九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
鶴 大輔(つる だいすけ) データ更新日:2020.07.20

助教 /  総合理工学研究院 環境理工学部門 流動熱工学


主な研究テーマ
燃焼点火の際における衝撃波挙動の観察
キーワード:衝撃波,点火
2019.04~2023.03.
多種燃料のエンジン内における燃焼特性の計測
キーワード:気体燃料,液体燃料,E-fuel
2019.04~2020.03.
希薄予混合ガスエンジンにおける燃焼の実験およびシミュレーション
キーワード:天然ガス,メタン,希薄燃焼
2012.04.
高密度場における非定常気体噴流に関する研究
キーワード:天然ガス,メタン
2012.04.
近接二重針弁を用いて噴霧重合を利用した液滴の分裂および噴霧分散の制御
キーワード:噴霧,衝突,予混合圧縮着火
2010.04.
GPUを用いた直接水噴射方式における噴霧挙動の計算
キーワード:GPU,直接水噴射方式,KIVA
2010.04.
急速圧縮膨張装置を用いた大型ガスエンジンの異常燃焼現象の解明
キーワード:ガスエンジン,ノッキング,RCEM
2009.04~2011.03.
非定常噴霧燃焼のシミュレーション手法の開発と検証

キーワード:数値シミュレーション,噴霧,燃焼,KIVA
2007.04.
従事しているプロジェクト研究
コージェネレーション用革新的高効率ガスエンジンの技術開発
2017.04~2022.03, 代表者:森川 弘二, 株式会社サステナブル・エンジン・リサーチセンター, 株式会社サステナブル・エンジン・リサーチセンター(日本)

本プロジェクトでは、事業者連携での技術開発として、複数のガスエンジンメーカーと密接に情報交換を行い、助言・指導を受けながら、(株)サステナブル・エンジン・リサーチセンターが、共同研究先(千葉大学、大分大学、九州大学、名古屋工業大学)と共に、ガスエンジンの平均有効圧力の向上(高Pme化)に向けた要素技術開発に取組む。また、(一社)日本ガス協会は、当該要素技術開発の進捗情報を基に、関係事業者(ガスエンジンメーカー、周辺部品メーカー、及び都市ガス事業者)の意見・要望を定期的に照会し、集約・整理した内容を(株)サステナブル・エンジン・リサーチセンターへ提供する。(株)サステナブル・エンジン・リサーチセンターは、当該意見・要望を、必要に応じて要素技術開発へフィードバックする。本プロジェクトの4年目の2020年度からは、ガスエンジンメーカー複数社が参画し、当初3年間の成果を活用した実用化開発に各々で取組む。具体的には、ガスエンジンメーカー各社が高Pme化の実現に必要な周辺部品の評価に取組むと共に、自社で培った発電効率向上技術も併用して原理試作機の製作・性能評価を実施する。また、引き続き共通課題である高Pme化に向けた要素技術開発に、当初3年間と同じ体制で取組む。.
LEC Evolutionary Large Engine Technology for Sustainable Energy and Transportation Systems
2019.01~2022.12, 代表者:Andreas Wimmer, Graz University of Technology, Graz University of Technology (Austria)

The main objective of LEC EvoLET is to create the foundation for the quantum leap in
technology to the next generation of large gas and dual fuel engines, an advance that
will allow environmentally sound use of these engines in a variety of applications. The
scope of the research program encompasses all combustion related subsystems and
takes a multidisciplinary approach to improving performance and robustness.
LEC Evolutionary Large Engines Technology for the Next Generation of Gas and Dual Fuel Engines
2015.04~2017.03, 代表者:Andreas Wimmer, Graz University of Technology, Graz University of Technology (Austria)

The main objective of LEC EvoLET is to create the foundation for the quantum leap in
technology to the next generation of large gas and dual fuel engines, an advance that
will allow environmentally sound use of these engines in a variety of applications. The
scope of the research program encompasses all combustion related subsystems and
takes a multidisciplinary approach to improving performance and robustness.
研究業績
主要原著論文
1. R. Ishibashi, D. Tsuru, An optical investigation of combustion process of a direct high-pressure injection of natural gas, Journal of Marine Science and Technology, https://doi.org/10.1007/s00773-016-0422-x, 22, 447, 2019.07.
2. 高崎 講二, 鶴 大輔, Visual Study on GI(Natural Gas High-Pressure Injection) Combustion for highly efficient gas engine, 15th the working Process of the internal Combustion Engine, 99, 2, 403-414, 2015.11.
3. 田島 博士, 鶴 大輔, Study on Spray Developing Process under Pressurized Flow Field in Closed-Circuit Wind Tunnel, International Journal of Mechanical Engineering and Automation, 2, 2, 79-88, 2015.02.
4. 鶴 大輔, 田島 博士, ディーゼル噴霧間の液滴衝突の数値予測におけるGPUの適用, 日本マリンエンジニアリング学会 , 49, 6, 826-833, 2014.10.
5. 鶴 大輔, 田島 博士, Combustion Prediction of Marine Residual Oil of Low Ignitibility on Two-Component Fuel Model , SAE Technical Paper, 10.4271/2014-01-2556, 2014.10.
6. 高崎 講二, 鶴 大輔, Fundamental Study on GI(Natural Gas High-Pressure Injection) Combustion with Visualization Method, 14th the working Process of the internal Combustion Engine, 96, 1, 96-109, 2013.09.
7. 鶴 大輔, 田島 博士, 石橋亮介, 駒田佳介, Investigation of Spray Combustion with Fuel-Water Emulsification under Exhaust Gas Recirculation using Detailed Visualization and Spray Modelling, 24th European Conference on Liquid Atomization and Spray Systems, 2013.09.
8. 田島 博士, 鶴 大輔, 川内智詞, 石橋亮祐, Analysis of PCCI Combustion of Light Cycle Oil Reducing NOx Emission from Large Marine Engines, International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems, 2012.07.
9. 田島 博士, 鶴 大輔, 加藤 寿子, Numerical and Experimental Study of Reduction of NOx on Diesel Combustion by Using Water Injection Systems
, International Conference on Liquid Atomization and Spray Systems, 2012.09.
10. Daisuke Tsuru, Satoshi Kawauchi, Ryosuke Ishibashi and Hiroshi Tajima, Investigation of droplet collision behavior inside merging fuel sprays for PCCI combustion, Proceedings of 14th Annual Conference on Liquid Atomization and Spray Systems-Asia, 178-183, 2010.10.
11. Daisuke Tsuru, Satoshi Kawauchi, Ryosuke Ishibashi and Hiroshi Tajima, Spray Collision Modelling of Direct Water Injection Using Graphics Processing Unit, Proceedings of 6th Thermo-and Fluid Dynamic Processes in Diesel Engine, pp.617-620(2010), 2010.09.
12. Daisuke Tsuru, Hiroshi Tajima, Ryosuke Ishibashi and c, Droplet Collision Modelling between Merging Immiscible Sprays in Direct Water Injection  System, ILASS-Europe 2010
, No.154,1-10, 2010.09.
13. Hiroshi Tajima, Motomu Kunimitsu, Kimihiko Sugiura and Daisuke Tsuru, Development of High-efficiency Gas Engine through Observation and Simulation of Knocking Phenomena, CIMAC, No.213,1-14, 2010.06.
14. Daniel Struckmeier, Hiroshi Tajima and Daisuke Tsuru, New Application and Modeling of Low Ignitability Fuel for Marine Engines, CIMAC, No.117,1-16, 2010.06.
15. Daisuke Tsuru, Satoshi Kawauchi, Kousuke Okazaki and Hiroshi Tajima, Spray Collision Modelling of Immiscible Droplets in Direct Water Injection, Proceedings of 11th ICLASS International Conference on Liquid Atomization and Spray, 301, 1-6, 2009.07.
主要学会発表等
1. 鶴 大輔, 田島 博士, エマルション燃料のNO低減効果の数値解析による検討, 第85回マリンエンジニアリング学術講演会, 2015.10.
2. 鶴 大輔, 田島 博士, 直噴式ガスエンジンの燃焼に及ぼす高圧過給の影響, 第84回マリンエンジニアリング学術講演会, 2014.11.
3. 田島 博士, 鶴 大輔, Methane Slip Reduction from Natural Gas Engines by Oxygen Stratification using Gas Permeation Membrane, THIESEL 2014, 2014.09.
4. 田島 博士, 鶴 大輔, Methane Slip Reduction from Natural Gas Engines by Oxygen Stratification using Gas Permeation Membrane, THIESEL 2014, 2014.09.
5. 石橋 亮佑, 鶴 大輔, 田島 博士, Effects of ambient pressure and temperature on penetration of a high compressed gas jet in high density conditions, 26th European Conference Liquid Atomization & Spray Systems, 2014.09.
6. 石橋 亮佑, 鶴 大輔, 田島 博士, The investigation of air entrainment and development of diesel-like gas jet under engine condition, 26th European Conference Liquid Atomization & Spray Systems, 2014.09.
7. 鶴 大輔, 高崎 講二, 田島 博士, Dino Imhof, High-Pressure Natural Gas Injection (GI) Marine Engine Research with a Rapid Compression Expansion Machine, CIMAC congress, 2013.05.
8. 田島 博士, 鶴 大輔, 青柳 享秀, 岡崎 航介, EGR 模擬条件下における水エマルションのNOx 低減と燃焼に及ぼす影響, 第82回マリンエンジニアリング学術講演会, 2012.09.
9. 鶴 大輔, 加藤 寿子, 田島 博士, Numerical and Experimental Study of Reduction of NOx on Diesel Combustion by Using Water Injection Systems
, ICLASS 2012, 2012.09.
学会活動
所属学会名
日本液体微粒化学会
日本機械学会
日本マリンエンジニアリング学会
学協会役員等への就任
2014.04, 日本液体微粒化学会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2013.12.18~2013.12.19, the 16th Annual Conference of ILASS-Asia, 座長(Chairmanship).
2013.12.18~2013.12.19, 第22回微粒化シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2012.12.17~2012.12.18, 第21回微粒化シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2012.09.02~2012.09.06, 12th International Conference Liquid Atomization and Spray Systems., 座長(Chairmanship).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
2018年度      
2017年度      
2014年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
グラーツ工科大学, Austria, 2018.05~2019.03.
カールスルーエ大学, Germany, 2007.10~2008.03.
受賞
奨励賞, 日本マリンエンジニアリング学会, 2015.05.
Best papers , Annual Conference on Liquid Atomization and Spray Systems , 2010.09.
山下勇賞, 日本マリンエンジニアリング学会, 2007.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2023年度, 基盤研究(B), 代表, 希薄予混合気における衝撃波を利用した点火方法の開発究.
2012年度~2014年度, 若手研究(B), 代表, 気体燃料噴流中における液体燃料の着火特性に関する可視化研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2017.04~2021.03, 分担, コージェネレーション用革新的高効率ガスエンジンの技術開発.
2015.04~2018.09, 分担, Advanced 3D Simulation of Dual Fuel Combustion.
2015.11~2017.03, 代表, 液体燃料を着火源とする天然ガス燃焼における水素添加の影響に関する研究.
2014.04~2015.03, 分担, Combustion analysis and visualization of spray and combustion process.
寄附金の受入状況
2013年度, スズキ財団, 舶用機関を目的とする噴霧モデルの構築を目指した非定常噴霧の微粒化機構に関する基礎研究.
2012年度, 造船学術研究推進機構, 船舶のGHG低減に関する研究
筒内直接ガス噴射の燃焼の可視化による基礎研究と数値予測.
学内資金・基金等への採択状況
2018年度~2018年度, 代表, Progress100(若手研究者グローバルリーダー育成型).

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」