九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
松本 琢磨(まつもとたくま) データ更新日:2021.09.03

学術研究員 /  理学研究院


主な研究テーマ
原子核反応の理論的研究および少数系の構造の精密計算による研究
キーワード:不安定核、反応、少数多体系、理論
2011.09.
研究業績
主要原著論文
1. Takuma Matsumoto, Masanobu Yahiro, Antihalo effects on reaction cross sections for 14,15,16C isotopes, Physical Review C90, 041602, 2014.10, We study antihalo effects on reaction cross sections σR for C14,15,16 scattering from a C12 target at 83 MeV/nucleon, using the g-matrix double-folding model. C15 is described by the 14C+n two-body model that reproduces the measured large s-wave spectroscopic factor, i.e., the shell inversion that the 1s1/2 orbital is lower than the 0d5/2 orbital in energy. C16 is described by the 14C+n+n three-body model with the phenomenological three-body force (3BF) that explains the measured small s-wave spectroscopic factor. The 3BF allows the single-particle energies of the 14C+n subsystem to depend on the position r of the second neutron from the center of mass of the subsystem. The 1s1/2 orbital is lower than the 0d5/2 orbital for large r, but the shell inversion is restored for small r. Antihalo effects due to the “partial shell inversion” make σR for C16 smaller than that for C15. We also investigate projectile breakup effects on the mass-number dependence of σR with the continuum-discretized coupled-channel method..
2. T. Matsumoto, D. Ichinkhorloo, Y. Hirabayashi, S. Chiba and K. Kato, Systematic description of the 6Li(n,n')6Li* -> d + alpha reactions with the microscopic coupled-channels method, Phys. Rev. C83, 064611, 2011.06.
3. T. Matsumoto, K. Kato, and M. Yahiro, New description of the four-body breakup reactions, Physical Review C82, 051602, 2010.11.
4. Takuma Matsumoto, Tomoaki Egami, Kazuyuki Ogata, and Masanobu Yahiro, Smoothing Method of Discrete Breakup S-Matrix Elements in the Theory of Continuum-Discretized Coupled Channels, Progress of Theoretical Physics Vol. 121, No. 4 (2009), pp. 885-894, 2009.04, We present a practical way of smoothing discrete breakup $S$-matrix elements
calculated by the continuum-discretized coupled-channel method
(CDCC). This method makes the smoothing procedure much easier.
The reliability of the smoothing method is
confirmed for two three-body breakup reactions,
$^{58}$Ni($d,pn$) at 80~MeV and
$^{12}$C($^6$He,$^4$He$^2n$) at 229.8~MeV..
5. T. Matsumoto, T. Egami, K. Ogata, Y. Iseri, M. Kamimura, and M. Yahiro, Coulomb breakup effects on the elastic cross section of 6He+209Bi scattering near Coulomb barrier energies, Physical Review C 73, 051602, 2006.05.
6. T. Matsumoto, E. Hiyama, K. Ogata, Y. Iseri, M. Kamimura, S. Chiba, and M. Yahiro, Continuum-discretized coupled-channels method for four-body nuclear breakup in 6He+12C scattering, Physical Review C 70, 061601, 2004.12.
7. T. Matsumoto, T. Kamizato, K. Ogata, Y. Iseri, E. Hiyama, M. Kamimura, and M. Yahiro, New treatment of breakup continuum in the method of continuum discretized coupled channels, Physical Review C 68, 064607, 10.1103/PhysRevC.68.064607, 68, 6, 2003.02.
主要学会発表等
1. Shoya Ogawa, Takuma Matsumoto, Study on the 2+" resonance in 6He via analysis of 6He(p,p') reactions, Yamada Conference LXXII: The 8th Asia-Pacific conference on Few-Body problems in Physics (APFB2020), 2021.03.
2. Takuma Matsumoto, Study of resonances via CDCC analysis with the complex-scaling method, Yamada Conference LXXII: The 8th Asia-Pacific conference on Few-Body problems in Physics (APFB2020), 2021.03.
3. 小川 翔也、松本 琢磨, 分解反応による6He共鳴状態の構造解析, 日本物理学会第76回年次大会, 2021.03.
4. 渡邉慎, 緒方一介, 松本琢磨 , 多チャネル分解反応における正確な連続状態と離散化した連続状態, 日本物理学会第76回年次大会, 2021.03.
5. Jagjit Singh, Takuma Matsumoto, Tokuro Fukui, Kazuyuki Ogata, Four-body CDCC calculation of 9C breakup, 日本物理学会第76回年次大会, 2021.03.
6. 小川 翔也、松本 琢磨, 6He(p,p')反応を通した共鳴状態の解析
, 原子核における多様な共鳴現象とそれを探る核反応機構, 2021.01.
7. 松本 琢磨、田中 純貴、緒方 一介, CDCC解析による11LiのBorromean Feshbach共鳴の研究
, 原子核における多様な共鳴現象とそれを探る核反応機構, 2021.01.
8. 松本 琢磨, 山田 悠真, 小川 翔也, 12C(α,α')反応解析による共鳴・非共鳴状態の効果の研究, 日本物理学会2020年秋季大会, 2020.09.
9. 小川 翔也、松本 琢磨, 6He(p,p')反応解析を通した6Heの共鳴状態2+2に関する研究, 日本物理学会2020年秋季大会, 2020.09.
10. Jagjit Singh, Takuma Matsumoto, Kazuyuki Ogata, Systematic study on the breakup of the weakly-bound projectiles on heavy target using the CDCC method - II, 日本物理学会2020年秋季大会, 2020.09.
11. 青木 宏平、小川 翔也、松本 琢磨, 共鳴エネルギーと遷移スペクトルの関係性についての研究, 日本物理学会第75回年次大会, 2020.03.
12. 小川 翔也、松本 琢磨, 6He+p反応を通した共鳴状態による断面積への影響の解析, 日本物理学会第75回年次大会, 2020.03.
13. 松本 琢磨, Study of resonances via CDCC analyses of (p,p′) and (α,α′) reactions, RCNP "Workshop on RI-beam Spectroscopy by Innovative Gaseous Active Targets" Program, 2019.12.
14. 小川 翔也, 松本 琢磨, Analysis of resonances in 6He via 6He(p,p′) reactions, RCNP "Workshop on RI-beam Spectroscopy by Innovative Gaseous Active Targets" Program, 2019.12.
15. 小川 翔也、松本 琢磨, 6He+p反応を通した共鳴状態の解析, 理研九大ジョイントワークショップ, 2019.12.
16. 松本 琢磨, Application of CDCC to many-body breakup reaction, 2019 Symposium on Nuclear Data 2019年度核データ研究会, 2019.11.
17. 小川 翔也、松本 琢磨, 6He+p反応を通した共鳴状態の微視的解析, 第125回日本物理学会九州支部例会, 2019.11.
18. 松本 琢磨, 山田 悠真, 小川 翔也, 12C散乱のエネルギースペクトルと共鳴位置の研究, 日本物理学会2019年秋季大会, 2019.09.
19. 小川 翔也, 豊川 将一, 松本 琢磨, 6He+p反応における共鳴状態の微視的解析, 日本物理学会2019年秋季大会, 2019.09.
20. 小川 翔也, 豊川 将一, 松本 琢磨, 微視的反応模型に基づく6He共鳴状態の解析, 原子核三者若手夏の学校, 2019.08.
21. 松本 琢磨, 山田 悠真, 12C共鳴・非共鳴状態を含む微視的反応解析, 第74回日本物理学会, 2019.03.
22. 小川 翔也, 松本 琢磨, 6He分解反応のおける微視的光学ポテンシャルとその応用, 第74回日本物理学会, 2019.03.
23. 小川 翔也, 松本 琢磨, 入射核分解効果を考慮した微視的光学ポテンシャルの6He入射反応への応用, 第124回日本物理学会九州支部例会, 2018.12.
24. 青木 宏平, 松本 琢磨, 複素スケーリング法によるS行列の極と連続準位密度の関係, 第124回日本物理学会九州支部例会, 2018.12.
25. 徳永 航, 松本 琢磨, 量子散乱における仮想状態と共鳴状態の探索, 第124回日本物理学会九州支部例会, 2018.12.
26. 山田 悠真, 松本 琢磨, 12C散乱における12Cの共鳴状態の解析, 第124回日本物理学会九州支部例会, 2018.12.
27. 小川 翔也, 松本 琢磨, 入射核分解効果を含む微視的光学ポテンシャルの構築, 理研ー九大ワークショップ -- 素粒子・原子核から宇宙へ -, 2018.11.
28. 松本 琢磨, 11Li(p,p')反応解析による11Li共鳴状態の研究, Threshold Rule 50, 2018.10.
29. 山田 悠真, 松本 琢磨, 12C散乱による12Cの共鳴状態の研究, Threshold Rule 50, 2018.10.
30. 小川 翔也, 松本 琢磨, Microscopic analysis based on g-matrix folding model for reactions involving unstable nuclei, The Fifth Joint Meeting of the Nuclear Physics Divisions of APS and JPS, 2018.10.
31. 山田 悠真, 松本 琢磨, The study of resonant states in 12C via 12C+nucleon scattering, The 17th CNS International Summer School (CNSSS18), 2018.08, [URL].
32. 小川 翔也, 松本 琢磨, Microscopic optical potentials including breakup effects for unstable nucleus scattering, The 17th CNS International Summer School (CNSSS18), 2018.08, [URL].
33. T. Matsumoto, J. Tanaka, K. Ogata, Borromean Feshbach resonance in 11Li studied via 11Li(p,p'), DREB2018 -- 10th International Conference on Direct Reactions with Exotic Beams, 2018.06, [URL], 中性子ドリップライン近傍の原子核は、過剰中性子がコアとなる原子核の周り
に薄く中性子の層をもつハロー構造など安定核には見られない構造が発見され
理論実験の両面から研究が進められている。このハロー構造は11Li原子核に
よって発見され、9Li核に2つの中性子が薄く広がった2中性子ハロー核であり、
さらにその部分系(9Li-n, n-n)が束縛しないボロミアン構造を持つことなどが
知られている。一方でその励起状態となる共鳴状態については、その存在自体
が不明で、実験と理論の両面から議論され未だ解決していない問題である。

実験的に原子核の共鳴状態は、(p,p')、(alpha,alpha')や分解反応における
エネルギースペクトルに幅を持ったピークとして観測される。最近TRIUMFで
測定された11Li(p,p')反応の断面積に低励起エネルギー領域のピークが観測
された。このピークは陽子標的との核力による励起であり、これまで観測
されていたクーロン分解による電磁遷移とは異なり、11Liの励起共鳴状態
の存在を示唆していると考えられる。

本研究では、11Li(p,p')反応を離散化チャネル結合法(CDCC)により解析
することで、11Li低励起共鳴状態について議論する。解析では11Liを9Li+n+n
の三体模型で記述し、共鳴状態については複素スケーリング法により求め、
その構造について明かにした。.
34. T. Matsumoto, J. Tanaka, K. Ogata, Borromean Feshbach resonance in 11Li studied via 11Li(p,p'), International workshop on Hadron and Nuclear Physics 2017, 2017.12, [URL].
35. 松本琢磨, 緒方一介, 田中純貴, 11Li(p,p')反応の微視的反応理論解析による11Li共鳴状態の新奇性の研究, 物理学会2017年秋季大会, 2017.09.
36. 松本琢磨, 緒方一介, 田中純貴, 中性子過剰核の共鳴励起状態とそのクラスター的性質, 核子・ストレ ンジネス多体系におけるクラター現象, 2017.08.
37. 松本琢磨, 中性子過剰核におけḂ励起共鳴状態及び励起モードの研究に向けて, RIBF理論若手放談会:エキゾチック核物理の広がḁ, 2017.07.
38. 松本琢磨, 中性子剥離反応、分解反応によるハロー構造の研究, クラスター・平均場の両側面からみる原子核構造の多様性とそのダイナミクス, 2017.01.
39. 松本琢磨, CDCC study of halo nuclei via reaction and neutron removal cross section, First Tsukuba-CCS-RIKEN joint workshop on microscopic theories of nuclear structure and dynamics, 2016.12.
40. 松本琢磨, 渡邊慎, 豊川将一, 八尋正信, core+n+n 模型による中性子剥離断面積の計算, 日本物理学会 2016 秋季大会, 2016.09.
41. T. Matsumoto, S. Watababe, T. Toyokawa, and M. Yahiro, Study of halo nature via reaction and neutron removal cross sections, International Nuclear Physics Conference (INPC) 2016, 2016.08.
42. 松本 琢磨, Study on breakup mechanism of unstable nuclei with CDCC, 14th international conference on nuclear reaction mechanisms, 2016.06.
43. T. Matsumoto, S. Watababe, T. Toyokawa, and M. Yahiro, Study of one- and two-neutron removal reactions with core + n + n model, Direct Reactions with Exotic Beams (DREB) 2016, 2016.06.
44. 松本 琢磨, 緒方 一介, 八尋 正信, 蓑茂工将, Recent Development of CDCC, Progress in and beyond Theoretical Nuclear Physics Laboratory, 2016.03.
45. 松本 琢磨, 4体分解反応・連続状態の分類, 原子核・ハドロン物理の課題と将来, 2015.11.
46. 松本 琢磨, 八尋 正信, 反応断面積偶奇性と中性子ハロー核構造の関係, 日本物理学会第70回年次大会, 2015.03.
47. 松本 琢磨, Systematic analysis of nuclear reaction involving unstable nuclei with few-body model, International Molecule-type workshop Structure and reaction of light exotic nuclei, 2015.01.
48. 松本 琢磨, 緒方 一介, 八尋 正信, 蓑茂工将, 渡邉慎, 佐々部悟, Systematic analyses of one- and two-neutron removal cross sections with eikonal reaction theory, DREB2014-Direct Reactions with Exotic Beams, 2014.07.
49. 松本 琢磨, 緒方 一介, 八尋 正信, 蓑茂工将, 渡邉慎, Systematical analysis of three- and four-body breakup reactions with CDCC, WORKSHOP ON BREAKUP REACTIONS AND RELATED TOPICS, 2014.07.
50. 松本 琢磨, 佐々部悟, 蓑茂工将, 古立 直也, 緒方 一介, 八尋 正信, Systematic Analysis for Distribution of Extra Neutrons and Core in Halo Nucleus, The 2nd Conference on "Advances in Radioactive Isotope Science (ARIS2014)", 2014.06.
51. 松本 琢磨, 緒方 一介, 八尋 正信, 蓑茂工将, 渡邉慎, 佐々部悟, CDCC Studies on Cluster Physics, 3rd International Workshop on “State of the Art in Nuclear Cluster Physics”, 2014.05.
52. 松本 琢磨, 蓑茂 工将, 緒方 一介, 八尋 正信, アイコナール反応理論による中性子剥離反応断面積の計算, 日本物理学会2013年秋季大会, 2013.09.
53. 松本 琢磨, 4体CDCC法における離散的分解断面積の連続化とその応用, RCNP/九大研究会「ハドロン物理と原子核物理のクロスオーバー」, 2013.09.
54. 松本 琢磨, 蓑茂 工将, 緒方 一介, 八尋 正信, 不安定核における1および2中性子剥離断面積の計算, 日本物理学会 第68回年次大会, 2013.03.
55. 松本 琢磨, CDCCとCSMによる中性子剥離反応解析について, 理研ミニワークショップ「原子核クラスター構造、反応研究における戦略ミーティング」, 2012.11.
56. 松本 琢磨, 蓑茂 工将, 緒方 一介, 八尋 正信, Calculation of one- and two-neutron removal cross section for neutron rich nuclei, 日本物理学会 2012年秋季大会, 2012.09.
57. 松本 琢磨, 蓑茂 工将, 緒方 一介, 八尋 正信, 加藤 幾芳, Four-body CDCC analysis for breakup reactions of three-body projectiles, The 20th International IUPAP Conference on Few-Body Problems in Physics (FB20), 2012.08.
58. 松本 琢磨, 蓑茂 工将, 緒方 一介, 八尋 正信, 加藤 幾芳, CDCC analysis for breakup of three body projectiles, 13th International Conference on Nuclear Reaction Mechanisms, 2012.06.
59. T. Matsumoto, K. Minomo, K. Ogata, K. Kato, and M. Yahiro, Systematic Analyses of Breakup Reactions Involving Light Neutron-rich Nuclei, Direct Reactions with Exotic Beams (DREB2012), 2012.03.
60. T. MATSUMOTO, K. MINOMO, K. OGATA, M. YAHIRO, AND K. KATO, Systematic analyses for nuclear and Coulomb breakup reactions of light unstable nuclei, 2011.10.
61. 松本琢磨, 蓑茂工将, 緒方一介, 八尋正信, 加藤幾芳, 6He+12C, 208Pb反応のCDCC解析, 日本物理学会 2011年秋季大会, 2011.09.
62. 松本 琢磨, 6Li(n,n')反応のCDCC解析, RCNPでの核データ研究戦略検討会, 2011.06.
63. T. Matsumoto, Systematic analyses of three-body and four-body breakup reactions, GCOE International Summer School: Hadrons and Nuclei under Extreme Conditions (HANEC10), 2010.09.
64. T. Matsumoto, M. Yahiro, and K. Kato, Calculation of breakup cross section for four-body breakup reaction systems, Frontiers of Researches in Exotic Nuclear structures, 2010.03.
学会活動
所属学会名
日本原子力学会
日本物理学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2021.03.01~2021.03.01, Yamada Conference LXXII: The 8th Asia-Pacific Conference on Few-Body Problems in Physics, その他.
2021.01.18~2021.01.20, RCNP研究会「原子核における多様な共鳴現象とそれを探る核反応機構」, その他.
2019.11.29~2019.11.29, 第125回日本物理学会九州支部例会, その他.
2019.09.18~2019.09.18, 日本物理学会2019年秋季大会, その他.
2019.02.18~2019.02.20, 第2回RIBF若手放談会:エキゾチック核物理の将来, その他.
2018.12.09~2018.12.12, Second Tsukuba-CCS (-RIKEN joint) workshop on microscopic theories of nuclear structure and dynamics, その他.
2018.12.08~2018.12.08, 第124回日本物理学会九州支部例会, その他.
2018.06.03~2018.06.08, The 10th international conference on Direct Reactions with Exotic Beams (DREB2018), その他.
2018.03.22~2018.03.25, 日本物理学会第73回年次大会, その他.
2018.03.16~2018.03.16, これまでの原子核物理学の潮流と今後の展望, その他.
2018.03.16~2018.03.16, これまでの原子核物理学の潮流と今後の展望, その他.
2017.12.09~2017.12.09, 第123回日本物理学会九州支部例会, その他.
2017.07.31~2017.08.02, RIBF理論若手放談会:エキゾチック核物理の広がり, その他.
2016.12.10~2016.12.10, 第122回日本物理学会九州支部例会, その他.
2016.09.21~2016.09.24, 日本物理学 2016年秋季大会, その他.
2015.03.09~2015.03.10, 九大研究会 -中性子過剰領域における弱束縛系の物理-, その他.
2015.03.08~2015.03.09, 九大研究会 -中性子過剰領域における弱束縛系の物理-, その他.
2014.12.06~2014.12.06, 第120回日本物理学会九州支部例会, その他.
2014.03.05~2014.03.05, 九大分野横断型研究会 -クォーク・原子核・中性子星を俯瞰する-, その他.
2014.03.05~2014.03.05, 九大分野横断型研究会 -クォーク・原子核・中性子星を俯瞰する-, その他.
2014.03.04~2014.03.04, 第8回RIBF討論会「直接反応で探る状態方程式」, その他.
2014.03.04~2014.03.04, 第8回RIBF討論会「直接反応で探る状態方程式」, その他.
2013.11.30~2013.11.30, 第119回日本物理学会九州支部例会, その他.
2013.09.04~2013.09.06, RCNP/九大研究会「ハドロン物理と原子核物理のクロスオーバー」, その他.
2013.09.04~2013.09.06, RCNP/九大研究会「ハドロン物理と原子核物理のクロスオーバー」, その他.
2012.12.08~2012.12.08, 第118回日本物理学会九州支部例会, その他.
2012.09.20~2012.09.23, 日本物理学会2013年秋季大会, その他.
2012.08.20~2012.08.25, The 20th International IUPAP Conference on Few-Body Problems in Physics (FB20, その他.
2011.12.03~2011.12.03, 第117回日本物理学会九州支部例会プログラム, その他.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度      
2013年度      
2011年度      
2012年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Universite Libre de Bruxelles, Belgium, 2012.02~2012.02.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, 分解反応精密解析による原子核存在限界近傍での新奇な共鳴状態の解明.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 分担, 非束縛原子核の存在形態と崩壊様式に対する動力学的研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」