九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
田中 充(たなか みつる) データ更新日:2021.09.15



教育活動概要
学部教育 : 分析化学実験、食品分析学実験、分析化学II
担当授業科目
2021年度・冬学期, 分析化学II.

2021年度・後期, 分析化学実験(食糧化学工学分野).

2021年度・前期, 食品分析学実験.

2019年度・前期, 食料化学工学プロジェクト演習.

2020年度・前期, 食料化学工学プロジェクト演習.

2020年度・前期, 食品機能学特論.

2019年度・前期, 食品機能学特論.

2018年度・前期, 食品機能学特論.

2020年度・前期, 科学英語.

2020年度・前期, Food Science.

2020年度・前期, 食品分析学実験.

2020年度・後期, 分析化学実験(食糧化学工学分野).

2019年度・後期, 分析化学実験(食糧化学工学分野).

2019年度・前期, 食品分析学実験.

2019年度・秋学期, 自然科学総合実験(基礎).

2019年度・夏学期, Food science & Biotechnology.

2019年度・前期, Food Science.

2018年度・前期, Food Science.

2018年度・前期, Food science & Biotechnology.

2018年度・後期, 分析化学実験(食糧化学工学分野).

2018年度・前期, 食品分析学実験.

2017年度・前期, 食品分析学実験.

2017年度・後期, 分析化学実験(食糧化学工学分野).

2017年度・秋学期, 自然科学総合実験(基礎).

2017年度・前期, Food science & Biotechnology.

2017年度・前期, Food Science.

2017年度・前期, 食品分析学実験.

2017年度・前期, 食品機能学特論.

2017年度・通年, 食料化学工学プロジェクト演習.

2016年度・通年, 食料化学工学プロジェクト演習.

2016年度・前期, 食品機能学特論.

2016年度・前期, 食品分析学実験.

2016年度・前期, Food Science.

2016年度・前期, Food science & Biotechnology.

2015年度・前期, 食品機能学特論.

2015年度・前期, 食品分析学実験.

2015年度・前期, Food science & Biotechnology.

2015年度・後期, 分析化学実験.

2015年度・通年, 食料化学工学プロジェクト演習.

2015年度・前期, 自然科学総合実験(化学).

2014年度・前期, 食品分析学実験.

2014年度・前期, Food Science.

2014年度・後期, 分析化学実験.

2014年度・通年, 食料化学工学プロジェクト演習.

2014年度・前期, Food science & Biotechnology.

2013年度・通年, 食料化学工学プロジェクト演習.

2013年度・前期, Food science & Biotechnology.

2013年度・前期, 食品分析学実験.

2013年度・前期, Food Science.

2013年度・後期, 分析化学実験.

2012年度・後期, 分析化学実験.

2012年度・前期, 食品分析学実験.

2012年度・前期, Food science & Biotechnology.

2012年度・通年, 食料化学工学プロジェクト演習.

2012年度・前期, コアセミナー.

2011年度・後期, 分析化学実験.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2019.05, 部局, 参加, 優良な博士人材の獲得と育成に向けて  ~農学研究院教授に学ぶ ~.

2012.11, 部局, 参加, JSPSグローバル人材育成推進事業(特色型) ”国際的視野を持ったアグリバイオリーダーの育成” 事業について -九大で農学を英語で学び、海外でアグリバイオを学ぶ-.

2012.03, 部局, 参加, 平成23年度 第8回(年度内緊急追加)農学研究院FD 教育情報システムの整備方針等に係る説明会.

2012.04, 全学, 参加, 平成24年度第1回全学FD(新任教員研修).

学生のクラス指導等
2013年度, 学部, 食糧化学工学分野 3年生.

2012年度, 学部, 1年生 クラス35 (コアセミナークラス 15).


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」