九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
百村 帝彦(ひやくむら きみひこ) データ更新日:2020.07.03

准教授 /  熱帯農学研究センター 国際開発部門 地球社会統合科学府


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
2015年~ LA IPBES Asia-Resion Assessment Report
2012年12月 国際協力機構 調査団員 「持続可能な農村開発のためのタイバック大学機能強化プロジェクト」
2011年9月 国際協力機構 短期派遣専門家 「持続可能な農村開発のためのタイバック大学機能強化プロジェクト」
1996年7月~1998年7月 国際協力事業団 長期派遣専門家 「ラオス森林保全・復旧計画」
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2017.04~2018.03, Leading Author,2(b) Regional assessment of biodiversity and ecosystem services for Asia and the Pacific, Intergovernmental Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES).

2018.04~2018.12, 「「クリーンウッド」利用推進事業のうち生産国における現地情報の収集(欧州地域等)」調査委員会委員, 日本森林技術協会(林野庁委託事業).

2016.04~2017.03, Leading Author,2(b) Regional assessment of biodiversity and ecosystem services for Asia and the Pacific, Intergovernmental Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES).

2016.05~2017.03, 森林劣化防止のための途上国取組支援事業」検討委員 , アジア航測株式会社(林野庁所轄業務).

2016.04~2016.12, 「木材流通実態調査事業」委員会委員, 一般社団法人全国木材検査・研究協会(林野庁委託事業).

2015.05~2016.03, 「森林保全セーフガード確立事業」運営委員会委員, 森林総合研究所(林野庁委託事業).

2015.06~2016.03, 「森林劣化防止のための途上国取組支援事業」検討委員, アジア航測株式会社(林野庁所轄業務).

2014.06~2015.03, 「森林劣化防止のための途上国取組支援事業」検討委員, アジア航測株式会社(林野庁所轄業務)
.

2013.09~2014.03, 「途上国の森林保全に寄与する社会セーフガードに関するガイドラインの作成・試行・普及プロジェクト」アドバイザー, 一般財団法人地球・人間環境フォーラム.

2013.06~2014.03, 「森林減少防止のための途上国取組支援事業」検討委員, アジア航測株式会社(林野庁所轄業務).

2013.04~2014.03, 「REDD+関連プロジェクト支援」国内支援委員(セーフガード(社会経済)分野担当), 国際協力機構.

2012.09~2013.03, 「REDD+関連プロジェクト支援」国内支援委員(セーフガード(社会経済)分野担当), 国際協力機構.

2012.09~2012.09, 「REDDプラス実施に関するワークショップ」委員, 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(森林総合研究所所轄業務).

2012.08~2013.03, 「森林減少防止のための途上国取組支援事業」検討委員, アジア航測株式会社(林野庁所轄業務).

2011.10~2012.03, 「REDDプラスに係る政策論・方法論に関する検討会」 委員 , 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(森林総合研究所所轄業務).

2011.08~2012.03, 環境省「REDDプラスタスクフォース」委員, 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社.

2009.09~2010.03, 平成21年度「REDD+のキャパシティ・ビルディング構築に関する事業」 運営, 地球環境戦略研究機関(環境省所轄業務) .

2010.05~2011.03, 平成22年度「REDD+のキャパシティ・ビルディング構築に関する事業」 運営(環境省所轄業務)
, 地球環境戦略研究機関.

2011.05~2012.03, 「クレジットメカニズム支援委員会」植林・森林管理技術専門委員, 公益財団法人 地球環境センター(環境省所轄業務).

2011.05~2012.03, 「森林減少防止のための途上国取組支援事業」検討委員, アジア航測株式会社(林野庁所轄業務).

2008.05~2011.04, 「鎌倉市環境審議会」委員, 鎌倉市.

2010.10~2011.03, 「REDDプラス実施に向けた政策分科会」 委員, 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(森林総合研究所所轄業務).

2010.06~2011.03, 「合法木材普及推進委員会」委員 , 社団法人 全国木材組合連合会(林野庁所轄業務) .

2010.06~2011.03, 「森林カーボンクレジット研究会」委員, (特)日本気候政策センター.

2010.05~2011.03, 「森林減少防止のための途上国取組支援事業」検討委員, アジア航測株式会社(林野庁所轄業務).

2009.06~2010.03, 「合法木材普及推進委員会」委員
, 社団法人 全国木材組合連合会(林野庁所轄業務).

2009.05~2010.03, 「森林減少防止のための途上国取組支援事業」検討委員, アジア航測株式会社(林野庁所轄業務).

2009.06~2010.03,  「植林CDM研究会」委員, (特)日本気候政策センター.

2006.12~2007.03, 「効率的な農林業経済協力に関する社会経済状況の変動予測に係る調査業務」検討委員 , プロマージャパン(農林水産省所轄業務).

2006.04~2007.03, 「持続可能な森林経営に向けた国際的な行動規範等策定調査業務」検討委員, 財団法人 地球・人間環境フォーラム(環境省所轄業務).

文部科学省, 日本学術振興会等による事業の審査委員等就任状況
2013.08~2014.07, 「特別研究員等審査会」専門委員及び「国際事業委員会」書面審査員.

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2009.04, NHKラジオ第一放送, 「温暖化と森林」、-今週はここに注目-『私も一言!夕方ニュース』.

2008.02, NHKラジオ第一放送, 「アジアの森林を守る」、-編集長のここに注目- 『NHKラジオ夕刊』.

2000.02, 神奈川新聞, 「多様なアプローチ ―湘南国際村だより⑳-」、2000年2月9日付..

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2020.06, 持続可能な木材調達のためのサプライチェーン管理 ~リスクフリーな木材製品をエンドユーザーに届けるために~, 早稲田大学環境総合研究センターW-BRIDGEプロジェクト、九州大学熱帯農学研究センター、国際環境NGO FoE Japan, オンライン(ウェビナー).

2019.12, ESG投資でどうなる世界の森林 ~お金の流れが変われば森林減少は止まるのか~, 早稲田大学環境総合研究センターW-BRIDGEプロジェクト、九州大学熱帯農学研究センター、国際環境NGO FoE Japan, 早稲田大学 小野記念講堂.

2019.05, SDGs時代の木材サプライチェーンの新潮流 ~持続可能な製品市場に対応する木材デューディリジェンスとは?~, 早稲田大学環境総合研究センターW-BRIDGEプロジェクト、九州大学熱帯農学研究センター、国際環境NGO FoE Japan, 早稲田大学 小野記念講堂.

2018.04, ESG時代の責任ある木材調達と製品づくりとは? ~SDGsの達成に向けた木材デューディリジェンスを考える~, 早稲田大学環境総合研究センターW-BRIDGEプロジェクト、九州大学熱帯農学研究センター、国際環境NGO FoE Japan, 早稲田大学 大隈記念講堂 小講堂.

2017.04, 公開シンポジウム「世界の違法伐採問題と日本の木材消費:クリーンウッド法の効果的な実施に向けて」, 九州大学熱帯農学研究センター、国際環境NGO・FOEJapan、早稲田大学環境総合研究センター, 早稲田大学 9号館.

2017.02, 地域住民のニーズに配慮したREDD+制度、国際セミナー『REDD+推進に向けて:官民投資の連携』, 森林総合研究所, イイノホール.

2018.04, 百村帝彦・三柴淳一、木材関連事業者等の合法木材制度への対応状況に関するアンケート調査結果、公開セミナー「ESG時代の責任ある木材調達と製品づくりとは?」, 九州大学熱帯農学研究センター、FOEJapan、早稲田大学環境総合研究センター, 早稲田大学大隈講堂.

2015.12, Sustainable forest management in Southeast Asia -Observation of local energy utilization –, The 2nd Follow-up Seminar for JDS Graduates from the MS program, Kyushu University JDS Program, Lao Plaza Hotel.

2015.06, Lecture on "Movement of REDD+ in terms of local participation and case study"
Exercise on "How implement REDD+ project from the view point of several stakeholders"
JICA課題別研修「持続的森林管理及びREDD+に向けた国家森林モニタリングシステム整備のための人材育成」, 国際緑化推進センター
, JICA東京.

2015.01, 社会セーフガードの解説・各スケールで想定される項目、『REDDプラス・セーフガードに関する技術者・実務者育成講習』講師, 森林保全セーフガード確立事業コンソーシアム, 日本森林技術協会会館.

2014.06, Lecture on "Movement of REDD+ in terms of local participation and case study" ;Exercise on "How implement REDD+ project from the view point of several stakeholders"
JICA課題別研修「持続的森林管理及びREDD+に向けた国家森林モニタリングシステム整備のための人材育成」, 国際緑化推進センター
, JICA東京.

2014.03, REDD-plus and susutainable forestry in Cambodia "First International Sympojiumu on the Decision Science for a Sustainable Society", Kyushu University Graduate Education and Research Training Program in Decision Science for Sustainable Society, Hotel Okura, Fukuoka, Japan.

2014.01, 社会セーフガードの解説・各スケールで想定される項目、『REDDプラス・セーフガードに関する技術者・実務者育成講習』講師, 森林保全セーフガード確立事業コンソーシアム, 日本森林技術協会 会館.

2013.12, REDD+の概要とその動向 『地球研IS「「自然の証券化」を理解する―歴史・メカニズム・自然と社会へのインパクト」第2回研究会』, 総合地球環境学研究所, 総合地球環境学研究所.

2013.12, Land and forest use right for social safeguard of REDD+  INTERNATIONAL CONFERENCE 2013 "REDD+ Safeguards Fundamental; not an add-on", 地球環境戦略研究機関(IGES), 国際文化会館 講堂2階.

2013.10, Land and forest use right for social safeguard of REDD+ - Case study in Cambodia -
, 森林保全セーフガード確立事業コンソーシアム(森林総合研究所、国際緑化推進センター、海外林業コンサルタンツ協会、三菱UFJリサーチ&コンサルティング), 東京都千代田区 海運クラブ ホール.

2013.07, REDD/REDD+導入の経緯・進捗状況と現場の実態, 地球研IS「「自然の証券化」を理解する―歴史・メカニズム・自然と社会へのインパクト」第1回研究会「REDD/REDD+の事例からみた自然の「証券化」」、総合地球環境学研究所, 九州大学熱帯農学研究センター.

2013.07, REDD+への住民参加:現状と課題『JICA/JSPSペルー調査のための事前打合せ勉強会』
, 総合地球環境学研究所, 総合地球環境学研究所.

2013.06, カンボジアにおける森林資源管理の変容-森林資源の領域化・コミュニティ林業によるアクター間の相克- 『 第7回日本カンボジア研究会』, 日本カンボジア研究会, 京都大学稲盛財団記念館.

2013.05, Lecture on"Movement of REDD+ in terms of local participation and case study" ;
Excercise on "How implement REDD+ project from the view point of several stakeholders" , JICA, JICA東京.

2013.02, 「コミュニティ・フォレストリー勉強会」講師 『アジアの参加型森林管理』, 国際協力機構, 国際協力機構本部.

2012.09, Safeguard issue on climate change and tropical forest management on "International Symposium on Southeast Asian Tropical Rain Forest Research related with Climate Change and Biodiversity", Hiroshima University and National Institute for Environmental Studies, Campus Innovation Center, Tokyo.

2012.05, Lecture on"Movement of REDD+ in terms of local participation and case study"
Excercise how implement REDD+ project from the view point of several stakeholders
, JICA課題別研修「国家森林モニタリングシステム整備のための人材育成」
, JICA東京.

2011.12, リソースパーソン、『UNDP/ JICA連携研修 森林保全(REDD+)とジェンダー』, UNDP/JICA, JICA研究所.

2011.12, REDD+実証活動におけるセーフガード、シンポジウム『UN-REDDプログラム及びJICAの森林保全と社会配慮・ジェンダーに関する取り組み』, UNDP/JICA, JICA研究所.

2011.10, 「REDD+実施におけるセーフガードの留意点- REDD+プロジェクトの課題と展望 -」
『実践から学ぶREDDプラス―国際交渉・現場と研究開発をつなぐ―』, 森林総合研究所, UDXカンファレンス .

2011.09, Lecture on"Recent movement of REDD+ and case study" ; Excercise how implement REDD+ from the view point of several stakeholders, JICA課題別研修「国家森林モニタリングシステム整備のための人材育成」
国際緑化推進センター(国際協力機構所轄業務), JICA東京.

2011.06, Opportunities and Risks of REDD-plus and REDD-plus progress in Laos
"International Symposium on Rethinking Ecosystem Services in the Context of Montane Region in Mainland Southeast Asia", National Agriculture and Forestry Research Institute (NAFRI), Lao PDR
Research Institute for Humanity and Nature (RIHN),Center for Southeast Asian Studies of Kyoto University, Nagoya University Global COE Program, National Agriculture and Forestry Research Institute (NAFRI), Vientiane,Lao PDR.

2011.04, 温室効果ガス25%削減目標に向けてREDDプラスの活用-日本から制度設計の発信-, 日本気候政策センター, 航空会館.

2010.12, 「国際的な議論の趨勢と留意点」REDDプラスに係る森林技術者講習
, 森林総合研究所REDD研究開発センター, 日林協会館.

2010.08, Forest management towards participatory way / Summer training course on Development within a low carbon world: Participatory Approaches in Planning and Implementing Climate Change Policies, IDEC of Hiroshima University and Master of Science in Information Technology for Natural Resources Management, Bogor Agricultural University, SEAMEO BIOTROP Campus, IPB,Indonesia.

2010.07, 「カンボジアにおけるREDDプロジェクトの現状と課題」『REDD(途上国の森林減少・劣化に由来する排出の削減)の動向・方法論とREDDプロジェクト形成の留意事項』
, 国際協力機構, 国際協力機構本部.

2010.07, 「法的・自主的措置と消費者の意識向上の相乗効果 -熱帯林産物の持続可能な生産と消費に向けて」、『持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(ISAP2010)』, 地球環境戦略研究機関, パシフィコ横浜.

2010.06, 「REDD実施における期待と不安」、公開シンポジウム『途上国における森林減少・劣化に由来する温室効果ガスの排出削減(REDD)と熱帯生態学』, 日本熱帯生態学会, 広島大学学士会館.

2010.06, 『いのち輝くメコンの流れ(3)~ラオスの森と人々のくらし』, メコン・ウオッチ、(財)地球・人間環境フォーラム , 東京・自然環境情報ひろば丸の内さえずり館.

2009.12, Visualization of forest resources in Laos, "Understanding the Contemporary Environmental Matters in Mainland Southeast Asia, Nagoya University Global COE International Workshop", 名古屋大学GCOEプログラム「地球学から基礎・臨床環境学への展開」, 名古屋大学.

2009.10, 「REDDプロジェクトにおけるコ・ベネフィットの検討」, 研究プロジェクト『水産業における資源管理制度に関する経済分析』, 経済産業研究所.

2009.09, 「森と人との乖離 ~ラオスの森林の社会的側面」、連続セミナー『人々の生物多様性 -ラオスの森林と開発、そして生物多様性』, FoE Japan、(財)地球・人間環境フォーラム、メコン・ウォッチ, 東京都・環境パートナーシップオフィス.

2009.05, Local community perspectives on REDD: Observations from Indonesia and Cambodia, "The 8th Meeting of Asia Forest Partnership and AFP Dialogue REDD and Combating Illegal Logging", Asia Forest Partnership, Bali, Indonesia.

2008.12, 「アジア、アフリカ荒廃地における植生回復」, 地球環境戦略研究機関国際生態学研究センター, JICA横浜.

2008.07, Land use change caused by plantation program in Laos,『ラオスの自然と生業のダイナミクス』研究会, 京都大学GCOE「生存基盤持続型の発展を目指す地域研究拠点」, 京都大学・東南アジア研究所.

2008.05, 「アジアの植林事業と土地利用が抱える課題」、『インドシナ半島最後の森林フロンティア ラオスの開発、暮らし、その変化』, (特活)日本国際ボランティアセンター, 東京都・文京シビックセンター.

2008.05, 「REDD導入による村落共同体への影響」、G8環境大臣会合に向けた国際市民フォーラム『バイオ燃料・森林減少防止は気候変動対策となるか?』, FoE Japan,(財)地球・人間環境フォーラム , 東京都広尾・JICA地球ひろば.

2007.12, 国際協力機構研修「アジア、アフリカ荒廃地における植生回復」講師 , 地球環境戦略研究機関国際生態学研究センター, JICA横浜.

2007.09, Incorporating Certification into a Pro-poor Forestry Agenda: Lessons from and Options for the Asia–Pacific Region, RECOFTC-RRI Conference on Poverty Reduction and Forests Opens in Bangkok, Bangkok. Thailand.

2006.08, 「かながわの高校生公益活動リーダー塾」講師, 地球環境戦略研究機関.

2006.07, The Reform of Public Timber Procurement in Japan "Illegal Logging Update and Stakeholder Consultation", Chatam House, U.K..

2005.10, 「ラオスの地域住民による里山管理」,『第2回いしかわラウンドテーブル・セミナー』, いしかわ国際協力研究機構, 金沢大学創立五十周年記念館.

2001.09, 環境省 地球環境保全研修 講師 地方自治体研修生に対して、発展途上国の森林保全の課題について講演と質疑応答, 環境省環境研修センター.

2001.03, Participatory Forest Management in Lao P.D.R.-Case study on Conservation Forest, 22nd World Bank Institute-FASID Joint Seminar, Bogor,Indonesia.

1999.10, External Constrains on Participation of Local People in Lao P.D.R, 3rd IGES International Workshop on Forest Conservation Strategies for the Asia and Pacific Regions, 東京大学農学部.

1998.11, Appraisal of Land Use Classification Policy for Promoting Participatory Forest Management in Lao P.D.R., 2nd IGES Forest Conservation Project for the Asia and Pacific Regions, Singapore.

1998.09, 国際協力事業団派遣前研修 講師, 国際協力総合研修所.

諸外国を対象とした高度専門職業人教育活動
2013.07~2013.07, Lecture on"Movement of REDD+ in terms of local participation and case study", 国際協力機構 平成25年度国別研修(マラウイ)「住民参加型森林管理計画」、JICA東京, Malawi.

2012.02~2012.02, "REDD-plus in Laos - Opportunity and challenges –"
Follow-up Seminar for JDS Graduates from the MS program, Vientiane, Laos, Laos.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2015.04~2017.03, 地球社会統合科学府教務学生委員.

2015.04~2017.03, ハラスメント対策委員会.

2014.04~2022.03, 地球社会統合科学府 図書紀要委員.

2014.04~2022.03, 生物資源環境科学府 国際開発研究特別コースJDS事業運営小委員会委員.

2012.04~2020.03, 比較社会文化学府 図書紀要委員.

2011.09~2017.03, 百年史編集委員会委員.

2011.04, 熱帯農学研究センター委員.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」