九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
金丸 崇(かねまる たかし) データ更新日:2020.01.24

准教授 /  工学研究院 海洋システム工学部門 船舶海洋性能工学講座


主な研究テーマ
二重反転潮流タービン性能計算法に関する研究
キーワード:潮流タービン,パネル法,後流渦モデル
2016.08~2020.03.
パネル法を用いたプロペラキャビテーションと船尾変動圧力の実用的計算法の開発
キーワード:船尾変動圧力
2017.04.
プロペラ後流中における省エネ舵の流体力学的性能に関する研究
キーワード:プロペラ-舵干渉問題
2015.04.
プロペラ後流渦の変形を考慮したプロペラ後流場の舵性能解析
キーワード:プロペラ-舵干渉問題
2013.04.
簡便なパネル法による定常及び非定常プロペラキャビテーションの計算
キーワード:プロペラシートキャビテーション
2007.04.
研究業績
主要原著論文
1. Takashi Kanemaru, Daijiro Arakawa, Yuki Sawada, Koichiro Shiraishi, Jun Ando, A Practical Calculation Method of Pressure Fluctuation Induced by Cavitating Propeller Using a Simple Surface Panel Method “SQCM”, Sixth International Symposium on Marine Propulsors(smp'19), 216-223, 2019.05.
2. 金丸崇,吉武朗,安東潤, 後退角及び切り欠き部を有する高推力舵の省エネ効果に関する研究(第二報)-舵直圧力と舵トルクの計測-, 日本船舶海洋工学会講演会論文集第28号, 367-369, 2019.05.
3. 金丸 崇, 新川 大治朗, 白石耕一郎, 安東 潤, プロペラキャビテーションによって誘起される船尾変動圧力の実用的計算法, キャビテーションに関するシンポジウム(第18回), 2018.10.
4. Takashi Kanemaru, Akira yoshitake, Jun Ando, DEVELOPMENT OF NEW TYPE ENERGY SAVING RUDDER, The 13th International Conference on Hydrodynamics, 321-330, 2018.09.
5. 金丸崇,吉武朗,安東潤, 後退角及び切り欠き部を有する高推力舵の省エネ効果に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演会論文集第26号, 557-561, 2018.05.
6. 金丸崇,右近良孝,工藤達郎,白石耕一郎,上入佐光,安東潤, 簡便なパネル法を用いた潮流タービン性能計算法における後流渦モデルについて, 日本船舶海洋工学会講演会論文集第25号, 189-193, 2017.11.
7. Takashi Kanemaru, Akira yoshitake, Jun Ando, Development of New Type Low Drag Rudders in Propeller Slipstream, Fifth International Symposium on Marine Propulsors(smp'17), 127-134, 2017.06.
8. 金丸 崇, 吉武 朗, 安東 潤, 前縁に切り欠き部を有する高推力舵の省エネ効果に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演会論文集第24号, 483-488, 2017.05.
9. 金丸 崇, 安東 潤, プロペラ先端翼後縁付近のキャビテーションの一計算法, キャビテーションに関するシンポジウム(第18回), 2016.12.
10. Takashi Kanemaru, Tomohiro Ryu, Akira yoshitake, Jun Ando, Calculation of propeller and rudder interaction using simplified propeller theory considering blade loading distribution exactly, 13th International Symposium on Practical Design of Ships and Other Floating Structures (PRADS’2016), 2016.09.
11. 金丸 崇, 吉武 朗, 安東 潤, 後退角付舵の省エネ効果に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演会論文集第22号, 281-286, 2016.05.
12. Takashi Kanemaru, Jun Ando, Numerical Analysis of Tip Cavitation on Marine Propeller with Wake Alignment Using a Simple Surface Panel Method “SQCM”, 9th International symposium on cavitation CAV2015, 10.1088/1742-6596/656/1/012184, 2015.12.
13. 金丸 崇, 龍 知宏, 吉武 朗, 安東 潤, プロペラ幾何形状を厳密に考慮した簡易プロペラ理論によるプロペラと舵の干渉計算, 日本船舶海洋工学会講演会論文集第21号, 333-336, 2015.11.
14. Takashi Kanemaru, Jun Ando, Numerical Analysis of Tip Vortex Cavitation on Marine Propeller Using a Simple Surface Panel Method “SQCM”, Fourth International Symposium on Marine Propulsors smp’15, 3, 505-512, 2015.05.
15. 金丸 崇, 安東 潤, 簡便なパネル法によるプロペラ翼端部に発生するキャビテーションの計算, 日本船舶海洋工学会講演会論文集第20号, 399-402, 2015.05.
16. 金丸 崇, 安東 潤, プロペラ後流渦の変形を考慮したプロペラ後流場の舵性能解析, 日本船舶海洋工学会講演会論文集第18号, 2014.05.
17. Takashi Kanemaru, Jun Ando, Numerical analysis of cavitating propeller and pressure fluctuation on ship stern using a simple surface panel method “SQCM” , Journal of Marine Science and Technology, 10.1007/s00773-012-0208-8, Vol.18, No.3, 294-309, 2013.09.
18. 金丸 崇, 土井 一真, 安東 潤, 弾性可変ピッチプロペラの流体力学的性能に関する基礎的研究, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 2013.05.
19. Takashi Kanemaru, Tomohiro Ryu, Akira Yoshitake, Jun Ando, Kuniharu Nakatake, The Modeling of Hub Vortex for Numerical Analysis of Marine Propeller Using a Simple Surface Panel Method “SQCM”, Proc. of The 3rd International Symposium on Marine Propulsor, 365-372, 2013.05.
20. 金丸 崇, 龍知宏, 吉武 朗, 安東 潤, 中武一明, パネル法を用いたプロペラ性能解析法におけるハブ渦モデルについて, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第14号, 263-266, 2012.05.
21. Takashi KANEMARU and Jun ANDO, Numerical Analysis of Pressure Fluctuation on Ship Stern Induced by Cavitating Propeller Using a Surface Panel Method "SQCM", Proc. of The 2nd International Symposium on Marine Propulsor, 2011.06.
22. 金丸崇,安東潤, 簡便なパネル法によるプロペラキャビテーションと船尾変動圧力の計算, 日本船舶海洋工学会論文集第10号, 2009.12.
23. Takashi KANEMARU and Jun ANDO, Numerical Analysis of Steady and Unsteady Sheet Cavitation on a Marine Propeller Using a Simple Surface Panel Method “SQCM”, Proc. of The 1st International Symposium on Marine Propulsor, 2009.06.
24. 金丸崇,安東潤, 簡便なパネル法による非定常プロペラキャビテーションの計算, 日本船舶海洋工学会論文集第9号, 2009.06.
25. Takashi KANEMARU and Jun ANDO, Numerical Analysis of Steady Sheet Cavitation on a Marine Propeller Using a Simple Surface Panel Method “SQCM”, Proc. of The 3rd Pan Asian Association of Marine Engineering Societies and Advanced Maritime Engineering Conference 2008, 2008.10.
26. 金丸崇,安東潤, 簡便なパネル法による定常プロペラキャビテーションの計算, 日本船舶海洋工学会論文集第7号, 2008.06.
27. 金丸崇,安東潤, 後流渦の変形を考慮した非定常プロペラ性能解析, 日本船舶海洋工学会論文集第6号, 2007.12.
主要学会発表等
1. 金丸 崇, 吉武 朗, 安東 潤, 後退角及び切り欠き部を有する高推力舵の省エネ効果に関する研究(第二報), 日本船舶海洋工学会令和元年春季講演会, 2019.05.
2. Takashi Kanemaru, Daijiro Arakawa, Yuki Sawada, Koichiro Shiraishi, Jun Ando, A Practical Calculation Method of Pressure Fluctuation Induced by Cavitating Propeller Using a Simple Surface Panel Method “SQCM”, 6th International Symposium on Marine Propulsors (smp'19), 2019.05.
3. 金丸 崇, 新川 大治朗, 白石 耕一郎, 安東 潤, プロペラキャビテーションによって誘起される船尾変動圧力の実用的計算法, キャビテーションに関するシンポジウム(第19回), 2018.10.
4. Takashi Kanemaru, Akira Yoshitake, Jun Ando, DEVELOPMENT OF NEW TYPE ENERGY SAVING RUDDER, The 13th International Conference on Hydrodynamics, 2018.08.
5. 金丸 崇, 吉武 朗, 安東 潤, 後退角及び切り欠き部を有する高推力舵の省エネ効果に関する研究, 日本船舶海洋工学会平成30年春季講演会, 2018.05.
6. 金丸崇,右近良孝,工藤達郎,白石耕一郎,上入佐光,安東潤, 簡便なパネル法を用いた潮流タービン性能計算法における後流渦モデルについて, 日本船舶海洋工学会平成29年秋季講演会, 2017.11.
7. Takashi Kanemaru, akira yoshitake, Jun Ando, Development of New Type Low Drag Rudders in Propeller Slipstream, 5th International Symposium on Marine Propulsors (smp'17), 2017.07.
8. 金丸 崇, 吉武 朗, 安東 潤, 前縁に切り欠き部を有する高推力舵の省エネ効果に関する研究, 日本船舶海洋工学会平成29年春季講演会, 2017.05.
9. 金丸 崇, 安東 潤, プロペラ先端翼後縁付近のキャビテーションの一計算法, キャビテーションに関するシンポジウム(第18回), 2016.12.
10. Takashi Kanemaru, akira yoshitake, Jun Ando, Tomohiro Ryu, Calculation of propeller and rudder interaction using simplified propeller theory considering blade loading distribution exactly, 13th International Symposium on Practical Design of Ships and Other Floating Structures (PRADS’2016), 2016.09.
11. 金丸 崇, 吉武 朗, 安東 潤, 後退角付舵の省エネ効果に関する研究, 日本船舶海洋工学会平成28年春季講演会, 2016.05.
12. Takashi Kanemaru, Jun Ando, Numerical Analysis of Tip Cavitation on Marine Propeller with Wake Alignment Using a Simple Surface Panel Method “SQCM”, 9TH INTERNATIONAL SYNPOSIUM ON CAVITATION CAV2015, 2015.12.
13. 金丸 崇, 龍 知宏, 吉武 朗, 安東 潤, プロペラ幾何形状を厳密に考慮した簡易プロペラ理論によるプロペラと舵の干渉計算, 日本船舶海洋工学会平成27年秋季講演会, 2015.11.
14. Takashi Kanemaru, Jun Ando, Numerical Analysis of Tip Vortex Cavitation on Marine Propeller Using a Simple Surface Panel Method “SQCM”, Fourth International Symposium on Marine Propulsors (smp'15), 2015.05.
15. 金丸 崇, 安東 潤, 簡便なパネル法によるプロペラ翼端部に発生するキャビテーションの計算, 日本船舶海洋工学会平成27年春季講演会, 2015.05.
16. 龍 知宏, 金丸 崇, 片岡 史朗, 吉武 朗, 安東 潤, プロペラに装備する新しい省エネ付加物の開発, 日本船舶海洋工学会平成26年春季講演会, 2014.05.
17. 金丸 崇, 安東 潤, プロペラ後流渦の変形を考慮したプロペラ後流場の舵性能解析, 日本船舶海洋工学会平成26年春季講演会, 2014.05.
18. Takashi Kanemaru, Tomohiro Ryu, akira yoshitake, Jun Ando, Kuniharu Nakatake, The Modeling of Hub Vortex for Numerical Analysis of Marine Propeller Using a Simple Surface Panel Method “SQCM”, The Third International Symposium on Marine Propulsors, 2013.05.
19. 金丸崇,龍知宏,吉武朗,安東潤,中武一明, パネル法を用いたプロペラ性能解析法におけるハブ渦モデルについて, 日本船舶海洋工学会平成24年春季講演会, 2012.05.
20. 金丸崇,安東潤, 非定常運動を伴うプロペラ性能解析, 日本船舶海洋工学会平成23年西部支部秋季講演会, 2011.11.
21. Takashi KANEMARU and Jun ANDO, Numerical Analysis of Pressure Fluctuation on Ship Stern Induced by Cavitating Propeller Using a Simple surface Panel Metehod "SQCM", The Second International Symposium on Marine Propulsors, 2011.06.
22. 金丸崇,安東潤, 簡便なパネル法によるプロペラキャビテーションと船尾変動圧力の計算, 日本船舶海洋工学会平成21年西部支部秋季講演会, 2009.11.
23. Takashi KANEMARU and Jun ANDO, Numerical Analysis of Steady and Unsteady Sheet Cavitation on a Marine Propeller Using a Simple Surface Panel Method “SQCM”, The First International Symposium on Marine Propulsors, 2009.06.
24. 金丸崇,安東潤, 簡便なパネル法による非定常プロペラキャビテーションの計算, 日本船舶海洋工学会平成20年西部支部秋季講演会, 2008.11.
25. 金丸崇,安東潤, 簡便なパネル法による定常プロペラキャビテーションの計算, 日本船舶海洋工学会平成20年春季講演会, 2008.05.
26. Takashi KANEMARU and Jun ANDO, Numerical Analysis of Steady Sheet Cavitation on a Marine Propeller Using a Simple Surface Panel Method “SQCM”, The 3rd Pan Asian Association of Marine Engineering Societies and Advanced Maritime Engineering Conference 2008, 2008.10.
27. 金丸崇,安東潤, 後流渦の変形を考慮した非定常プロペラ性能解析, 日本船舶海洋工学会平成19年西部秋季支部講演会, 2007.11.
学会活動
所属学会名
日本船舶海洋工学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.10.31~2019.11.01, 日本船舶海洋工学会第14回推進運動性能研究会, 庶務幹事.
2019.06.27~2019.06.28, 日本船舶海洋工学会第13回推進運動性能研究会, 庶務幹事.
2019.06.03~2019.06.04, 日本船舶海洋工学会, 実行委員.
2019.06.03~2019.06.04, 日本船舶海洋工学会, 司会(Moderator).
2018.05.21~2018.05.22, 日本船舶海洋工学会, 司会(Moderator).
2017.11.27~2017.11.28, 日本船舶海洋工学会, 実行委員.
2017.05.23~2017.05.24, 日本船舶海洋工学会, 司会(Moderator).
2016.05.26~2016.05.27, 日本船舶海洋工学会, 司会(Moderator).
2016.12.08~2016.12.09, キャビテーションに関するシンポジウム(第18回), 現地実行委員.
2016.05.26~2016.05.27, 平成28年度日本船舶海洋工学会春季講演会, 実行委員.
2015.09.02~2015.09.04, 日本工学教育協会九州工学教育協会第63回年次大会, 実行委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2001.10~2005.03, 日本船舶海洋工学会誌, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度   12  14 
2018年度    
2017年度   14  17 
2016年度     15  16 
2013年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
NH Collection Roma Centro Hotel, Rome, Italy, 2019.05~2019.05.
Sheraton Grand Incheon Hotel, Incheon, Korea, 2018.09~2018.09.
Technopolis Innopoli 2 in Otaniemi, Espoo, Finland, 2017.06~2017.06.
Crowne Plaza Copenhagen Towers Hotel, Denmark, 2016.09~2016.09.
SwissTech Convention Center, Switzerland, 2015.12~2015.12.
AT&A Hotel & Conference Center, UnitedStatesofAmerica, 2015.05~2015.06.
NTU One-North Campus, Singapore, 2014.10~2014.10.
CECO (Changwon Exhibition Convention Center), Korea, 2013.10~2013.10.
Tramsheds Function Centre, Launceston, Australia, 2013.05~2013.05.
Hamburg University of Technology, Hamburg, Germany, 2012.09~2012.12.
SAS Radisson Blu Hotel, Gothenburg, Sweden, 2012.08~2012.09.
University of Hawaii, Manoa, UnitedStatesofAmerica, 2012.03~2012.03.
The Rilano Hotel Hamburg, Hamburg, Germany, 2011.06~2011.06.
Royal Garden Hotel Trondheim, Trondheim, Norway, 2009.06~2009.06.
受賞
日本船舶海洋工学会西部支部秋季講演会優秀講演賞, 日本船舶海洋工学会西部支部, 2011.11.
日本船舶海洋工学会奨励賞(乾賞), 日本船舶海洋工学会, 2009.06.
日本船舶海洋工学会西部支部秋季講演会優秀講演賞, 日本船舶海洋工学会西部支部, 2008.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2016年度, 若手研究(B), 代表, プロペラ後流中における省エネ舵の流体力学的性能に関する研究.
2012年度~2014年度, 若手研究(B), 代表, 翼端渦キャビテーションによって誘起される船尾変動圧力の理論計算法に関する研究.
寄附金の受入状況
2018年度, 造船学術研究推進機構, 工学研究院研究資金/前縁に切り欠き部を有する後退翼舵の流体力学的性能に関する研究.
2015年度, 造船学術研究推進機構, 工学研究院研究資金/新形式省エネ舵の推進性能に関する研究.
2012年度, 造船学術研究推進機構, 工学研究院研究資金/弾性可変ピッチプロペラの流体力学的性能に関する基礎的研究.
学内資金・基金等への採択状況
2017年度~2018年度, 平成28年度工学研究新分野開拓助成, 代表, ハイブリッド飛行船の船体性能に関する基礎的研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」