九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
HALL ANDREW(ほーるあんどりゅー) データ更新日:2022.04.06

准教授 /  比較社会文化研究院 文化空間部門 地球社会統合科学府


教育活動概要
地球社会統合科学府の国際コースの担当教師である。学府の大学院生の「日本文化論」(近代史、日本語)と「Modern Japanese History」(英語)ゼミも教える。また総合演習「日本史学」、「東アジア近代史領域横断ゼミ」に参加する。また、国際コースの基幹教育学生(工学部・農学部)に日本史のゼミを英語で教える。基幹教育の基幹教育ゼミと課題協学を教える。共創学部の「歴史基礎論 」と「地域史」を教える。共創学部のチューターとプロジェクト指導教員である。
担当授業科目
2020年度・後期, Integrated Seminar (History Core Division Course) D.

2020年度・後期, Modern Japanese History.

2020年度・後期, 近代日本・植民地研究論.

2020年度・秋学期, 歴史基礎論.

2020年度・夏学期, 地域史.

2020年度・夏学期, 基幹教育セミナー.

2020年度・前期, 近代日本・植民地研究論.

2020年度・前期, Modern Japanese History.

2020年度・春学期, 歴史基礎論.

2020年度・前期, Integrated Seminar (History Core Division Course) D.

2020年度・通年, 総合演習B.

2019年度・後期, Introduction to Japanese History.

2019年度・後期, Modern Japanese History.

2019年度・後期, 近代日本・植民地研究論.

2019年度・秋学期, 歴史基礎論.

2019年度・春学期, 歴史基礎論.

2019年度・前期, 近代日本・植民地研究論.

2019年度・後期, 近代日本・植民地研究論.

2019年度・前期, Integrated Seminar (History Core Division Course) D.

2019年度・後期, Integrated Seminar (History Core Division Course) D.

2019年度・夏学期, 基幹教育セミナー.

2019年度・前期, Modern Japanese History.

2019年度・通年, 総合演習B.

2018年度・後期, 課題協学.

2018年度・通年, 近代日本史・植民地研究論.

2018年度・通年, 総合演習B.

2018年度・通年, 歴史学拠点コースD.

2018年度・後期, Introduction to Japanese History.

2018年度・通年, Modern Japanese History.

2017年度・後期, 課題協学.

2017年度・通年, 近代日本史・植民地研究論.

2017年度・通年, 総合演習B.

2017年度・通年, 歴史学拠点コースD.

2017年度・後期, Introduction to Japanese History.

2017年度・通年, Modern Japanese History.

2016年度・通年, 近代日本史・植民地研究論.

2016年度・通年, 総合演習B.

2016年度・通年, 歴史学拠点コースD.

2016年度・通年, Modern Japanese History.

2016年度・前期, Introduction to Japanese History.

2016年度・後期, 課題協学.

2015年度・通年, 近代日本史・植民地研究論.

2015年度・通年, 総合演習B.

2015年度・前期, 基幹教育セミナー.

2015年度・通年, 歴史学拠点コースD.

2015年度・前期, Introduction to Japanese History.

2015年度・通年, Modern Japanese History.

2014年度・前期, Introduction to Japanese History.

2014年度・通年, Modern Japanese History.

2014年度・通年, 歴史学拠点コースD.

2014年度・通年, 総合演習B.

2014年度・通年, 近代日本史・植民地研究論.

2014年度・前期, 基幹教育セミナー.

2013年度・通年, 日本文化論.

2013年度・前期, Introduction to Japanese History.

2013年度・通年, Modern Japanese History.

2013年度・通年, 日本史学.

2013年度・通年, 東アジア近代史領域横断ゼミ.

2013年度・通年, 知の加工学.

2012年度・通年, 日本文化論.

2012年度・後期, Introduction to Japanese Culture and Society.

2012年度・通年, Modern Japanese History.

2012年度・通年, 日本史学.

2012年度・通年, 東アジア近代史領域横断ゼミ.

2012年度・通年, 知の加工学.

2011年度・通年, 日本文化論.

2011年度・前期, Introduction to Japanese Culture and Society.

2011年度・通年, 知の加工学.

2010年度・通年, 日本文化論.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2018.05, 全学, パネリスト, Kyushu University Faculty Development in English: Life and Pensions.

2012.12, 全学, 司会, 外国人教員から学ぶ「留学生への教授法」FD.

国際教育イベント等への参加状況等
2016.02, 李氏朝鮮末期 日本植民地期における教育と言語国際ワークショプ, Fukuoka, Japan, 九州大学P&P特別枠(Ⅲ:人文・社会科学分野の研究交流奨励). 研究代表者. 700,000円. 2015年9月—2016年3月. 同助成金に基づき、上記の「2016年2月李氏朝鮮末期 日本植民地期における教育と言語国際ワークショプ」を開催し、オーガナイザーを務めた。報告者15名(日本、韓国、中国、カナダ、アメリカから)., 30.

2017.02, International Conference on Education and Language in Korea, 1875-1950, Fukuoka, Japan, The Academy of Korean Studies (韓国学中央研究院), Korean Studies Grant. 研究代表者. 3,548,650円. 2016年7月–2017年3月. 同助成金に基づき、上記のInternational Conference on Education and Language in Korea, 1875-1950の研究会を2017年2月25−26日に福岡にて開催し、オーガナイザーを務めた。報告者13名(日本、韓国、カナダ、アメリカから). 報告内容は Education and Language in Korea, 1875-1950として書籍化する予定., 25.

2013.08, 第四日韓海峡圏カレッジ 講演 , 福岡, 九州大学・釜山大学, 100.

2012.08, 第三日韓海峡圏カレッジ 講演, 福岡, 九州大学・釜山大学, 100.

2011.08, 第二日韓海峡圏カレッジ 講演, 福岡, 九州大学・釜山大学, 40.

2010.08, 第1回日韓海峡圏カレッジ  講演, 福岡, 九州大学, 40.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」