九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
山座 治義(やまざ はるよし) データ更新日:2021.01.05

准教授 /  歯学研究院 歯学部門 口腔保健推進学


主な研究テーマ
ヒト乳歯歯髄間葉系幹細胞に関する研究
キーワード:間葉系幹細胞 乳歯
2009.04.
カロリー制限による寿命延長機構の解明
キーワード:カロリー制限 寿命
2001.04.
歯の発生に関する分子生物学的研究
キーワード:歯 発生
1997.04.
研究業績
主要著書
1. 山座治義, 野中和明, 小児歯科学第5版, 医歯薬出版株式会社, 2017.12.
2. 山座治義, 野中和明, 小児科8月増刊号, 金原出版株式会社, 2017.08.
3. 野中 和明, 山座 治義, 歯科臨床イヤーノート2014~, クインテッセンス出版, 2013.03.
4. 山座治義, 野中和明, 小児内科, 東京医学社, 2011.08.
5. 山座治義, 野中和明, 小児科学第10版, 文光堂, 2011.04.
6. 山座治義, 野中和明, 小児歯科学第4版, 医歯薬出版株式会社, 2011.03.
主要原著論文
1. 山座治義,髙山扶美子,小笠原貴子,廣藤雄太,廣藤早紀,木舩 崇,佐藤綾子,香川由依,増田啓次,福本 敏, 病診連携により施行できたNoonan症候群患児の心臓手術前の口腔内感染源への歯科治療の一例, 日本障害者歯科学会誌, 41, 4, 318-323, 2020.11.
2. 山座 治義, 増田 啓次, 柳田 憲一, 西垣 奏一郎, 小笠原 貴子, 廣藤 雄太, 野中 和明, Angelman症候群の患児に多数歯齲蝕を認めた1例, 小児歯科学会雑誌, 52, 4, 559-564, 2014.10.
3. 増田 啓次, 山座 治義, 西垣 奏一郎, 小笠原 貴子, 大隈 由紀子, 柳田 憲一, 野中 和明, Hallermann, Streiff症候群に歯肉腫瘤を伴う先天歯を認めた1例, 小児歯科学会雑誌, 51, 4, 461-466, 2013.10.
4. Haruyoshi Yamaza, Kou Matsuo, Ieyoshi Kobayashi, Hiroko Wada, Tamotsu Kiyoshima, Merina Akhtar, Yukiko Ishibashi, Takako Sakai, Akifumi Akamine, Hidetaka Sakai, Expression of Set-α during morphogenesis of mouse lower first molar, Histochemical Journal, 10.1023/A:1014491111628, 33, 8, 437-441, 2001.12, [URL], The detailed in situ expression pattern of the Set-α gene has been studied. Previously we showed that Set-α is a differentially expressed gene in the embryonic mouse mandible at day 10.5 (E10.5) gestational age. Cells expressing Set-α were widely distributed in both the epithelial and underlying ectomesenchymal cells at E10.5. At E12, they were slightly aggregated in an area where tooth germ of the lower first molar is estimated to be formed. At E13.5, Set-α was strongly expressed in the tooth germ. At the cap stage, Set-α was expressed in the enamel organ and dental papilla. At the bell stage, Set-α was distinctly expressed in the inner enamel epithelial and dental papilla cells facing the inner enamel epithelial layer, which were intended to differentiate into ameloblasts and odontoblasts, respectively. Interestingly, Set-α was also expressed in several embryonic craniofacial tissues derived from the ectoderm. This study is the first report that Set-α is distinctly expressed in the developing tooth germ, and suggests that Set-α plays an important role in both the initiation and the growth of the tooth germ, as well as in the differentiation of ameloblasts and odontoblasts..
5. Haruyoshi Yamaza, K. Matsuo, Tamotsu Kiyoshima, Noriatsu Shigemura, I. Kobayashi, Hiroko Wada, A. Akamime, H. Sakai, Detection of differentially expressed genes in the early developmental stage of the mouse mandible, International Journal of Developmental Biology, 45, 4, 675-680, 2001.08, We previously examined the development of the mouse mandible, and demonstrated that odontogenesis occurs between embryonic day 10.5 (E10.5) and E12. Based on the histological findings, we performed cDNA subtraction between the E10.5 and E12 mandibles to detect any differentially expressed genes which might be involved in the initiation of odontogenesis. By sequencing, homology search and semi-quantitative reverse transcription-polymerase chain reaction (RT-PCR), we thus found Pgk-1, Ccte, Hsp86, Nucleolin, Hsc73, Frg1, N-ras, Set alpha and Hsj2 from the E10.5 mandible, and E25, ATPase6, Mum2, Thymosin beta4 and L21 from the E12 mandible to be differentially expressed genes. These genes are functionally related to protein transport, signal transduction, transcription, translation and molecular chaperon activity. In situ hybridization analyses of Set alpha and E25 showed that Set alpha was detected in the tooth germ at E12 and E14.5, thus indicating a close relationship of this gene to odontogenesis. Meanwhile, the in situ signal of E25 was found in the muscular layer of the tongue, thus suggesting E25 to be related to the differentiation of muscular tissue. In conclusion, we found 15 differentially expressed genes in the course of the early developmental stage of the mouse mandible using a combination of the cDNA subtraction and semi-quantitative RT-PCR methods, while in addition, two genes were demonstrated to be related to the initiation and the development of both tooth germ and the tongue according to the in situ hybridization technique..
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 増田啓次, 山座治義, 山口 登, 野中和明, 口唇口蓋裂への対応, 2010.11.
2. 山座治義, 下川 功, カロリーリストリクション仮説と抗老化医学への応用, 2008.07.
主要学会発表等
1. 山座治義, パミドロネートはヒト乳歯歯髄由来幹細胞において、ビリルビンによる細胞死を抑制し、象牙質形成不全を回復させる, 第57回日本小児歯科学会大会, 2019.06.
2. 山座治義, 下顔面の疾患に対する歯科的アプローチ, 第14回小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 2019.05.
3. Haruyoshi Yamaza, Bilirubin reversibly affects cell death and odontogenic capacity of SHED, ASCB|EMBO 2018 meeting, 2018.12.
4. 山座治義, 野中和明, 乳歯歯髄由来幹細胞におけるビリルビンの可逆的影響, 第56回日本小児歯科学会大会, 2018.05.
5. 山座治義, 全身の健康はお口から, 第14回 市民公開講座, 2016.08.
6. Haruyoshi Yamaza, Dihydroorotate dehydrogenase depletion hampersmitochondrial function and osteogenic differentiation in osteoblasts, 頭脳循環Kick Off Symposium, 2015.02.
7. Haruyoshi Yamaza, Inhibition of mitochondrial function by depletion of Dihydroorotate dehydrogenase depletion in osteoblast, The 25th Fukuoka International Symposium On Pediatiric/Maternal-Child Health Research, 2014.08.
8. 山座 治義, 柳田 憲一, 西垣 奏一郎, 小笠原 貴子, 増田 啓次, 野中 和明, 外胚葉異形成症の歯科的管理の1例, 第52回日本小児歯科学会大会, 2014.05.
9. Haruyoshi Yamaza, Kazuaki Nonaka, Dihydroorotate dehydrogenase depletion inhibits mitochondrial function in osteoblasts, Gordon Research Conferences: Craniofacial Morphogenesis & Tissue Regeneration, 2014.03.
10. Haruyoshi Yamaza, SHED in regenerative dental medicine, USJI Week Event5: Contribution of US-Japan exchange of researchers in development of the molecular basis of dental and maxillofacial regenerative medicine leading collaboration among South-East Asian countries and US-Japan, 2013.09.
11. 山座 治義, 柳田 憲一, 大隈 由紀子, 小笠原 貴子, 増田 啓次, 野中 和明, 乳歯齲蝕を伴うAngelman症候群の1例, 第51回日本小児歯科学会大会, 2013.05.
12. Haruyoshi Yamaza, Caloric Restriction in Health, Kyudai Oral Bioscience 2013 -7th International Symposium-, 2013.03.
13. 山座 治義, 中村 志保, 柳田 憲一, 増田 啓次, 西垣 奏一郎, 野中 和明, 多数歯にわたる乳歯齲蝕を伴う軟骨無形成症の2例, 第30回日本小児歯科学会九州地方会, 2012.10.
14. Haruyoshi Yamaza, Stem cell researches in regenerative dentistry and the future., USJI Week Event4: Craniofacial Translational Research Based on Molecular Craniofacial Developmental Research, 2012.09.
15. 山座 治義, 増田 啓次, 西垣 奏一郎, 柳田 憲一, 野中 和明, 先天歯をともなうハラーマン・ストライフ症候群の1例, 小児歯科学会 第50回記念大会, 2012.05.
16. 山座治義, 柳田憲一, 増田啓次, 西垣奏一郎, 山口登, 野中和明, Denys-Drash症候群の患児への歯科的アプローチ, 第29回日本小児歯科学会九州地方会大会, 2011.10.
17. Haruyoshi Yamaza, Caloric restriction in health science, The 22th Fukuoka International Symposium On Pediatiric/Maternal-Child Health Research, 2011.09.
18. 山座治義, 腹7分目の健康科学, 第28回日本小児歯科学会九州地方会大会, 2010.10.
19. 山座治義, 中村由紀, 増田啓次, 山口 登, 野中和明, アラジール症候群の患児に対する歯科治療の2例, 第48回日本小児歯科学会大会, 2010.05.
20. 山座治義, 増田啓次, 中村由紀, 平野克枝, 山口 登, 祐田京子, 野中和明, 開口障害を伴うガードナー症候群の一例, 第27回日本小児歯科学会九州地方会, 2009.11.
21. 山座治義, 小松利光, 千葉卓哉, 林 洋子, 下川 功, カロリー制限におけるFoxO1転写因子の役割, 第98回日本病理学会総会, 2009.05.
22. Yamaza H., Park S., Chiba T., Nonaka K. and Shimokawa I., TISSUE-SPECIFIC VARIATION OF INSULIN SIGNAL IN CALORIC RESTRICTION, The American Aging Association 38th Annual Meeting, 2009.05.
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
その他の優れた研究業績
2010.01, 平成21年度日本小児歯科学会教育ワークショップ参加(東京歯科大学).
学会活動
所属学会名
歯科基礎医学会
日本基礎老化学会
The Japanese Society of Pathology
The Japan Society of Human Genetics
日本外傷歯学会
九州学校保健学会
American Aging Association
日本病理学会
日本基礎老化学会
歯科基礎医学会
日本障害者歯科学会
日本小児歯科学会
学協会役員等への就任
2020.06, 理事, 理事.
2017.04~2019.03, 評議員, 評議員.
2015.04~2017.03, 幹事, 幹事.
2013.04~2015.03, 評議員, 評議員.
2011.05, 評議員, 評議員.
2010.04~2012.03, 幹事, 幹事.
2010.04~2012.03, 評議員, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2015.11.15~2015.11.15, 第33回日本小児歯科学会九州地方会大会, その他.
2020.02.09~2020.02.09, 第30回西日本小児口腔外科学会総会・学術大会, その他.
2019.09.04~2019.09.04, 小児外科再生医療セミナー, その他.
2018.10.21~2018.10.21, 第36回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会, その他.
2018.08.27~2018.08.27, 第15回市民公開講座, その他.
2018.02.04~2018.02.04, 日本小児歯科学会専門医セミナー, その他.
2015.11.15~2015.11.15, 第33回日本小児歯科学会九州地方会大会, その他.
2014.03.08~2014.03.09, Kyudai Oral Bioscience 2013 -7th International Symposium, Other.
2013.08.31~2013.08.31, The 24th Fukuoka International Symposium on Pediatric/Maternal-Child Health Research, Other.
2011.03.04~2011.03.05, The 6th international joint symposium on “dental and craniofacial morphogenesis and tissue regeneration” and “oral health science”, その他.
2010.10.03~2011.10.03, 第28回日本小児歯科学会九州地方会大会, その他.
2010.10.03~2010.10.03, 第28回日本小児歯科学会九州地方会大会, その他.
2010.10.03~2010.10.09, 第28回日本小児歯科学会九州地方会大会, その他.
2010.10.03~2010.10.03, 第28回日本小児歯科学会九州地方会大会, その他.
2010.10.03~2010.10.03, 第28回日本小児歯科学会九州地方会大会, その他.
2010.02.05~2010.02.05, The 5th International Symposium on “Dental and Craniofacial Morphogenesis and Tissue Regeneration: A View from Stem Cell Research”, その他.
2010.02.05~2010.02.05, The 5th International Symposium on “Dental and Craniofacial Morphogenesis and Tissue Regeneration: A View from Stem Cell Research”, その他.
2008.09.04~2008.09.06, The Japan-Korea Joint Seminar (AACL2008)-Toward the establishment of Asian Aging Research and Education Center, Other.
2008.09.04~2008.09.06, he Japan-Korea Joint Seminar (AACL2008)-Toward the establishment of Asian Aging Research and Education Center, Other.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2013.04, International Journal of Dentistry, 国際, 査読委員.
2010.04~2012.03, 日本小児歯科学会九州地方会 News Letter, 国内, 編集委員長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度 32        32 
2019年度 34        34 
2018年度 10        10 
2017年度      
2016年度      
2015年度     33  34 
2014年度      
2013年度      
2012年度      
2010年度     31  33 
2009年度    
2008年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ASCB|EMBO 2018 meeting, UnitedStatesofAmerica, 2019.03~2019.03.
Gordon Research Conferences, Italy, 2014.03~2014.04.
U.S.-Japan Research Institute, UnitedStatesofAmerica, 2013.09~2013.09.
National Instirute on Aging, UnitedStatesofAmerica, 2013.09~2013.09.
National Institute on Health, UnitedStatesofAmerica, 2012.09~2012.09.
U.S.-Japan Research Institute, UnitedStatesofAmerica, 2012.09~2012.09.
University of Hawaii, UnitedStatesofAmerica, 2012.05~2013.06.
University of Hawaii, UnitedStatesofAmerica, 2012.05~2013.06.
32nd Annual Meeting and Scientific Symposium, UnitedStatesofAmerica, 2009.10~2009.10.
The American Aging Assosiation, UnitedStatesofAmerica, 2009.05~2009.06.
Yeungnam University, Korea, 2008.05~2008.05.
National Institute on Aging, UnitedStatesofAmerica, 2004.11~2007.03.
Workshop of Current Perspectives on the Mechanism of Caloric Restriction, UnitedStatesofAmerica, 2002.10~2002.10.
受賞
Lion Award, 日本小児歯科学会, 2020.06.
若手奨励賞受賞, 日本基礎老化学会, 2004.06.
Travel Award, The American Aging Association, 2006.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2002年度~2002年度, 基盤研究(C), 代表, カロリー制限による老化遅延機構の解明-神経内分泌系の役割-.
2004年度~2014年度, 基盤研究(C), 代表, 哺乳類における長寿モデル動物の解析.
2008年度~2010年度, 基盤研究(C), 代表, カロリー制限における新規の血糖制御機構と糖毒性への小胞体ストレス反応について.
2009年度~2009年度, 基盤研究(C), 代表, TISSUE-SPECIFIC VARIATION OF INSULIN SIGNAL IN CALORIC RESTRICTION.
2011年度~2012年度, 基盤研究(C), 代表, 生物学的母子関係の解明に関する研究.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 代表, 早老症をモデルとした老化制御機構の解明に関する小児歯科的アプローチ.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 代表, ヒト乳歯幹細胞を基盤とした新規アンチエイジング機構の解明.
2016年度~2017年度, 萌芽研究, 分担, 乳歯で染色体異常疾患を克服するトランスレーショナル研究.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 酸化ストレスからみた口唇裂口蓋裂発症機序解明と予防法の開発.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 代表, ヒト乳歯幹細胞を基盤とした新規アンチエイジング機構の解明.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, ヒト乳歯歯髄幹細胞によるヒルシュスプルング病類縁疾患に対する新規再生医療の開発.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, 薬剤抵抗性小腸移植片拒絶反応に対する細胞治療法の確立.
2013年度~2019年度, 基盤研究(A), 分担, ヒルシュスプルング病および類縁疾患における乳歯幹細胞による病因解明と新規治療開発.
2013年度~2015年度, 基盤研究(B), 分担, 患者由来歯髄幹細胞を応用した口唇口蓋裂の発症機序の解明と治療法の開発.
2013年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, ヒルシュスプルング病および類縁疾患の乳歯歯髄幹細胞を用いた新規治療法の開発.
2013年度~2014年度, 萌芽研究, 分担, 孫が祖父母を救う.
2013年度~2015年度, 基盤研究(A), 分担, 小児外科領域の難治性疾患における脱落乳歯幹細胞を用いた新規治療法の開発.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 代表, 早老症をモデルとした老化制御機構の解明に関する小児歯科的アプローチ.
2012年度~2014年度, 基盤研究(C), 分担, ミトコンンドリアの形態変化と口腔顎顔面組織発生との関係解明.
2012年度~2013年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, ヒト乳歯幹細胞を用いた造血機能再生医療へのチャレンジ.
2011年度~2012年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 先天性代謝異常症および凝固異常症に対する乳歯幹細胞を用いた肝再生療法の開発.
2011年度~2012年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 乳歯による高齢者の若返り医療を開拓する発生・細胞学的研究.
2011年度~2012年度, 若手研究(B), 代表, 生物学的母子関係の解明に関する研究.
2008年度~2010年度, 若手研究(B), 代表, カロリー制限における新規の血糖制御機構と糖毒性への小胞体ストレス反応について.
2007年度~2008年度, 基盤研究(C), 分担, カロリー制限の抗老化機構:Neuropeptide Yと受容体サブタイプの解析.
2004年度~2004年度, 若手研究(B), 代表, 哺乳類における長寿モデル動物の解析.
2004年度~2005年度, 基盤研究(C), 分担, 白色脂肪組織での肥満やインシュリン感受性を制御する遺伝子群の同定.
2003年度~2005年度, 基盤研究(B), 分担, ほ乳類における老化制御機構:インスリン/IGF-1抑制とカロリー制限との相違.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2015年度~2015年度, 橋渡し研究加速ネットワークプログラムシーズB, 分担, 脱落乳歯幹細胞を用いた立体肝組織移植による小児代謝性肝疾患根治療法の開発.
2014年度~2014年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, ヒルシュスプルング病及び類縁疾患の幹細胞を用いた病因病態解明と新規治療法の開発.
2002年度~2002年度, 長崎医学同窓会医学研究助成金, 代表, カロリー制限による老化遅延機構の解明-神経内分泌系の役割-.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2009年度~2009年度, 国際学会等派遣事業, 代表, TISSUE-SPECIFIC VARIATION OF INSULIN SIGNAL IN CALORIC RESTRICTION.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」