九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
大石 徹(おおいし とおる) データ更新日:2020.09.18

教授 /  理学研究院 化学部門 有機・生物化学


教育活動概要
複雑な構造を有する有機化合物の合成および活性評価の研究を通して、有機合成化学、機器分析、および生物有機化学的手法を習得し、企業やその他の研究機関において活躍できる人材の育成する。
担当授業科目
2020年度・前期, 化学序説.

2020年度・後期, 有機化学Ⅰ.

2020年度・通年, 化学特別講義Ⅳ.

2020年度・後期, 有機化学特論Ⅰ.

2020年度・夏学期, 国際科学特論Ⅲ.

2020年度・前期, 有機機器分析.

2020年度・後期, 有機化学Ⅰ.

2020年度・通年, 化学特別研究.

2020年度・前期, 化学序説.

2019年度・前期, 有機機器分析.

2019年度・後期, 有機化学Ⅰ.

2019年度・通年, 化学特別研究.

2019年度・前期, 化学序説.

2019年度・夏学期, 国際科学特論Ⅲ.

2018年度・前期, 有機化学特論I.

2018年度・前期, Advanced Organic Chemistry Ⅰ.

2018年度・前期, 有機機器分析.

2018年度・後期, 有機化学Ⅰ.

2018年度・通年, 化学特別研究.

2017年度・前期, 有機機器分析.

2017年度・後期, 有機化学I.

2016年度・前期, 有機化学特論I.

2016年度・後期, 有機化学I.

2016年度・前期, 有機機器分析.

2015年度・後期, 有機化学I.

2015年度・前期, 有機機器分析.

2014年度・後期, 有機化学I.

2014年度・前期, 有機機器分析.

2014年度・前期, 有機化学特論I.

2013年度・前期, 自然科学総合実験.

2013年度・前期, 有機機器分析.

2013年度・後期, 有機化学I.

2012年度・後期, 有機化学I.

2012年度・前期, 有機機器分析.

2012年度・前期, 出張講義.

2012年度・前期, 「分子情報科学」 未来分子システム科学基礎教育カリキュラム.

2012年度・後期, 「化学物質と人間環境」.

2012年度・後期, 有機化学特論II.

2012年度・前期, 自然科学総合実験.

2011年度・後期, 有機化学I.

2011年度・前期, 有機機器分析.

2011年度・前期, コアセミナー.

2010年度・後期, 有機化学特論II.

2010年度・後期, 有機化学I.

2010年度・後期, 有機物質化学.

2010年度・前期, 有機合成化学共通特論.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2020.09, 全学, 参加, 令和2年度「九州大学安全の日」講演会(オンライン).

2020.01, 部局, 参加, 令和元年度 教員の英語コース Advanced Course.

2020.01, 部局, 参加, 理学研究院支援室カウンセリングルーム職員研修.

2019.12, 部局, 参加, 緊急時の応急措置に関するFD,SD.

2015.03, 学科, 参加, 平成27年度FD・HD講演会 研究室における教員と学生の良い関係を築くために.

2014.03, 学科, 参加, 平成26年度FD・HD講演会 教育と著作権.

2013.03, 学科, 参加, 平成25年度FD・HD講演会 国際化・留学生の受け入れ.

2012.03, 学科, 参加, 平成23年度FD・HD講演会 大学における男女共同参画推進に関する講演会.

2011.03, 学科, 司会, 平成22年度FD・HD講演会 伊都キャンパスへの移転に向けた安全衛生管理に関する講演会.

学生のクラス指導等
2012年度, 学部, 化学科.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2015年度, 茨城大学・理学部, 11月26日(木)~11月27日(金), 非常勤講師, 国内.

2015年度, 北海道大学・理学部, 6月29日(月)~6月30日(火), 非常勤講師, 国内.

その他の特筆すべき教育実績
2013.09, 基幹教育シリーズ 化学 有機物質化学 共著.

2010.04, ソレル 有機化学 共訳.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」