九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
大西 秀哉(おおにし ひでや) データ更新日:2022.05.18

准教授 /  医学研究院 先端医療医学部門 腫瘍制御学分野


主な研究テーマ
膵がん患者の免疫寛容改善を目指したPtch1ペプチドを用いた膵線維化抑制療法の開発
キーワード:膵がん患者、免疫寛容改善、Ptch1ペプチド、膵線維化抑制療法
2016.04~2019.03.
膵がんの新規治療法開発を目的としたTrkB/BDNFシグナル経路の解析
キーワード:膵がん、治療法開発、TrkB/BDNFシグナル、
2016.04~2019.03.
TrkB/BDNF経路を標的とした胸腺がんの治療法開発
キーワード:胸腺がん、TrkB/BDNFシグナル、癌治療法開発
2014.04~2017.03.
新規Hedgehogシグナル系制御療法開発のためのSmo転写活性化経路の解析
キーワード:Hedgehog signal, Smo, transcription, cancer therapy
2014.04~2017.03.
VEGFR2 を治療標的としたTreg 細胞制御療法の開発
低酸素環境を考慮した癌免疫療法の可能性
低酸素環境における膵癌浸潤能亢進に対するHedgehog signal経路の関与
キーワード:血管内皮増殖因子受容体、制御性T細胞
2010.04~2011.03.
研究業績
主要著書
1. Hideya Onishi, 森崎 隆, Mitsuo Katano, Regulatory T cell: Immunotherapy of Cancer: An Innovative Treatment Comes of Age. , Springer Japan, Tokyo, 2015.05.
主要原著論文
1. Koga S, Onishi H, Masuda S, Fujimura A, Ichimiya S, Nakayama K, Imaizumi A, Nishiyama K, Kojima M, Miyoshi K, Nakamura K, Umebayashi M, Morisaki T, Nakamura M, PTPN3 is a potential target for a new cancer immunotherapy that has a dual effect of T cell activation and direct cancer inhibition in lung neuroendocrine tumor., Transl Oncol, 10.1016/j.tranon.2021.101152, 14, 9, 101152, 2021.05.
2. Yuki Sekino, Akira Imaizumi, Noritaka Komune, Mayumi Ono, Kuniaki Sato, Shogo Masuda, Akiko Fujimura, Kensuke Koike, Takahiro Hongo, Ryutaro Uchi, Hideya Onishi, Takashi Nakagawa, Establishment and characterization of a primary cell culture derived from external auditory canal squamous cell carcinoma., FEBS open Bio, 10.3892/or.2021.7947, 11, 2211-2224, 2021.05.
3. Ichimiya S, Onishi H, Nagao S, Koga S, Sakihama K, Nakayama K, Fujimura A, Oyama Y, Imaizumi A, Oda Y, Nakamura M, GLI2 but not GLI1/GLI3 plays a central role in the induction of malignant phenotype of gallbladder cancer, Oncol Rep, 10.3892/or.2021.7947, 2021.05.
4. Nakayama K, Onishi H, Fujimura A, Imaizumi A, Kawamoto M, Oyama Y, Ichimiya S, Koga S, Fujimoto Y, Nakashima K, Nakamura M, NFkB and TGFb contribute to the expression of PTPN3 in activated human lymphocytes., Cell Immunol, 10.1016/j.cellimm.2020.104237, 2020.08.
5. Hideya Onishi, Akiko Fujimura, Yasuhiro Oyama, Akio Yamasaki, Akira Imaizumi, Makoto Kawamoto, Mitsuo Katano, Masayo Umebayashi, Takashi Morisaki, Hedgehog signaling regulates PDL-1 expression in cancer cells to induce anti-tumor activity by activated lymphocytes. , Cell Immunol, 2017.05.
6. Makoto Kawamoto, Hideya Onishi, Keigo Ozono, Akio Yamasaki, Akira Imaizumi, Sachiko Kamakura, Kenji Nakano, Yoshinao Oda, Hideki Sumimoto, Masafumi Nakamura, Tropomyosin-related kinase B mediated signaling contributes to the induction of malignant phenotype of gallbladder cancer., Oncotarget, 2017.05, Purpose: BDNF/TrkB signaling has been shown to be associated with aggressive phenotype in some cancers, but has not yet been investigated in gallbladder cancer (GBC). This study aims to analyze the biological significance of BDNF/TrkB signaling in GBC, and explore its potential as a novel therapeutic target.
Experimental Design: We investigated TrkB expression clinically in 69 resected primary GBC specimens, and examined the correlation between TrkB expression and clinicopathological findings by immunohistochemistry. We used five TrkB-expressing GBC cell lines with or without K-ras mutation for in vitro investigations, and analyzed tumorigenesis and tumor growth of TrkB siRNA-transfected GBC cells in vivo using a xenograft model.
Results: TrkB expression was detected in 63 (91.3%) clinical GBC specimens. TrkB expression in the invasive front correlated with T factor (p=0.0391) and clinical staging (p=0.0391). Overall survival was lower in patients with high TrkB expression in the invasive front than in those with low TrkB expression (p=0.0363). In vitro, proliferation was unaffected by rhBDNF treatment; however, K252a treatment and TrkB siRNA transfection decreased proliferation. rhBDNF treatment increased invasiveness by inducing EMT and activating MMP-2/MMP-9, whereas K252a treatment abrogated these effects. TrkB or BDNF siRNA transfection suppressed invasiveness. TrkB siRNA transfection decreased HIF-1α, VEGF-A, and VEGF-C/-D expression. In vivo, TrkB siRNA transfection decreased tumorigenicity and tumor growth in GBC.
Conclusions: These findings demonstrate that TrkB-mediated signaling is associated with malignant phenotypes (proliferation, invasiveness, angiogenesis, lymphangiogenesis, and tumorigenesis) in GBC, and could be a novel therapeutic target regardless of K-ras mutation status..
7. Suyama K, Hideya Onishi, Imaizumi A, Shinkai K, Umebayashi M, Makoto Kubo, Mizuuchi Y, Yoshinao Oda, Masao Tanaka, Masafumi Nakamura, Mitsuo Katano, CD24 suppresses malignant phenotype by downregulation of SHH transcription through STAT1 inhibition in breast cancer cells. , Cancer Lett, 374, 1, 44-53, 2016.01.
8. Hideya Onishi, Yamasaki A, Kawamoto M, Imaizumi A, Mitsuo Katano, Hypoxia but not normoxia promotes Smoothened transcription through upregulation of RBPJ and Mastermind-like 3 in pancreatic cancer., Cancer Lett, 371, 2, 143-150, 2016.02.
9. Shojiro Matsushita, Hideya Onishi, Kenji Nakano, Iori Nagamatsu, Akira Imaizumi, Masami Hattori, Yoshinao Oda, Masao Tanaka, Mitsuo Katano, Hedgehog signaling pathway is a potential therapeutic target for gallbladder cancer., Cancer Sci, 105, 3, 272-280, 2014.03.
10. Seiichi Odate, Hideya Onishi, Katsuya Nakamura, Masayuki Kojima, Akihiko Uchiyama, Masato Kato, Mitsuo Katano, Tropomyosine related kinase B inhibitor has potential for tumor regression and relapse prevention in pulmonary large cell neuroendocrine carcinoma. , Anticancer Res, 2013.09.
11. Hideya Onishi, Takashi Morisaki, A Kiyota, N Koya, H Tanaka, M Umebayashi, Mitsuo Katano, The Hedgehog inhibitor suppresses the function of monocyte-derived dendritic cells from patients with advanced cancer under hypoxia., Biochem Biophys Res Commun., 2013.08.
12. Takashi Morisaki, M Umebayashi, A Kiyota, N Koya, H Tanaka, Hideya Onishi, Mitsuo Katano, Combining celecoxib with sorafenib synergistically inhibits hepatocellular cells in vitro., Anticancer Res, 33, 4, 1387-1395, 2013.04.
13. Hideya Onishi, Takashi Morisaki, A Kiyota, N Koya, H Tanaka, M Umebayashi, Mitsuo Katano, The Hedgehog inhibitor cyclopamine impairs the benefits of immunotherapy with activated T and NK lymphocytes derived from patients with advanced cancer. , Cancer Immunol Immunother, 2013.08.
14. Hideya Onishi, Takafumi Morisaki, F Nakao, Seiichi Odate, Takashi Morisaki, Mitsuo Katano, Protein-bound polysaccharide decreases invasiveness and proliferation in pancreatic cancer by inhibition of hedgehog signaling and HIF-1 pathways under hypoxia. , Cancer Lett, 2013.07.
15. Seiichi Odate, Katsuya Nakamura, Hideya Onishi, Masayuki Kojima, Y Uchiyama, Kenji Nakano, Masato Kato, TrkB/BDNF signaling pathway is a potential therapeutic target for pulmonary large cell meuroendocrine carcinoma. , Lung Cancer, 79, 3, 205-214, 2013.03.
16. Hironori Iwasaki, Kenji Nakano, Kentaro Shinkai, Y Kunisawa, M Hirahashi, Yoshinao Oda, Hideya Onishi, Mitsuo Katano, Hedgehog Gli3 activator signal augments tumorigenicity of colorectal cancer via up-regulation of adherence-related genes., Cancer Sci, 104, 3, 328-336, 2013.03.
17. Hiroyuki Suzuki, Hideya Onishi, Takashi Morisaki, Masao Tanaka, Mitsuo Katano, Intratumoral FOXP3+VEGFR2+ Regulatory T Cells Are Predictive Markers for Recurrence and Survival in Patients with Colorectal Cancer., Clin Immunol, 26-33, 2013.01.
18. Masato Kato, Hideya Onishi, Kotaro Matsumoto, Nobuko Tsuruta, Kazuyuki Higuchi, Juniichi Motoshita, Mitsuo Katano, Preoperative Chemoradiotherapy Using Cisplatin plus S-1
Can Induce Downstaging in Patients with Locally Advanced (Stage III) Non-Small-Cell Lung Cancer.
, Anticancer Res, 5099-5104, 2012.11.
19. Kubo M*, Onishi H*, Kuroki S, Okido M, Shimada K, Yokohata K, Umeda S, Ogawa T, Tanaka M, Katano M. (Co-contributor), Short-term and low-dose prednisolone administration reduces aromatase inhibitor-induced arthralgia in patients with breast cancer., Anticancer Res, 32, 6, 2331-2336, 2012.06.
20. Onishi H, Koya N, Kiyota A, Tanaka H, Umebayashi M, Katano M, Morisaki T., A new method for rapid cytotoxic T-lymphocyte induction using a multiple cytokine cocktail., Anticancer Res, 32, 6, 2385-2390, 2012.06.
21. Morisaki T, Umebayashi M, Kiyota A, Koya N, Tanaka H, Onishi H, Katano M., Combining cetuximab with killer lymphocytes synergistically inhibits human cholangiocarcinoma cells in vitro. , Anticancer Res, 32, 6, 2249-2256, 2012.06.
22. Hideya Onishi, Yoshihiro Morifuji, Masaya Kai, Kumi Suyama, Hironori Iwasaki, Mitsuo Katano, Hedgehog inhibitor decreases chemosensitivity to 5-fluorouracil and gemcitabine under hypoxic condition in pancreatic cancer, Cancer Sci, 2012.10.
23. Ogino T, Onishi H, Suzuki H, Morisaki T, Tanaka M, Katano M, Inclusive estimation of complex antigen presentation functions of monocyte-derived dendritic cells differentiated under normoxia and hypoxia conditions., Cancer Immunol Immunother, 61, 3, 409-424, 2012.03.
24. Kai M, Onishi H, Souzaki M, Tanaka H, Kubo M, Tanaka M, Katano M. , Semi-quantitative evaluation of CD44(+) /CD24(-) tumor cell distribution in breast cancer tissue by a newly developed fluorescence immunohistochemical staining method., Cancer Sci, 102, 12, 2132-2138, 2011.12.
25. Xu R, Nakano K, Iwasaki H, Kumagai M, Wakabayashi R, Yamasaki A, Suzuki H, Mibu R, Onishi H, Katano M, Dual blockade of phosphatidylinositol 3'-kinase and mitogen-activated protein kinase pathways overcomes paclitaxel-resistance in colorectal cancer., Cancer Lett, 306, 2, 151-160, 2011.07.
26. Souzaki M, Kubo M, Kai M, Kameda C, Tanaka H, Taguchi T, Tanaka M, Onishi H, Katano M, Hedgehog signaling pathway mediates the progression of non-invasive breast cancer to invasive breast cancer., Cancer Sci, 102, 373-381, 2011.02.
27. Tasaka T, Akiyoshi T, Yamaguchi K, Tanaka M, Onishi H, Katano M:, Gamma-secretase complexes regulate the responses of human pancreatic ductal adenocarcinoma cells to taxanes., Anticance Res, 30, 4999-5010, 2010.12.
28. Wada J*, Onishi H*, Suzuki H, Yamasaki A, Nagai S, Morisaki T, Katano M (* co-contributor), Surface-bound TGF-beta1 on effusion-derived exosomes participates in the maintenance of both number and suppressive function of regulatory T cells in malignant effusions., Anticancer Res, 30, 9, 3747-3757, 2010.09.
29. Chikazawa N, Tanaka H, Tasaka T, Nakamura M, Tanaka M, Onishi H, Katano M. , Inhibition of Wnt signaling pathway decreases chemotherapy-resistant side-population colon cancer cells., Anticancer Res, 30, 6, 2041-2048, 2010.06.
30. Onishi H, Kai M, Odate S, Iwasaki H, Morifuji Y, Ogino T, Morisaki T, Nakashima Y, Katano M:, Hypoxia activates the hedgehog signaling pathway in a ligand-independent manner by upregulation of Smo transcription in pancreatic cancer. , Cancer Sci., 2011.06.
31. Kameda C, Nakamura M, Tanaka H, Yamasaki A, Kubo M, Tanaka M, Onishi H, and Katano M, Estrogen receptor α (ER α) contributes to the regulation of hedgehog signaling pathway in ER α positive gastric cancer., Brt J Cancer, 102, 738-747, 2010.02.
32. Suzuki H*, Onishi H*, Wada J, Yamasaki A, Tanaka H, Nakano K, Morisaki T, Katano M (* co-contributor), VEGFR2 is selectively expressed by FOXP3highCD4+ Treg., Eur. J, Immunol., 40, 197-203, 2010.01.
33. Onishi H, Kuroki H, Matsumoto K, Baba E, Kuga H, Tanaka M, Katano M, Morisaki T, Dysfunctional and short-lived subsets in monocyte-derived dendritic cells from patients with advanced cancer., Clinical Immunology 105:286-295, 2002, 10.1006/clim.2002.5293, 105, 3, 286-295, 2002.12.
34. Onishi H, Kuroki H, Matsumoto K, Baba E, Sasaki N, Kuga H, Tanaka M, Katano M, Morisaki T, Monocyte-derived dendritic cells that capture dead tumor cells secrete IL-12 and TNF-? through IL-12/TNF-?/NF-?B autocrine loop., Cancer Immunol Immunother 53:1093-1100, 2004, 10.1007/s00262-004-0568-y, 53, 12, 1093-1100, 2004.12.
35. Onishi H, Morisaki T, Kuroki H, Matsumoto K, Baba E, Kuga H, Tanaka M, and Katano M:, Evaluation of a dysfunctional and short-lived subset of monocyte-derived dendritic cells from cancer patients., Anticancer Res 25(5):3445-51, 2005, 25, 5, 3445-3451, 2005.09.
36. Kuga H, Morisaki T, Nakamura K, Onishi H, Uchiyama A, Noshiro H, Tanaka M, Katano M:, Interferon-? suppresses transforming growth factor-?? -induced invasion of gastric carcinoma cells through cross-talk of Smad pathway in a three-dimensional culture model., Oncogene 22:7838-7847,2003, 10.1038/sj.onc.1207046, 22, 49, 7838-7847, 2003.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Morisaki T, Morisaki T, Kubo M, Morisaki S, Nakamura Y, Onishi H, Lymph nodes as anti-tumor immunotherapeutic tool: intranodal tumor-specific antigen-pulsed dendritic cell vaccine immunotherapy, Cancers, 10.3390/cancers14102438, 2022.05.
2. Onishi H, Nakamura K, Yanai K, Nagai S, Nakayama K, Oyama Y, Fujimura A, Ozono K, Yamasaki A, Cancer therapy that targets the HEDGEHOG signaling pathway considering the cancer microenvironment, Oncol Rep 47(5): 93, 10.3892/or.2022.8304, 2022.05.
3. Yamasaki A, Yanai K, Onishi H, Hypoxia and pancreatic ductal adenocarcinoma., Cancer Lett, doi: 10.1016/j.canlet.2020.04.018, 2020.08.
4. Hideya Onishi, Mitsuo Katano, Hedgehog signaling pathway as a new therapeutic target in pancreatic cancer., World J Gastroenterol, 2014.03.
5. Morisaki T, Onishi H, Katano M. , Cancer immunotherapy using NKG2D and DNAM-1 systems. , Anticancer Res, 2012.06.
6. Onishi H, Katano M, Immunotherapy approaches targeting regulatory T-cells, Anticancer Res, 2012.03.
7. Onishi H and Katano M, Hedgehog signaling pathway as a therapeutic target in various types of cancer., Cancer Science, 2011.10.
8. 片野光男、大西秀哉、森崎 隆、鈴木宏往、荻野利達, Treg制御による癌免疫療法, Surgical frontier, 2010.12.
9. 森崎 隆、大西秀哉、鈴木宏往、片野光男, 分子標的薬剤と免疫, 2010.12.
10. 片野光男、北浦良樹、岩崎寛智、大西秀哉, ヘッジホッグ(Hh)シグナル系の膵癌進展への関与, 肝胆膵, 2010.12.
11. 片野光男、大西秀哉、森崎 隆, トランスレーショナルリサーチから実践された癌治療の今後の展望, Biotherapy, 2009.12.
12. Onishi H, Morisaki T, Baba E, Nakamura M, Inaba S, Kuroki H, Matsumoto K, Katano M, Long-term vaccine therapy with autologous whole tumor cell-pulsed dendritic cells for a patient with recurrent rectal carcinoma., Anticancer Res, 2011.11.
13. Onishi H, Morisaki T, Kuga H, Katano M, Doi F, Uchiyama A, Sugitani A, Wada J, Chijiiwa K, Tanaka M. , A large quantity of CD3-/CD19-/CD16- lymphocytes in malignant pleural effusion from a patient with recurrent cholangio cell carcinoma.

, Immunol Invest. 2002 May;31(2):121-35., 2006.06.
14. 大西秀哉、鈴木宏往、近沢信人、森崎 隆、片野光男, 新たな癌免疫療法:制御性T細胞制御療法, 福岡医学会雑誌, 2010.12.
主要学会発表等
1. 森崎晋史、森崎隆、岩本直也、長尾晋次郎、益田昌吾、那琳、大西秀哉, 樹状細胞由来エクソソームから見た、抗原提示能およびネオアンチゲン特異的免疫反応誘導の検討, 第43回 癌免疫外科研究会, 2022.05.
2. 益田昌吾、岩本直也、森崎晋史、長尾晋次郎、那琳、古賀智子、藤村晶子、今泉晃、大西秀哉, 頭頸部癌に対する抗 PD-1 抗体薬治療における PTPN3 阻害治療併用効果の検証, 第43回 癌免疫外科研究会, 2022.05.
3. 古賀智子、大西秀哉、岩本直也、長尾晋次郎、那琳、益田昌吾、西山憲一、小島雅之、中村雅史, チロシン脱リン酸化酵素PTPN3 を標的とした肺神経内分泌腫瘍に対する新規癌免疫治療の開発, 第122回日本外科学会定期学術集会, 2022.04.
4. 岩本直也、大西秀哉、長尾晋次郞、古賀智子、梅林雅代、森崎隆、中村雅史, チロシン脱リン酸化酵素PTPN3 を抑制する癌免疫治療の可能性, 第122回日本外科学会定期学術集会, 2022.04.
5. 岩本 直也、大西 秀哉、森崎 晋史、長尾 晋次郎、益田 昌吾、那 琳、古賀 智子、梅林 雅代、森崎 隆、中村 雅史, 樹状細胞における protein tyrosine phosphatase non-receptor type 3(PTPN3) 抑制により
生じる抗腫瘍免疫への効果, 第34回日本バイオセラピィ学会学術集会総会, 2021.12.
6. 益田 昌吾、古賀 智子、岩本 直也、長尾 晋次郎、那 琳、森崎 晋史、藤村 晶子、大西 秀哉, 頭頚部癌に対する抗 PD-1 抗体薬治療における PTPN3 阻害治療併用効果の検証, 第34回日本バイオセラピィ学会学術集会総会, 2021.12.
7. 森崎 晋史、森崎 隆、吉村 祥子、大西 秀哉, ネオアンチゲンペプチドパルス樹状細胞由来エクソソームによるネオアンチゲン特異的免疫反応誘導の可能性, 第34回日本バイオセラピィ学会学術集会総会, 2021.12.
8. 古賀 智子、大西 秀哉、岩本 直也、長尾 晋次郎、益田 昌吾、中村 雅史, チロシン脱リン酸化酵素 PTPN3 を標的とした肺神経内分泌腫瘍に対する新規癌免疫治療の開発, 第34回日本バイオセラピィ学会学術集会総会, 2021.12.
9. Hideya Onishi, 山崎 章生, Mitsuo Katano, 低酸素環境を考慮したHedgehog経路を標的とした膵癌治療法開発, 第115回日本外科学会, 2015.04.
10. Hideya Onishi, 田坂 健彦, 近沢 信人, 山崎 章生, Mitsuo Katano, Masafumi Nakamura, 形態形成シグナルを標的とした化学療法耐性消化器癌に対する新規治療法開発, 第70回日本消化器外科学会, 2015.07.
11. 大西 秀哉, 中島 洋, 亀田 千津, 山崎 章生, 片野 光男, 癌組織の生物学的特性を考慮した新規治療法の開発:Hedgehogシグナル系制御療法, 第69回日本消化器外科学会, 2014.07.
12. 大西 秀哉, 森崎 隆史, 中尾 文彦, 森崎 隆, 片野 光男, 低酸素環境を考慮したPSKを用いた膵癌に対する治療法開, 第114回日本外科学会, 2014.04.
13. 森藤 良浩, 大西 秀哉, 片野 光男, ヘッジホッグシグナルは、膵癌の浸潤、転移に対する治療標的となりうる, 第114回日本外科学会定期学術集会, 2014.04.
14. 松下 章次郎, 大西 秀哉, 片野 光男, Hedgehog経路は胆嚢癌の治療標的となり得る, 第114回日本外科学会定期学術集会, 2014.04.
15. 永松 伊織, 甲斐 昌也, 大西 秀哉, 久保 真, 中野 賢二, 田中 雅夫, 片野 光男, トリプルネガティブ乳癌に対する新たな治療標的の同定:Notchシグナル系, 第26回日本バイオセラピィ学会学術集会総会, 2013.12.
16. 大西 秀哉, 森崎 隆, 清田 章文, 梅林 雅代, 古家 雄大, 田中 裕人, 片野 光男, Hedgehogシグナル阻害剤は活性化リンパ球療法の効果を減弱する, 第26回日本バイオセラピィ学会, 2013.12.
17. 松下 章次郎, 大西 秀哉, 巣山 久実, 新海 健太郎, 森藤 良浩, 永松 伊織, 岩崎 寛智, 尾立 西市, 中野 賢二, 田中 雅夫, 片野 光男, Hedgehog経路は胆嚢癌の治療標的となり得る, 第26回日本バイオセラピィ学会学術集会総会, 2013.12.
18. 森藤 良浩, 大西 秀哉, 新海 健太郎, 巣山 久実, 永松 伊織, 松下 章次郎, 岩崎 寛智, 尾立 西市, 久保 真, 中村 勝也, 今泉 晃, 中野 賢二, 田中 雅夫, 片野 光男, 慢性低酸素環境からの再酸素化(reoxygenation)により、ヘッジホッグシグナルを介して膵癌細胞の悪性度が増強する, 第26回日本バイオセラピィ学会学術集会総会, 2013.12.
19. 大西 秀哉, 森崎 隆, 梅林 雅代, 古家 雄大, 田中 裕人, 清田 章文, 片野 光男, 制御性T細胞を標的としたテーラーメード消化器癌免疫療法, 第68回日本消化器外科学会総会, 2013.07.
20. 大西 秀哉, 中島 洋, 山崎 章生, 片野 光男, 膵癌組織の生物学的特性を基盤とする治療法の開発:Hedgehogシグナル系制御療法, 第113回日本外科学会総会, 2013.04.
21. 森藤 良浩, 大西 秀哉, 新海 健太郎, 巣山 久実, 永松 伊織, 松下 章次郎, 岩崎 寛智, 尾立 西市, 久保 真, 中村 勝也, 今泉 晃, 中野 賢二, 田中 雅夫, 片野 光男, 膵癌転移巣での悪性度亢進に果たすHedgehogシグナル経路の役割, 第113回日本外科学会定期学術集会, 2013.04.
22. 松下 章次郎, 大西 秀哉, 巣山 久実, 新海 健太郎, 森藤 良浩, 永松 伊織, 岩崎 寛智, 尾立 西市, 中野 賢二, 田中 雅夫, 片野 光男, 膵癌のTransforming growth factor-b1による浸潤能亢進に関与するPI3K-Akt経路, 第113回日本外科学会定期学術集会, 2013.04.
23. 岩崎 寛智, 中野 賢二, 新海 健太郎, 巣山 久実, 森藤 良浩, 松下 章次郎, 永松 伊織, 尾立 西市, 平橋 美奈子, 小田 義直, 大西 秀哉, 片野 光男, 大腸癌腫瘍形成能におけるHedgehog-Gli3シグナルの役割, 第113回日本外科学会定期学術集会, 2013.04.
24. 大西 秀哉, 森崎 隆史, 中尾 文彦, 森藤 良浩, 岩崎 寛智, 片野 光男, PSKは低酸素環境において、HIF-1aおよびHedgehog pathwayの抑制により
膵癌悪性化を制御する
, 第25回バイオセラピー学会, 2012.12.
25. 大西秀哉、森藤良浩、巣山久美、甲斐昌也、岩崎寛智、片野光男 , Hedgehogシグナル経路阻害剤を用いた膵癌悪性化に対する治療法開発, 第67回日本消化器外科学会総会, 2012.07.
26. 大西秀哉、森藤良浩、岩崎寛智、中野賢二、片野光男 , 低酸素環境におけるHedgehogシグナル系解析:膵癌悪性化に対する治療法開発, 第112回日本外科学会総会, 2012.04.
27. 大西秀哉、鈴木宏往、森崎 隆、田中雅夫、片野光男, 大腸癌の新規予後予測因子:VEGFR2+制御性T細胞, 第32回福岡臨床免疫研究会, 2012.02.
28. 大西秀哉、森藤良浩、岩崎寛智、片野光男, 低酸素環境における膵癌悪性化に対するヘッジホッグシグナル系の関与, 第24回バイオセラピー学会, 2011.12.
29. 大西秀哉、鈴木宏往 、永松伊織 、森崎 隆、片野光男, VEGFR2+Treg細胞は大腸癌における再発および予後予測因子と成り得る, 第49回 日本癌治療学会総会, 2011.10.
30. 大西秀哉、森藤良浩、岩崎寛智、尾立西市、片野光男, 低酸素環境における膵癌増殖能・浸潤能に対するSmo関与の可能性, 第111回 日本外科学会 , 2011.05.
31. 大西秀哉、森藤良浩、尾立西市、岩崎寛智、荻野利達、片野光男, Hedgehogシグナル系は低酸素環境による膵癌悪性化に関与する, 第23回 日本バイオセラピィ学会総会, 2010.12.
32. 大西秀哉、鈴木宏往、森崎 隆、片野光男, 新たな癌免疫療法:制御性T細胞制御療法, 第48回 日本癌治療学会, 2010.10.
33. 大西秀哉、岩崎寛智、片野光男, 広範囲癌種に対する浸潤制御のための新規標的分子:Gli1, 第65回 日本消化器外科学会, 2010.07.
学会活動
所属学会名
福岡医学会
American Association of Cancer research
癌免疫外科研究会
バイオ治療法研究会
日本消化器病学会
九州外科学会
European Society of medical Oncology (ESMO)
日本内視鏡外科学会
日本バイオセラピィ学会
日本臨床外科学会
日本癌治療学会
日本消化器外科学会
日本乳癌学会
日本外科学会
学協会役員等への就任
2021.12~2024.12, 日本バイオセラピィ学会, 監事.
2016.05~2018.05, 日本癌病態治療研究会, 施設代表兼世話人、会計監事.
2015.05~2020.08, 癌免疫外科研究会, 施設代表、世話人.
2011.01~2015.03, 福岡医学会, 幹事.
2012.05~2014.05, 九州外科学会, 評議員.
2012.01~2014.12, 日本バイオセラピィ学会, 評議員.
2011.08~2015.07, 日本癌治療学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.06.27~2019.06.28, 第28回 日本癌病態治療研究会, 座長.
2019.05.16~2019.05.17, 第40回 癌免疫外科研究会, 座長.
2018.12.13~2018.12.14, 第31回日本バイオセラピィ学会学術集会総会, 座長.
2018.05.17~2018.05.18, 第39回癌免疫外科研究会, 座長.
2017.11.30~2017.12.01, 第30回日本バイオセラピィ学会, 座長.
2016.10.20~2017.10.22, 第54回 日本癌治療学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2014.07.11~2014.07.12, 第45回日本膵臓学会大会, 座長(Chairmanship).
2014.12.04~2014.12.05, 第27回日本バイオセラピィ学会, 座長(Chairmanship).
2015.05.14~2015.05.15, 第36回癌免疫外科研究会 , 座長(Chairmanship).
2015.10.29~2015.10.31, 第53回日本癌治療学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2015.12.03~2015.12.04, 第28回日本バイオセラピィ学会, 座長(Chairmanship).
2014.08.28~2014.08.30, 第52回日本癌治療学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2014.05.22~2014.05.23, 第35回癌免疫外科研究会, 座長(Chairmanship).
2013.12.07~2013.12.07, 第17回バイオ治療法研究会学術集会, 座長(Chairmanship).
2013.12.05~2013.12.06, 第26回日本バイオセラピィ学会, 座長(Chairmanship).
2013.10.24~2013.10.26, 第51回日本癌治療学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2013.04.11~2013.04.13, 第113回 日本外科学会, 司会(Moderator).
2012.04.12~2012.04.14, 第112回日本外科学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2011.12.01~2011.12.02, 第24回日本バイオセラピィ学会学術集会総会, 座長(Chairmanship).
2013.06.06~2013.06.07, 第38回日本外科系連合学会学術集会, パネリスト.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2011.01~2015.03, 福岡医学会雑誌, 国内, 庶務幹事.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
National Cancer Institute, National Institute of Health, UnitedStatesofAmerica, 2006.04~2008.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2022年度~2025年度, 基盤研究(B), 分担, 側頭骨扁平上皮癌の悪性度を決定するエピジェネティックな腫瘍制御機構の解明.
2022年度~2025年度, 基盤研究(C), 分担, 膵癌に対するTK遺伝子挿入型新規腫瘍溶解性ウイルスを用いたウイルス免疫療法の開発.
2022年度~2025年度, 基盤研究(C), 分担, PTPN3を標的とする非抗体型免疫チェックポイント阻害剤を用いた癌免疫治療開発.
2022年度~2025年度, 基盤研究(B), 代表, 肺NETが有するPTPN3-CACNA1G-TKリン酸化経路の解析と治療への応用.
2021年度~2024年度, 基盤研究(C), 分担, MAML3を標的としたHh/Notch両シグナル阻害による新規胆嚢癌治療開発.
2021年度~2024年度, 基盤研究(C), 分担, 肺NETの新規治療法開発を目的としたFAM115cの生物学的意義解析.
2021年度~2023年度, 基盤研究(C), 分担, 免疫監視構築を目指したヘッジホッグ経路阻害剤を用いた乳癌線維化抑制治療の開発
.
2021年度~2023年度, 基盤研究(C), 分担, PTPN3を標的とした新規頭頚部扁平上皮癌治療の開発.
2021年度~2023年度, 基盤研究(C), 分担, 新規癌免疫治療開発のための樹状細胞におけるPTPN3の生物学的意義の解析.
2020年度~2023年度, 基盤研究(C), 分担, チロシン脱リン酸化酵素PTPH1阻害による新規肺NET治療法開発.
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 分担, 膵癌に対する抗線維化療法を併用した新規腫瘍溶解性ウイルス免疫療法の開発
.
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 分担, チロシン脱リン酸化酵素PTPN3を標的としたTreg細胞制御療法の開発
.
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 分担, チロシン脱リン酸化酵素PTPN3を標的とした新規膵癌治療の開発
.
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 分担, 個別化精密がん免疫療法開発を目的とした腫瘍組織からのネオアンチゲン解析.
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 分担, Gli2シグナル経路を標的とした胆嚢癌の新規治療法開発.
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 分担, 免疫監視機構構築を目指したヘッジホッグ阻害剤を用いたスキルス胃癌線維化抑制治療の開発.
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 分担, RBPJを標的とするHh/Notch両シグナル阻害による肺NET治療法開発.
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 分担, 膵癌に対する線維化抑制ペプチドと膵癌特異的T細胞輸注併用免疫療法の開発.
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 肺NETの治療法開発のためのTrkB/BDNF-Hhクロストーク経路の解析.
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 分担, 膵癌幹細胞を標的としたSTAT1/Shh両シグナル経路阻害による膵癌治療の開発.
2017年度~2019年度, 基盤研究(B), 代表, 低酸素で誘導されるRBPJ/MAML3-SMO活性化経路の解析と膵癌治療への応用.
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 分担, 免疫系ヒト化マウスを用いた癌免疫回避機構解明と次世代遺伝子ワクチンによる克服戦略.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 膵臓癌の新規治療法開発を目的としたTrkB/BDNF経路の解析.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, リンパ球運動能亢進の機序解析と免疫療法効果予測バイオマーカーとしての意義の検証.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 分担, TrkB/BDNF経路を標的とした浸潤性胸腺腫・胸腺癌に対する癌治療法開発.
2014年度~2016年度, 基盤研究(B), 代表, 新規Hedgehogシグナル系制御療法開発のためのSmo転写活性化経路の解析.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 分担, Notch4を標的としたホルモンレセプター陰性、HER2陰性乳がんの治療法開発.
2012年度~2014年度, 基盤研究(B), 分担, hedgehogシグナルネットワークを標的とした癌治療法開発.
2012年度~2014年度, 基盤研究(C), 分担, 癌免疫療法に用いる治療用細胞のリアルタイム抗腫瘍活性評価システムの開発.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 分担, エストロゲンレセプター/ヘッジホッグ両シグナル経路を標的とした包括的な乳癌治療.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 分担, TrkB/BDNF経路を標的とした肺神経内分泌腫瘍に対する治療法開発.
2011年度~2013年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 癌細胞の細胞周期離脱・再進入を標的とした治療法開発のためのG0癌細胞モデルの作成.
2009年度~2011年度, 基盤研究(C), 分担, VEGF/VEGFR2経路遮断による制御性T細胞誘導抑制と腫瘍内集積制御.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 代表, 新規Treg細胞マーカー(VEGFR2)を標的としたTreg細胞制御療法の開発.
2009年度~2011年度, 基盤研究(B), 分担, 広範囲癌腫に対する分子標的治療開発のためのGli1分子の機能解析.
2008年度~2010年度, 特別推進研究, 分担, 大腸癌特異的な標的分子(ガンマ・セクレターゼ作用分子)の同定と臨床応用への展開.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2019年度~2019年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 代表, 新規PTPN3抑制遺伝子挿入型遺伝子改変腫瘍溶解性ウイルスを用いた膵癌に対する新規治療法の確立
.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2016年度~2016年度, タケダ・リサーチサポート , 代表, 胆嚢癌に対する転写因子Gli2分子の発癌予防および癌治療への応用の可能性の検証に関する研究.
2011年度~2012年度, 臨床研究奨励基金, 代表, 癌局所低酸素環境を考慮した癌免疫療法の開発.
寄附金の受入状況
2016年度, 【株)クレハ, PSKの作用機序メカニズム解析の研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」