九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
鵜木 元香(うのき もとこ) データ更新日:2020.09.08

准教授 /  生体防御医学研究所 分子機能制御学部門 エピゲノム制御学分野


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
これまでに発表した論文に掲載された研究材料(プラスミド、ウイルスベクター、細胞株)など、世界各国の研究者に無償提供している。また、世界各国の研究目的を同じとする研究者と積極的に意見交換し、研究の前進に尽力している。
文部科学省, 日本学術振興会等による事業の審査委員等就任状況
2019.07~2020.03, 文部科学省 科学技術・学術政策研究所(NISTEP)科学技術予測センター/専門調査員, 文部科学省.

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2018.10, 日本経済新聞, ICF症候群の分子病態の一部を解明し、Journal of Clinical Investigationに発表し、この内容を2018年10月31日にプレスリリースした。.

2018.05, 九州大学魅力発見BOOK(九州大学 x 河合塾), 九州大学への進学を考える中学生・高校生に九州大学の魅力を伝える河合塾の雑誌に研究内容の紹介記事が掲載された。.

2017.03, Hanako、Tarzan、GINGER、GOETHE、IN Red、AERA、週間朝日、婦人画報、CREA、中央公論、オーシャンズ、てんとう虫, 著書「生まれつきの女王蜂はいない」の雑誌パブリシティ(紹介)掲載.

2013.02, 日経プレスリリース、OPTRONICS、バイオマーケットjp, 新しいヒストン修飾である水酸化を発見し、Journal of Biological Chemistryに発表し、この内容を2013年2月28日にプレスリリースした。.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2017.08, ゲノムとエピゲノム〜DNAに蓄えられた情報の取り出し方と使い方〜, ヤンマー, BIC倉敷ラボ.

初等・中等教育への貢献状況
2019.08, 令和元年度九州大学オープンキャンパス生命科学科訪問 説明担当.

2018.08, 平成30年度九州大学オープンキャンパス生命科学科訪問 説明担当.

2017.08, 平成29年度九州大学オープンキャンパス生命科学科訪問 説明担当.

2016.08, 平成28年度九州大学オープンキャンパス生命科学科訪問 説明担当.

2015.08, 平成27年度九州大学オープンキャンパス生命科学科訪問 説明担当.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2016.12~2021.03, 生体防御医学研究所 男女共同参画推進委員会委員.

2016.04~2021.03, 生体防御医学研究所 別館 実験動物飼養保管施設 管理者.

2015.05~2022.03, 九州大学病院特定認定再生医療等委員会委員.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」