年度・後期, 適応行動論.

2010年度・前期, 感性人類学.

2010年度・前期, 感性科学概論.

2010年度・前期, 科学の統合方法論.

2010年度・前期, ユーザー感性学PTL(1).

2010年度・前期, 感覚生理心理学演習.

2010年度・前期, 生体情報処理演習.

2010年度・前期, コアセミナー.

2010年度・後期, 適応行動論.

2010年度・後期, ユーザー感性学PTL(4).

2010年度・後期, 感情生理心理学演習.

2010年度・後期, 働態学.

2010年度・後期, 人間工学設計演習.

2010年度・後期, 人間工学概論.

2010年度・後期, 人間工学研究法.

2009年度・前期, 感性科学概論.

2009年度・前期, 感性人類学.

2009年度・前期, 人間工学設計法.

2009年度・前期, ユーザー感性学PTL(1).

2009年度・前期, 科学の統合方法論.

2009年度・前期, 感覚生理心理学演習.

2009年度・前期, 人間工学設計法.

2009年度・前期, コアセミナー.

2009年度・前期, 生体情報処理演習.

2009年度・後期, 適応行動論.

2009年度・後期, 人間工学設計演習.

2009年度・後期, 人間工学概論.

2009年度・後期, 人間工学研究法.

2009年度・後期, 働態学.

2009年度・後期, ユーザー感性学PTL(4).

2009年度・後期, 感情生理心理学演習.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2018.07, 部局, 参加, 異文化共生が創り出す学びの機会を最大限に活かせていますか?.

2017.02, 部局, 参加, 英語で授業を行う際の注意点.

2015.12, 部局, 参加, 近年の大学生像と学生対応の留意点について.

2014.12, 部局, 参加, ルーブリックの作成について.

学生のクラス指導等
2013年度, 学部, 工業設計学科4年生クラス担任.

2012年度, 学部, 工業設計学科3年生クラス担任.

2011年度, 学部, 工業設計学科2年生クラス担任.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2018年度, 客員研究員 国立精神・神経医療研究センター, 国内.

2017年度, 客員研究員 国立精神・神経医療研究センター, 国内.

2016年度, 客員研究員 国立精神・神経医療研究センター, 国内.

2015年度, 客員研究員 国立精神・神経医療研究センター, 国内.

2014年度, 客員研究員
国立精神・神経医療研究センター, 国内.

2013年度, 客員研究員
国立精神・神経医療研究センター, 国内.

2012年度, 鹿児島大学理工学研究科, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 客員研究員
国立精神・神経センター, 国内.

2011年度, 客員研究員
国立精神・神経センター, 国内.

2010年度, 客員研究員
国立精神・神経センター, 国内.

2009年度, 客員研究員
国立精神・神経センター, 国内.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」