九州大学 研究者情報
総説一覧
佐々木 真(ささき まこと) データ更新日:2020.06.28

助教 /  応用力学研究所 核融合力学部門


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 佐々木真、荒川弘之、杉田暁、伊藤公孝, 大規模降雨の発生位置と空間伝播の統計的性質, 2020.03.
2. 佐々木真、荒川弘之、杉田暁、伊藤公孝, 高解像度降水ナウキャストを用いた局所集中豪雨の時空間構造の統計解析, 2020.07.
3. 伊藤早苗、小菅佑介、小林達哉、佐々木真、伊藤公孝, 非平衡プラズマの強相関乱流:Multi-Ferroic Turbulence in Nonequilibrium Plasmas, Journal of Plasma Fusion Research, 2020.05.
4. 佐々木真, 磁場閉じ込めプラズマにおける乱流のダイナミクス, 2018.08.
5. 佐々木真、荒川弘之、杉田暁、伊藤公孝, 降雨現象の統計的性質に対する地域・季節特性, 問題複合体を対象とするデジタルアース共同利用・共同研究拠点 報告書, 2018.03.
6. 佐々木真、荒川弘之、杉田暁, プラズマ乱流輸送と気象現象の突発性とその統計的性質, 問題複合体を対象とするデジタルアース共同利用・共同研究拠点 報告書, 2017.03.
7. 佐々木真、糟谷直宏, メゾスケール揺動の新しい役割, J. Plasma Fusion Res. Vol. 88, No. 6 (2012) 309-314, 2013.03, メゾスケール揺動の新たな役割のうち,測地線音波(GAM)が担うものについて述べる.GAM は乱流や高 エネルギー粒子により不安定化されるメゾスケール揺動である.GAM はイオンランダウ減衰により背景イオン を加熱するため,高エネルギー粒子駆動 GAM は,高エネルギー粒子から背景イオンへのエネルギーパスを生み 出す.また,GAM の空間分布計測からイオン音速を同定し,イオン同位体比を推定することも可能である..

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」