九州大学 研究者情報
発表一覧
吉岡 瑞樹(よしおか たまき) データ更新日:2022.06.13

准教授 /  先端素粒子物理研究センター


学会発表等
1. 吉岡瑞樹, 次世代中性子技術を用いた高精度中性子寿命測定実験, 日本物理学会第76回年次大会, 2021.03, 中性子の崩壊寿命は測定手法間に間に4標準偏差の差が見られており、当該分野において大きな問題となっている。本講演では中性子の崩壊寿命を従来とは異なる手法で高精度測定を試みる新規実験について紹介する。.
2. 吉岡 瑞樹, Detector Overview, ILC夏の合宿, 2020.09.
3. 吉岡瑞樹, Fundamental physics using neutron at J-PARC and accelerator-driven neutron source, 2019 Symposium on Nuclear Data, 2019.11.
4. 吉岡瑞樹, Positron Tracking Detector for Muon g-2/EDM Experiment at J-PARC, The 3rd J-PARC Symposium, 2019.09.
5. 吉岡瑞樹, J-PARCにおける新しい手法によるミュー粒子双極子能率精密測定実験, 日本物理学会第74年次大会, 2019.03, ミュー粒子の異常磁気能率の測定値と理論値の間に4標準偏差の差が見られており、当該分野において大きな問題となっている。本講演ではミュー粒子の異常磁気能率を従来とは全く異なる手法で高精度測定を試みる新規実験について紹介する。.
6. Tamaki Yoshioka, A search for deviations from the inverse square law of gravity at nm range using a pulsed neutron beam, RCNP Workshop on Fundamental Physics using Neutrons and Atoms, 2018.08.
7. Tamaki Yoshioka, A Search for deviations from the inverse square law of gravity at nm range using a pulsed neutron beam, Fundamental Physics using Atoms 10, 2018.01.
8. 吉岡 瑞樹, Gravitational effects in muon/neutron experiments, 加速器を用いた重力研究2017, 2017.11, 低エネルギー中性子やミューオンは重力の効果を検証できる魅力的な試験粒子である。本講演ではこれまでの基本粒子による重力研究を概観した。研究会では将来の重力実験についても議論を行った。.
9. 吉岡 瑞樹, J-PARC muon and neutron experiments, ILC夏の合宿, 2017.07.
10. 吉岡 瑞樹, Measurement of muon g-2/EDM at J-PARC, 中性子と原子で探る基礎物理, 2017.07.
11. Tamaki Yoshioka, Measurement of muon g-2/EDM at J-PARC, Fundamental Physics using Atoms 9, 2017.01, ミューオンの異常磁気能率を従来とは全く異なる方法で精密に測定する実験計画が茨城県東海村の大強度要旨加速器施設にて進行中である。本講演では実験計画の現状について報告した。.
12. 吉岡 瑞樹, 散乱による未知短距離力探索, 中性子物理研究会, 2015.04.
13. 吉岡 瑞樹, 低エネルギー中性子散乱を用いたナノメートルスケールでの重力逆2乗則検証実験, 第3回KMI分野横断セミナー「精密測定で迫る重力」, 2015.03.
14. 吉岡 瑞樹, ILCの物理, ILC大学連携支援タスクフォースセミナー, 2014.05.
15. 吉岡 瑞樹, 低エネルギー中性子で探る宇宙の謎, 第1回九大Tech Forum, 2014.02.
16. 吉岡 瑞樹, ILCの物理, 日本物理学会2013年秋季大会, 2013.09.
17. 吉岡 瑞樹, リニアコライダーにおけるヒッグス研究, 新学術領域「先端加速器LHCが切り拓くテラスケールの素粒子物理学」, 2013.05.
18. 吉岡 瑞樹, NOP UnPolブランチのまとめと今後, 中性子物理研究会, 2012.11.
19. Tamaki Yoshioka, Performance of the CALICE analogure calorimeters and tests of GEANT4, ICHEP2012, 2012.07.
20. Tamaki Yoshioka, The CALICE Si-W ECAL - physics prototype, ACFA12, 2012.04.
21. Tamaki Yoshioka , Summary - Calorimeter/Muon/DAQ, ACFA12, 2012.04.
22. 吉岡 瑞樹, 中性子小角散乱を用いた未知中間力の探索, 中性子を用いた素粒子実験研究会, 2012.03.
23. 吉岡 瑞樹, 重水素Diamond-Like Carbonの中性子反射率測定, 中性子制御デバイスとその応用IV, 2012.02.
24. 吉岡 瑞樹, J-PARCにおける中性子電気双極子能率測定実験計画III, 日本物理学会2011年秋季大会, 2011.09.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」