九州大学 研究者情報
総説一覧
田中 充(たなか みつる) データ更新日:2021.09.15

准教授 /  農学研究院 生命機能科学部門


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Toshiro Matsui, Atsuko Yoshino, Mitsuru Tanaka, A trip of peptides to the brain, Food Production, Processing and Nutrition, 2020.12.
2. 咸 兌勳, 松井利郎, 田中 充*, MALDI-MSイメージング法による食品成分の腸管吸収過程の可視化, 食品加工技術, vol. 39, No 3, pp12-20, 2019, 2020.02.
3. Huu-Nghi Nguyen, Tae Hun Ham, Toshiro Matsui, and Mitsuru Tanaka*, Detection and Visualization of Food-Derived Polyphenols by Matrix-Assisted Laser Desorption/Ionization Mass Spectrometry Imaging, Sensors and Materials, in accept, 2019.05.
4. 田中 充, 生理活性低分子ペプチドの体内吸収性評価に関する分析化学的研究, 分析化学, 66(9), pp677-685, 2017.05.
5. 田中 充, 血管を作用場とする食品成分の機能解明に関する研究, 日本食品科学工学会誌, 64(6), 285-293, 2017, 2017.06.
6. 田中 充, 光塩基発生剤ニフェジピンのポリフェノール類検出の ための MALDI-MS マトリックス剤としての応用, 九州大学 中央分析センター報告, 第34号 (2016), 2017.03.
7. 福田 俊彦, 田中 充, 松井 利郎, 低分子ペプチドを高感度に測る・視る, 食品加工技術, Vol. 34, No. 2, 66-71, 2014.08.
8. 田中 充, MALDIMS イメージングによる生体組織中低分子化合物の可視化への試み, ぶんせき, pp251, 2014.05.
9. 松井 利郎, 田中 充, 血管機能とペプチド, New Food Industry, 53: 22-30 (2011), 2011.08.
10. T. Matsui, Z. Wang, M. Tanaka , Chapter 2. Vascular regulation by small peptides., Bioactive Natural Products, (World Scientific Publishing Co.), 2012.01.
11. T. Matsui, M. Tanaka, Chapter 4. Anti-hypertensive peptides and their underlying mechanism., Bioactive Proteins and Peptides as Functional Foods and Nutraceuticals. (Blackwell Publishing Ltd. and Institute of Food Technologists, 2010.11.
12. 田中 充、松本 清、松井利郎, ペプチドの高血圧抑制の新たなメカニズム, 食品加工技術, 2006.01.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」