九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
坂本 勝美(さかもと かつみ) データ更新日:2020.06.21

助教 /  九州大学病院 別府病院 放射線科 九州大学医学研究院 臨床放射線科学


専門診療領域
生物系/医歯薬学/内科系臨床医学/放射線科学.
臨床医資格
日本消化管学会, 専門医. 日本医学放射線学会, 専門医.
医師免許取得年
1994年
勤務時間配分
対象年度研究時間配分(%)教育時間配分(%)臨床時間配分(%)管理運営時間配分(%)
2014年度 10 0.5 86.8 2.7
2016年度 15 0.5 81.8 2.7
2018年度 15 1 80 4
特筆しておきたい臨床活動
放射線診断専門医としてCT、MRIなどの画像診断に従事するとともに消化管の診療に力を注いでいる。CT,MRI検査で治療が必要な症例では主治医と緊密に連絡を取り合っている。九州大学病院別府病院では大部分の上・下部内視鏡検査を施行するのみでなく、大腸ポリープの内視鏡的粘膜切除術(EMR)、早期胃癌、早期食道癌の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)などの治療、また、吐血、下血、腸管軸捻転、異物の除去など緊急に内視鏡治療が必要な治療を施行している。また、消化管診療には内視鏡のみでなく総合的な画像診断が不可欠であると考えており、従来のバリウムを用いた透視検査に加えてCTコロノグラフィー(CTC)やCTガストログラフィー(CTG)を施行している。これらの検査については高齢化の時代に合わせた身体に負担の少ない、より精密な診断が可能となるように検査の条件を工夫しながらより良い検査となるよう研究を行っている。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」