九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
山田 純(やまだ じゆん) データ更新日:2021.06.14

講師 /  医学研究院 基礎医学部門 生体制御学


主な研究テーマ
海馬における抑制性ニューロンの役割
キーワード:海馬、抑制性ニューロン
2011.04~2020.06.
神経障害時おけるニューロン・グリア連関の役割
キーワード:アストロサイト、ミクログリア
2010.04~2010.04.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本解剖学会
日本神経科学学会
北米神経科学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.11.09~2019.11.09, 第75回日本解剖学会九州州支部学術集会, 座長.
2018.10.28~2018.10.28, 第74回日本解剖学会九州州支部学術集会, 座長.
2015.03.21~2015.03.23, 第120回日本解剖学会総会・全国学術集会, オーガナイザー.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 代表, 外界情報が神経新生を制御する海馬広域神経回路の同定.
2016年度~2018年度, 若手研究(B), 代表, 生体海馬新生ニューロンによる記憶情報処理とその加齢変容.
2013年度~2016年度, 若手研究(B), 代表, ペリニューロナルネットによる神経回路の制御機構の解明.
2010年度~2011年度, 若手研究(スタートアップ), 代表, 海馬長軸方向における構造的・機能的差異.
2008年度~2009年度, 特別研究員奨励費, 代表, Synaptic Strippingによる神経伝達の機能変化とミクログリアの役割.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」