九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
田畑 香織(たばた かおり) データ更新日:2022.06.09

助教 /  薬学研究院 創薬科学部門 生体分子情報学講座


主な研究テーマ
COVID-19に対する予防・治療薬の開発

キーワード:COVID-19
2021.06~2025.06.
細胞間コミュニケーションにおけるエクソソームの役割について
キーワード:エクソソーム
2019.04~2024.06.
植物ホルモン応答因子のリン酸化が植物の発達や成長に及ぼす影響について
キーワード:サイトカイニン応答因子
2017.04~2022.03.
トロパン骨格の生合成に関与する酵素の構造機能研究および非天然型化合物群の創出
キーワード:生合成酵素
2014.04.
大麻成分の細胞死誘導活性に関する研究
キーワード:細胞死
2013.01.
がん転移に関与するヘパラナーゼの構造・機能解析
キーワード:構造解析
2010.06.
カイコによる免疫細胞表面受容体の大量発現
キーワード:蛋白質科学
2007.04.
DNA複製開始関連蛋白質の構造・機能解析
キーワード:構造解析
2003.04.
薬用植物の代謝酵素に関する研究
キーワード:酵素、クローニング
2000.04.
研究業績
主要原著論文
1. Sasaki K, Taura F, Shoyama Y, Morimoto S, Molecular characterization of a novel beta-glucuronidase from Scutellaria baicalensis georgi, J. Biol. Chem., 275, 35, 27466-27472, 2000.09.
2. Sasaki K, Ose T, Tanaka T, Mizukoshi T, Ishigaki T, Maenaka K, Masai H, Kohda D, Crystallization and preliminary crystallographic analysis of the N-terminal domain of PriA from Escherichia coli, Biochim. Biophys. Acta, 1764, 1, 157-160 , 2006.01.
3. Sasaki K, Ose T, Okamoto N, Maenaka K, Tanaka T, Masai H, Saito M, Shirai T, Kohda D, Structural basis of the 3'-end recognition of a leading strand in stalled replication forks by PriA, EMBO J., 26, 10, 2584-2593 , 2007.05.
4. Sasaki K, Kajikawa M, Kuroki K, Motohashi T, Shimojima T, Park EY, Kondo S, Yagi H, Kato K, Maenaka K, Silkworm expression and sugar profiling of human immune cell surface receptor, KIR2DL1, Biochem. Biophys. Res. Commun., 387, 3, 575-580 , 2009.09.
主要学会発表等
1. Sasaki-Tabata K, Matsuo A, Fuchida H, Ojida A, Tanaka H and Morimoto S, Cloning, expression and characterization of polyketide synthase gene from Scopolia Japonica, The 9th CSP-KSP-JSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 2016.05, BACKGROUND AND PURPOSE: Various important pharmacological compounds such as atropine and scopolamine are included in Scopolia japonica. These compounds are synthesized using ornithine as a starting material, however, it’s unclear which enzyme catalyzes the tropinone synthesis reaction. Hence, in the present study we aimed to identify function and structure of novel polyketide synthase (PKS) from S. japonica.
EXPERIMENTAL APPROACH: A total RNA was extracted from leaves of S. japonica and cDNA was synthesized using a reverse transcriptase. Then, degenerate PCR, 5' and 3' RACE was performed using cDNA as a template. Two novel genes were obtained and expressed in E. coli. The recombinant protein was purified with affinity column and ion exchange column. We analyzed the enzyme activity using HPLC. Moreover, we crystallized and performed crystallographic analysis of PKS.
KEY RESULTS: Two novel genes of PKS from S. japonica were obtained. The recombinant PKSs expressed in E. coli as a soluble fraction was highly purified using affinity and ion exchange column and the enzyme assay with HPLC showed that new compounds were synthesized using some substrates. Moreover, crystallization screening resulted in obtaining needle or plate crystals. We could get single crystals in an optimized condition. The crystal diffracted to 2.0 angstrom at KEK-PF and the structures of PKS were determined using molecular replacement method.
CONCLUSION AND IMPLICATIONS: These PKS genes seem to belong to PKS family because they showed high similarity to other CHS from various plants. These novel findings may contribute to clarifying the mechanism of tropane synthesis..
2. 田畑香織, 松尾彩加, 渕田大和, 王子田 彰夫, 田中 宏幸, 森元 聡, ハシリドコロ由来新規ポリケタイド合成酵素に関する研究, 日本生薬学会 第62回年会, 2015.09.
3. 佐々木香織、梶川瑞穂、前仲勝実, BmNPVバクミドシステムを用いたカイコでの膜タンパク質の発現, 第11回日本蛋白質科学会年会, 2011.06, タンパク質の機能解析や構造解析を行うにあたって大量のタンパク質の調製が必要となるが、真核生物由来のタンパク質を生理活性を保持した状態で調製するには大腸菌を用いた発現系では困難な場合が多い。
そこで、我々はバキュロウイルスを利用した昆虫細胞発現系の発展型として、カイコバキュロウイルス(BmNPV)バクミドDNAと、大量生産の期待できるカイコ個体を組み合わせた発現システムを構築した。バキュロウイルスを用いた外来遺伝子の発現系では糖鎖が付加されたものが得られるため、大変有用である。さらに、BmNPVバクミドシステムはカイコに感染可能なバクミドDNAを大腸菌で簡便に作製することができ、ウイルスのタイターを測定するような煩雑な操作が不要である点で優れている。
このBmNPVバクミドシステムを用いて、大腸菌で発現が難しいとされるヒト免疫受容体やGPCRのような膜タンパク質を活性を保持した状態で調製に成功した例を紹介する。.
4. 佐々木香織、田浦太志、森元聡、正山征洋, コガネバナのbaicalin代謝酵素に関する研究, 日本生薬学会 第46回年会, 1999.09.
5. 佐々木香織、田浦太志、森元聡、正山征洋, コガネバナのフラボノイド代謝酵素に関する研究, 日本生薬学会 第47回年会, 2000.09.
6. 佐々木香織、Prakairoong Pattanakachorn、森元聡、正山征洋, コガネバナのフラボノイド代謝に関する研究, 日本薬学会 第121回年会, 2001.03.
7. 佐々木香織、岡本直明、田中卓、正井久雄、前仲勝実、神田大輔, 大腸菌由来PriAとオリゴヌクレオチドとの複合体の結晶化, 日本結晶学会 2003年度年会, 2003.12.
8. 佐々木香織、尾瀬農之、岡本直明、田中卓、正井久雄、前仲勝実、神田大輔, 大腸菌由来PriAとオリゴヌクレオチドとの複合体の結晶化, 第27回日本分子生物学会年会, 2004.12.
9. 佐々木香織、尾瀬農之、田中卓、前仲勝実、正井久雄、神田大輔, E. coli 由来PriAのN末端ドメインの立体構造解析, 第5回日本蛋白質科学会年会, 2005.06.
10. 佐々木香織、尾瀬農之、田中卓、岡本直明、前仲勝実、正井久雄、神田大輔, E. coli 由来PriAのN末端ドメインによるDNA 3’末端認識の構造的基盤, 日本バイオインフォマティクス学会 第1回プロテイン・インフォマティクスワークショップin九州, 2005.10.
11. 佐々木香織、尾瀬農之、田中卓、岡本直明、前仲勝実、正井久雄、神田大輔, E. coli 由来PriAのN末端ドメインによるDNA 3’末端認識の構造的基盤, 第28回日本分子生物学会年会, 2005.12.
12. 佐々木香織、尾瀬農之、田中卓、岡本直明、前仲勝実、正井久雄、神田大輔, E. coli 由来PriAのN末端ドメインによるDNA 3’末端認識の構造的基盤, 文部科学省タンパク3000プロジェクト 第4回産学連携フォーラムin福岡, 2006.03.
13. 佐々木香織、梶川瑞穂、黒木喜美子、本橋智子、霜島司、朴龍洙、神田大輔、前仲勝実, BmNPVバクミドシステムを用いたカイコ個体でのヒト免疫細胞表面レセプターKIRの大量発現, 第6回日本蛋白質科学会年会, 2006.04.
14. 佐々木香織、尾瀬農之、岡本直明、田中卓、前仲勝実、正井久雄、斉藤美保子、白井剛、神田大輔, PriAタンパク質によるDNA 3’末端の塩基非選択的認識機構の解明, 第7回日本蛋白質科学会年会, 2007.05.
15. 佐々木香織、田中卓、正井久雄、前仲勝実、神田大輔, Structural basis for the DNA recognition of PriA protein in the stalled DNA replication fork, 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007.12.
16. 佐々木香織、梶川瑞穂、矢木宏和、近藤幸子、黒木喜美子、本橋智子、霜島司、朴龍洙、加藤晃一、前仲勝実, BmNPVバクミドシステムによるヒト免疫細胞表面レセプターの発現と糖鎖解析, 第8回日本蛋白質科学会年会, 2008.06.
17. 佐々木香織、梶川瑞穂、矢木宏和、近藤幸子、黒木喜美子、本橋智子、霜島司、朴龍洙、加藤晃一、前仲勝実, BmNPVバクミドシステムによるヒト免疫細胞表面レセプターの発現と糖鎖解析, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008.12.
18. Kaori Sasaki, Toyoyuki Ose, Taku Tanaka, Toshimi Mizukoshi, Tomoko Ishigaki, Naoaki Okamoto, Katsumi Maenaka, Hisao Masai and Daisuke Kohda, Structural analysis of the N-terminal domain of PriA from E. coli, XX Congress of he International Union of Crystallography, 2005.08.
19. Kaori Sasaki, Toyoyuki Ose, Taku Tanaka, Naoaki Okamoto, Katsumi Maenaka, Tsuyoshi Shirai, Hisao Masai and Daisuke Kohda, Structural basis for the recognition of the 3'-terminus of DNA by PriA protein, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, 2006.06.
20. Kaori Sasaki, Structural basis for the stalled replication folk recognition by E. coli PriA, 第1回 研究所ネットワーク国際シンポジウム, 2005.07.
学会活動
所属学会名
日本薬学会
日本生薬学会
日本分子生物学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2021.08.27~2021.08.27, The 6th Japan-Taiwan Joint Symposium for Pharmaceutical Sciences, 座長.
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
IST Austria, Austria, 2017.04~2019.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2014年度~2016年度, 若手研究(B), 代表, トロパン骨格の生合成に関与する酵素の構造機能研究および非天然型化合物群の創出.
2011年度~2013年度, 若手研究(B), 代表, 新規抗ガン剤開発に向けたヘパラナーゼの構造基盤の解明.
2008年度~2010年度, 特別研究員奨励費, 代表, プライモソーム複合体による停止したDNA複製を再開するための分子メカニズムの解明.
寄附金の受入状況
2013年度, 福岡大学総合科学研究チームⅣ.
2012年度, 内藤記念科学振興財団/エーザイ株式会社, 内藤記念女性研究者研究助成金/大麻成分のがん細胞に対する細胞死誘導活性およびがん転移抑制活性に関する研究.
学内資金・基金等への採択状況
2015年度~2015年度, 研究補助者雇用支援(短期), 代表, トロパン骨格の生合成に関与する酵素の構造機能研究.
2015年度~2015年度, 出産・育児復帰者支援, 代表, トロパン骨格の生合成に関与する酵素の構造機能研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」