九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
西田 紘子(にしだ ひろこ) データ更新日:2021.10.05

准教授 /  芸術工学研究院 コミュニケーションデザイン科学部門 音文化・アートマネジメント


教育活動概要
西洋音楽史,音楽理論・分析,音楽文化論を中心に教育活動を行っている。
担当授業科目
2021年度・後期, コンテンツ・クリエーティブデザインプロジェクト研究.

2021年度・後期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習III.

2021年度・後期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習II.

2021年度・秋学期, 西洋音楽史.

2021年度・冬学期, 応用音楽表現演習II.

2021年度・秋学期, 応用音楽表現演習I.

2021年度・後期, 卒業研究II.

2021年度・前期, コンテンツ・クリエーティブデザインプロジェクト研究.

2021年度・前期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習III.

2021年度・前期, 音楽理論表現演習.

2021年度・前期, 音楽学.

2021年度・前期, 音響実験I.

2021年度・前期, 輪講.

2021年度・前期, 卒業研究I.

2021年度・前期, 西洋音楽史特論.

2021年度・前期, 芸術表現学プロジェクト.

2021年度・前期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習I.

2021年度・前期, 芸術学入門.

2020年度・後期, コンテンツ・クリエーティブデザインプロジェクト研究.

2020年度・後期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習II.

2020年度・後期, 卒業研究II.

2020年度・後期, 西洋音楽史.

2020年度・後期, 音楽構造基礎演習.

2020年度・前期, 音楽理論表現演習.

2020年度・前期, 音楽学.

2020年度・前期, 音響実験I.

2020年度・前期, 輪講.

2020年度・前期, 卒業研究I.

2020年度・前期, 西洋音楽史特論.

2020年度・前期, 芸術表現学プロジェクト.

2020年度・前期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習I.

2019年度・後期, 卒業研究II.

2019年度・後期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習II.

2019年度・後期, 西洋音楽史.

2019年度・後期, 音楽構造基礎演習.

2019年度・前期, 音楽理論表現演習.

2019年度・前期, 音楽学.

2019年度・前期, 音響実験I.

2019年度・前期, 輪講.

2019年度・前期, 卒業研究I.

2019年度・前期, 西洋音楽史特論.

2019年度・前期, 芸術表現学プロジェクト.

2019年度・前期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習I.

2018年度・後期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習II.

2018年度・後期, 卒業研究II.

2018年度・後期, 西洋音楽史.

2018年度・後期, 音楽構造基礎演習.

2018年度・前期, 音楽理論表現演習.

2018年度・前期, 音響実験I.

2018年度・前期, 輪講.

2018年度・前期, 卒業研究I.

2018年度・前期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習I.

2018年度・前期, 芸術表現学プロジェクト.

2018年度・前期, 西洋音楽史特論.

2017年度・後期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習II.

2017年度・後期, 卒業研究II.

2017年度・後期, 音楽構造基礎演習.

2017年度・後期, 西洋音楽史.

2017年度・前期, 音響実験I.

2017年度・前期, 音楽理論表現演習.

2017年度・前期, 輪講.

2017年度・前期, 卒業研究I.

2017年度・前期, 西洋音楽史特論.

2017年度・前期, 芸術表現学プロジェクト.

2017年度・前期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習I.

2016年度・後期, 卒業研究II.

2016年度・後期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習II.

2016年度・後期, 西洋音楽史.

2016年度・後期, 音楽構造基礎演習.

2016年度・前期, 芸術表現学プロジェクト.

2016年度・前期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習I.

2016年度・前期, 卒業研究I.

2016年度・前期, 輪講.

2016年度・前期, 音楽理論表現演習.

2015年度・後期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習II.

2015年度・後期, 音楽構造基礎演習.

2015年度・後期, 西洋音楽史.

2015年度・後期, 卒業研究II.

2015年度・前期, 卒業研究I.

2015年度・前期, ホールマネジメントエンジニアリングプロジェクトIII.

2015年度・前期, ホールマネジメントエンジニアリングプロジェクトI.

2015年度・前期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習I.

2015年度・前期, 芸術表現学プロジェクト.

2015年度・前期, 輪講.

2015年度・前期, 音楽理論表現演習.

2014年度・後期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習II.

2014年度・後期, 卒業研究II.

2014年度・後期, 西洋音楽史.

2014年度・後期, 音楽構造基礎演習.

2014年度・前期, ホールマネジメントエンジニアリングIII.

2014年度・前期, ホールマネジメントエンジニアリングI.

2014年度・前期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習I.

2014年度・前期, 卒業研究I.

2014年度・前期, 芸術表現学プロジェクト.

2014年度・前期, 輪講.

2014年度・前期, 音楽理論表現演習.

2013年度・後期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習II.

2013年度・後期, ホールマネジメントエンジニアリングIV.

2013年度・後期, ホールマネジメントエンジニアリングII.

2013年度・後期, 卒業研究II.

2013年度・後期, 西洋音楽史.

2013年度・後期, 音楽構造基礎演習.

2013年度・前期, 卒業研究I.

2013年度・前期, 音楽理論表現演習.

2013年度・前期, 輪講.

2013年度・前期, コアセミナー.

2013年度・前期, ホールマネジメントエンジニアリングIII.

2013年度・前期, ホールマネジメントエンジニアリングI.

2013年度・前期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習I.

2013年度・前期, 芸術表現学プロジェクト.

2012年度・後期, 卒業研究II.

2012年度・後期, 西洋音楽史.

2012年度・後期, 音楽構造基礎演習.

2012年度・後期, ホールマネジメントエンジニアリングII.

2012年度・後期, ホールマネジメントエンジニアリングIV.

2012年度・前期, 卒業研究II.

2012年度・前期, 卒業研究I.

2012年度・前期, 芸術.

2012年度・前期, 音楽理論表現演習.

2012年度・前期, 輪講.

2012年度・前期, ホールマネジメントエンジニアリングIII.

2012年度・前期, ホールマネジメントエンジニアリングI.

2012年度・前期, 芸術表現学プロジェクト.

2012年度・前期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習I.

2012年度・前期, プレゼンテーション特別演習.

2011年度・後期, 卒業研究I.

2011年度・後期, 音楽構造基礎演習.

2011年度・前期, 音楽理論表現演習.

2011年度・前期, 輪講.

2011年度・後期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習II.

2011年度・前期, コンテンツ・クリエーティブデザイン特別演習I.

2011年度・前期, プレゼンテーション特別演習.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2021.09, 全学, 参加, 令和3年度ハラスメント相談窓口研修会.

2015.03, 部局, 企画, 男女共同参画推進FD「ワーク・ライフ・バランスをデザインする」.

2014.08, 部局, 参加, 新GPA制度実施のためのFD.

2014.03, 部局, 参加, 男女共同参画FD.

2011.11, 部局, 参加, 第16回FD研究会 .

2011.04, 全学, 参加, 第1回全学FD.

学生のクラス指導等
2016年度, 学部, 音響設計学科.

2015年度, 学部, 音響設計学科.

2014年度, 学部, 音響設計学科.

2013年度, 学部, 音響設計学科.

学生課外活動指導等
2021年度, ジャズ好きもの会, 顧問.

2020年度, ジャズ好きもの会, 顧問.

2019年度, ジャズ好きもの会, 顧問.

2018年度, ジャズ好きもの会, 顧問.

2017年度, ジャズ好きもの会, 顧問.

2016年度, ジャズ好きもの会, 顧問.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2018年度, 東京藝術大学音楽学部集中講義「音楽分析の拡がり」, 2018年12月20~22日, 集中講義, 国内.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」