九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
佐々木 智成(ささき ともなり) データ更新日:2020.07.01

准教授 /  医学研究院 保健学部門 医学研究院保健学部門 医用量子線科学分野


主な研究テーマ
TomoTherapyを用いた頭蓋骨髄領域への骨髄照射におけるVirtual Bolusに関する検討
キーワード:トモセラピー、全骨髄照射、ヴァーチャルボーラス
2019.04~2020.07.
TomoTherapy を用いた全身照射における Thread Effect に関する研究
キーワード:トモセラピー、全身照射、Thread effect
2018.07~2020.07.
子宮頸癌に対する小線源治療における 治療実施前後の HR-CTV の線量分布の比較検討
キーワード:子宮頸癌、 画像誘導小線源治療
2018.07~2020.07.
同一治療計画に対する線量計算アルゴリズムの違いによる線量分布の比較検討
キーワード:肺癌、体幹部定位放射線治療、計算アルゴリズム
2018.07~2021.07.
子宮頸癌に対する画像誘導小線源治療における治療実施前後のアプリケータ位置および線量分布の変化に関する研究
キーワード:子宮頸癌、画像誘導小線源治療、線量分布
2017.06~2019.05.
TomoDirect方式を用いたトモセラピーによる根治的前立腺照射の妥当性と安全性の検証
キーワード:トモセラピー、前立腺癌、トモダイレクト
2017.06~2019.05.
子宮頸癌小線源治療における線量評価点(B点)の解剖学的位置に関する研究
キーワード:子宮頸癌、小線源治療、B点
2016.06~2019.03.
TomoDirect方式を用いたトモセラピーによる全身照射の妥当性と安全性の検証
キーワード:全身照射、トモセラピー
2016.05~2019.03.
切除不能局所進行非小細胞肺癌に対する化学放射線療法
キーワード:非小細胞肺癌、化学放射線療法
2010.08~2016.08.
根治的放射線治療後再発食道癌に対する根治的再照射に関する研究
キーワード:食道癌 再発 放射線治療
2012.05~2015.04.
前立腺癌術後追加・再発に対する放射線治療成績
キーワード:前立腺癌 術後 放射線治療
2012.01~2013.04.
局所進行肺癌に対する術前化学放射線療法の有効性・認容性について

キーワード:肺癌,化学放射線療法,手術
2011.04~2012.11.
従事しているプロジェクト研究
JCOG2020:進展型小細胞肺癌に対する姑息的胸部放射線療法の追加を検討するランダム化第III相試験
2020.07~2025.07, 代表者:大江裕一郎, 国立がんセンター中央病院, 日本臨床腫瘍研究グループ
進展型小細胞肺癌(ED-SCLC)に対するアテゾリズマブ+カルボプラチン+エトポシド(ACE)療法もしくは durvalumab+ プラチナ+エトポシド(DPE)療法に胸部放射線療法を追加した場合の臨床的有効性と安全性を、標準治療である ACE 療法単独もしくは DPE 療法単独とランダム化比較にて検証する..
JCOG1916: 病理学的N2非小細胞肺癌に対する術後放射線治療に関する ランダム化比較第III相試験
2019.07~2026.07, 代表者:渡辺俊一, 国立がんセンター中央病院, 日本臨床腫瘍研究グループ
病理学的N2、III期非小細胞肺癌を対象として、試験治療である術後補助化学療法後の放射線治療が、標準治療である術後補助化学療法後の無治療経過観察に比べて、無再発生存期間において優っていることを検証する。.
JASTRO研究課題:放射線治療に際して患者より取得する説明同意書の収集とテンプレート作成
2012.04~2014.03, 代表者:佐々木智成, 九州大学大学院医学研究院
研究組織(研究代表者及び参加者の氏名、所属)
研究代表者
佐々木 智成   九州大学 臨床放射線科
参加者
大西 洋 先生 山梨大学 放射線科
永倉 久泰 先生 KKR札幌医療センター 放射線科
根本 建二 先生 山形大学 放射線治療科
和田 仁  先生 山形大学 放射線治療科
永田  靖 先生 広島大学 放射線治療科
村上 祐司 先生 広島大学 放射線治療科
中村 和正 先生 九州大学 臨床放射線科

研究目的:
本研究では放射線治療を受ける患者に対して放射線治療に関して説明を行い,同意を得る際に取得する説明同意文書を収集し,あらたに部位毎にテンプレートを作成することで,日常診療に携わる放射線腫瘍医の負担軽減および患者の放射線治療に対する理解促進の一助になることを目的とする.


研究を必要とする背景:
インフォームドコンセントとは一般に医師が患者に対し、検査や治療の意味・内容・効果・危険性などについて十分説明したうえで、患者から検査や治療の同意を得ることとされており,そのさいには説明文書などの資料をもとに患者および家族に説明し,書面による同意を得ることが必要とされる.その内容は診療行為によってことなるものの,放射線治療においてはおおよそ治療目的・照射回数・線量・有害事象の種類や程度・頻度などが記載されることがおおい.しかしながら,この説明同意書については,標準的な書式・記載内容といったものはなく,施設毎に対応がまちまちであり,実際の取得にあたっては放射線治療医だけでなく,診断業務を主とする放射線科医や放射線科の看護師などが取得する場合も想定され,説明内容に過不足などの可能性がある.これらの問題を解決するために、我々は統一された説明・同意書の作成と配布をおこなうことで,あらたに同意書を作成する手間を省くとともに,患者に対して医療者が過不足なく説明を行うことができ,また,患者にとってわかりやすく治療内容やそれによる有害事象に関する説明が可能となることで,患者の理解も深まると考えられる.


2年後の研究達成目標:
全国の施設で共有可能な放射線治療患者に対する説明・同意書のテンプレートを作成する


研究計画概要:
平成24年度
・研究班員が使用している各大学および関連病院で使用している説明同意文書の収集を行う。
・疾患・部位別に説明同意文書のテンプレートの原案を作成する
平成25年度
・初年度に作成した原案のブラッシュアップを行う。
・テンプレートの最終版を作成する。
・配布可能な冊子および電子ファイルの作成と配布を行う。
.
CANARY Study
2014.10~2017.08, 代表者:岡本 勇, 九州大学, 九州大学
切除不能IIIb期非小細胞肺癌に対する根治的化学放射線療法において、現在の標準レジメンであるCBDCA/PACに対して、あらたにCBDCA/nab-PACを併用することによる安全性・有効性を検証するためのphaseI/II試験.
LOGIK1602
2016.08~2018.08, 代表者:杉尾賢二, 大分大学, 九州肺癌研究機構(LOGIK)
切除不能I-II期肺癌の対する根治治療として現在体幹部定位放射線治療が行われているが、治療成績が十分とは言えないので同時併用化学療法(TS-1)を併用し、その有効性を検証するための前段階としてTS-1併用の安全性を検証するために第一相試験として安全性・認容性確認試験を行う.
JCOG1508
2017.01~2022.01, 代表者:研究事務局:堀之内秀仁, 国立がん研究センター中央病院, 日本臨床腫瘍研究機構(JCOG)
c-N2IIIA期切除可能非小細胞肺癌に対する標準的治療である化学放射線療法に対して、術前化学放射線療法後に手術療法を追加する治療法を試験アームとしてランダム化比較試験を行い、手術追加による予後の改善を目指す研究である。.
WJOG5008L
2009.08~2015.07, 代表者:中川和彦, 西日本がん研究機構
未治療の切除不能局所進行非小細胞肺癌を対象に、胸部放射線とCisplatin + Vinorelbine同時併用療法および胸部放射線とCisplatin + TS-1同時併用療法の有効性・安全性を評価する.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. 佐々木 智成, N2切除可能非小細胞肺癌に対する化学放射線療法の可能性(WJOG5008Lより), 肺癌学会, 55, 6, 982-985, 2015.12.
2. Ichinose Y, Seto T, Sasaki T, Yamanaka T, Okamoto I, Takeda K, Tanaka M, Katakami N, Sawa T, Kudoh S, Saka H, Nishimura Y, Nakagawa K, Fukuoka M., S-1 plus cisplatin with concurrent radiotherapy for locally advanced non-small cell lung cancer: a multi-institutional phase II trial (West Japan Thoracic Oncology Group 3706)., J Thorac Oncol., 6, 12, 2069-75, 2011.12.
3. Shinoto M, Shioyama Y, Sasaki T, Nakamura K, Ohura H, Toh Y, Higaki Y, Yamaguchi T, Ohnishi K, Atsumi K, Hirata H, Honda H. , Clinical results of definitive chemoradiotherapy for patients with synchronous head and neck squamous cell carcinoma and esophageal cancer., Am J Clin Oncol., 34, 4, 362-6, 2011.08.
4. 中村和正、佐々木智成, 外照射療法の現状と展望, 日本臨床, 69, 5, 408-411, 2011.05.
5. Sasaki T, Nakamura K, Ogawa K, Onishi H, Okamoto A, Koizumi M, Shioyama Y, Mitsumori M, Teshima T; the Japanese Patterns of Care Study Working Subgroup on Prostate Cancer., Radiotherapy for patients with localized hormone-refractory prostate cancer: results of the Patterns of Care Study in Japan., BJU Int, 10.1111/j.1464-410X.2009.08616.x, 104 , 10 , 1462-1466, 2009.11, [URL].
6. Sasaki T, Nakamura K, Shioyama Y, Toh Y, Okamura K, Ohura H, Hirata H, Honda H., Treatment outcomes of radiotherapy for patients with stage I esophageal cancer: a single institute experience., Am J Clin Oncol, 10.1097/COC.0b013e31805c1410, 30 , 5 , 514-519, 2007.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 佐々木 智成, 一瀬幸人, 肺癌 診療最前線 がん対策基本法で何が変わった, Modern Physician 28-6, 2004.08.
2. 佐々木 智成, PCR-SSCP法, これだけは知っておきたい遺伝子医学の基礎知識” メディカルドゥpp165-166, 2002.01.
3. 佐々木 智成, 塩基置換(single nucleotide polymorphism)を用いた放射線感受性および易転移性に関与する遺伝子の解析ならびに新たな遺伝子の同定, “集学的癌治療の研究と臨床” 篠原出版新社 pp24-30, 2000.08.
4. 佐々木 智成, PCR法、SSCP法, “外科医のための分子生物学” 南江堂 外科別冊 60: pp1483-1486, 1998.08.
5. 佐々木 智成, PCR-SSCP法, 国際医書出版 肝胆膵別冊35:pp 719-724, 1997.01.
6. 佐々木智成, 中村和正, 体幹部定位放射線治療の歴史と現況, 癌と化学療法, 2009.08.
主要学会発表等
1. 枝光華奈, 佐々木智成,松川英明, 平山 亮太, 廣瀬 貴章, 福永 淳一, Intra-fractional Dose Variation of Organs at Risk in High Dose Rate Image-guided Brachytherapy for Cervical Cancer, RSNA2019, 2019.12, Purpose】To evaluate the intra-fractional dose variation of organs at risk (OARs) in high dose rate (HDR) computed tomography (CT)-based brachytherapy (BT) for cervical cancer.
【Method】Twenty-one patients (56 HDR fractions) received CT-based BT for cervical cancer. For all cases, treatment plans (Original Plan) were generated with CT-images (Original CT) after applicator insertion. Additional CT-images (After CT) were acquired immediately after HDR BT fraction. We generated the virtual treatment plans (After Plan) using After CT, and the dose distribution was created with the same source position as that of the Original Plan. In the present study, we investigated the intra-fractional dose variation of OARs (rectum and bladder) by comparing the dose volume histogram (DVH) parameters (D2cc, D1cc, and D0.1cc) between the Original Plan and After Plan. Furthermore, we analyzed whether the intra-fractional dose variation has a correlation with the intra-fractional volume variation of OARs or the time from planning to irradiation.
【Result】The dose differences (mean ± SD) of D2cc, D1cc, and D0.1cc for rectum were -0.03 ± 0.50, -0.06 ± 0.57, and -0.19 ± 0.81 Gy, and for bladder were 1.06 ± 0.99, 1.23 ± 1.22, and 1.66 ± 1.95 Gy, respectively. No statistically significant difference was observed for rectum; however, a significant difference was seen in all DVH parameters for bladder (p < 0.05). The volume variation of OARs had a significant correlation with the dose variation of all DVH parameters for rectum and bladder. On the other hand, no significant correlation was found between the dose variation of all DVH parameters and the time from planning to irradiation.
【Conclusion】In the CT-based BT, the dose distribution at the planning stage can be different from the dose distribution after irradiation. Intra-fractional volume variation of OARs affects the dose distribution; however, the time from planning to irradiation does not affect the dose variation.
(1938 characters)

【Clinical relevance/application】The dose distribution of OARs differs between the planning stage and application, which may affect treatment outcomes and adverse events..
2. 高塚遼, 笠井裕貴,松本和樹, 福山幸秀, 寺嶋廣美, 井上慶輝, 高山雄一朗, 坂本知哉, 末次善紀, 張ハンナ, 佐々木智成, TomoTherapyを用いた全身照射におけるThread Effectに関する研究
, 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019.11.
3. 井上 慶輝、佐々木 智成、松川 英明、笠井 裕貴、枝光 華奈、松本 和樹、廣瀬 貴章、福永 淳一 , 同一治療計画に対する線量計算アルゴリズムの違いによる線量分布の比較検討
, 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019.11.
4. 松本和樹, 佐々木智成,笠井裕貴, 福山幸秀, 寺嶋廣美, Dose Evaluation Indices in Myeloablative Total Body Irradiation Using Static Mode of Helical Rotational Intensity Modulated Radiation Therapy System with Different Numbers of Ports, Diponegoro大学・九州大学合同シンポジウム, 2019.03.
5. 佐々木智成, 教育講演:肺がん, 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018.10.
6. 松本和樹, 佐々木智成,笠井裕貴, 福山幸秀, 寺嶋廣美, Dose Evaluation Indices in Myeloablative Total Body Irradiation Using Static Mode of Helical Rotational Intensity Modulated Radiation Therapy System with Different Numbers of Ports, 第75回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018.04, TomoDirect has been reported to have some advantages over TomoHelical in delivering total body irradiation (TBI). This study aimed to investigate the relationships between the number of ports and the dose evaluation indices in low-dose TBI in TomoDirect mode using 2–12 ports and to compare these data with those for the TomoHelical mode in a simulation study. Thirteen patients underwent low-dose TBI in TomoHelical mode from June 2015 to June 2016. We used the same computed tomography (CT) data sets for these patients to create new treatment plans for upper-body parts using TomoDirect mode with 2–12 beam angles as well as TomoHelical mode. The prescription was 4 Gy in 2 equal fractions. For the TomoDirect data, we generated plans with 2–12 ports with approximately equally spaced angles; the modulation factor, field width, and pitch were 2.0, 5.0 cm, and 0.500, respectively. For the TomoHelical plans, the modulation factor, field width, and pitch were 2.0, 5.0 cm, and 0.397, respectively. D2, D98, D50, and the homogeneity index (HI) were evaluated to compare TomoDirect plans having 2–12 ports with the TomoHelical plan. Using TomoDirect plans, D2 with 4 ports (median, range: 4.26 Gy (4.20-4.31) p < 0.0037) or fewer, D98 with 10 ports (3.93 Gy (3.86-3.95) p < 0.0005) or fewer, D50 with 4 ports (4.12 Gy (4.11-4.14) p < 0.0002) or fewer and HI with 5 ports (0.100 (0.060-0.137) p < 0.0012) or fewer showed statistically significantly worse results than the TomoHelical plan (4.22 Gy (4.20-4.26), 3.94 Gy (3.93-3.95), 4.09 Gy (4.08-4.10), and 0.070 (0.061-0.080) in D2, D98, D50, and HI respectively). With the TomoDirect plans, D2 with 7 ports (4.20 Gy (4.15-4.23) p < 0.0012) or more, D50 with 8 ports (4.07 Gy (4.06-4.10) p < 0.0005) or more, and HI with 8 ports (0.057 (0.044-0.082) p < 0.0007) or more showed statistically significant improvement compared with the TomoHelical plan. All of the dose evaluation indices of the TomoDirect plans showed a tendency to improve as the number of ports increased. TomoDirect plans showed statistically significant improvement of D2, D50, and HI compared with the TomoHelical plan. Therefore, we conclude that TomoDirect can provide better dose distribution in low-dose TBI with TomoTherapy.
【Result】The dose differences (mean ± SD) of D2cc, D1cc, and D0.1cc for rectum were -0.03 ± 0.50, -0.06 ± 0.57, and -0.19 ± 0.81 Gy, and for bladder were 1.06 ± 0.99, 1.23 ± 1.22, and 1.66 ± 1.95 Gy, respectively. No statistically significant difference was observed for rectum; however, a significant difference was seen in all DVH parameters for bladder (p < 0.05). The volume variation of OARs had a significant correlation with the dose variation of all DVH parameters for rectum and bladder. On the other hand, no significant correlation was found between the dose variation of all DVH parameters and the time from planning to irradiation.
【Conclusion】In the CT-based BT, the dose distribution at the planning stage can be different from the dose distribution after irradiation. Intra-fractional volume variation of OARs affects the dose distribution; however, the time from planning to irradiation does not affect the dose variation.
(1938 characters)

【Clinical relevance/application】The dose distribution of OARs differs between the planning stage and application, which may affect treatment outcomes and adverse events..
7. 枝光華奈, 佐々木智成,松川英明, 平山 亮太, 廣瀬 貴章, 福永 淳一, Intra-fractional Dose Variation of Organs at Risk in High Dose Rate Image-guided Brachytherapy for Cervical Cancer, 第75回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018.04, Purpose】To evaluate the intra-fractional dose variation of organs at risk (OARs) in high dose rate (HDR) computed tomography (CT)-based brachytherapy (BT) for cervical cancer.
【Method】Twenty-one patients (56 HDR fractions) received CT-based BT for cervical cancer. For all cases, treatment plans (Original Plan) were generated with CT-images (Original CT) after applicator insertion. Additional CT-images (After CT) were acquired immediately after HDR BT fraction. We generated the virtual treatment plans (After Plan) using After CT, and the dose distribution was created with the same source position as that of the Original Plan. In the present study, we investigated the intra-fractional dose variation of OARs (rectum and bladder) by comparing the dose volume histogram (DVH) parameters (D2cc, D1cc, and D0.1cc) between the Original Plan and After Plan. Furthermore, we analyzed whether the intra-fractional dose variation has a correlation with the intra-fractional volume variation of OARs or the time from planning to irradiation.
【Result】The dose differences (mean ± SD) of D2cc, D1cc, and D0.1cc for rectum were -0.03 ± 0.50, -0.06 ± 0.57, and -0.19 ± 0.81 Gy, and for bladder were 1.06 ± 0.99, 1.23 ± 1.22, and 1.66 ± 1.95 Gy, respectively. No statistically significant difference was observed for rectum; however, a significant difference was seen in all DVH parameters for bladder (p < 0.05). The volume variation of OARs had a significant correlation with the dose variation of all DVH parameters for rectum and bladder. On the other hand, no significant correlation was found between the dose variation of all DVH parameters and the time from planning to irradiation.
【Conclusion】In the CT-based BT, the dose distribution at the planning stage can be different from the dose distribution after irradiation. Intra-fractional volume variation of OARs affects the dose distribution; however, the time from planning to irradiation does not affect the dose variation.
(1938 characters)

【Clinical relevance/application】The dose distribution of OARs differs between the planning stage and application, which may affect treatment outcomes and adverse events..
8. 松川 英明, 佐々木智成,笠井裕貴, 平山 亮太, 廣瀬 貴章, 福永 淳一, 子宮頸癌小線源治療における線量評価点(B点)との解剖学的位置とDVHに関する研究, 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会, 2017.11, 【目的】子宮頸癌小線源治療では、従来透視画像下でManchester法に準じてA点、B点などの線量評価点が用いられてきた。現在ではCTを用いた画像誘導小線源治療で、CTVやOARに対してDVHで線量評価が可能である。B点は解剖学的構造に関係なく体軸を基準として幾何学的に定義されており、必ずしも実際の骨盤リンパ節領域の線量を反映していないとも言われている。また、透視画像を用いた従来の治療計画では装置の制約上、子宮軸を用いて簡易的に擬似B点を設定することが多い。そこで本研究では、B点と擬似B点の解剖学的位置の解析、B点線量とリンパ節領域の線量との相関解析を行う。【方法】対象は2014年9月から2016年1月に九州大学病院で高線量率腔内照射を実施した子宮頸癌患者20例で、初回治療計画CT上に体軸を基準とするB点と子宮軸を基準とする擬似B点を設定した。そして、CT画像上で閉鎖節、外腸骨節、内腸骨節の3つのリンパ節領域を輪郭抽出し、B点と擬似B点の位置を解析した。また、各リンパ節領域のDVHから、それぞれのD100、D90、D50、D2cc、D1cc、D0.1ccとB点線量の相関解析を行った。【結果】解剖学的位置の解析では、リンパ節領域内に存在するB点が72.5%、擬似B点が47.5%だった。相関解析では、全体的に相関係数は高い値を示さず、閉鎖節のD2cc、内腸骨節のD1cc、D0.1cc以外でB点線量と有意差が見られた。【結語】擬似B点は解剖学的にリンパ節領域外にある頻度が高く、B点線量は正確にリンパ節領域の線量を反映しているとはいえない。.
9. 笠井 裕貴,村山 鈴奈,松川英明,福山 幸秀,寺嶋 廣美,川村 慎二,佐々木 智成, TomoDirectを用いた全身照射(TBI)における門数と評価指標に関する検討, 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会, 2017.11, 【目的】TomoTherapyを用いた全身照射(TBI)は現在一般に用いられているリニアックによるlong SSD法などの手法に比べて簡便であり、線量分布も優れている。TomoTherapyにはTomoHelicalとTomoDirectの2種類の照射モードがあり、TomoDirectはガントリを固定して最大12門の固定多門照射を行うモードである。本研究はTomoDirectを用いた全身照射における門数と種々の評価指標の関係について基礎的検討を行うことを目的とする。【方法】2015年6月-2016年6月に原三信病院においてTomoHelicalで4 Gy/2 FrのTBIを行った13症例について2-12門のTomoDirectの治療計画を作成し、以下の評価指標(D98、D2、D50、HI(Homogenity Index))について各門数間で比較を行った。またTomoHelicalの治療計画を全例同一のパラメータで作成し、TomoDirectの各門数による計画との比較を行った。【結果】各門数間の比較では、門数を10門以上に増やしても評価指標に有意な改善は見られなかった。TomoHelicalとの比較では、D98では6門以上、HIでは8門以上を用いることで有意な改善が見られた。D2では有意な改善は見られなかったが、6門以上で有意差は見られなかった。【結語】TomoDirectを用いたTBIは、門数を10門以上に増やしても各評価指標に有意な改善は見られない。また、TomoHelicalと比較してD2を除く評価指標は有意に優れている。D2に関しても、6門以上で有意差は見られない。.
10. 林 稔展(九州医療センター)音瀬 穂子(九州大学病院)大浦 弘樹(九州医療センター)佐々木智成(九州大学), チーム医療セッション 事例を通して考えるチーム医療
, 第57回日本肺癌学会学術集会, 2016.12.
11. 佐々木智成, シンポジウム11  cIIIA期N2非小細胞肺癌に対する治療戦略
放射線科医の立場から
, 第57回日本肺癌学会学術集会, 2016.12.
12. 佐々木智成, 肺がん診療Up to Date, 第25回放射線腫瘍学夏季セミナー, 2016.08.
13. 佐々木智成, Progress of clinical research on the combination of radiotherapy and targeted therapy, 第75回日本医学放射線学会総会, 2016.04, Genes and signaling pathways involved in division and proliferation of cancer cells have been elucidated, and molecular targeting drugs acting on them have been developed one after another, recently. Since the 2000s, clinical studies show the effectiveness of targeted agents, and some of which have been used in daily practice. Various kinds of molecular targeted drugs in the treatment of cancer (EGFR receptor, monoclonal antibodies, tyrosine kinase inhibitors, angiogenesis inhibitors) have been developed so far, and have made progress in many clinical trials. The combination of radiotherapy and these targeted therapy is considered one of the most important treatment options for the development of newer therapeutic strategies for several malignancies. However, there is no clinical evidence that are superior to combination with cytotoxic anticancer agents.  In this symposium, the results of the clinical trials so far will be reviewed for drug of choice, the identification of a beneficial population, drug combination of timing, and adverse events, and I would like to discuss the therapeutic strategies in the future..
14. 佐々木智成, Progress of clinical research on the combination of radiotherapy and targeted therapy for lung cancer, 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015.07.
15. 佐々木智成 中村和正、大賀才路、山口俊博、吉武忠正、浅井佳央里、松本圭司、稲盛真人、大嶋かおり、平峯慶子、本田 浩, Treatment outcome of hypofractionated radiation therapy for patients with T1-2N0M0 lung cancer, 第74回日本医学放射線学会総会, 2015.04.
16. 佐々木智成, シンポジウム11 切除可能N2肺癌
N2切除可能非小細胞肺癌に対する化学放射線療法の可能性(WJOG5008Lより)
, 第55回日本肺癌学会学術集会, 2014.11.
17. 佐々木智成, チーム医療推進プログラム:よくわかる肺がん診療“放射線治療”, 第55回日本肺癌学会学術集会, 2014.11.
18. Tomonari Sasaki, Katsumasa Nakamura, Saiji Ohga, Tadamasa Yoshitake, Kotaro Terashima, Kaori Asai, Keiji Matsumoto, Hideki Hirata, Hiroshi Honda, Clinical results of stereotactic radiotherapy for patients with choroidal melanoma using CyberKnife® ( Accuray Inc., Sunnyvale, California) system , ESTRO33, 2014.04.
19. 佐々木智成, シンポジウム:肺癌の集学的治療 テーマ1:「N2リンパ節転移の治療選択」, 第54回日本肺癌学会九州支部学術集会, 2014.02.
20. Tomonari Sasaki, Katsumasa Nakamura, Yoshiyuki Shioyama, Saiji Ohga, Tadamasa Yoshitake, Makoto Shonoto, Kotaro Terashima, Kaori Asai, Keiji Matsumoto, Hideki Hirata, Hiroshi Honda, Clinical results of salvage radiation therapy after radical prostatectomy for patients with prostate cancer, RSNA2013, 2013.12.
21. 佐々木智成, リフレッシャーコース 高精度放射線治療, 第49回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2013.10.
22. 佐々木智成,中村和正,塩山善之,大賀才路,吉武忠正、篠籐 誠、平田秀紀、内藤 誠二、本田 浩, 前立腺癌術後再発に対する救済放射線治療成績, 第72回日本医学放射線学会総会, 2013.04.
23. 佐々木智成, 肺癌up to date 肺癌診療ガイドラインを基本に, 第21回放射線腫瘍学夏季セミナー, 2012.08.
24. 佐々木智成, 放射線治療最前線 ASTRO2012より (前立腺), JCRウィンターセミナー, 2012.01.
25. 佐々木智成,中村和正,塩山善之,大賀才路,平田秀紀,阿部円香,杉尾賢二,一瀬幸人,上原 智,本田 浩, 局所進行非小細胞肺癌に対する術前化学放射線療法の効果, 日本放射線腫瘍学会, 2011.11, 【目的】局所進行非小細胞肺癌に対するCDDP・TS-1併用術前化学放射線療法の効果を解析する.【方法】対象は2005年~2010年に九州がんセンターにて局所進行非小細胞肺癌症例に対してCDDP・TS-1併用の術前化学放射線療法が施行された42例.患者背景は男/女=35/7,年齢42-77歳(中央値61歳),臨床病期IIb/IIIa/IIIb/IV= 2/23/14/3,組織型:扁平上皮癌/腺癌/大細胞癌/他=11/3/21/7,放射線治療は通常分割照射で総線量40-60Gy(中央値40Gy)が照射された.化学療法はCDDPとTS-1を3週毎に2コース投与した.28例で術後化学療法が施行された.Kaplan-Meier法にて生存率を解析し,ダウンステージ率、生存率、術後合併症頻度、病理学的治療効果及びそれと予後の関係などを検討した.【成績】術後病理所見では28例(67%)にダウンステージが得られた.観察期間の中央値は21ヶ月,4年での全生存率は61.7%,無病生存率は49.2%.Ef3が得られた10例の4年生存100%に対してEf1-2の症例では55.1%.術後再発を来した17例中,16例に遠隔転移を認めた.肺葉切除が施行された症例と肺全摘が施行された症例とでは全生存率に有意差はなかった. 5例でグレード3以上の術後合併症を認めた.【結論】CDDP・TS-1併用術前化学放射線療法は局所進行非小細胞肺癌に対して有効である..
26. Tomonari Sasaki, Satoru Uehara, Madoka Abe, Yoshiyuki Shioyama, Katsumasa Nakamura, Kenji Sugio, Yukito Ichinose, Hideki Hirata, Hiroshi Honda., Treatment efficacy of preoperative chemoradiotherapy for patients with locally advanced non-small cell lung cancer, American Society of Radiation Oncology, 2011.10, Object: To investigate the therapeutic effectiveness of preoperative chemoradiotherapy with TS-1 which is composed of tegafur (5-FU prodrug), 5-chloro-2, 4-dihydroxypyridine (CDHP: inhibitor dihydroxy pyrimidine dehydroxygenase) and potassium oxonate (inhibitor of phosphoribosyl transferase) plus ciplatin, followed by surgery in patients with locally advanced non-small cell lung cancer.
Material and Methods; From 2005 to 2010, 42 patients staged IIb-IV (UICC 1997) have been treated with concomitant chemoradiotherapy, followed by surgery. Patients characteristics are as follows; male/female= 35/7, median age: 61 years (range: 42-77), clinical stage IIb/IIIa/IIIb/IV= 2/23/14/3, Histology: squamous cell carcinoma/adenocarcinoma/large cell carcinoma/others=11/3/21/7. Three patients had distant metastases (brain or adrenal glands) which were well controlled by surgery or gamma knife treatment. Chemotherapy consisted of cisplatin (60 mg/m² on day 1) and TS-1 (orally at 40 mg/m²/dose b.i.d., on days 1-14) repeated every 3 weeks for 2 cycles. Beginning on day 1, radiotherapy was started and delivered to the primary tumor and hilar and /or mediastinal lymph nodes. Total dose was 40-60 Gy (median: 40Gy) with conventional fraction size 2 Gy. The median treatment period of chemoradiotherapy was 29 days, and the median interval between end of chemoradiotherapy and surgery was 27 days. Twenty-eight patients received adjuvant chemotherapy after surgery.
.
27. 佐々木智成,阿部円香,大浦弘樹,上原 智,坂口善久,藤 也寸志,岡村 健,塩山善之,本田 浩, N0食道癌に対する局所放射線治療後の再発形式の検討, 日本放射線腫瘍学会, 2010.11.
28. 佐々木智成,松本圭司,大浦弘樹,坂口善久,藤也寸志,岡村健, 食道扁平上皮癌T4症例に対する放射線治療成績, 九州食道癌合併療法談話会.
29. 佐々木智成,松本圭司,大浦弘樹, 九州がんセンターにおける体幹部定位照射の現況, 九州放射線治療セミナ−.
30. 佐々木智成,松本圭司,大浦弘樹,檜垣雄一郎,塩山善之,大賀才路, 上咽頭癌に対する放射線治療成績, 日本放射線腫瘍学会.
31. 佐々木智成,阿部円香,大浦弘樹,上原 智, 肺癌に対する体幹部定位放射線治療後に放射線肺臓炎にて死亡した1例, 九州放射線治療セミナー.
学会活動
所属学会名
国際肺癌学会
日本癌治療学会
日本肺癌学会
日本医学放射線学会
日本放射線腫瘍学会
学協会役員等への就任
2012.11~2016.08, 日本医学放射線学会, 評議員.
2008.11, 日本放射線腫瘍学会, 評議員.
2008.04~2016.08, 日本放射線腫瘍学研究機構, プロトコール審査委員.
2007.08, 九州放射線治療セミナー, 世話人.
2007.04, 西日本がん研究機構, 運営委員.
2007.04~2011.03, 九州がん懇話会, 世話人.
2008.04, 九州肺がん研究機構, 運営委員.
2012.05~2013.04, 第72回日本医学放射線学会総会, 運営委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2020.10.04~2020.10.06, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, プログラム委員.
2019.11.21~2019.11.23, 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, プログラム委員.
2019.04.11~2019.04.14, 第79回日本医学放射線学会総会, プログラム委員.
2018.10.11~2018.10.13, 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, プログラム委員.
2018.04.11~2019.04.14, 第78回日本医学放射線学会総会, プログラム委員.
2017.11.17~2017.11.19, 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会, プログラム委員.
2016.11.25~2016.11.27, 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会, プログラム委員.
2016.11.25~2016.11.27, 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会, 座長(Chairmanship).
2015.11.19~2015.11.21, 日本放射線腫瘍学会第28回学術大会, プログラム委員.
2015.11.19~2015.11.21, 日本放射線腫瘍学会第28回学術大会, 座長(Chairmanship).
2014.12.11~2014.12.13, 日本放射線腫瘍学会第27回学術大会, プログラム委員.
2013.10.18~2013.10.20, 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会, プログラム委員.
2013.04.11~2013.04.14, 第72回日本医学放射線学会総会, 実行委員.
2012.11.23~2012.11.25, 日本放射線腫瘍学会第25回学術大会, プログラム委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.06~2019.05, Japanese Journal of Radiology, 国内, 査読委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度      
2017年度      
2016年度      
2014年度      
2013年度      
2008年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
American Society of Therapeutic Radiation Oncology, UnitedStatesofAmerica, 2019.09~2019.09.
Chulalongkorn University, Mahidol University, Thailand, 2018.03~2018.03.
Asia-Oceania Congress of Medical Physics, Malaysia, 2018.11~2018.11.
European Society for Radiotherapy and Oncology, Austria, 2014.04~2014.04.
Radiological Society of North America, UnitedStatesofAmerica, 2013.12~2013.12.
Radiation Therapy Oncology Group, UnitedStatesofAmerica, 2011.01~2011.01.
American Society of Therapeutic Radiation Oncology, UnitedStatesofAmerica, 2011.10~2011.10.
American Society of Therapeutic Radiation Oncology, UnitedStatesofAmerica, 2005.10~2005.10.
受賞
WJOG賞, 西日本がん研究機構, 2010.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, I期非小細胞肺がんに対するTS-1併用体幹部定位放射線治療の認容性試験.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 分担, 近似症例検索エンジンを用いた放射線治療計画支援システムの開発.
2014年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 超高速三次元計測小型カメラによる高精度放射線治療位置認識システムの開発.
2012年度~2014年度, 基盤研究(C), 代表, 根治的放射線治療後再発食道癌に対する高精度放射線治療技術を用いた臨床試験.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2011年度~2013年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 高精度放射線治療システムの実態調査と臨床評価に関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」