九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
和田 裕子(わだ ひろこ) データ更新日:2021.06.17

助教 /  歯学研究院 歯学部門 口腔顎顔面病態学


主な研究テーマ
メカノセンサーを基盤とした歯の発生メカニズムに関する研究
キーワード:メカノセンサー 歯 発生
2015.04.
口腔癌細胞に発現する特異的遺伝子に関する研究
キーワード:口腔癌 特異的遺伝子  
2010.04.
歯胚発生に関与する遺伝子の発現様式および機能解析に関する研究
キーワード:歯 発生 再生 
1999.04.
高脂血症治療薬であるスタチンによる歯槽骨再生への効果とその機序の解明
キーワード:スタチン 歯槽骨再生 インプラント
2003.04~2007.04.
九州地区の特別養護老人ホームおよび老人保健施設における歯科医療の現状とその必要性に関する研究
キーワード:特別養護老人ホーム、老人保健施設、口腔ケア 
1997.06~1999.03.
研究業績
主要原著論文
1. Fujii S, Tajiri Y, Hasegawa K, Matsumoto S, Yoshimoto RU, Wada H, Kishida S, Kido MA, Yoshikawa H, Ozeki S, Kiyoshima T., The TRPV4-AKT axis promotes oral squamous cell carcinoma cell proliferation via CaMKII activation., Lab Invest., 10.1038/s41374-019-0357-z, 2019.12.
2. Yurie Mikami, Fujii Shinsuke, Kengo Nagata, Hiroko Wada, Kana Hasegawa, Tamotsu Kiyoshima, Misaki Abe, Reiko Yoshimoto, Shintaro Kawano, Seiji Nakamura, GLI-mediated Keratin 17 expression promotes tumor cell growth through the anti-apoptotic function in oral squamous cell carcinomas , J Cancer Res Clin Oncol., 10.1007/s00432-017-2398-2, 2017.03.
3. Kana Hasegawa, Hiroko Wada, Kengo Nagata, Hiroaki Fujiwara, Naohisa Wada, Hirotaka Someya, Yurie Mikami, Sakai Hidetaka, Tamotsu Kiyoshima, Facioscapulohumeral Muscular Dystrophy (FSHD) Region Gene 1 (FRG1) Expression and Possible Function in Mouse Tooth Germ Development, Journal of Molecular Histology, 2016.06.
4. Someya H, Fujiwara H, Nagata K, Wada H, Hasegawa K, Mikami Y, Jinno A, Sakai H, kiyoshi k, Kiyoshima T, Thymosin beta 4 is associated with RUNX2 expression via the Smad and Akt signaling pathways in mouse dental epithelial cells., Int. J. Mol. Med., DOI: 10.3892, 2015.01.
5. Kihara M, Kiyoshima T, Nagata K, Wada H, Fujiwara H, Hasegawa K, Someya H, Takahashi I, Sakai H, Itm2a expression in the developing mouse first lower molar, and the subcellular localization of Itm2a in mouse dental epithelial cells., PLoS One, doi:10.1371/journal.pone.0103928, 9(7), 2014.07.
6. Kiyoshima T, Fujiwara H, Nagata K, Wada H, Ookuma Y, Shiotsuka M, Kihara M, Hasegawa K, Someya H, Sakai H, Induction of dental epithelial cell differentiation marker gene expression in non-odontogenic human keratinocytes by transfection with thymosin beta 4., Stem Cell Res., 10.1016/j.scr.2013.11.006, 12(1), 309-322, 2014.01.
7. Shiotsuka M*, Wada H*, Kiyoshima T*, Nagata K, Fujiwara H, Kihara M, Hasegawa K, Someya H, Takahashi I, Sakai H. * equally to contributed, The Expression and Function of Thymosin beta 10 in the Tooth Germ Development., Int. J. Dev. Biol., 10.1387/ijdb.120240hs., 57(11-12), 873-883, 2013.12.
8. Kiyoshima T, Nagata K, Wada H, Fujiwara H, Shiotsuka M, Kihara M, Hasegawa K, Someya H, Sakai H, Immunohistochemical Expression of Thymosin β 4 in Ameloblastomas and odontomas., Histol. Histopathol., 28(6), 775-786, 2013.06.
9. 道免 和文, 稲富 裕佑, 田中 博文, 春野 政虎, 藤原 弘明, 大野 純, 清島 保, 和田 裕子, 下田 慎治, 坂井 英隆, 肝性胸水発症後に多発性の肝偽小葉壊死を来した肝硬変の1剖検例, 肝臓, 54, 4, 277-283, 2013.05.
10. Ookuma Y, Kiyoshima T, Kobayashi I, Nagata K, Wada H, Fujiwara H, Yamaza H, Nonaka K, Sakai H, Multiple functional involvement of Thymosin beta-4 in Tooth Germ Development., Histochem. Cell Biol., 10.1007/s00418-012-1033-1., 139(2), 355-370, 2013.02.
11. Kiyoshima T, Enoki N, Kobayashi I, Sakai T, Nagata K, Wada H, Fujiwara H, Ookuma Y, Sakai H, Oxidative stress caused by a low concentration of hydrogen peroxide induces senescence-like changes in mouse gingival fibroblasts., Int. J. Mol. Med., 10.3892/ijmm.2012.1102., 30(5), 1007-1012, 2012.09.
12. Naher L, Kiyoshima T, Kobayashi I, Wada H, Nagata K, Fujiwara H, Ookuma Y, Ozeki S, Nakamura S, Sakai H, STAT3 signal transduction through interleukin-22 in oral squamous cell carcinoma., Int. J. Oncol., 10.3892/ijo.2012., 41(5), 1577-1586, 2012.07.
13. 藤原弘明、小林家吉、清島保、永田健吾、和田裕子、大隈由紀子、塩塚真帆、木原槇子、坂井英隆, 左側上顎に発生した石灰化嚢胞性歯原性腫瘍の1例, 診断病理, 2011.03.
14. Honda JY, Kobayashi I, Kiyoshima T, Nagata K, Wada H, Ookuma Y, Fujiwara H, Shiotsuka M, Takahashi I, Sakai H., In situ expression of the mitochondral ATPase6 gene in the developing tooth germ of the mouse lower first molar., J Mol Histol., 42, 1, 83-90, 2011.02.
15. Takahashi KF, Kiyoshima T, Kobayashi I, Xie M, Yamaza H, Fujiwara H, Ookuma Y, Nagata K, Wada H, Sakai T, Terada Y, Sakai H., Protogenin, a new member of the immunoglobulin superfamily, is implicated in the development of the mouse lower first molar., BMC Dev Biol., 10, 115, 2010.11.
16. Akhter M, Kobayashi I, Kiyoshima T, Nagata K, Wada H, Ookuma Y, Fujiwara H, Honda JY, Sakai H., In situ expression of 15kDa interferon alpha responsive gene in the developing tooth germ of the mouse lower first molar., J Mol Histol., 41, 4-5, 185-91, 2010.07.
17. Ayukawa Y, Yasukawa E, Moriyama Y, Ogino Y, Wada H, Atsuta I, Koyano K, Local application of statin promotes bone repair through the suppression of osteoclasts and the enhancement of osteoblasts at bone-healing sites in rats., Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 107(3): 336-342, 2009, 107(3): 336-342, 2009, 2009.03.
18. Kobayashi I, Kiyoshima T, Wada H, Matsuo K, Nonaka K, Honda JY, Koyano K, Sakai H., Type II/III Runx2/Cbfa1 is required for tooth germ development. , Bone, 38(6): 836-844, 2006, 2006.06.
19. Akhter M, Kobayashi I, Kiyoshima T, Matsuo K, Yamaza H, Wada H, Honda JY, Ming X, Sakai H., Possible functional involvement of thymosin beta 4 in developing tooth germ of mouse lower first molar., Histochem Cell Biol., 10.1007/s00418-005-0040-x, 124, 3-4, 207-213, 124(3-4): 207-213, 2005, 2005.09.
20. Wada H, Kobayashi I, Yamaza H, Matsuo K, Kiyoshima T, Akhtar M, Sakai T, Koyano K, Sakai H., In situ expression of heat shock proteins, Hsc73, Hsj2 and Hsp86 in the developing tooth germ of mouse lower first molar., Histochem J. , 10.1023/A:1020930228303, 34, 3-4, 105-109, 34(3-4): 105-109, 2002, 2002.03.
21. Yamaza H, Matsuo K, Kobayashi I, Wada H, Kiyoshima T, Akhtar M, Ishibashi Y, Sakai T, Akamine A, Sakai H., Expression of Set-alpha during morphogenesis of mouse lower first molar., Histochem J., 10.1023/A:1014491111628, 33, 8, 437-441, 33(8): 437-441, 2001, 2001.08.
主要学会発表等
1. Hiroko Wada, Shintaro Kawano, Seiji Nakamura and Tamotsu Kiyoshima, A case of extramammary Paget’s disease occurring in the hard palate of patient with oral squamous cell carcinoma, 第29回日本臨床口腔病理学会, 2018.08.
2. Misaki Abe, Hiroko Wada, Tamotsu Kiyoshima, Expression and function of Piezo1 and Piezo2 in tooth germ development, Kyudai Oral Bioscience 2018, 2018.02.
3. Hiroko Wada, Koki Nagano, Yurie Mikami, Misaki Abe, Tomohiro Yamada, Yoshihide Mori and Tamotsu Kiyoshima , A case of Plasmablastic lymphoma arising in oral cavity and extraoral site, 第28回日本臨床口腔病理学会, 2017.08.
4. 和田 裕子, 長谷川 佳那, Kengo Nagata, Naohisa Wada, 三上 友理恵, Hidetaka Sakai, 清島 保, The expression pattern of the FRG1 in the mouse developing tooth germ, IADR General Session & Exhibition, 2017.03.
5. 和田 裕子, 金城 亜紀, 三上 友理恵, 杉浦 剛, 清島 保, Mandibular tumor, 第27回日本臨床口腔病理学会, 2016.08.
6. 三上 友理恵, 和田 裕子, 大部 一成, 中村 誠司, 清島 保, A case of adenosquamous carcinoma observed in the metastatic lymph node, but not in the primary lesion., 第27回日本臨床口腔病理学会, 2016.08.
7. 三上 友理恵, 永田 健吾, 和田 裕子, 藤井慎介, 安部みさき, 吉本怜子, 清島 保, 中村 誠司, 口腔扁平上皮癌においてGli阻害(GANT61)は細胞死を誘導する, 第58回歯科基礎医学会学術大会, 2016.08.
8. 吉住 潤子, 和田 裕子, 清水 真弓, 碇 竜也, 新田 秀一, 清島 保, 堀之内 康文, 特異なCT像を呈した下顎骨線維-骨性病変の一例, 第48回NPO法人日本口腔科学会九州地方部会, 2015.11.
9. 清島 保, 和田 裕子, リガンド依存性受容体DCC蛋白による口腔扁平上皮癌へのアポトーシス誘導, 第57回歯科基礎医学会学術大会, 2015.09.
10. 永田 健吾, 和田 裕子, 藤原 弘明, 三上 友理恵, 神野 彰子, 安部 みさき, 清島 保, 硬組織形成期歯胚におけるGlucose regulated protein-78タンパクの発現局在について, 第57回歯科基礎医学会学術大会, 2015.09.
11. 和田 裕子, 金城 亜紀, 山田 裕一, 杉浦 剛, 小田 義直, 清島 保, 右下顎骨腫瘍, 第 54 回日本骨軟部腫瘍研究会, 2015.05.
12. Furusho K, Wada H, Mikami Y, Kiyoshima T, The expression of Netrin-1 and its receptor DCC in oral squamous cell carcinoma, Kyudai Oral Bioscience (KOB), 2015.02.
13. 長谷川 佳那, 和田 裕子, 清島 保, マウス歯胚形成における Facioscapulohumeral Muscular Dystrophy Region Gene 1 (FRG1) の発現様式と機能解析, 第91回九大病理研究会, 2014.12.
14. 長谷川 佳那, 和田 裕子, 永田 健吾, 藤原 弘明, 染矢 祐孝, 神野 彰子, 三上 友里恵, 清島 保, 歯胚発生・発育におけるFacioscapulohumeral Muscular Dystrophy Region Gene1 (FRG1) の発現様式, 第56回歯科基礎医学会学術大会, 2014.09.
15. 和田 裕子, ヌードマウス背部に移植された癌細胞に対する変異型DCC遺伝子接種の効果, 第90回九大病理研究会, 2013.12.
16. 和田 裕子, 清島 保, 坂井 英隆, 口腔癌遺伝子治療の新たな試み, 第1回口腔病理研究集会, 2013.11.
17. 和田 裕子, 清島 保, 藤原 弘明, 坂井 英隆, 扁平上皮癌移植モデルマウスを用いたNetrin-1結合部位欠失DCC遺伝子導入の影響, 第24回日本臨床口腔病理学会, 2013.08.
18. 和田 裕子, 変異型DCC遺伝子導入による癌細胞のアポトーシス誘導, 第89回九大病理研究会, 2012.12.
19. 塩塚真帆、和田裕子、清島保、永田健吾、藤原弘明、高橋一郎、坂井英隆, マウス歯胚形成を制御するThymosinβ10の発現様式解析と機能解析, 第54回歯科基礎医学会学術大会, 2012.09.
20. 和田裕子、清島保、藤原弘明、坂井英隆, DCC蛋白細胞内ドメインによるアポトーシス誘導機構の解析, 第23回日本臨床口腔病理学会, 2012.08.
21. 和田 裕子, 清島 保, 小林 家吉, 永田 健吾, 藤原 弘明, 塩塚 真帆, 坂井 英隆, Netrin-1 結合部位欠失DCC遺伝子導入による癌細胞のアポトーシス誘導, 第101回日本病理学会総会, 2012.04.
22. 古庄 克宏, 和田 裕子, 清島 保, 小林 家吉, 永田 健吾, 藤原 弘明, 塩塚 真帆, 坂井 英隆, 癌治療用アポトーシス誘導ベクターの作製と導入の試み, 第53回歯科基礎医学会学術大会, 2011.10.
23. 和田 裕子, 清島 保, 小林 家吉, 藤原 弘明, 坂井 英隆, Soft tissue tumour of the lower lip
, 第22回日本臨床口腔病理学会、第5回アジア口腔病理学会, 2011.08.
24. 和田裕子, 口唇部腫瘍, 第 321回 九州・沖縄スライドコンファレンス, 2011.05.
25. 和田 裕子, 塩塚 真帆, 清島 保, 小林 家吉, 永田 健吾, 藤原 弘明, 坂井 英隆, 歯胚形成過程におけるThymosinβ-10の役割 ~Thymosinβ-4との比較検討~, 第100回日本病理学会総会, 2011.04.
26. Maho Shiotsuka, Hiroko Wada, Tamotsu Kiyoshima, Ieyoshi Kobayashi, Kengo Nagata, Hiroaki Fujiwara, Ichiro Takahashi and Hidetaka Sakai , Expression pattern and possible function of thymosin beta-10 in developing tooth germ compared with thymosin beta-4 , The 6th International Joint Symposium on “Dental and Craniofacial Morphogenesis and Tissue Regeneration” and “Oral Health Science”, 2011.03.
27. 塩塚真帆、和田裕子、坂井英隆, 歯胚発生期から咬合完成期におけるthymosin β-10発現様式と機能について -thymosin β-4との比較検討-, 第87回九大病理研究会, 2010.12.
28. 和田裕子、清島保、小林家吉、塩塚真帆、永田健吾、大隈由紀子、藤原弘明、高橋一郎、坂井英隆, マウス歯胚形成過程におけるThymosinβ-10とThymosinβ-4との発現様式の比較検討, 第52回歯科基礎医学会学術大会, 2010.09.
29. 和田裕子、小林家吉、坂井英隆, 歯胚発生過程に関与する遺伝子の発現様式および機能解析~歯の再生に向けて~, 第79回九大病理研究会, 2002.12.
30. 和田裕子、山座治義、小林家吉 松尾拡、古谷野潔、坂井英隆, マウス歯胚形成における熱ショック蛋白遺伝子の発現様式, 第43回歯科基礎医学会総会, 2001.09.
31. 益田裕子、築山美和、宮崎芳寿子、溝口真子、村田奈々、高森有香、木下千晶、古谷野潔, 福岡県内の老人保健施設における歯科医療の現状とその必要性, 第19回日本老年歯科医学会学会学術大会, 1998.07.
学会活動
所属学会名
日本病理学会
歯科基礎医学会
日本臨床口腔病理学会
学協会役員等への就任
2021.04, 日本病理学会, 評議員.
2015.04~2020.03, 九州沖縄スライドコンファレンス, 世話人.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2020.04.16~2020.04.18, 第109回日本病理学会総会, 準備(口腔部門).
2019.07.19~2019.07.20, 第38回日本歯科医学教育学会, 協力スタッフ.
2018.09.05~2018.09.07, 第60回歯科基礎医学会, 受付、会場係、懇親会準備・司会進行.
2014.02.28~2014.03.01, 国際シンポジウム「Kyudai Oral Bioscience (KOB) 2014」, 会場係.
2011.03.04~2011.03.05, 第6回国際シンポジウム, シンポジウム開催準備・運営.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2022年度, 基盤研究(C), 代表, 歯原性間葉系幹細胞誘導因子の同定と歯の再生への応用.
2021年度~2023年度, 基盤研究(C), 分担,
早期癌に認められる異型におけるHippo-YAPシグナルの機能解析
.
2020年度~2022年度, 基盤研究(C), 分担, 口腔扁平上皮癌の微小環境-癌細胞間シグナルの解明とその制御強化による新規治療戦略.
2019年度~2022年度, 基盤研究(B), 分担, オミックス解析を用いた歯根膜発生機構の解明と幹細胞誘導型組織再生技術への応用.
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, メカノセンサーを基盤とした歯の発生メカニズムの解明.
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 分担, 歯―歯肉付着上皮の封鎖を標的とした歯周病制御.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, TRPチャンネルを介したがん組織微小環境ストレスによる癌細胞形質への影響の解明.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, メカノセンサー欠損によるエナメル質形成不全.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, エナメル質形成における分子シャペロンGRP78の関与.
2015年度~2018年度, 基盤研究(B), 分担, 歯根膜幹細胞誘導による組織再生を基盤とした包括的歯内疾患治療法の開発.
2015年度~2016年度, 萌芽研究, 分担, 非コードRNA-RNA相互作用ネットワークによる口腔扁平上皮癌の癌形質制御の試み.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, 扁平上皮癌細胞特異的遺伝子をターゲットにした新規癌治療法の開発.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 分担, 歯胚の形態形成におけるPP2Aインヒビターの細胞内シグナル伝達制御機構の解明.
2013年度~2013年度, 萌芽研究, 分担, 変異型 DCC 遺伝子を利用した口腔癌細胞のアポトーシス誘導.
2011年度~2013年度, 若手研究(B), 代表, 上皮間葉相互作用におけるThymosinβ10と4の機能解析と歯の再生への応用.
2011年度~2013年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 遺伝子Xの発現量調節による歯原性幹細胞作出の試み.
2011年度~2012年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, PETトレーサーを応用した標的蛋白発現トリガー/安定化リガンドによる癌治療法の開発.
2010年度~2011年度, 若手研究(スタートアップ), 代表, 口腔扁平上皮癌における分化関連蛋白のIL-22による発現制御の解明と治療への応用.
2006年度~2007年度, 若手研究(B), 代表, RNA干渉を用いた顎口腔領域の骨増生に関する基礎的研究.
2006年度~2007年度, 基盤研究(B), 分担, ドラッグデリバリーシステムを用いた新規骨再生法の開発とその細胞内メカニズムの解明.
学内資金・基金等への採択状況
2014年度~2017年度, 研究補助者雇用支援制度(短期)(旧:Hand in Hand), 代表, 研究補助者雇用支援を受ける。.
2010年度~2013年度, 九州大学女性研究者キャリア開発センター「研究補助者措置制度(Hand in Hand)」, 代表, 研究補助者支援を受ける。.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」