九州大学 研究者情報
論文一覧
山尾 大(やまお だい) データ更新日:2021.10.28

准教授 /  比較社会文化研究院 社会情報部門 国際社会情報


原著論文
1. Kinoshita, Hiroko and Dai Yamao, “A Quantitative Text Analysis on Mobilization of Electorate by Islamist Parties during the 2018 Iraqi Parliamentary Election”, Ratuva, Steven, Hamdy A. Hassan and Radmir Compel eds., Risk, Identity and Conflict: Theoretical Perspectives and Case Studies, Singapore: Palgrave Macmillan, pp. 207-229., 2021.08.
2. Yamao, Dai and Shingo Hamanaka., “Political mobilization and its impact on voter turnout: A survey experiment in Iraq”, Asian Journal of Comparative Politics, online first, , Asian Journal of Comparative Politics, online first, https://doi.org/10.1177/20578911211039631, 2021.09.
3. 山尾大, 「日本国際政治学会における中東研究の変遷」(特別連載「日本の国際政治学――日本国際政治学会における研究の系譜と特徴」第7章), 『国際政治』204, pp. 117-125., 2021.07.
4. 山尾大, 「準軍事組織の分断がもたらす奇妙な安定――IS後イラクの政軍関係」, 末近浩太編『シリア・レバノン・イラク・イラン』(中東政治研究の最前線)ミネルヴァ書房, pp. 97-119., 2021.02.
5. Yamao, Dai, “Re-securitization as Evasion of Responsibility: A Quantitative Text Analysis of Refugee Crisis in Major Arabic Newspapers”, Journal of Population and Social Studies, Special Issues, 2020: 1-26., 2020.10.
6. Yamao, Dai, “Regime Change and National Integration Policy: Focusing on Iraqi School Textbooks before and after the 2003 U.S. Invasion”, Keiko Sakai and Philip Marfleet eds., Iraq after the Invasion: People and Politics in a State of Conflict, London: Routledge, pp. 153-171., 2020.08.
7. 山尾大・浜中新吾, 「ポスト紛争社会の政治動員と投票率の関係――イラクにおけるサーベイ実験から」, 『アジア経済』61(3): 2-27., 2020.09.
8. 山尾大, 「変容するイラクの国家観――紛争の影響をはかる」, 末近浩太・遠藤貢編『紛争が変える国家』(グローバル関係学4)岩波書店, pp. 104-124., 2020.09.
9. 山尾大・久保慶一, 「計量テキスト分析による関係性分析」, 酒井啓子編『グローバル関係学とは何か』(グローバル関係学1)岩波書店, pp. 168-190., 2020.08.
10. 山尾大, 「勝利」したイラク人民動員隊とイラン革命防衛隊――ソレイマーニー司令官殺害の政治的インパクトを考える, 『中東協力センターニュース』, 2020.02.
11. 山尾大, 「イラクからみるトルコ――世論調査の計量分析から」, 笠原弘幸編『トルコ共和国 国民の創生とその変容――アタテュルクとエルドアンのはざまで』九州大学出版会,, 2019.02.
12. 山尾大, 「宗派主義の拡大と後退の条件――イラク世論調査にみる政党支持構造分析から」, 酒井啓子編『現代中東の宗派問題――政治対立の「宗派化」と「新冷戦」』晃洋書房, 2019.03.
13. Yamao, Dai, “The Conflict in Iraq and its Impact on Perception toward Statehood: Based on Poll Surveys”, Relational Studies on Global Crises Online Paper Series No. 8, Working Paper No. 4, 2019.05, [URL].
14. 山尾大, 「ISのインパクトをはかる――イラク主要3紙の量的テキスト分析から」, 『新学術領域「グローバル関係学」オンライン・ペーパー・シリーズ』, 2019.08, [URL].
15. 山尾大, 「送り出し国で難民危機はいかに報道されたのか――アラビア語主要紙の量的テキスト分析から」, 『新学術領域「グローバル関係学」オンライン・ペーパー・シリーズ』, 2019.12, [URL].
16. 山尾大, 「立ち上ったイスラーム主義――戦後イラクにみる多様な展開」, 高岡豊・溝渕正季編著『「アラブの春」以後のイスラーム主義運動』ミネルヴァ書房, 2019.01.
17. 山尾大, 「政治不信がもたらした組織政党の躍進――第4回イラク議会選挙(2018年5月)の分析」, 『中東研究』(533), pp. 37-67., pp. 37-67., 2018.10.
18. 山尾大, 暴力を拡散させた体制転換――イラクの事例から」, 『国際政治』194, pp. 29-45., 2018.10.
19. Yamao, Dai, “From Regional Politics to Street Demonstrations: Changes in the Iraqi Communist Party’s Political Strategies in the Post-war Era”, International Journal of Contemporary Iraqi Studies, 12 (2), pp. 147-165., 2018.09, This article analyses how the Iraqi Communist Party (ICP) altered its political strategies
in post-war Iraq. After the decline of the political presence, the ICP formed large
alliances with small parties in the third round of local and national elections, opting
to support candidates on a national scale; in doing so, the ICP achieved significant
breakthrough. The party’s election strategy not only led to the ICP’s success but also
to the overall stabilization of Iraqi party politics. After the rise of ISIS, the ICP overcame
its ideological differences with Sadrist factions that similarly stood alongside
the masses; pursuing large-scale demonstrations, the ICP found further opportunities
to carry out its political activities. The ICP has thus been adroit in adapting its
political strategies according to political and social circumstances. As Islamist groups
have seized political power and religious sentiment has spread, the ICP might be
seen as pursuing the best of strategies that remain available to it..
20. 山尾大, 「潰えた民族の悲願――クルディスターン地域政府(KRG)の独立に向けた住民投票の歴史的意味」, 『歴史学研究』, 971, 69-77, pp. 69-77., 2018.06.
21. 山尾大, 「イスラーム世界のグローバル・ガバナンス――OICとサブナショナルなアクターの挑戦」, グローバル・ガバナンス学会編『グローバル・ガバナンス学II――主体・地域・新領域』法律文化社, pp. 87-105., 2018.04.
22. 山尾大, 「ISなきイラクをめぐる競合――選挙戦略とクルディスターン地域政府(KRG)の住民投票」, 『中東協力センターニュース』(, pp. 8-28., 2018.01.
23. 山尾大, 「分断がもたらすイラクの不確実な安定の促進」, 足立研幾編『セキュリティ・ガヴァナンス論の脱西欧化と再構築』ミネルヴァ書房, pp. 127-150., pp. 127-150., 2018.01, セキュリティ・ガバナンスの観点からIS後のイラク政治を分析した論文。.
24. 山尾 大, イラクの現状を検証する――戦争がもたらした政治社会の混乱」長沢栄治・栗田禎子編『中東と日本の針路――「安保法制」がもたらすもの』大月書店, pp. 64-77., 2016.11.
25. 山尾 大, 「介入の縮小という隘路――オバマ政権のイラク政策と広がる宗派対立」, 『中東研究』(527), pp. 14-27., 2016.11.
26. 山尾 大, 「「古参」幹部の政治か、合理的政府の形成か――アバーディー改革が惹起した政治構造をめぐるポリティクス」, 『海外事情』64(9), pp. 63-77., 2016.09.
27. 山尾 大, 「イラク国家建設と軍再建の蹉跌――政治の介入と準軍事組織の台頭」酒井啓子編『途上国における軍・政治権力・市民社会――21世紀の「新しい」政軍関係』晃洋書房, pp. 149-167., 2016.03.
28. 山尾 大, 「分断を促進する安全保障――戦後イラクの事例から」, 『立命館大学人文科学研究所紀要』, 7-45, 2016.03.
29. 山尾 大, 「「イスラーム国」の拡大と引き裂かれるイラク」, 『海外事情』, 63, 9, 2-15, 2015.10.
30. 山尾 大, 「ポスト・コンフリクト社会のガバナンスを考える――イラクを事例に」, 『年報政治学』, 2014年II号, pp. 135-155., 2015.01.
31. 山尾大, 「イラク――民主化の蹉跌と宗派対立という亡霊」, 青山弘之編『「アラブの心臓」に何が起きているのか――現代中東の実像』岩波書店, pp, 55-84, 2014.12.
32. 山尾大, 「外部介入による政治変動と国民統合――イラク学校教科書を中心として」, 『国際政治』, (178), 102-117, 2014.11.
33. 山尾大, 「一極化と分極化の狭間で――第3回イラク国会選挙の分析」, 『中東研究』, 521, 30-49, 2014.09.
34. 山尾大, 「宗派主義という隘路――イラク世論調査に見る政党支持構造の分析を手掛かりに」(浜中新吾との共著), 『日本中東学会年報』, 30, 1, 1-32, 2014.07.
35. 山尾大, 「安定化した政党政治――第3回イラク地方県議会選挙の分析」, 『イスラーム世界研究』, 7, 298-319, 2014.03.
36. 山尾大, 「和解が生み出した政治対立――戦後イラクにおける排除と包摂のポリティクス」, 佐藤章編『和解過程下の国家と政治――アフリカ・中東の事例から』アジア経済研究所, 97-126, 2013.12.
37. YAMAO, Dai, “Foreign Impacts Revisited: Islamists’ Struggles in Post-war Iraq”, , World Political Science Review, , 9, 1, 155-172, 2013.07, [URL].
38. 山尾大, 「米軍撤退後イラクの政治対立と合従連衡」, 『中東研究』, 515 , pp. 55-68., 2012.10.
39. 山尾大, 「外部介入によるイラクの民主化」, 酒井啓子編『中東政治学』有斐閣, pp. 95-108., 2012.09.
40. YAMAO, Dai, "Iraqi Islamist Parties in International Politics: The Impact of Historical and International Politics on Political Conflict in Post-War Iraq", International Journal of Contemporary Iraqi Studies, 6, 1, 27-52, pp. 27-52, 2012.05.
41. 山尾大, 「政治闘争の道具としての和解――戦後イラクの国民形成をめぐるポリティクス」, 佐藤章編『紛争と和解――アフリカ・中東の事例から』(調査研究報告書)アジア経済研究所, pp. 41-61., 2012.03.
42. 山尾大, 「“ハイジャック”された「アラブの春」――サドル派の政策転換をイラク政治の動態」, 『中東研究』, 513, pp. 82-93., 2012.02.
43. Yamao, Dai, "Sectarianism Twisted: Changing Cleavages in the Elections of Post-war Iraq", Arab Studies Quarterly, 34, 1, pp. 27-51, 2012.01.
44. 山尾大, 「イラク覚醒評議会と国家形成――紛争が生み出した部族の非公的治安機関と新たな問題(2003~2010年3月)」, 佐藤章(編)『紛争と国家形成――アフリカ・中東からの視角』アジア経済研究所, pp. 101-136, 2012.01.
45. 山尾大, 「曖昧なナショナリズムが生んだイラク政治の「分極化」――2010年3月7日イラク国政選挙の分析」, 『イスラーム世界研究』, 4, 1-2, 347‐369, 2011.03.
46. 山尾大, 「反体制勢力に対する外部アクターの影響――イラク・イスラーム主義反体制派の戦後政策対立を事例に」, 『国際政治』, 166, 142‐155, 142‐155, 2011.08.
47. 山尾大, 「多数派形成ゲームとしてのイラク選挙後危機――2010年3月国会選挙後の権力分有をめぐる合従連衡」, 『中東研究』, 510, 76‐91, 76‐91, 2010.12.
48. 山尾大, 「イラク覚醒評議会と国家形成――紛争が生み出した部族の非公的治安機関をめぐる問題」, 佐藤章編『アフリカ・中東における紛争と国家形成』(調査研究報告書)アジア経済研究所, 19-48, 2010.10.
49. 山尾大, 「イラク国会選挙(2010年3月7日)と分極化するイラク政治」, 『中東研究』, 508, 60‐74, 2010.05.
50. 山尾大, 「政党の合従連衡がもたらす宗派対立の回避――戦後イラクの政党政治と権力闘争(2003年~2008年8月)」, 佐藤章(編)『新興民主主義国における政党の動態と変容』アジア経済研究所, 101-132, 2010.02.
51. 山尾大, 「ダアワ党の思想的正当化と法学者の政治指導論の系譜――シーア派宗教権威への個人的忠誠か、組織化された宗教界との協調か」, 『アジア・アフリカ地域研究』, 9, 2, 113‐142, 2010.01.
52. Yamao, Dai, Transformation of the Iraqi Islamist Parties and their Framing in the Changing Regional and International Political Environments, Kyoto Working Papers on Area Studies, 16, 1-39, 2009.12.
53. 山尾大, 「イラク・ナショナリズムが勝利した日――2009年1月31日イラク地方県議会選挙の分析」, 『イスラーム世界研究』, 2, 2, 152‐175, 2009.06.
54. Yamao, Dai, "The Hidden Surge of the Shiʻite Authority under the Ṣaddām Regime in Iraq: A Social Movement of the Second al-Ṣadr in the 1990s", Journal of Greater Middle East Studies, 1, 2, 33-77, 2009.05.
55. Yamao, Dai, "An Islamist Social Movement under the Authoritarian Regime in Iraq during 1990s: A Study on the Shiʻite Leadership of Ṣādiq al-Ṣadr and its Socio-political Base", AJAMES, 25, 1, 1-29, 2009.03.
56. Yamao, Dai, Struggle for Political Space in post-War Iraq: Contending Relation between ex-Exile Ruling Parties and Later-formed Parties, Kyoto Working Papers on Area Studies, 6, 1-29, 2009.02, [URL].
57. Yamao, Dai, "Al-Ṣadr’s Revolutionary Ideas and the Islamic Daʻwa Party in its Formative Period", Al-Ādāb, (Journal of the College of Arts, University of Baghdad), 84, 1-26, 2008.08.
58. 山尾大, 「『内戦』下イラクにおける離合集散のポリティクス」, 『海外事情』, 56, 5, 74‐92, 2008.05.
59. Yamao, Dai, "Transformation of the Islamic Daʻwa Party in Iraq: from the Revolutionary Period to the Diaspora Era", Asian and African Area Studies, 7, 2, 238‐267, 2008.04.
60. 山尾大, 「シーア派宗教界の人的ネットワークと改革の系譜――現代イラクにおけるサドルの歴史的役割」, 『アラブ・イスラム研究』, 2008.02.
61. 山尾大, 「戦後イラクにおける政党政治と民族・宗派のポリティクス」, 佐藤章(編)『政治変動下の発展途上国の政党――地域横断的研究』(調査研究報告書)アジア経済研究所, 63-118, 2008.01.
62. 山尾 大, 「戦後イラクの政治変動とシーア派最高権威の国民統合論――スィースターニーのファトワーから」, 『イスラーム世界研究』, 1, 2, 210‐269, 2007.10.
63. 山尾大, 「共和国期イラクにおける政治変動とサドルのイスラーム国家構想」, 『日本中東学会年報』, 23, 2, 61‐88, 2007.06.
64. 山尾大, 「ダアワ党とシーア派宗教界の連携――現代イラクにおけるイスラーム革命運動の源流」, 『現代の中東』, 41, 2-20, 2006.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」