九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
宮崎 隆彦(みやざき たかひこ) データ更新日:2024.05.02

教授 /  総合理工学研究院 環境理工学部門 流動熱工学


教育活動概要
大学院総合理工学府総合理工学専攻機械・システム理工学メジャーにおいて熱エネルギー利用システム工学I,IIの講義を担当。学部では,工学部III群の熱力学1,融合基礎工学科の伝熱学,機械科学実験II,III等の講義・演習を担当している。
担当授業科目
2023年度・秋学期, 機械電気科学実験Ⅲ.

2023年度・冬学期, 流体機械.

2023年度・秋学期, 機械電気科学設計演習.

2023年度・冬学期, 機械電気科学実験Ⅳ.

2023年度・秋学期, エネルギー工学演習.

2023年度・冬学期, 課題集約演習.

2023年度・秋学期, エネルギー工学基礎Ⅱ.

2023年度・通年, 総合理工学修士実験.

2023年度・通年, 総合理工学修士演習.

2023年度・通年, 総合理工学修士演習.

2023年度・通年, 総合理工学特別講究第二.

2023年度・前期, 持続可能なエネルギーシステムと建築環境.

2023年度・通年, 熱エネルギー変換システム学特別講究.

2023年度・通年, 環境エネルギー工学博士論文演習.

2024年度・前期, 伝熱学.

2024年度・春学期, エネルギー・環境学A.

2024年度・春学期, エネルギー・環境学B.

2024年度・春学期, 熱力学Ⅰ(S2-21).

2024年度・春学期, 熱力学Ⅰ(B).

2024年度・春学期, 熱力学(熱力学Ⅰ(S2-21)).

2024年度・春学期, 伝熱学Ⅰ(伝熱学).

2024年度・夏学期, 伝熱学Ⅱ(伝熱学).

2024年度・前期, グローバル科目Ⅱ(討論).

2024年度・秋学期, 流体機械.

2024年度・秋学期, 機械電気科学実験Ⅲ.

2024年度・秋学期, 機械電気科学設計演習.

2024年度・夏学期, 熱エネルギー利用システム工学Ⅰ.

2024年度・秋学期, 熱エネルギー利用システム工学Ⅱ.

2017年度・後期, 動力解析学.

2017年度・前期, 自動制御.

2017年度・後期, 物理学概論B演習.

2017年度・通年, 熱エネルギー変換システム学特別講究.

2017年度・通年, 環境エネルギー工学博士論文演習.

2017年度・通年, Exercise for Doctoral Thesis.

2017年度・通年, Doctoral Research.

2017年度・前期, 伝熱工学基礎.

2017年度・後期, 熱エネルギー利用システム工学.

2017年度・後期, プレゼンテーション演習.

2017年度・前期, 環境エネルギー工学特論.

2017年度・通年, 熱エネルギー変換システム学実験.

2017年度・前期, Exercises in Thermal Energy Conversion Systems.

2017年度・前期, Advanced Topics of Energy and Environmental Engineering.

2017年度・前期, Fundamentals of Energy and Environmental Engineering I.

2017年度・前期, Advanced Topics of Energy and Environmental Engineering.

2017年度・前期, 環境エネルギー工学特別講義第十五.

2017年度・後期, Thermal Energy Utilization Systems.

2017年度・後期, Thermal Energy Utilization Systems.

2018年度・前期, 環境エネルギー工学特論.

2018年度・前期, 熱エネルギー変換システム学演習.

2018年度・通年, 熱エネルギー変換システム学実験.

2018年度・秋学期, 基礎熱工学.

2018年度・秋学期, 動力解析学.

2018年度・通年, Exercise for Doctoral Thesis.

2018年度・通年, Doctoral Research.

2018年度・後期, 熱エネルギー利用システム工学.

2018年度・後期, 熱エネルギー利用システム工学.

2018年度・後期, プレゼンテーション演習.

2018年度・後期, プレゼンテーション演習.

2018年度・前期, Topics of Energy and Environmental Engineering.

2018年度・前期, Exercise in Thermal Energy Conversion Systems.

2018年度・通年, Doctoral Research (III).

2018年度・前期, Topics of Energy and Environmental Engineering.

2019年度・前期, エネルギー工学実験.

2019年度・通年, 産業活動実習.

2019年度・前期, 熱エネルギー変換システム学演習.

2019年度・通年, 熱エネルギー変換システム学実験.

2019年度・前期, Advanced Topics of Energy and Environmental Engineering.

2019年度・秋学期, 動力解析学.

2019年度・後期, 課題集約演習.

2019年度・通年, 熱エネルギー変換システム学特別講究.

2019年度・通年, Doctoral Research.

2019年度・通年, Exercise for Doctoral Thesis.

2019年度・後期, *Thermal Energy Utilization Systems.

2019年度・前期, Exercises in Thermal Energy Conversion Systems.

2020年度・通年, エネルギー科学とマネージメントⅢ.

2020年度・後期, 自動制御.

2020年度・後期, 熱エネルギー利用システム工学.

2020年度・後期, 伝熱工学実践.

2020年度・前期, 熱エネルギー変換システム学演習.

2020年度・通年, 熱エネルギー変換システム学実験.

2020年度・後期, Discussion Leading & Organizing.

2020年度・後期, Thermal Energy Utilization Systems.

2021年度・前期, 力学基礎.

2022年度・春学期, 熱力学Ⅰ(C).

2022年度・後期, 融合基礎工学展望.

2022年度・後期, 自動制御.

2022年度・前期, エネルギー環境理工学演習Ⅱ.

2022年度・前期, エネルギー環境理工学特論Ⅰ.

2022年度・前期, エネルギー環境理工学特論Ⅱ.

2022年度・通年, 熱エネルギー変換システム学特別講究.

2022年度・通年, 環境エネルギー工学博士論文演習.

2022年度・通年, Doctoral Research.

2022年度・通年, Exercise for Doctoral Thesis.

2022年度・通年, 熱エネルギー変換システム学演習.

2022年度・前期, エネルギー環境理工学基礎Ⅰ.

2022年度・前期, エネルギー環境理工学基礎Ⅱ.

2022年度・前期, エネルギー環境理工学演習Ⅰ.

2023年度・前期, 伝熱学.

2023年度・前期, 自動制御.

2023年度・夏学期, 機械電気科学実験Ⅱ.

2023年度・春学期, 熱力学Ⅰ(S2-21).

2023年度・春学期, 熱力学Ⅰ(B).

2023年度・春学期, 熱力学.

2023年度・春学期, 伝熱学Ⅰ.

2023年度・夏学期, 伝熱学Ⅱ.

2023年度・前期, 自動制御.

2023年度・夏学期, 熱エネルギー利用システム工学Ⅰ.

2023年度・秋学期, 熱エネルギー利用システム工学Ⅱ.

2021年度・通年, 熱環境システム特別講究.

2021年度・前期, Exercises in Thermal Energy Conversion Systems.

2021年度・通年, 熱エネルギー変換システム学実験.

2021年度・秋学期, 熱エネルギー利用システム工学Ⅰ.

2021年度・冬学期, 熱エネルギー利用システム工学Ⅱ.

2021年度・前期, Advanced Course on Energy and Environmental Science and Engi.

2021年度・前期, Advanced Course on Energy and Environmental Science and Engi.

2021年度・前期, Advanced Seminar on Energy and Environmental Science and Eng.

2021年度・後期, Advanced Course on Energy and Environmental Science and Engi.

2021年度・後期, Advanced Course on Energy and Environmental Science and Engi.

2021年度・後期, Advanced Seminar on Energy and Environmental Science and Eng.

2022年度・春学期, 熱力学Ⅰ(S2-21).

2022年度・春学期, 熱力学Ⅰ【熱力学】.

2022年度・春学期, 熱力学Ⅰ【エネルギー変換基礎論ⅠA】.

2022年度・春学期, 熱力学Ⅰ【エネルギー変換基礎論ⅠB】.

2022年度・前期, 力学基礎.

2022年度・通年, 総合理工学修士実験.

2022年度・通年, 総合理工学修士演習.

2022年度・夏学期, 熱エネルギー利用システム工学Ⅰ.

2022年度・秋学期, 熱エネルギー利用システム工学Ⅱ.

2021年度・前期, 熱エネルギー変換システム学演習.

2021年度・通年, 熱エネルギー変換システム学実験.

2021年度・後期, 自動制御.

2021年度・後期, エネルギー環境理工学基礎Ⅰ.

2021年度・後期, エネルギー環境理工学基礎Ⅱ.

2021年度・後期, エネルギー環境理工学演習Ⅰ.

2021年度・前期, 環境エネルギー工学博士論文演習.

2021年度・前期, 力学基礎.

2020年度・後期, 自動制御.

2020年度・後期, 熱エネルギー利用システム工学.

2020年度・後期, 伝熱工学実践.

2018年度・秋学期, 基礎熱工学.

2019年度・後期, 物理学概論B演習.

2019年度・後期, 熱エネルギー利用システム工学.

2019年度・秋学期, 基礎熱工学.

2019年度・後期, 自動制御.

2019年度・前期, 伝熱工学実践.

2019年度・後期, 物理学概論B演習.

2018年度・前期, 伝熱工学実践.

2018年度・後期, 物理学概論B演習.

2018年度・前期, 自動制御.

2017年度・前期, 伝熱工学基礎.

2017年度・前期, エネルギー変換システム工学.

2017年度・前期, 環境エネルギー工学特論.

2017年度・前期, 自動制御.

2017年度・前期, エネルギー工学実験.

2017年度・後期, 熱エネルギー利用システム工学.

2017年度・後期, 課題集約演習.

2017年度・後期, 動力解析学.

2017年度・後期, 物理学概論B演習.

2016年度・前期, 伝熱工学基礎.

2016年度・前期, エネルギー変換システム工学.

2016年度・前期, 環境エネルギー工学特論.

2016年度・前期, 自動制御.

2016年度・前期, エネルギー工学実験.

2016年度・後期, 熱エネルギー利用システム工学.

2016年度・後期, 課題集約演習.

2015年度・前期, エネルギー工学実験.

2015年度・前期, 自動制御.

2015年度・後期, 課題集約演習.

2015年度・後期, 熱エネルギー利用システム工学.

2015年度・後期, Fundamentals on Interdisciplinary Sciences, Material, Energy, Environment.

2015年度・前期, 環境エネルギー工学特論.

2014年度・前期, エネルギー工学実験.

2014年度・前期, 自動制御.

2014年度・後期, 課題集約演習.

2014年度・後期, 熱エネルギー利用システム工学.

2014年度・後期, Fundamentals on Interdisciplinary Sciences, Material, Energy, Environment.

2014年度・前期, 環境エネルギー工学特論.

2013年度・前期, 環境エネルギー工学特論.

2013年度・前期, エネルギー工学実験.

2013年度・前期, 自動制御.

2013年度・後期, 課題集約演習.

2013年度・後期, 熱エネルギー利用システム工学.

2012年度・前期, 自動制御.

2012年度・前期, 環境エネルギー工学特論.

2012年度・前期, エネルギー工学実験.

2012年度・後期, 熱エネルギー利用システム工学.

2012年度・後期, 課題集約演習.

2012年度・後期, 異分野特別演習.

2011年度・後期, 熱エネルギー利用システム工学.

2011年度・前期, エネルギー工学実験.

2011年度・後期, 環境エネルギー工学特論.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2014.03, 部局, 参加, グローバル化対応研修(多文化理解力向上コース).

2014.01, 部局, 参加, グローバル化対応研修(英語による講義法指導コース).

2011.09, 部局, 参加, 男女共同参画の取組み.

2011.04, 部局, 参加, 学生のメンタルヘルス.

2011.04, 全学, 参加, 新任教員研修.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。