九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
森高 正博(もりたか まさひろ) データ更新日:2022.06.17

准教授 /  農学研究院 農業資源経済学部門 農学研究院


主な研究テーマ
東南アジア型農産物バリューチェーン解明に向けたゲーム論ベースの研究体系構築の試み
キーワード:農産物バリューチェーン 東南アジア 契約農業
2019.04~2024.03.
食品安全制度における信頼のコントロールに関する研究
キーワード:食品安全規制,信用財,情報経済学,消費者情報処理
2012.04.
食料マーケティングにおける地域ブランドの機能,特性およびその応用に関する研究
キーワード:地域ブランド,消費者行動,食料マーケティング
2013.04~2015.03.
集落営農組織の経営展開と6次産業化
キーワード:集落営農、6次産業化
2011.04~2019.03.
自給粗飼料生産・流通システムの効率性と公正生
キーワード:粗飼料、TMR、組織の経済学、契約論、協力ゲーム理論
2006.04~2019.03.
農産物の契約取引のメカニズムに関する研究
キーワード:農産物流通、契約論、卸売市場
2006.04.
フードチェーン内での残留農薬検査のあり方に関する研究
キーワード:残留農薬検査、フードシステム、情報の経済学、ゲーム理論
2006.04.
研究業績
主要著書
1. 森高 正博, 「第8章 農産物・食品輸出における輸出戦略の理論的検討」福田 晋編著『日本農業市場学会研究叢書20 加工食品輸出の戦略的課題 輸出の意義、現段階、取引条件、および輸出戦略の解明』, 筑波書房, pp. 143-165, 2019.12.
2. 森高 正博, 「第5章 食品安全の規格・認証制度の機能と課題」斎藤修監修・中嶋康博・新山陽子編集担当『フードシステム学叢書第2巻 食の安全・信頼の構築と経済システム』, 農林統計協会, pp. 101-115, 2016.06, 第1に、世界的な潮流として食品加工におけるHACCP方式の義務化が進みつつある中で、GAP(適正農業規範)やHACCP方式の衛生管理手法に代表される行程管理規格と製品検査に代表される製品規格のいずれが食品安全を効率的に担保するかという経済学的議論を整理した。その上で、多くの経済学者が後者を支持する中で、対立する見解や食品衛生研究者等の指摘を紹介しつつ、モニタリング費用の認識が主要論点となること、前者の義務化とその監視が優越する可能性を明らかにした。第2に、工程管理規格や製品規格に関わる認証取得が食品安全性の高さのシグナルとなる可能性について吟味した。食品安全性においては、消費者の合理的な信念が形成されるための生産サイドとの情報交換のループが形成されず、認証がこれを補完することになる。しかし、認証によって合理的な信念が形成される保証やエビデンスはない。例えば、一般製品への不合理に高すぎる安全認識は、かえって市場に安全性の低い製品の供給を促すと同時に、そうした中でこそ期待される認証製品についても、その価格プレミアムを縮小させ、認証制度の効果をスポイルする。信念形成に関する実証・理論両面からの研究が必要とされていることを示した。.
3. 福田 晋, 森高 正博, Hiroshi Isoda, 髙橋 昂也, 前田 幸嗣, 陶 成林, 外園 智史, 狩野 秀之, 豊 智行, 劉 然, 山本 直之, 田中史彦, 内野 敏剛, 農畜産物輸出拡大の可能性を探る―戦略的マーケティングと物流システム, 農林統計出版株式会社, 2016.02.
4. 食農資源経済学会編, 新たな食農連携と持続的資源利用―グローバル化時代の地域再生に向けて, 筑波書房, 担当節 pp.94-102, 2015.08.
5. 安髙優司, 黄 完晟, 髙山浩二, 小野瀬 拡, 森高 正博, 山田 秀, 原 康記, 福岡県の地域経済と企業活動, 九州大学出版会, 2013.03.
6. 南石 晃明, 伊東 正一, 前田 幸嗣, 狩野秀之, 吉田 泰治, 吉家 淳, 横内絢子, 山下雅弘, 八木洋憲, 高橋秀明, 松下秀介, 佐藤正衛, 新開 章司, 福田 晋, 森高 正博, 堀田 和彦, 陳 廷貴, 矢部 光保, 食料・農業・環境とリスク, 農林統計出版, 2011.03.
7. 小林信一、阿部亮、千田雅之、鈴木宣弘、平児慎太郎、谷口信和、神山安雄、森剛一、福田晋、森高正博、淡路和則、山内季之、加藤好一, 日本酪農への提言 持続可能な発展のために, 筑波書房, 2009.08.
8. 福田晋、清水千絵、劉小ナン、豊智行、田村善弘、森高正博、王志剛、徳田一憲、中川敬基、中川隆, 食品の安全・安心の経済分析, 九州学術出版振興センター, 2008.03.
9. 福田 晋, 森高 正博, 日本草地畜産種子協会, コントラクター ―つくり方 活かし方―, 社団法人 中央畜産会, 2008.03.
10. 福田晋、甲斐諭、森高正博、劉小ナン、王志剛、梁秀山、豊智行、孫暁光、金ジャキョン、黄仁錫、李ビョンオー、田村善弘、金中起、丸山泰広、徳田一憲、中川敬基、平岡豊、中川隆, 東アジアにおけるフードシステムの交差, 九州学術出版振興センター, 2004.05.
11. 細江守紀、金崎雅之、佐藤秀樹、三浦功、森高正博、福田晋、大内田康徳、内藤徹、岡田羊祐、池田康弘, 現代公共政策の経済分析, 中央経済社, 2005.04.
主要原著論文
1. 森高 正博, 坂井教郎, 横川 洋, 技術特定型環境支援における経済評価の方法 : さとうきび栽培における赤土流出問題を事例として, 九州大学大学院農学研究院学芸雑誌, 74, 1/2, 1-13, 2019.09, [URL], This research firstly analyze theoretically the efficiency of the technique oriented environmental payment, hiring a certain countermeasure technique is subsidized, to the polluter. We reveal that if the polluter type relative to the opportunity cost and the amount of pollution reduction of a technique is hidden information, environmental payment above will fail to attain the socially optimal technique choice for all polluter in some case. Secondly, using additive DEA, we verify the 36 sugarcane farmers’ individually and socially rationality in choosing the countermeasure technique for red clay outflow from their farmland in Okinawa, Japan. We find that 1) green manure crop/cover crop and ratoon sugarcane cultivation practice have been already established as a basic techniqe from the managerial point of view in consolidated farmlands in a flat area, 2) for majority of farmers, ratoon sugarcane cultivation practice is preferable to green manure crop/cover crop from the social point of view, 3) in the study area, there is no feasible solution to make all type of farmers choose socially optimal technique through the technique oriented environmental payment. It is recommended that the payment for the green manure crop/cover crop in consolidated farmlands in a flat area should be expired as a normative technique in the survey area in order to reduce the adverse technique selection by farmer like not to choose ratoon sugarcane cultivation practice but green manure crop/cover crop..
2. 森高正博, 劉 然, 髙原幸江, 高柳実華子, 福田 晋, 農村観光地点類型間の相互連関と周遊パッケージ構築の課題―福岡県南部に位置する耳納北麓エリアを事例として―, 農業市場研究, 27, 3, 13-23, 2018.12, [URL], The contents of rural tourism is rapidly increasing in number and variety. For example, while fruit picking have been a typical content of rural tourism for long time, new types include various farming experiences, farmers markets and farmer’s restaurants. The ‘rural area’ as tourist site is considered a composite good consisted of a number and a variety of tourism contents in the area. This paper explores the characteristics of such tourism areas and considers the problems of providing a package for round trip by foot. The case studied is Minoh-Hokuroku area, which is located in the southern part of Fukuoka prefecture in Japan and is famous for green tourism. We collected 459 trip chain data of 262 tourists in this area. In order to reveal whether arbitrary two spot categories have direct and indirect tendency to be visited in one trip chain, graphical log linear model and undirected independent graph are applied to 7 of 8 categories of tourist spots in the trip chain data. Our findings are as follows. 1) Agriculture related tourist spots do not constitute a trip chain by themselves. They are often combined with other type of tourist spots. 2) Agriculture related tourist spots are often combined to categories that include eating locally produced agricultural products. 3) Though tourist spots in the surveyed area are often rounded by car, the high-growth target is round trip on foot. Directly related spots, however, aren’t allocated compactly to accept round trip on foot. These findings could be generalized to other similar rural areas where tourist spots are sparse and managed independently..
3. 森高正博, 農産物輸出におけるマーケティング戦略の課題, 農業と経済, 84, 5, 29-39, 2018.05.
4. 森高 正博, 農産物輸出におけるマーケティング戦略の課題-ブランディング戦略の観点から-, フードシステム研究, http://doi.org/10.5874/jfsr.23.2_98, 23, 2, 98-112, 2016.09, [URL], Facing the decreasing trend of domestic food demand and also the share of domestic products, market penetration to abroad is one of the urgent strategies for domestic agricultural producers. This study firstly examines the possibilities of it with checking the fruits of EPA and TPP negotiations briefly. Secondly, it is revealed that branding and promotion strategies become structural problems among individual producing area brands and All- Japan brand as an umbrella brand. To show the criteria of selecting a branding strategy, strategic choice of advertise and promotion by umbrella brand and each area brands in sequential game is examined. And the criteria is explained mainly by the signs of advertise and promotion’s spillover effect and strategic effect..
5. 森高 正博, 第2コメント 南西諸島における作目選択の展望について―長期的にさとうきび作を維持すべきか否かー, 食農資源経済論集, 67, 1, 46-48, 2016.04, [URL].
6. 森高 正博, 小原 一晃, 福田 晋, 地域名を冠した食品における消費者の購買意思決定過程―共分散構造分析によるAIDAモデルへの適合性の検証―, フードシステム研究, http://doi.org/10.5874/jfsr.21.153, 21, 3, 200-205, 2014.12, [URL].
7. 森高 正博, 日本の青果物産地における輸出行動―理論的整理とナガイモを事例とした検証―, 食農資源経済論集, 65, 1, 69-80, 2014.04, [URL], Japanese agricultural exports have been increasing in recent years. Meanwhile, it have been pointed that export strategy of agricultural co-operatives had changed from export for supply and demand adjustment in the domestic market to export for a source of earnings by itself. Firstly, this paper theoretically analyzes three behavioral criteria of export activities that are: 1) revenue chasing criterion, 2) collaborative export criterion and 3) price chasing criterion. Secondly, the derived theoretical export amounts of each criterion are simulated and compared to actual export amounts in the case of Japanese yam from 2003 to 2010. The results show that the price chasing criterion is the most consistent with the actual exporting behavior of co-operatives. Theoretically, however, this criterion is not rational for duopolistic domestic suppliers in a market abroad. This study indicates that exporting supply and demand adjustment is still effective. Changing the strategy from price chasing to revenue chasing will increase amount of export as well as total profit of Japanese production area..
8. 森高 正博, 取引における認証制度の有効性―安全基準に対する信頼の観点から―, フードシステム研究, 20, 2, 83-95, 2013.09, [URL], This paper try to theoretically bring out the problems occurred when food safety signals, which are used safety standard or certification, are incompletely transmitted to buyers. Theoretical analysis of transaction game model without restriction for rational belief can explain following situations. Firstly, consumer attitude of untrustworthiness of food safety has a certain amount of rationality. Secondly, after strengthening of food sanitary inspection at upper stream of food distribution channel, the information of inspection results mislead harmful rumor. Thirdly,q excessively high or low belief of normal food spoils the effect of introducing food safety certification. Results indicate that food safety standard or certification needs proper belief control in applicable methods..
9. 森高 正博, 実需者市場としての農産物市場―農業と食品産業の関係性―, 農業経済研究, https://doi.org/10.11472/nokei.85.80, 85, 2, 80-88, 2013.09, [URL], The vegetable and fruit market, which has traditionally been considered as a perfect competitive market, is now changing to an imperfect one in an economic environment marked by large-scale buyers and growing demand for industrial uses. Its economic evaluation has now emerged as an issue. This paper firstly reviews evaluations for oligopoly, oligopsony and vertical coordination in the domestic vegetable and fruit market. Most previous researches have denied oligopolistic behaviors by large-scale production areas, or their negative economic effects both empirically and theoretically. On the other hand, researchers also evaluated the oligopsonic behaviors by large-scale buyers and vertical coordination in both positive and negative aspects. A unified evaluating methodology, however, have not been found yet. Secondly, whether the increasing of vertical transactions and decreasing of auction transactions will bring about incompleteness of market information is discussed. Theoretically if price-elastic buyers expand vertical transactions, the nature of the index of auction prices will be impaired. But domestic vegetable and fruit markets have not yet arrived at that situation..
10. 森高 正博, 日本の青果物産地における輸出の位置づけ-重点出荷先か需給調整弁か-, 日本・中国・韓国農業経済シンポジウム「東アジアにおける農業の連携と農畜産物の貿易」, 69-77, 2011.10.
11. 劉小ナン, 森高正博, 豊智行, 福田晋, 甲斐諭, 中国大都市における食品認証制度の普及促進効果―大連市の中間所得層の消費者を対象とした実証分析―, 農業市場研究, 16, 2, 58-68, 2007.12, [URL], Recently, Chinese Government has introduced food certification systems attributed to the food safety issue. The main purpose of these systems is to differentiate between high and low quality goods. Most previous surveys analyze the rates of "perception" and "purchasing experiences" of certified goods, in order to evaluate the promotion effect of these certification systems. However, the above indicators were theoretically inadequate from the point of view of certification system. To more robust of former studies, we propose a new indicator, which is the rate of "continuous purchasing goods with a certification mark after comprehending this system". Results from consumer survey conducted in Dalian city, shows that only 38% for Green Food and 24% for No Pollution Food among observations are willing to continue purchasing certified food after understanding this system. Besides, 30% of observations are purchasing Green Food continuously without comprehending. Therefore, promotion effort is prerequisite to secure the availability of consumer's choice in China..
12. 森高正博, 豊 智行, 福田 晋, 甲斐 諭, 農協による青果物残留農薬自主検査の誘因分析, 流通 日本流通学会年報, https://doi.org/10.14904/jsds1988.2005.134, 18, 134-141, 2005年版, 2006.03, [URL].
13. 森高正博, 豊 智行, 福田 晋, 甲斐 諭, 農産物認証制度の経済学的評価に関する考察 ―減農薬栽培農産物の流通・認証制度における生産者参入の視点からの比較分析―, 日本農業経済学会論文集, 230-237, 2004年度, 2005.11.
14. 森高正博, 豊智行, 福田晋, 甲斐諭, 農協生産部会における減農薬栽培の移行条件 ―施設野菜の農協間比較―, 農業市場研究, https://doi.org/10.18921/amsj.14.1_63, 14, 1, 63-66, 2005.06, [URL], This paper shows the following 3 conditions for shifting to reduced pesticide cultivation (RPC) in agricultural cooperatives (JAs) of Miyazaki prefecture. First, average ratio of certified area depends on well-establishment of RPC technique. Second, JA with relatively small number of producers show high tendency to shift thoroughly. It depends on 1) bargaining power of joint sell, 2) difficulty to unify members’ opinion, 3) collecting and shipping facilities, and 4) burden of certification in JA. Third, in the case of mini-tomato, the economic condition of participation especially for marginal producers is satisfied not by premium but by improvement of their skills.
本稿は、農協生産部会における減農薬栽培への移行条件について、宮崎県内農協からの聞き取りと統計資料から、以下の3点を明らかにした。第1に、平均認証面積率は、減農薬栽培技術がどの程度確立されているかに依存している。第2に、比較的小規模な農協生産部会ほど減農薬栽培へ部会全体で移行する傾向が強い。この要因は、1)共販の販売力、2)部会の意思統一の難しさ、3)集出荷施設、4)農協の認証事務労働の4点である。第3に、ミニトマトの事例では、特に限界的生産者の経済的な参加条件は、価格プレミアムというより、むしろ、それら生産者の技術向上によって満たされている。.
15. 森高正博・豊智行・福田晋・甲斐諭, 柑橘生産地域の堆肥流通における品質問題, 農業経済論集, 55, 2, 51-61, 2005.01, [URL], 近年の堆肥供給増加傾向の中で、堆肥流通促進は重要な課題となる。典型的な柑橘生産地域である熊本県芦北地域における堆肥センター及び耕種農家への聞き取りから、地域内の堆肥利用の問題点として、①効果に比べて堆肥価格が高い、②近年の柑橘価格低下、③急傾斜地における散布労働、④堆肥情報の欠如や品質不安定性または利用技術の不足に起因するリスクが挙げられた。これらの問題点について、代表的経営モデルによる数理計画分析からは、④のリスク問題が決定的に重要であることが分かった。従って、地域の堆肥流通促進を図る対策は、堆肥品質に関する情報の非対称性解消が第1であり、園内作業道の整備や輸送・散布サービス等はより堆肥需要を拡大のための2次的な対策と位置付けられる。.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 森高正博, 7-14 食品機能と製品開発, 日本農業経済学会編『農業経済学事典』丸善出版, 2019.11.
2. 森高正博, 6-10 青果物の価格形成, 日本農業経済学会編『農業経済学事典』丸善出版, 2019.11.
3. 食料流通学研究室, 6次化産品の直売所におけるトライアル購買・リピート購買に関する分析, 2018.05.
4. 食料流通学研究室, 耳納北麓エリアの食料・農業資源を活かしたコンパクトな観光パッケージ創出にむけて―現状の整理と戦略課題の 策定 および消費者調査―, 2018.03.
5. 森高正博, 7-2-2 居住環境の変化と生活水準の維持, 農業情報学会編『新スマート農業―進化する農業情報利用―』農林統計出版株式会社, 2019.03.
6. 森高 正博, 書評 菊地哲夫著『食品の流通経済学』, 農業経済研究, 2015.09.
7. 森高 正博, コントラクターにおける経営管理マニュアル作成にあたって―中間報告―, 2013.03.
8. 森高 正博, コントラクターを起点とした自給粗飼料の流通圏域計測モデルの構築, 独立行政法人農畜産業振興機構 平成24年度畜産関係学術研究委託調査報告, 2013.03, [URL].
9. 森高 正博, 坂井教郎, 「赤土流出対策技術に対するさとうきび農家の経営判断と赤土GAPのあり方」『赤土GAP・環境支払い・協働原則のミックスによる赤土等流出防止プログラムの形成 平成22-24年度科学研究費助成対象研究(基盤研究C)報告書』, 九州共立大学, 2012.11.
10. 森高 正博, 地域で円滑な需給体制を築くために―利用拡大に向けた契約取引関係を中心に―, 畜産コンサルタントVol.48, No.569, 2012.05.
11. 森高正博, 特集 水田を活用した国産飼料生産・流通(下)「地域で円滑な需給体制を築くために―利用拡大に向けた契約取引関係を中心に―」, 『畜産コンサルタント』Vol.48 No.569,pp.17-21., 2012.05.
12. 大重陽子, 山畑友里, 高山和幸, 森高 正博, 冨永昂志, 福田 晋, 卸売市場流通の再編と展開方向に関する研究, 2012.04.
13. 森高 正博, 「システムにおける契約取引関係の構築」平成21年度畜産生産基盤育成強化対策推進事業指導資料『水田を活用した地域自給飼料生産システムの構築に向けて』, 社団法人 中央畜産会, 2010.02.
14. 森高 正博, 「エコフィードの地域流通と市場性」『平成20年度地域エコフィード利用体制確立支援事業 地域におけるエコフィードの需給可能性について』, 社団法人 福岡県畜産協会, 2009.03.
15. 森高 正博, 「継続的取引関係の発生メカニズム」平成18年度~平成19年度科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書『米販売における関係性マーケティング及び協働型マーケティングに関する研究』, 研究代表者 福田晋, 2008.03.
16. 森高 正博, 「導入されたトレーサビリティ・システムの成果と課題」農林水産省消費・安全局補助事業『平成19年度「ユビキタス食の安全・安心システム」開発事業 開発・実証報告書』, 生活協同組合連合会 コープ九州事業連合, 2008.03.
17. 福田 晋, 森高 正博, (社)日本草地畜産種子協会, 畜産生産基盤育成強化対策推進事業『コントラクターの現状と役割』, 社団法人 中央畜産会, 2008.01.
18. 森高 正博, 平成17年度 JA共済総研助成研究報告書「農協共販の下での不完備情報に起因する農産物契約取引リスクの解明と産地対策―残留農薬自主検査による産地差別化の可能性―」, (社)農業共済研総合究所 調査研究第一部, 2007.01.
19. 森高 正博, 書評 坂爪浩史・朴紅・坂下明彦編著『中国野菜企業の輸出戦略 ―残留農薬事件の衝撃と克服過程―』, 農業市場研究, 2006.12.
20. 劉 小ナン, 森高 正博, 豊 智行, 福田 晋, 甲斐 諭, 「中国における農産物認証制度の有効性―日本の認証制度を比較対象として―」平成14年度~平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書『東アジアの農産物貿易の構造変動と食料供給力の安定化に関する国際共同研究』, 研究代表者 甲斐 諭, 2005.03.
21. 森高 正博, 「農協共販下の青果物特別栽培への移行条件の分析―部会規模の影響に関するゲーム分析と数量化理論Ⅱ類分析」平成14年度~平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書『東アジアの農産物貿易の構造変動と食料供給力の安定化に関する国際共同研究』, 研究代表者 甲斐 諭, 2005.03.
22. 森高 正博, 書評 稲本志良・大西緝・斉藤修・安村碩之編『農と食とフードシステム』, 農業経済論集, 2003.06.
主要学会発表等
1. 森高正博, 昆虫食に対する消費者受容―経験、昆虫食の形態、安全認証の効果―, 食農資源経済学会, 2021.08.
2. 森高正博, 劉 然, 福田 晋, 農村観光地点類型間の相互連関と周遊パッケージ構築の課題―福岡県南部に位置する耳納北麓エリアを事例として―, 農業市場学会, 2018.07, The contents of rural tourism is rapidly increasing in number and variety. For example, while fruit picking have been a typical content of rural tourism for long time, new types include various farming experiences, farmers markets and farmer’s restaurants. The ‘rural area’ as tourist site is considered a composite good consisted of a number and a variety of tourism contents in the area. This paper explores the characteristics of such tourism areas and considers the problems of providing a package for round trip by foot. The case studied is Minoh-Hokuroku area, which is located in the southern part of Fukuoka prefecture in Japan and is famous for green tourism. We collected 459 trip chain data of 262 tourists in this area. In order to reveal whether arbitrary two spot categories have direct and indirect tendency to be visited in one trip chain, graphical log linear model and undirected independent graph are applied to 7 of 8 categories of tourist spots in the trip chain data. Our findings are as follows. 1) Agriculture related tourist spots do not constitute a trip chain by themselves. They are often combined with other type of tourist spots. 2) Agriculture related tourist spots are often combined to categories that include eating locally produced agricultural products. 3) Though tourist spots in the surveyed area are often rounded by car, the high-growth target is round trip on foot. Directly related spots, however, aren’t allocated compactly to accept round trip on foot. These findings could be generalized to other similar rural areas where tourist spots are sparse and managed independently..
3. 森高 正博, 農産物輸出におけるマーケティング戦略の課題, 日本フードシステム学会, 2016.06, Facing the decreasing trend of domestic food demand and also the share of domestic products, market penetration to abroad is one of the urgent strategies for domestic agricultural producers. This study firstly examines the possibilities of it with checking the fruits of EPA and TPP negotiations briefly. Secondly, it is revealed that branding and promotion strategies become structural problems among individual producing area brands and All- Japan brand as an umbrella brand. To show the criteria of selecting a branding strategy, strategic choice of advertise and promotion by umbrella brand and each area brands in sequential game is examined. And the criteria is explained mainly by the signs of advertise and promotion’s spillover effect and strategic effect..
4. 森高 正博, 坂井報告へのコメント(南西諸島における作目選択の展望について―長期的にさとうきび作を維持すべきか否か―), 食農資源経済学会, 2015.09.
5. 森高 正博, 輸出プロモーションとブランド戦略の理論的検討, 日本農業市場学会, 2015.06.
6. 森高 正博, 水橋 大地, 福田 晋, 食品の地域ブランドに対する認識と商圏特性―福岡県糸島産食品を事例として―, 日本農業市場学会, 2014.07.
7. 森高 正博, 小原 一晃, 福田 晋, 地域名を冠した食品における消費者の購買意思決定過程-パス解析によるAIDAモデルへの適合性の検証-, 日本フードシステム学会, 2014.06.
8. 森高 正博, 取引における認証制度の有効性―安全基準に対する信頼の観点から―, 日本フードシステム学会, 2013.06, This paper try to theoretically bring out the problems occurred when food safety signals, which are used safety standard or certification, are incompletely transmitted to buyers. Theoretical analysis of transaction game model without restriction for rational belief can explain following situations. Firstly, consumer attitude of untrustworthiness of food safety has a certain amount of rationality. Secondly, after strengthening of food sanitary inspection at upper stream of food distribution channel, the information of inspection results mislead harmful rumor. Thirdly,q excessively high or low belief of normal food spoils the effect of introducing food safety certification. Results indicate that food safety standard or certification needs proper belief control in applicable methods..
9. 森高 正博, 実需者市場としての農産物市場―農業と食品産業の関係性―, 日本農業経済学会, 2013.03, The vegetable and fruit market, which has traditionally been considered as a perfect competitive market, is now changing to an imperfect one in an economic environment marked by large-scale buyers and growing demand for industrial uses. Its economic evaluation has now emerged as an issue. This paper firstly reviews evaluations for oligopoly, oligopsony and vertical coordination in the domestic vegetable and fruit market. Most previous researches have denied oligopolistic behaviors by large-scale production areas, or their negative economic effects both empirically and theoretically. On the other hand, researchers also evaluated the oligopsonic behaviors by large-scale buyers and vertical coordination in both positive and negative aspects. A unified evaluating methodology, however, have not been found yet. Secondly, whether the increasing of vertical transactions and decreasing of auction transactions will bring about incompleteness of market information is discussed. Theoretically if price-elastic buyers expand vertical transactions, the nature of the index of auction prices will be impaired. But domestic vegetable and fruit markets have not yet arrived at that situation..
10. 森高 正博, 坂井教郎, 技術特定型環境対策における経済評価の方法-さとうきび栽培における赤土流出問題を事例として-, 食農資源経済学会, 2012.11.
11. 森高 正博, 国内青果物産地の輸出行動, 日本農業市場学会, 2012.07.
12. 森高正博, 日本の青果物産地における輸出の位置づけ-重点出荷先か需給調整弁か-, 日本・中国・韓国農業経済シンポジウム, 2011.10.
13. 森高正博, 「米販売自由下における稲作農家の米販売チャネルの選択」に対するコメント, 「組織化、市場と食品安全」中日韓国際学術シンポジウム, 2010.09.
14. 森高正博・福田晋, 粗飼料生産・流通システムの効率性及び安定性-評価のための予備的考察-, 2009.09.
15. 森高正博・福田晋・豊智行・福島吉孝, 稲作農家の販売チャネル選択とその要因, フードシステム学会, 2008.06.
16. 森高正博, 売り手からの商品安全情報開示による差別化の可能性―青果物における残留農薬産地自主検査を事例として―, 日本応用経済学会, 2007.06.
17. 森高正博, 青果物の残留農薬自主検査による産地差別化の可能性―取引における情報構造の統計学的検証を基礎とした契約論的接近―, 日本農業経済学会, 2007.03.
18. 森高正博・福田晋・豊智行・甲斐諭, 家庭消費用うるち米の消費者ニーズの多様化の検証―福岡県内の消費世帯を対象に―, 九州農業経済学会, 2005.09.
学会活動
所属学会名
日本協同組合学会
日本応用経済学会
日本フードシステム学会
日本農業市場学会
食農資源経済学会
日本農業経済学会
学協会役員等への就任
2018.07~2020.07, 日本農業市場学会, 学会賞選考委員.
2016.07~2018.07, 日本農業市場学会, 理事.
2014.07~2016.07, 日本農業市場学会, 理事.
2011.04~2014.03, 食農資源経済学会, 幹事.
2011.09~2013.09, 日本農業協同組合学会, 理事.
2010.04~2011.03, 食農資源経済学会, 幹事.
2008.10~2009.09, 食農資源経済学会, 編集委員会事務局.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.07.05~2019.07.07, 日本農業市場学会大会, 個別報告座長(Chairmanship).
2019.06.21~2019.06.23, 日本フードシステム学会, 個別報告座長(Chairmanship).
2019.11.22~2019.11.25, 国際農業農村協同組合学会大会, 大会実行委員会 事務局.
2018.09.14~2018.09.16, 食農資源経済学会大会, 座長(Chairmanship).
2018.07.06~2018.07.08, 日本農業市場学会大会, 座長(Chairmanship).
2017.09.19~2017.09.21, 食農資源経済学会大会, 座長(Chairmanship).
2017.09.14~2017.09.16, 日本農業経営学会大会, 大会実行委員会.
2017.06.30~2017.07.02, 日本農業市場学会大会, 座長(Chairmanship).
2017.06.09~2017.06.11, 日本フードシステム学会大会, 大会実行委員会(会計担当).
2016.06.18~2016.06.19, 日本フードシステム学会, 座長(Chairmanship).
2015.09.17~2015.09.20, 食農資源経済学会, 座長(Chairmanship).
2015.05.30~2015.05.31, 日本フードシステム学会, 座長(Chairmanship).
2015.03.28~2015.03.29, 日本農業経済学会, 座長(Chairmanship).
2014.09.13~2014.09.14, 食農資源経済学会, 座長(Chairmanship).
2014.06.14~2014.06.15, 日本フードシステム学会, 座長(Chairmanship).
2013.06.29~2013.06.30, 日本農業市場学会, 座長(Chairmanship).
2013.06.16~2013.06.16, 日本フードシステム学会, 座長(Chairmanship).
2012.03.29~2012.03.30, 日本農業経済学会大会, 大会実行委員会事務局(会計担当).
2011.10.28~2011.10.29, 日本・中国・韓国農業経済シンポジウム, 日中韓農業経済シンポジウム実行委員会.
2010.09.10~2010.09.12, 食農資源経済学会, 学会大会事務局.
2010.09.10~2010.09.12, 食農資源経済学会, 座長(Chairmanship).
2009.09.11~2009.09.13, 食農資源経済学会, 座長(Chairmanship).
2008.09.26~2008.09.28, 食農資源経済学会, 座長(Chairmanship).
2008.07.05~2008.07.06, 日本農業市場学会, 座長(Chairmanship).
2007.09.28~2007.09.30, 食農資源経済学会, 座長(Chairmanship).
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2020.08~2022.07, 農業市場研究, 国内, 編集委員.
2020.04~2022.03, 農業経済研究, 国内, 編集委員.
2017.06~2019.06, フードシステム研究, 国内, 編集委員.
2016.07~2018.06, 農業市場研究, 国内, 編集委員.
2014.07~2016.06, 農業市場研究, 国内, 編集委員.
2013.10~2017.09, 食農資源経済学会/食農資源経済論集, 国内, 編集委員.
2006.10~2008.09, 食農資源経済学会/食農資源経済論集, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2021年度 18      18 
2020年度 18      18 
2019年度    
2018年度     10 
2017年度   18      18 
2016年度   10      10 
2015年度    
2014年度   10      10 
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度      
2007年度      
2006年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
現地輸入業者, Singapore, 2020.02~2020.02.
現地輸入業者, Singapore, 2019.09~2019.09.
カセサート大学, 農産物流通業者, Thailand, 2018.12~2018.12.
Elysian Gangchon Resort, Korea, 2018.11~2018.11.
ソウル大学ピョンチャンキャンパス, Korea, 2018.10~2018.10.
農業灌漑省, 農産物加工メーカー, 農村, Myanmar, 2018.10~2018.10.
カセサート大学, 農産物流通業者, Thailand, 2018.08~2018.08.
現地輸入業者, Hong Kong , 2018.06~2018.06.
国立ベトナム農業大学, 農畜産物産地組織および流通企業, Vietnam, 2018.03~2018.03.
現地輸入商社, Hong Kong , 2018.01~2018.02.
ミャンマー農業灌漑省計画局, JICA ミャンマー事務所, Myanmar, 2017.12~2017.12.
JA宮崎経済連香港事務所, 香港で展開する大手チェーンスーパー本社, Hong Kong , 2016.10~2016.10.
カセサート大学, 果実輸出商社 複数社, Thailand, 2016.08~2016.09.
チェンマイ大学, Thailand, 2015.08~2015.08.
食品小売業者・卸売業者、外食店, Vietnam, 2015.05~2015.05.
Link&SUPPORT 伊勢丹スコッツ店他商品小売業・卸売業 外食企業 JETROシンガポール事務所 , Singapore, 2014.09~2014.10.
ジャパンプレミアムストア, NNR GLOBAL LOGISTICS (HK)LIMITED, Hong Kong , 2014.01~2014.01.
ハノイ農業大学, Vietnam, 2012.10~2012.10.
中国人民大学, Japan, 2012.03~2012.03.
中国人民大学, China, 2011.11~2011.11.
受賞
日本フードシステム学会 学会誌賞, 日本フードシステム学会, 2017.07.
日本農業経済学会 ポスター賞, 日本農業経済学会, 2007.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2023年度, 基盤研究(C), 代表, 東南アジア型農産物バリューチェーン解明に向けたゲーム論ベースの研究体系構築の試み.
2018年度~2021年度, 基盤研究(B), 分担, 代替動物起源タンパク資源としての食用昆虫のポテンシャルとその持続的生産.
2018年度~2021年度, 基盤研究(B), 分担, タイ国営GAP基準における認証水準の段階的分化の可能性―野菜に関する事例研究.
2017年度~2019年度, 基盤研究(B), 分担, 水田を活用した国産飼料多給型牛肉産業成立条件解明のための経営経済学的研究.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 連携, 単一GAP基準における認証水準の段階的分化の可能性―東南アジア公営GAPを事例に.
2015年度~2018年度, 基盤研究(C), 代表, 食品安全制度における信頼のコントロールに関する基礎的研究.
2014年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 国産粗飼料流通システム構築の条件解明に関する研究.
2014年度~2016年度, 基盤研究(A), 分担, 食料輸出の多様化にともなう取引条件、契約締結プロセス及びニーズの解明に向けた研究.
2011年度~2013年度, 基盤研究(A), 分担, 農畜産物輸出の拡大条件及び展開戦略の解明に向けた総合的研究.
2011年度~2012年度, 若手研究(B), 代表, 青果物契約取引の継続性・安定性の解明.
2010年度~2012年度, 基盤研究(C), 分担, 赤土GAP、環境支払い、協働原則のミックスによる赤土等流出防止プログラムの形成.
2008年度~2010年度, 基盤研究(B), 連携, 食料農業資源環境に内在するリスクとその管理に関する学際的国際共同研究.
2008年度~2009年度, 基盤研究(C), 連携, 米市場取引の衰退と契約取引の進展に関するゲーム理論的研究.
2006年度~2007年度, 基盤研究(C), 分担, 米販売における関係性マーケティング及び協働型マーケティングに関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2018年度~2018年度, 港湾経済学会中部部会助成研究, 分担, 中部圏の農林水産品・食品輸出における名古屋港の今後の役割と中部国際空港との連携のあり方.
2017年度~2017年度, 港湾関係助成研究, 分担, 国際拠点港湾の運営と物流の高品質化.
2016年度~2018年度, 農林水産省「革新的技術開発・緊急展開事業(うち地 域戦略プロジェクト)」, 分担, 農産物輸出拡大にむけた産地広域連携モデルの構築と混載輸送用コンテナの開発および革新的輸出用ケース・鮮度保持技術を組合せた大量輸送グローバルコールドチェーンの確立
.
2012年度~2012年度, 畜産関係学術研究委託調査(独立行政法人農畜産業振興機構), 代表, コントラクターを起点とした自給飼料の流通圏域計測モデルの構築.
学内資金・基金等への採択状況
2017年度~2018年度, QRプログラム, 分担, 東南アジアの契約農業及び農産物バリューチェーン構築の実証研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」