九州大学 研究者情報
発表一覧
LEE SANGMOK(い さんもく) データ更新日:2022.07.04

准教授 /  言語文化研究院 言語環境学部門 言語教育学


学会発表等
1. 李相穆, 한국어 어휘 습득 향상을 위한 이미지 데이터베이스 구축에 대한 연구, 2022.06.
2. 李相穆, After コロナの日本語教育におけるICTと新たな学びのあり方, 第56回韓国日本語文学会国際学術大会, 2022.06.
3. Balman, R. P., LEE, S., “When do Sensei Have Time for Meeting?” Address Terms Used by Indonesian Students to Japanese Professors in Email Communication using English as Lingua Franca, 外国語メディア学会第60回全国研究大会, 2022.06.
4. 李相穆, コアイメージと動画を利用した語彙学習の効果, 外国語メディア学会, 2022.11.
5. 李相穆, 外国語教育のためのイメージデーターベース構築にむけて, e-learing教育学会, 2021.06.
6. 岡田美穂・李相穆, 日本語学習者の場所を表す「に」の習得―韓国語話者に対する調査から―, 東アジア日本語・日本文化フォーラム, 2021.06.
7. 李相穆, オンライン外国語学習の新しい形を求めて, 韓国日本語文学会, 2021.06.
8. Sangmok Lee, 韓国語教育でのマルチメディアの活用, 17th The International Conference of Korean Education Abroad, 2020.07.
9. Sangmok Lee, Problems involved in the application of Artificial Intelligence in Foreign Language Learning, Situating Strategy Use, 2019.08.
10. 李相穆, 言語コミュニケーションと非言語コミュニケーション, 九州大学2019年度公開講座「ことば研究における多面的アプローチ」, 2019.12.
11. 李相穆, AI時代の日本語教育, 韓国日本語文学会, 2019.10.
12. Rezky Pratiwi Balman, Sangmok Lee, Narahiko Inoue, (In)directness in email requests using English as a lingua franca: An examination of Indonesian students' email request strategies in addressing Japanese professors, The 17th Asia TEFL International Conference and The 6th FLLT International Conference, Thammasat Universirty, 2019.06.
13. 李相穆, マルチメディアを活用した日本語教育の学習効果および発展方案, 韓国日語日文学会夏季国際学術大会シンポジウム, 2019.06.
14. 李相穆, AIを活用した外国語教育の効果と期待に関する一考察, e-learning教育学会第17回研究大会, 2019.03.
15. 李相穆, 外国語習得に関する学際的な研究の成果と展望, 全北大学校大学人文力量強化事業講演会, 2018.11.
16. 李相穆, イメージと日本語教育, 第12回国際日本語教育・日本研究シンポジウム, 2018.11.
17. Sangmok Lee, THE EFFECTS OF USING MULTIMEDIA ON LANGUAGE LEARNING, ClaSIC2018 - The Eighth CLS International Conference, 2018.11, 内容を表す絵を言語情報と同時に提示すると言語記憶が促進されるという二重符号化説は、学習の場に絵や映像を導入しようとする多くの試みの根拠となった。そして、その効果を検証しようとする実験研究も多く行われた。
 しかし、映像は、言語と併用しさえすればよいというものではないと考えられる。言語理解と記憶における映像の併用効果を調べた研究では、必ずしも二重符号化説から予測される併用効果が得られているわけではない。例えば、それぞれのメディアから提示される内容の重複性が異なる教材を用いて併用効果を調べた研究では、映像情報と言語情報の冗長性(content redundancy)、即ち、一致度合いによって学習効果が異なるという結果を得ている。
 イメージが学習者に何らかの影響を及ぼすのではないかという問題は、これまでの理論的研究に先行してむしろ実践的な場面で盛んに研究されてきた。しかし、なぜイメージが学習効果を促進するのかは未だ充分に明らかになっていない。具体的な映像材料は制作者や教師側の曖昧な基準や勘に頼って活用されているのが現状である。そこで、動詞の学習過程で明らかになったイメージの種類、利用法を現在の日本語教材、日本語辞書に取り入れるために映像データベースを構造化し実用化を図る予定である。外国語教師が動詞の意味を学習者に提示したり、学習者が動詞の振る舞いを正確に把握したりするためにこのシステムを利用することが想定できる。.
18. 李相穆, マルチメディアが日本語学習者のイメージスキーマ形成に及ぼす影響, 第51回韓国日本語文学会学術大会, 2018.10.
19. 李相穆, マルチメディアが外国語学習者のイメージ・スキーマ形成に及ぼす影, 外国語教育メディア学会(LET)第58回全国大会, 2018.08.
20. 李相穆, 外国語学習者のイメージ・スキーマ形成を目的としたコアイメージ検索システムの開発, e-Learning教育学会, 2018.03.
21. 李相穆, 外国語学習におけるe-Learningの学習効果に関する一考察, 第57回外国語教育メディア学会, 2017.08.
22. 李相穆, e-Learning外国語教材における視覚情報の利用について, e-Learning教育学会, 2017.03.
23. 李相穆, 語彙学習における視覚情報の有効性に関する一考察, 国立国語研究所プロジェクト「基本動詞ハンドブック」全体会議, 2017.10.
24. 李相穆, 動詞の学習過程におけるイメージの役割, 2016.11.
25. LEE SANGMOK, マルチメディアを活用した韓国語教育環境の改善, 日本韓国語教育学会, 2016.10.
26. LEE SANGMOK, 外国語学習での視覚情報の効果, 外国語メディア学会(LET2016)全国研究大会, 2016.08.
27. LEE SANGMOK, e-Learning外国語学習に対する学習者の意識調査, 東アジア日本語・日本文化フォーラム, 2016.03.
28. LEE SANGMOK, 大学生のe-learning教材利用に関する使用実態および意識調査, e-Learning教育学会, 2016.03.
29. LEE SANGMOK, 外国語学習における視覚情報の効果, 東アジア英語教育研究会, 2014.03.
30. LEE SANGMOK, 外国語学習における視覚情報の効果, 東アジア英語教育研究会, 2014.03.
31. LEE SANGMOK, 日本語の語彙情報習得と視覚情報の利用, Japanese Studies Association of Australi(Australian National University, 2013.07.
32. LEE SANGMOK, 日本語と韓国語教育の知識共有, 日韓海峡圏カレッジ調査研究報告会, 2013.02.
33. LEE SANGMOK, 語彙学習におけるイメージ・スキーマの役割, 第14回東アジア日本語日本文化フォーラム, 2013.03.
34. LEE SANGMOK, マルチメディアを利用した日本語教育の可能性に関する研究, 2012年度日本語文学会創立20周年記念秋期学術大会.
35. LEE SANGMOK, 語彙学習におけるイメージ・スキーマの役割, 第14回東アジア日本語日本文化フォーラム.
36. LEE SANGMOK, Effective visualization of dictionary contents: Possibilities and Prospects.
, National Institute for Japanese Language and Linguistics (NINJAL) Original/Developing Type Collaborative Research Project “Compilation of Japanese Basic Verb Usage Handbook for JFL Learners” International Workshop in Pune, India.
37. LEE SANGMOK, 辞書情報の効果的な視覚化と今後の展望, 平成22年度大学共同利用機関法人 人間文化研究機構国立国語研究所独創・発展型 共同研究プロジェクト 公開研究会.
38. LEE SANGMOK, 緒方尚美, 教員養成に求められる日本語教師とは」−よい日本語教師像の分析をもとに−.
39. LEE SANGMOK, 存在場所につくニ格の習得における学習環境の影響ー中国語話者を母語とする日本語学習者の場合ー, 第13回東アジア・日本文化FORUM.
40. LEE SANGMOK, 鐘勇, メタフォーリカル・コンピテンス研究の現状と問題点および日本語教育への導入.
41. LEE SANGMOK, MPEG-7コンテンツ記述を利用したモバイル外国語教材についての研究, 言語処理学会.
42. Sangmok, LEE, “Effective visualization of dictionary contents: Possibilities and Prospects.”, , National Institute for Japanese Language and Linguistics (NINJAL) Original/Developing Type Collaborative Research Project “Compilation of Japanese Basic Verb Usage Handbook for JFL Learners” International Workshop in Pune, India. “Toward the compilation, 2012.03.
43. 李相穆, 「辞書情報の効果的な視覚化と今後の展望」, 『平成23年度大学共同利用機関法人 人間文化研究機構国立国語研究所独創・発展型 共同研究プロジェクト 公開研究会「日本語学習者用基本動詞用法ハンドブックの作成」』, 2012.02.
44. 菊地康人,増田真理子, 前原かおる,李相穆, 「 動詞活用の理解・習熟をサポートするWeb学習教材」, 2008年度日本語教育学会春期大会デモンストレーション , 2008.01.
45. 李相穆, 「韓国語学習者のためのWeb辞書の設計と開発」, 2007.01.
46. 前原かおる,増田真理子,李相穆,菊地康人, 「PCとモバイルを併用した「かな」学習環境の開発─学習者の認知過程に配慮して─」, 2007.01.
47. 李相穆, 曺美庚, 細谷 行輝, 「韓国語WEB辞書の開発」, 情報処理学会研究報告2002-NL-150, 2007.01.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」