九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
AUGUSTINE MATTHEW(おーがすてぃん ましゆー) データ更新日:2021.06.17

准教授 /  比較社会文化研究院 社会情報部門 歴史資料情報


教育活動概要
大学院教育では地球社会統合科学府において「近現代日本と東アジア関係史研究」、"Modern Japan in East Asian History" (国際コース)をそれぞれ担当している。また、人文科学府と共同で「東アジア近代史領域横断ゼミ」を担当している他、地球社会統合科学府のフューチャーアジア創生プログラムの担当教員を勤めている。
基幹教育では文系基礎科目の「現代史」という授業で戦後日本の歴史について講義し、「課題協学」という授業ではグローバリゼーションの歴史について講義している。
担当授業科目
2021年度・冬学期, Global History.

2021年度・秋学期, グローバル・ヒストリー.

2021年度・秋学期, 比較史.

2021年度・後期, 現代史Ⅱ.

2021年度・春学期, 包括的東アジア日本研究B.

2021年度・前期, フィールド調査実習.

2021年度・前期, 個別研究指導Ⅱ.

2021年度・通年, 外国語ライティング(英語).

2021年度・通年, 近現代日本と東アジア関係史研究 .

2021年度・通年, Modern Japan in East Asian History .

2021年度・通年, 博士総合演習 .

2021年度・通年, 東アジア近代史領域横断ゼミ.

2020年度・秋学期, グローバル・ヒストリー.

2020年度・冬学期, Global History.

2020年度・秋学期, 比較史.

2020年度・後期, 現代史II.

2020年度・春学期, 包括的東アジア日本研究B.

2020年度・通年, 外国語ライティング(英語).

2020年度・通年, 近現代日本と東アジア関係史研究.

2020年度・通年, Modern Japan in East Asian History.

2020年度・通年, 博士総合演習.

2020年度・通年, 東アジア近代史領域横断ゼミ.

2019年度・秋学期, グローバル・ヒストリー.

2019年度・冬学期, Global History.

2019年度・夏学期, 基幹教育セミナー.

2019年度・春学期, 包括的東アジア日本研究B.

2019年度・通年, 外国語ライティング(英語).

2019年度・通年, 近現代日本と東アジア関係史研究.

2019年度・通年, Modern Japan in East Asian History.

2019年度・通年, 博士総合演習.

2019年度・通年, 東アジア近代史領域横断ゼミ.

2018年度・秋学期, 韓国・朝鮮研究の最前線I.

2018年度・冬学期, 韓国・朝鮮研究の最前線II.

2018年度・秋学期, グローバル・ヒストリー.

2018年度・冬学期, Global History.

2018年度・後期, 課題協学.

2018年度・前期, 包括的東アジア日本研究B.

2018年度・通年, 近現代日本と東アジア関係史研究.

2018年度・通年, 東アジア近代史領域横断ゼミ.

2018年度・通年, 博士総合演習.

2018年度・通年, 外国語ライティング(英語).

2017年度・後期, 現代史Ⅱ.

2017年度・冬学期, 韓国・朝鮮研究の最前線Ⅱ.

2017年度・秋学期, 韓国・朝鮮研究の最前線Ⅰ.

2017年度・後期, 課題協学.

2017年度・後期, 外国語ライティング(英語).

2017年度・後期, 近現代日本と東アジア関係史研究.

2017年度・後期, Modern Japan in East Asian History.

2017年度・後期, 博士総合演習.

2016年度・前期, 現代史I.

2016年度・前期, 課題協学.

2016年度・前期, 外国語ライティング(英語).

2016年度・前期, 東アジア近代史領域横断ゼミ.

2016年度・前期, Modern Japan in East Asian History.

2016年度・前期, 近現代日本と東アジア関係史研究.

2016年度・前期, 博士総合演習.

2015年度・前期, 現代史.

2015年度・通年, 外国語ライティング(英語).

2015年度・通年, 近現代日本と東アジア関係史研究.

2015年度・通年, Modern Japan in East Asian History.

2015年度・通年, 東アジア近代史領域横断ゼミ.

2015年度・後期, 課題協学.

2015年度・後期, 地球社会統合科学.

2014年度・前期, 現代社会/現代史.

2014年度・通年, 外国語ライティング(英語).

2014年度・通年, 近現代日本と東アジア関係史研究.

2014年度・通年, Modern Japan in East Asian History.

2014年度・通年, 東アジア近代史領域横断ゼミ.

2014年度・後期, 課題協学.

2014年度・後期, 地球社会統合科学.

2013年度・通年, 特別研究.

2013年度・通年, 現代日本の形成と構造.

2013年度・通年, Contemporary Japanese History.

2013年度・通年, 東アジア近代史領域横断ゼミ.

2013年度・後期, 現代社会/現代史.

2013年度・後期, 人間性.

2012年度・前期, 日本史総合演習.

2012年度・前期, Contemporary Japanese History.

2012年度・通年, 調査研究方法論.

2012年度・通年, 近代日本の形成と構造.

2012年度・後期, 人間性.

2012年度・後期, 歴史と社会.

2012年度・後期, 現代社会/現代史.

2011年度・前期, 歴史と社会.

2011年度・前期, 日本社会構造論.

2011年度・通年, Contemporary Japanese History.

2011年度・通年, 東アジア近代史領域横断ゼミ.

2011年度・通年, 近代日本の形成と構造.

2011年度・後期, 人間性.

2011年度・後期, 現代社会/現代史.

2010年度・後期, 人間性.

2010年度・後期, 歴史と社会.

2010年度・後期, 東アジア近代史領域横断ゼミ.

2010年度・後期, 近代日本の形成と構造.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2021.03, 部局, 参加, 大学院学際教育の質向上に関するFD: 2018-2019年度NEEP成果をふまえて.

2019.10, 部局, 参加, ハラスメント対策.

2019.04, 学科, 参加, 基幹教育セミナーFD.

学生のクラス指導等
2018年度, 全学, アジア太平洋カレッジ・台北プログラム.

学生課外活動指導等
2021年度, 未来共創リーダー育成プログラム, プログラム教員.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2019年度, 西南学院大学・留学生別科, 後期1月から5月まで, 非常勤講師, 国内.

2018年度, 西南学院大学・留学生別科, 後期1月から5月まで, 非常勤講師, 国内.

2017年度, 国立政治大学, 5月24日に講義開講, 非常勤講師, 国外.

2015年度, 福岡教育大学, 後期11月13日3・4限, 非常勤講師, 国内.

2014年度, 福岡教育大学, 後期1月9日3・4限, 非常勤講師, 国内.

2014年度, 九州大学 アジア太平洋未来研究センター, 併任教員, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2021.05, International Master's Program in Modern Chinese Studies, 中国・上海, Shanghai Jiaotung University, 10.

2019.07, International Summer School on East Asian International Relations in Maritime History, 中国・上海, 上海交通大学人文学院歴史係, 45.

2018.12,  「統合的学際教育を基盤とする高度グローバル人材養成プロジェクト」 最終評価国際委員会, 日本・福岡市, 九州大学大学院 地球社会統合科学府.

2018.09, アジア太平洋カレッジ台北プログラム最終発表会, 台湾・台北, 国立政治大学.

2013.06, The State, Violence and the Rule of Law in Korean-Japanese History, オランダ・ライデン, European Forum on Korean-Japanese History.

その他の特筆すべき教育実績
2019.12, 九州大学図書館と地球社会統合科学府のコラボ企画「学際的な読書の深みへ:ワクワクの森へご招待」にてジョン・ダワー著『敗北を抱きしめて』の内容について講演し、その要点をめぐり学生と共に議論を交わした。.

2018.06, 九州大学大学院 地球社会統合科学府 特別公開授業「浅海底の戦争遺跡:どのように可視化し、どのように伝えるのか?」にて「太平洋戦争の歴史と教育のあり方」と題する講演を行った。.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」