九州大学 研究者情報
発表一覧
深見 克哉(ふかみ かつや) データ更新日:2020.06.01

教授 /  有体物管理センター


学会発表等
1. 深見克哉、船津保浩、里見正隆、川崎賢一、近藤秀裕、渡部終五, 「マルソウダ魚醤油もろみから単離したStaphylococcus nepalensisによる魚醤油の風味の改良」, 日本水産学会大会, 2005.04.
2. 船津保浩、深見克哉、近藤秀裕、渡部終五, 「マルソウダ魚醤油もろみから単離したStaphylococcus nepalensisによるイカ黒作りの風味の改良」, 日本水産学会大会, 2005.04.
3. 深見克哉, 九州大学における遺伝資源活用事例紹介, 国際シンポジウム:遺伝資源へのアクセス・利益配分(ABS)の現状と課題―遺伝資源コピーマート構築に向けてー, 2006.09.
4. 深見克哉, 「産学連携と知的財産の扱い方について」農学系での取り組み状況も踏まえ、産学官の連携強化による知的財産の取得及びその活用について、現状と今後の方向について」, 農林水産省補助事業「農林水産技術移転促進事業」 農学系研究成果活用促進シンポジウムー農林水産分野の知的財産を活かすー, 2006.10.
5. 深見克哉, ナショナルバイオリソースプロジェクトと学内の連携「有体物管理センター」, 文部科学省受託研究プロジェクトNational Bio-Resource Project(NBRP)シンポジウム, 2006.10.
6. 望月俊孝、瀬崎啓次郎、有馬秀幸、深見克哉、舩津保浩、渡部終五, 「トラフグ魚醤油の開発-I.異なる麹の使用による成分組成の違いについて 」, 日本水産学会大会, 2007.03.
7. 深見克哉, 「大学におけるマテリアルトランスファーの現状と問題点に関する調査研究」, 文部科学省 21世紀型産学官連携手法の構築に係るモデルプログラム, 2007.06.
8. 深見克哉, 大学等アカデミアを中心としたリサーチツールとMTAの実態(MTA等の調査結果概要), 日本知財学会 ライフサイエンス分科会 「リサーチツールとMTA」, 2007.07.
9. 深見克哉, 「食品の研究開発」, 先端技術講演会, 2007.10.
10. 深見克哉, 「大学におけるマテリアルトランスファーの現状と問題点に関する調査研究」, 九州地区大学知的財産戦略研修会, 2007.11.
11. 深見克哉, 「産学官連携による九州・沖縄ブランド創出に向けて」, アグリビジネス創出フェアー, 2007.11.
12. 深見克哉, 「海外遺伝資源を活用した産学官連携について−九州大学の事例−」, ビジネスイノベーション研究会 第6回研究会, 2007.12.
13. 深見克哉, 「魅力的地域づくりに向けた産学連携における大学の役割」, ワークショップ「メコン地域における総合地域社会開発―農村工業化及び異業種ネットワークを通じた地域開発」, 2007.12.
14. 深見克哉, 「研究成果有体物の管理、契約、手続き等について」, 東北地区大学知的財産戦略研修会, 2008.02.
15. 深見克哉, 「研究成果有体物の管理、契約、手続き等について」, 中国地区大学知的財産戦略研修会, 2008.03.
16. 望月俊孝、有馬秀幸、深見克哉、船津保浩、渡辺終五, 「フグ魚醤の品質に及ぼす有機酸と原料魚種の影響について」, 日本水産学会大会, 2008.03.
17. 深見克哉, 「生物遺伝資源アクセスと利益配分をめぐる国際動向:わが国の企業・大学における生物資源を用いる研究は大丈夫か」, 日本農芸化学会シンポジウム, 2008.03.
18. 深見克哉, 「九州大学における遺伝資源の知的財産管理システム(管理と活用)について 」, イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2008, 2008.07.
19. 深見克哉, 「大学におけるマテリアルトランスファーの現状と問題点に関する調査研究(九州大学)」, イノベーションジャパンイノベーション創出に向けた大学の産学官連携戦略(大学の特色と持続可能な産学連携戦略), 2008.09.
20. 深見克哉, 「研究成果物の管理、契約、手続き等に関する調査研究」, 第20回国立大学法人共同研究センター長等会議, 2008.09.
21. 深見 克哉, 「The effects of organic acids on the quality of fish sauce made from the meat of different pufferfish species」, 5th World Fisheries Congress, 2008.10.
22. 深見克哉, 「大学における成果有体物の管理、およびその活用と問題点」, 宮崎大学産学官連携戦略展開セミナー, 2009.01.
23. 深見克哉, 「大学関係者が知っておきたい研究成果有体物の取扱いとその注意点」, 知的財産セミナー「研究成果有体物の取扱」, 2009.03.
24. 深見克哉, 「「農商工連携」成功のためのオープンイノベーション」, 宮崎県商工会議所連合会例会, 2009.05.
25. 深見克哉, 「オーダーメイドのMTAシステム」, 知財学会 ライフサイエンス分科会「MTAの新しい動き」, 2009.06.
26. 深見克哉, 「コーディネータ活動について」, 農林水産省農林水産技術会議事務局, 2009.09.
27. 深見克哉, 「大学における遺伝資源(海外を含む)の管理と海外戦略」, JBAセミナー, 2009.10.
28. 深見克哉, 「大学におけるマテリアルの管理とその重要性」, 生化学会知財フォーラム, 2009.10.
29. 深見克哉, 「生物多様性条約と利益配分の現状と今後の課題」, 知財学会 ライフサイエンス分科会セミナー, 2010.02.
30. 深見克哉, 「遺伝資源の海外移転に関する国際動向と今後の課題」:「九州大学有体物管理センターの取り組むについて」(“Material Management Center:The Role in Kyushu University in terms of Innovation Strategy using RESOURCES and the Future Plans of Kyushu-Nepal collaboration.“), 国際シンポジウム, 2010.02.
31. 山口洋子、中谷操子、金子元、渡部終五、米田千恵、望月俊孝、深見克哉, 「国産および中国産シロサバフグの食味の比較とエキス成分の分析」, 日本水産学会大会, 2010.03.
32. 深見 克哉, 「大学における海外遺伝資源の管理と活用」, 日本菌学会大会講演要旨集, 2010.05.
33. 深見克哉, 「大学研究者とアマチュアのための生物多様性条約」, 菌学会 特別シンポジウム, 2010.05.
34. 深見克哉, 「大学における、成果有体物(研究材料)の戦略的活用(イノベーション創出)とその手法」, 久留米大学共同機構設立8周年記念講演会, 2010.07.
35. 深見克哉, 「九州大学における遺伝資源の取り扱いと産学連携」, バイオジャパン セミナー, 2010.09.
36. 深見克哉, 「大学における、研究と海外生物資源に関する課題(生物多様性条約/名古屋議定書採択を受けて)」, 大学等産学官連携自立化促進プログラム 宮崎大学知的財産セミナー, 2011.01.
37. 深見克哉, 「機能性食品や健康食品の商品化のポイント」, みやざき食品産業フォーラム, 2011.03.
38. 深見克哉, 「ライフイノベーションに大学はどう関わる?」, UNITT, 2011.09.
39. 深見克哉, 「大学における生物資源の管理(有体物管理センターの紹介)」, MTAセミナー, 2011.09.
40. 深見克哉, 「大学で生物多様性条約は、遵守できていますか?管理できていますか?」, 産学連携セミナー「大学研究における生物多様性条約(あなたの国際共同研究、MTA、特許は大丈夫ですか?)」, 2011.10.
41. 深見 克哉, 「フランスクラスターとの連携と産業活性化」, フラバンジェノール研究会, 2011.11.
42. 深見 克哉, 「保存すべき、活用すべき、管理すべき生物資源−日本の貴重な生物資源の活用と今後の展開−」, 有体物管理センターシンポジウム, 2012.02.
43. 深見 克哉, 「An Introduction to MMC & the Current Situation Regarding the Joint research program between Foreign Academic Institutes 」
, 有体物管理センターシンポジウム, 2013.02.
44. 深見 克哉, 「大学における成果有体物の管理」, 名古屋大学 URA研修会, 2013.06.
45. Katsuya Fukami, 「Utilization and Commercialization of Tropical Fruits as Functional Food」, The International conference on Tropical Horticulture in Indonesia, 2013.10.
46. 深見 克哉, 「生物多様性条約におけるアクセスと利益配分—名古屋議定書以降の現状・・・研究機関におけるABSへの対応の現状〜九州大学の活動を例として〜」, 岐阜大学 ABSフォーラム, 2013.11.
47. 澄川 愛, 深見 克哉, 「マテリアルトランスファーにおける研究者の提供条件に関する調査研究」, 日本知財学会年次学術研究発表会(CD-ROM) 巻:11th ページ:ROMBUNNO.2I3, 2013.11.
48. 深見 克哉, 「生物の多様性に自然科学がいかに挑むか?~ 名古屋議定書とその実施を巡って」, (一財)バイオインダストリー協会共催シンポジウム, 2013.12.
49. Katsuya Fukami, 「Materials and MTAs Management Tool for Universities」, University-Industry Interaction (UIIN), UIIN conference, Barcelona, Spain, 2014.04.
50. Katsuya Fukami, 「Materials and MTAs Management Tool for Universities in Japan」, Congres C.U.R.I.E. 2014, Clermont-Ferrand, France, 2014.06.
51. 深見 克哉, 澄川 愛, 「マテリアル移転業務の集中化による管理業務軽減の効果と今後の課題」
, 日本知財学会年次学術研究発表会(CD-ROM):ROMBUNNO.2H5 52., 2014.11.
52. 澄川 愛, 深見 克哉, 「マテリアル トランスファーにおいて払うべき注意義務についての考察」, 日本知財学会年次学術研究発表会(CD-ROM):ROMBUNNO.2H6, 2014.11.
53. Katsuya Fukami, 「The MTA special Interest Group, “Material Management Center (MMC) at Kyushu University (Japan)”」, AUTM Annual Meeting2015, New Orleans, LA USA., 2015.02.
54. 深見 克哉, 「大学における研究材料の授受に関する関連法令遵守システムについて」, 名古屋議定書実施に向けた意見交換会, 2015.06.
55. Katsuya Fukami, 「The issues related to genetic resources in the Universities」, Mahidol University (Thailand), 2015.11.
56. 深見 克哉, 帯広畜産大学, 「研究成果有体物の適正な取り扱いについて(MMC Webシステム活用)」, 2016.02.
57. 深見 克哉, 海外生物資源の研究利用における問題とその対応(CBD関連国際法と具体的事例を基に), 日本生薬学会第63回年会, 2016.09.
58. 深見 克哉, 生物多様性条約に対応した研究材料移転契約定型化の試み, 日本知財学会第14回年次学術研究発表会, 2016.12.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」