九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
納冨 昭弘(のうとみ あきひろ) データ更新日:2022.05.28

准教授 /  医学研究院 保健学部門 医用量子線科学


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
従来から開発してきた、長尺シンチレーションファィバー検出器を用いた線量位置分布測定システムを福島県内の原発事故被災地に持ち込み、放射性物質の表面汚染分布測定が迅速に可能であることを実証した。この成果をもとに、日本原子力開発機構は、表面放射能汚染分布測定システム「ガンマプロッター」の開発と商品化を決定した。
一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2019.02, 「放射線安全のための大学間連携放射線計測専門家・教育者育成プログラム」, 原子力規制庁人材育成事業, 九州大学・馬出キャンパス・アイソトープセンター.

2018.09, 「放射線安全のための大学間連携放射線計測専門家・教育者育成プログラム」, 原子力規制庁人材育成事業, 九州大学・馬出キャンパス・アイソトープセンター.

2018.02, 「放射線安全のための大学間連携放射線計測専門家・教育者育成プログラム」, 原子力規制庁人材育成事業, 九州大学・馬出キャンパス・アイソトープセンター.

2017.09, 「放射線安全のための大学間連携放射線計測専門家・教育者育成プログラム」, 原子力規制庁人材育成事業, 九州大学・馬出キャンパス・アイソトープセンター.

2017.03, 「放射線安全のための大学間連携放射線計測専門家・教育者育成プログラム」, 原子力規制庁人材育成事業, 九州大学・馬出キャンパス・アイソトープセンター.

2012.08, 従来から開発してきた、長尺シンチレーションファィバー検出器を用いた線量位置分布測定システムを福島県内の原発事故被災地に持ち込み、放射性物質の表面汚染分布測定が迅速に可能であることを実証した。, 九州大学、近畿大学、日本原子力開発機構, 福島県 福島市、伊達市、南相馬市、川俣町.

2012.09, 「『放射線』を考えるヒント」 講演, 九州大学医学部保健学科, コラボステーションⅠ.

初等・中等教育への貢献状況
2011.10, 出前授業, 佐世保北高等学校.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2019.04~2021.03, 広報委員会委員.

2018.04~2019.03, 地域国際・FD委員会.

2017.04~2018.03, 施設環境委員会.

2016.04~2017.03, 教務委員.

2015.04~2016.03, 教務委員.

2014.04~2016.03, 倫理審査委員会委員.

2013.04~2014.03, 学生委員会委員、広報委員会委員.

2012.04~2013.03, 地域国際連携推進委員会・FD委員会.

2011.04~2012.03, 地域国際連携委員会委員.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」