九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
森山 泰子(もりやま やすこ) データ更新日:2021.06.29

助教 /  歯学研究院 歯学部門 口腔機能修復学


主な研究テーマ
骨粗鬆症治療薬および骨形成促進薬が骨粗鬆症罹患動物のインプラント周囲骨リモデリングに及ぼす影響
キーワード:骨粗鬆症、インプラント周囲骨代謝、骨粗鬆症治療薬、骨形成促進薬、骨細胞、応力
2020.04~2022.03.
骨質劣化がもたらすインプラント周囲骨リモデリング破綻機序の解明と予防策の考案
キーワード:骨質、インプラント、骨代謝、骨細胞
2018.04~2018.06.
高脂血症治療薬スタチン含有骨補填材による垂直的骨増生の検討
キーワード:スタチン、垂直的骨増生
2017.04~2019.03.
スタチン含有PLGA膜を用いたGBR法による組織学的検討
キーワード:スタチン、PLGA、DDS、骨増生
2014.04~2016.03.
頭部に微小振動を与えた時の抜歯窩の治癒に関する検討
キーワード:微小振動、抜歯窩、骨
2010.04~2016.03.
インプラントに荷重をかけた時の骨反応に関する研究(in vivo, in vitro)
キーワード:インプラント メカニカルストレス、骨細胞
2010.04~2016.03.
高脂血症治療薬スタチンの局所投与による骨形成促進作用ーインプラント治療への応用へ向けた研究ー
キーワード:スタチン、局所投与、インプラント、骨再生
2003.04~2010.06.
従事しているプロジェクト研究
骨質劣化がもたらすインプラント周囲骨リモデリング破綻機序の解明と予防策の考案
2017.04~2020.03.
研究業績
主要原著論文
1. Haomiao Zhang, Yasuko Moriyama, Yasunori Ayukawa, Yunia Dwi Rakhmatia, Yoko Tomita, Noriyuki Yasunami, Kiyoshi Koyano., Generation and histomorphometric evaluation of a novel fluvastatin-containing poly(lactic-co-glycolic acid) membrane for guided bone regeneration., Odontology, 2018.06, The purpose of this study was to evaluate the effects of a poly(lactic-co-glycolic acid) (PLGA) membrane containing fluvastatin on bone regeneration at bone defects in rat calvaria and tibia for possible use as a guided bone regeneration (GBR) membrane. PLGA and fluvastatin-containing PLGA (PLGA-fluvastatin) membranes were prepared and mechanical properties were evaluated. Standardized bony defects were created in rat calvaria and the right tibia, and covered with a PLGA or PLGA-fluvastatin membrane. Bone regeneration was evaluated using image analysis based on histologic examination. At 4 and 8 weeks after membrane implantation, the PLGA-fluvastatin group displayed enhanced new bone formation around the edge of the defect compared with the PLGA membrane group in the calvarial model. Thick bone regeneration was observed in tibia defect sites in the PLGA-fluvastatin membrane group. These results suggest that the PLGA-containing fluvastatin membrane prepared in this study may potentially be used as a GBR membrane..
2. Yasuko Moriyama, Yasunori Ayukawa, Yoichiro Ogino, Ikiru Atsuta, Mitsugu Todo, Yoshihiro Takao, Kiyoshi Koyano., Local application of fluvastatin improves peri-implant bone quantity and mechanical properties: A rodent study., Acta Biomaterialia, 6, 4, 1610-1618, 2010.04, Statins are known to stimulate osteoblast activity and bone formation. This study examines whether local application of fluvastatin enhances osteogenesis around titanium implants in vivo. Ten-week-old rats received a vehicle gel (propylene glycol alginate (PGA)) or PGA containing fluvastatin (3, 15, 75 or 300 μg) in their tibiae just before insertion of the implants. For both histological and histomorphometric evaluations undecalcified ground sections were obtained and the bone–implant contact (BIC), peri-implant osteoid volume and mineralized bone volume (MBV) were calculated after 1, 2 and 4 weeks. Using the same models mechanical push-in tests were also performed to evaluate the implant fixation strength. After 1 week the MBV and push-in strength were significantly lower in the 300 μg fluvastatin-treated group than in the other groups (P < 0.01). At 2 weeks, however, the BIC and MBV were both significantly higher in the 75 μg fluvastatin-treated group than in the non-fluvastatin-treated groups (P < 0.01). Similar tendencies were observed at week 4. Furthermore, the data showed a good correlation between the MBV and the push-in strength. These results demonstrate positive effects of locally applied fluvastatin on the bone around titanium implants and suggest that this improvement in osseointegration may be attributed to calcification of the peri-implant bone..
3. Yasuko MORIYAMA, Yasunori AYUKAWA, Kenichi KABAMURA, Yasuyuki MATSUSHITA, Masafumi KIHARA, Yoshihiro TSUKIYAMA,Mitugu TODO, Yoshihiro TAKAO, Kiyoshi KOYANO, The Alternation of Peri-Implant Bone Response Exposed to Static Lateral Load, Journal of Biomechanical Science and Engineering , 4, 3, 326-335, 2009.07.
4. Yasuko Moriyama, Yasunori Ayukawa, Yoichiro Ogino, Ikiru Atsuta, Kiyoshi Koyano, Topical application of statin affects bone healing around implants, Clinical Oral Implants Research, 19, 600-605, 2008.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 森山泰子、鮎川保則、古谷野潔, インプラント治療における骨増生ー適切な骨増生を目指して, 日本歯科評論 , THE NIPPON DENTAL REVIEW August 2012 No.838 Vol.72(8) p.145-147, 2012.08.
主要学会発表等
1. 森山 泰子、鮎川 保則、古谷野 潔, Fluvastatin含有多孔性生体吸収性複合材料の単回投与による垂直的骨増生への効果, 日本口腔インプラント学会 第50回記念学術大会, 2020.09, 目的: インプラント治療において顎骨の垂直的な骨欠損に対して、自家骨や人工骨を用いるが、その術式は高度で習熟が必要である。当教室では、骨形成作用が報告されている脂質異常症治療薬スタチンを用い、簡便に骨増生を行える方法を模索している。2009年に神野らがスタチンとα-TCP、アテロコラーゲンの複合体を単回投与して垂直的な骨増生に成功した。しかし、α-TCPは骨への吸収が遅いため、より骨への置換が起こりやすい材料として、硫酸カルシウムに代替し検討した。
材料および方法: 材料の作成:硫酸カルシウム(CS)、アテロコラーゲン(AC)を様々な粉液比で混ぜ、鋳型に流し込み成形し、流動性を計測、粉液比を決定した。決定した粉液比で作成したCS+AC (CS-AC)、CS+AC +Fluvastatin(FS)0.5%(FS-0.5)、CS+AC+FS 1.0%(FS-1.0)の材料の走査電子顕微鏡(SEM)による観察および気孔率、強度の計測を行った。動物実験:雄性ラット8週齢90頭を5群、生理食塩水のみ(CON)、ACのみ(AC)、CS-AC、FS-0.5、FS-1.0にわけ、頭蓋骨直上にそれぞれ3ml注射し、2、4、8週間後に新生骨の組織学的、組織形態計測学的検討を行った。
結果: 新規材料CSとACの混液比が3:2の時が流動性が適度で、成形後の形状も維持された。SEM像を観察すると、CS-ACは平坦な表面性状なのに対してFS含有群は様々な大きさの気孔が認められた。気孔率はFS含有群が有意に高かったが、圧縮強度はFS含有群は有意に低くなった。組織学的なCON、AC、 CS-AC、 FS-0.5、FS-1.0群間の比較では、2週目からFS含有群において頭蓋骨直上に既存骨に継続して新生骨が認められた。またその骨量は他の群と比較して有意に高かった。注射した材料はFS含有群ではほぼ消失していた。
考察および結論: 本研究で作成した注射可能な硫酸カルシウムとアテロコラーゲンの新規材料は、骨代替材料として物性は問題なく、また、スタチンを徐放するキャリアとして有用であると考えられた。これらをキャリアとしてスタチンを注射すると、その部位で新生骨形成が促進され、かつ垂直的に骨形成が生じること、また、材料自体も吸収されていることが示唆された。.
2. Y. MORIYAMA*, Y. AYUKAWA, M. MORIYAMA, Y. OGINO, I. ATSUTA and K. KOYANO, Synergetic effect of rough surface and statin on peri-implant osteogenesis, International Associaction for Dental Research, 2010.07.
3. 森山泰子,鮎川保則,神野洋平,益崎与泰,熱田生,荻野洋一郎,古谷野潔, 表面処理とStatin局所投与の併用によるインプラント周囲の早期骨形成促進効果, 日本補綴歯科学会, 2010.06.
4. Yasuko Moriyama*,Yasunori Ayukawa, Ikiru Atsuta, Youhei Jinno, Tomohiro Masuzaki, Kiyoshi Koyano, Synergetic Effect of Sandblasted and Acid-Etched Surface and Statin on Peri-implant Osteogenesis, Nano/Amorphous Materials and Interface Science Symposium, 2009.08.
5. Yasuko Moriyama*, [2] Yasunori Ayukawa, [3] Ikiru Atsuta, [4] Youhei Jinno, [5] Tomohiro Masuzaki, [6] Kiyoshi Koyano, Synergetic Effect of Sandblasted and Acid-Etched Surface and Statin on Peri-implant Osteogenesis, Nano/Amorphous Materials and Interface Science Symposium, 2009.08.
6. Yasuko Moriyama*, Yasunori Ayukawa, Yoichiro Ogino, Ikiru Atsuta, Yoshihiro Tsukiyama, Kiyoshi Koyano, Synergetic Effect of Sandblasted and Acid-Etched Surface and Statin on Peri-implant Osteogenesis in Rats, Asian Academy of Prosthodontics, 2009.04.
7. Y. MORIYAMA*, Y. AYUKAWA, M. MORIYAMA, Y. OGINO, I. ATSUTA and K. KOYANO, The enhancement of peri-implant osteogenesis by local application of statin, International Association for Dental Research, 2008.07.
8. 森山泰子、鮎川保則、荻野洋一郎、熱田生、古谷野潔, インプラント治療における高脂血症治療薬スタチンの局所投与の効果., 九州大学応用力学研究所研究集会/九州大学・東北大学合同研究集会, 2008.06.
9. MORIYAMA Y, AYUKAWA Y, OGINO Y, ATSUTA I, KOYANO K., Peri-implant osteogenesis is promoted by the local application of statin , European Association for Osseointegration, 2007.10.
10. Yasuko Moriyama, Yasunori Ayukawa, Yoichiro Ogino, Ikiru Atsuta, Kiyoshi Koyano, Local application of statin enhances osteogenesis around titanium implant, International College of Prosthodontists, 2007.09.
11. Y. Moriyama*, Y. Ayukawa, and K. Koyano, Topical application of statin affects the bone healing around implants, International Association for Dental Research, 2006.07.
12. 森山泰子,鮎川保則,荻野洋一郎,熱田生,古谷野潔, Statin局所投与がインプラント周囲骨形成に及ぼす効果, 日本補綴歯科学会, 2006.07.
13. Yasuko Moriyama,Yasunori Ayukawa, Yoichiro Ogino, Kiyoshi Koyano , Response of Osteoblast to Noncollagenous Bone Proteins-coated Titanium; An Adhesion Assay In Vitro., International College of Prosthodontists, 2005.05.
学会活動
所属学会名
International Association for Dental Research
日本口腔インプラント学会
日本補綴歯科学会
学協会役員等への就任
2020.08~2022.07, 日本口腔インプラント学会, 運営委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2021年度      
2020年度      
2019年度      
受賞
優秀研究発表賞, 日本口腔インプラント学会, 2020.09.
課題口演賞, 日本補綴歯科学会, 2010.06.
デンツプライ賞, 日本補綴歯科学会, 2006.07.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2022年度, 基盤研究(C), 代表, 骨質劣化によるインプラント周囲骨代謝破綻機序の解明と既存薬の骨質制御法への応用.
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, 骨質劣化がもたらすインプラント周囲骨リモデリング破綻機序の解明と予防策の考案.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, マイクロクラックから解明するオッセオインテグレーション獲得後の骨リモデリング機構.
2012年度~2016年度, 基盤研究(A), 分担, インプラント界面成立機構の解明と機能的界面の維持に関する研究.
2010年度~2012年度, 若手研究(B), 代表, 骨細胞に着目したインプラント周囲骨のメカノバイオロジーの解明.
2008年度~2009年度, 若手研究(B), 代表, 抗炎症・骨再生作用を兼ね備えた軟膏によるインプラント周囲炎の新治療法.
学内資金・基金等への採択状況
2019年度~2020年度, 研究補助者雇用支援(短期), 代表, インプラントにおける生物学的研究:埋入部の骨再生に関わる研究.
2017年度~2018年度, 研究補助者雇用支援(短期) (春期・通年), 代表, インプラントにおける生物学的研究:埋入部の骨再生に関わる研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」