九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
山下 孝二(やました こうじ) データ更新日:2022.08.10

助教 /  医学研究院


教育活動概要
○クリニカルクラークシップ:6年生学生に対して作成したティーチングファイルを基に、作成した報告書の確認および画像所見についての指導を行う。週1回神経放射線診断グループにて施行している読影レビューに参加してもらい、典型的な症例の指導や、診断が難しい症例のディスカッションを行う。また、血管造影の依頼があった際には、手技や診断の進め方等について指導を行う。

○研修医、大学院生、レジデントの指導:
CT、MRIを読影してもらい、チェック待ちの状態になった報告書のチェック・修正・確定を行う。特に大きな間違いについては、確定前もしくは確定後に一緒に所見を確認する。また、血管造影の際には助手として手技・方法について指導を行う。
定期的に症例のレビュー、画像カンファレンスを行い、典型的な画像所見、珍しい症例の画像所見における見識を説明・指導し、他の専門分野の医師とも知識を共有、アップデートを行う。
・神経領域の画像診断、血管造影手技・所見等の指導、作成された報告書のチェックを行う。学会発表や論文作成に関する方法・内容等の指導を行う。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」