九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
秋葉 悦男(あきば えつお) データ更新日:2019.05.14

特任教授 /  水素エネルギー国際研究センター 水素貯蔵研究部門


主な研究テーマ
水素貯蔵材料の研究
キーワード:水素エネルギー 水素貯蔵材料 水素吸蔵合金 結晶構造解析
2010.12~2017.03.
従事しているプロジェクト研究
水素エネルギーを活用した都市における再生可能エネルギーの電力および熱としての有効利用
2016.08~2019.03, 代表者:秋葉悦男, 九州大学, 九州大学(日本)
都市に再生可能エネルギーを導入し、水素として貯蔵することにより、必要な時に電力、燃料(水素)および熱として有効利用することで、都市における環境、エネルギーの両方の問題を同時に解決する.
水素利用技術研究開発事業/燃料電池自動車及び水素ステーション用低コスト機器・システム等に関する研究開発/燃料電池自動車用水素貯蔵材料に関する研究開発
2013.07~2018.02, 代表者:秋葉悦男, 九州大学, 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(日本)
燃料電池自動車に搭載する水素貯蔵材料およびそれを利用した水素タンクの研究開発を行う.
ECOSTIRE
2013.10~2017.09, 代表者:Klaus Taube, HZG, EU 欧州連合
博士課程学生およびポスドクの教育と研究を通して水素貯蔵材料の開発に資する.
燃料電池自動車用水素貯蔵材料の調査研究
2012.05~2013.02, 代表者:秋葉悦男, 九州大学, 新エネルギー・産業技術総合開発機構(日本)
燃料電池自動車の次世代の水素燃料搭載技術として「水素貯蔵材料を活用したシステム」について、材料の観点から調査研究を行う。.
水素貯蔵材料先端基盤研究事業
2007.06~2012.03, 代表者:秋葉悦男, 産業技術総合研究所(客員), 新エネルギー・産業技術総合開発機構
水素を効率良くコンパクトかつ安全に輸送貯蔵する材料である水素貯蔵材料に関する基礎基盤研究を推進して、高性能水素貯蔵材料開発に必要な技術指針を産業界へ提供する。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. PAIK BISWAJIT, LI Hai-Wen, WANG JIANHUI, Etsuo Akiba, A Li-Mg-N-H composite as H2 storage material: A case study with Mg(NH2)2-4LiH-LiNH2, Chemical Communications, 10.1039/C5CC02879E, 51, 10018-10021, 2015.05.
2. EMAMI MEIBODY HODA SADAT, EDALATI KAVEH, 松田 潤子, Etsuo Akiba, Zenji Horita, Hydrogen storage performance of TiFe after processing by ball milling, Acta Materialia, 88, 190-195, 2015.01.
3. Etsuo Akiba, 榊浩司, 寺下尚克, H. Kim, E. H. Majzoub, 町田晃彦, 若槻, 角掛繁, 中村優美子, Degradation mechanism against hydrogenation cycles in Mg2-xPrxNi4 (x = 0.6 and 1.0), 118, 6697-6705, 2014.09.
4. Etsuo Akiba, 松田 潤子, K. Yoshida, Y. Sasaki, N. Uchiyama, In situ observation on hydrogenation of Mg-Ni films using environmental transmission electron microscope with aberration correction, 105, 8, 083903, 2014.08.
5. Etsuo Akiba, EDALATI KAVEH, 松田 潤子, Alkira Yanagida, Zenji Horita, Activation of TiFe for hydrogen storage by plastic deformation using groove rolling and high-pressure torsion: Similarities and differences, 39, 15589-15594, 2014.08.
6. Etsuo Akiba, 松田 潤子, N. Uchiyama, T. Kanai, K. Harada, Effect of Mg/Ni ratio on microstructure of Mg-Ni films deposited by magnetron sputtering, 617, 47-51, 2014.06.
7. Etsuo Akiba, 蓑田愛, S. Oshima, H. Iki, Hydrogen storage capacity of lithium-doped KOH activated carbons, 606, 112-116, 2014.05.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 秋葉 悦男, S. Itano, H. Hirano, K. Ikeda, T. Otomo, Crystal structure and hydrogen occupation sites of Ti-V-Cr hydrogen absorbing alloys, 15th International Symposium on Metal-Hydrogen Systems, 2016.08, Ti based BCC alloys especially Ti-V-Cr alloys are one of the most realistic candidates for on-board hydrogen storage because they have about 4 wt% hydrogen capacity under ambient conditions. Reaction rate and other properties are also appropriate for that purpose. However, a part of hydrogen stored is not released under working condition of fuel cell vehicle. To understand the hydrogen that cannot be desorbed, crystal structure analysis is the first step of investigation but Ti-V-Cr is transparent to neutron because the sum of neutron scattering lengths is almost zero. Therefore, crystal structure of Ti-V-Cr hydrides has not been studied indetail..
2. 秋葉 悦男, LIN HUAIJUN, LI Hai-Wen, PAIK BISWAJIT, WANG JIANHUI, NITROGEN BASED COMPOSITE MATERIALS FOR HYDROGEN STORAGE, 10th International Symposium Hydrogen & Energy, 2016.02.
3. 秋葉 悦男, 板野 祥大, 平野 弘将, 松田 潤子, 池田一貴, 大友季哉, Crystal structure analysis of Nb doped Ti-V-Cr hydrogen absorbing alloys using neutron diffraction, Pacifichem2015, 2015.12.
4. Etsuo Akiba, Kyushu University Hydrogen Project:  Challenges to realize a hydrogen society
, The Road to a Hydrogen Society: Prospects for Developing Zero-Emission Fuel and Outlook for U.S.-Japan Cooperation , 2016.04.
5. 秋葉 悦男, EDALATI KAVEH, 平野 弘将, 堀田善治, 板野 祥大, 池田一貴, 大友季哉, Ti Based Hydrogen Storage Materials for Stationary and Mobile Applications, World Hydrogen Technology Convention 2015, 2015.10.
6. 秋葉 悦男, Hydrogen and Fuel Cell Developments in Japan, World Hydrogen Technology Convention 2015, 2015.10.
7. Etsuo Akiba, Ti based Hydrogen Storage Materials for Mobile and Stationary Applications, IUPAC-2015 45th World Chemistry Congress, 2015.08.
8. Etsuo Akiba, Hydrogen Storage in Japan -Recent Progress and Future prospect-, Hy-SEA 2014 Hydrogen Storage - Embrittlement - Applications, 2014.10.
9. Etsuo Akiba, Improvement of Activation and Re-hydrogenation Behaviors of TiFe, International Symposium Metal-Hydrogen Systems (MH2014), 2014.07.
10. Etsuo Akiba, Hydrogen Storage and Transport: State-of-art and Future, Grand Renewable Energy 2014, 2014.06.
11. Etsuo Akiba, Every Hydrogen is Good Hydrogen, MH2012, 2012.10.
12. Etsuo Akiba, Hydrogen storage by Mg-based compounds, The 4th German-Japanese Symposium on Nanostructures & 4th International Symposium on Nanostructures (OZ-11), 2011.03.
13. 秋葉悦男, 水素の輸送貯蔵技術とその展望, 日本化学会春季年会, 2011.03.
14. Etsuo Akiba, Kohta Asano, Huaiyu Shao, Hirotoshi Enoki, Hyunjeong Kim, Thomas Proffen and Yumiko Nakamura, Mg-TM (TM = Ti and Co) alloys: preparation, hydrogenation and characterization, Pacifichem 2010, 2010.12.
特許出願・取得
特許出願件数  2件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本機械学会
中性子科学会
水素エネルギー協会
International Association of Hydrogen Energy
日本金属学会
日本化学会
学協会役員等への就任
1996.01~2018.12, International Symposium on Hydrogen-Metal System, Steering Committee Member.
2007.06~2022.02, 再生可能エネルギー協議会, 分科会7 燃料電池水素 リーダー《はてなキーワード》.
2014.05~2016.05, 水素エネルギー協会, 副会長.
2012.05~2014.05, 水素エネルギー協会, 副会長.
2010.05~2012.05, 水素エネルギー協会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2015.09.16~2015.09.18, 日本金属学会, 座長(Chairmanship).
2015.07.12~2015.07.17, Gordon Research Conferences; Hydrogen-Metal Systems, 座長(Chairmanship).
2015.03.18~2015.09.20, 日本金属学会, 座長(Chairmanship).
2014.09.24~2014.09.26, 日本金属学会, 座長(Chairmanship).
2014.03.21~2013.09.23, 日本金属学会, 座長(Chairmanship).
2013.09.17~2013.09.19, 日本金属学会, 座長(Chairmanship).
2014.03.21~2014.03.23, 日本金属学会, 座長(Chairmanship).
2013.03.27~2013.03.29, 日本金属学会, 座長(Chairmanship).
2012.09.17~2012.09.19, 日本金属学会, 座長(Chairmanship).
2012.03~2012.03, 日本金属学会, 座長(Chairmanship).
2011.10~2011.10, 日本金属学会, 座長(Chairmanship).
2011.03~2011.03, 日本金属学会, 座長(Chairmanship).
2015.12.03~2015.12.04, 第35回水素エネルギー協会大会, 実行委員長.
2016.07.27~2016.07.29, 再生可能エネルギー世界フェア2016 フォーラム, 分科会7 リーダー.
2015.07.29~2015.07.31, 再生可能エネルギー世界フェア2015 フォーラム, 分科会7 リーダー.
2011.05.23~2011.05.26, Asian Symposium on Hydrogen Storage Materials 2011, Chair of Ornaizing Committee.
2011.06.07~2011.06.08, H2 EXPO, Board member.
2010.10.21~2012.10.26, International Symposim on Metal Hydrogen Systems 2012, Vice chair of organizing committee.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度    
2011年度      
2010年度  
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Helmholtz Institute Geesthacht, Germany, 2016.09~2016.09.
華南工科大学, China, 2014.12~2014.12.
中国科学院 大連化学物理研究所, China, 2014.09~2014.09.
上海大学, China, 2011.09~2011.09.
中国科学院 大連化学物理研究所, 上海大学, China, China, 2011.09~2016.08.
外国人研究者等の受入れ状況
2015.04~2016.09, 1ヶ月以上, 華南理工大学, China.
2015.08~2015.09, 1ヶ月以上, Helmholtz-Zentrum Geesthacht, Vietnam.
2015.02~2015.09, 1ヶ月以上, Helmholtz Institute, Germany, .
2013.11~2015.03, India, 政府関係機関.
2013.05~2015.10, 1ヶ月以上, Iran, 学内資金.
2013.01~2013.01, 2週間未満, 中国科学院大連化学物理研究所, China, .
2013.01~2013.02, 2週間以上1ヶ月未満, 中国科学院大連化学物理研究所, China, .
2012.07~2013.07, 1ヶ月以上, China, 日本学術振興会.
受賞
平成11年度通商産業省研究業務優秀者表彰工業技術院長表彰, 通商産業省 , 1999.06.
技術開発賞, (社)日本金属学会, 1997.09.
市村学術賞 貢献賞, (財)新技術開発財団, 1998.04.
平成12年度注目発明, 科学技術庁, 2000.04.
Herbert C. Brown Award for Innovations in Hydrogen Research, Purdue University, 2008.04.
IPHE Technical Achievement Award, International Partnership for Hydrogen and Fuel Cells in the Economy (IPHE), 2010.05.
応用物理学会優秀論文賞, 応用物理学会, 2011.08.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2020年度, 新学術領域研究, 代表, 化学平衡をチューニング可能なハイエントロピー水素吸蔵合金.
2016年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, Mg水素化物を利用したリチウム電池の創成.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2012年度~2012年度, , 代表, 「燃料電池自動車用水素貯蔵材料の調査研究」
.
学内資金・基金等への採択状況
2012年度~2012年度, 産学官連携による水素社会実証研究, 代表, 炭素材料による水素吸蔵.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」