九州大学 研究者情報
総説一覧
長谷 千代子(ながたに ちよこ) データ更新日:2020.01.07

准教授 /  比較社会文化研究院 文化空間部門 文化表象


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 長谷千代子, 現代世界における『宗教性』の変容」, 『宗教研究』, 2019.03.
2. 塚田誠之・河合洋尚編, コメントと討論(中国における歴史の資源化の現状と課題), 国立民族学博物館調査報告142, 2018.04.
3. 長谷 千代子, 川田進著『東チベットの宗教空間:中国共産党の宗教政策と社会変容』
, 宗教と社会, 2016.06, 川田進の著作について、中国のスピリチュアルムーブメントや、ダライ・ラマ問題以外のチベット仏教の諸相などの点について論評した。.
4. 長谷 千代子, 「日本の基層文化を探る旅の記録:術語の定義と仮説の吟味が必要」, 『週刊読書人』, 2014.02.
5. 長谷 千代子, 事典項目「中国の宗教」, 山折哲雄監修『宗教の事典』朝倉書店316~323ページ, 2012.10, 中国の宗教について、儒教、仏教、道教などの漢族の宗教のみならず、チベット族やウイグル族など少数民族の宗教、中国の近代化に大きな役割を果たしたカトリックとプロテスタント、それに精霊信仰などの事例を挙げて概説した.
6. 長谷 千代子, 報告書「中国雲南省徳宏州における上座仏教と大乗仏教間の越境に関する報告」, 『東南アジア大陸部における宗教の越境現象に関する研究』科研基盤研究A研究成果報告書, 2013.03, 中国雲南省の徳宏州は上座仏教圏とされているが、タイ族女性の間では、観音信仰も広く見られる。また、特に前世紀以来漢族の流入が激しくなり、観音信仰が勢いを増しているが、近年の観音信仰と以前の観音信仰の間にはいくつかの違いがある。以前の観音信仰はタイ語で語られ、タイ族文化のなかに溶け込む傾向にあったが、近年の観音信仰は漢語で伝えられ、観音を信仰するタイ族女性は積極的に漢族の運営する観音寺に出入りする傾向がある。こうした調査結果をもとに、上座仏教と大乗仏教の越境ないし混合という現象をどう理解すればよいかを検討した。.
7. 長谷千代子, 書評 林行夫編著『<境域>の実践宗教:大陸部東南アジア地域と宗教のトポロジー』, 『文化人類学』76巻3号, 2011.12.
8. 長谷千代子, 私にとっての宗教研究と文化人類学, 2009.11.
9. 長谷千代子, 「アニミズム・マナイズム」, 宗教学事典編集委員会『宗教学事典』丸善, 2010.07.
10. 長谷千代子, 「Rubber」, Tomoya Akimichi ed., An IllustratedEco-history of theMekong River Basin,White Lotus, 2009., 2009.06.
11. 長谷千代子, 「Tourism and the Religious Culture in China」, Minpaku Anthropology News Letter, No.27, December 2008., 2008.11.
12. 長谷千代子, 「儒教・道教」, 三木英、櫻井義秀編『よく分かる宗教社会学』ミネルヴァ書房, 2007.11.
13. 長谷千代子, 「東アジアの宗教事例」, 三木英、櫻井義秀編『よく分かる宗教社会学』ミネルヴァ書房, 2007.11.
14. 長谷千代子, 「生きもの博物誌:イネ・中国」, 『月刊みんぱく』10月号 国立民族学博物館, 2007.10.
15. 長谷千代子, 「ゴム」, 秋道智彌編『図録メコン河の生態史』弘文堂, 2007.03.
16. 長谷千代子, 「野村伸一編著『東アジアの女神信仰と女性生活』」, 『宗教研究』第78巻第3輯, 2004.12.
17. 長谷千代子, 「Harrell, Stevan, Cultural Encounters on China’s Ethnic Frontiers」, 小松和彦、田中雅一、谷泰、原毅彦、渡辺公三編『文化人類学文献事典』弘文堂, 2004.12.
18. 長谷千代子, 「中国における宗教統制政策と「宗教」および「風俗習慣」」, 『九州人類学会報』第30号, 2003.07.
19. 長谷千代子, 「吉原和男、クネヒト・ペトロ編『アジア移民のエスニシティと宗教』」, 『宗教研究』第76巻第3輯, 2002.12.
20. 長谷千代子, 「国民国家形成過程における葬送習俗の変容」, 『高梨学術奨励基金年報』平成13年度, 2002.11.
21. 長谷千代子, 「松岡正子著『チャン族と四川チベット族―中国西蔵高原の小数民族』」, 『民族学研究』第65巻4号, 2001.03.
22. 長谷千代子, 「近代化の過程における伝統的文化の変容について―徳宏ダイ族の上座仏教の事例―」, 『福岡発・アジア研究報告』vol.6-No.1、アジア太平洋センター, 1997.10.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」