九州大学 研究者情報
発表一覧
神山 直之(かみやま なおゆき) データ更新日:2021.06.04

教授 /  マス・フォア・インダストリ研究所 数学テクノロジー先端研究部門


学会発表等
1. Takehiro Ito, Yuni Iwamasa, Naonori Kakimura, Naoyuki Kamiyama, Yusuke Kobayashi, Yuta Nozaki, and Yoshio Okamoto, Reformist Envy-Free Item Allocations: Algorithms and Complexity, 情報処理学会アルゴリズム研究会, 2021.05.
2. 神山直之, サイクルを含む選好を持つポピュラーマッチング問題, 日本オペレーションズ・リサーチ学会研究部会 超スマート社会のシステムデザインのための理論と応用, 2020.11.
3. Naoyuki Kamiyama, On Stable Matchings with Pairwise Preferences and Matroid Constraints, 19th International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems, 2020.05.
4. Naoyuki Kamiyama, Matching problems under preferences with ties and matroid constraints, International Workshop on Combinatorial Optimization and Algorithmic Game Theory, 2020.01.
5. 神山直之, 片側のみが選好順序を持つ多対一無羨望マッチング問題, 日本オペレーションズ・リサーチ学会研究部会 最適化とその応用, 2019.12.
6. Susumu Kawanaka and Naoyuki Kamiyama, A Note on Testing Substitutability of Weak Preferences, 11th Hungarian-Japanese Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications, 2019.05.
7. Naoyuki Kamiyama, Many-to-Many Stable Matchings with Ties, Master Preference Lists, and Matroid Constraints, 18th International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems, 2019.05.
8. 神山直之, 計算複雑性から眺めるマッチング問題, CREST・さきがけ・AIMaP 合同シンポジウム「数学パワーが世界を変える 2019」, 2019.03.
9. 神山直之, 計算量理論とマッチング, 第61回自動制御連合講演会, 2018.11.
10. 神山直之, 最速到達フロー問題とその拡張, 日本オペレーションズ・リサーチ学会研究グループ 「数理的発想とその実践」第 2 回研究集会, 2018.10.
11. 神山直之, 辞書式最適最速到達フロー問題, 情報処理学会アルゴリズム研究会, 2018.09.
12. Naoyuki Kamiyama, A New Solution Concept for Earliest Arrival Flows, 3nd IMI-ISM-ZIB MODAL Workshop on Challenges in Real World Data Analytics and High-Performance Optimization, 2018.09.
13. 神山 直之, 離散最適化とその社会的課題への応用, AIMaP ワークショップ「非ノイマン型計算、理論と応用」, 2018.03.
14. 神山 直之, 線形計画法入門, AIMaP チュートリアル「最適化理論の基礎と応用」, 2018.01.
15. 神山 直之, 離散最適化と都市計画・ゲーム理論, 金沢数理データサイエンス研究会, 2017.12.
16. 神山 直之, 社会システムデザインにおける離散最適化の活用, 数学と諸分野の連携を通した知の創造, 2017.12.
17. 神山 直之, 数学で社会の「しくみ」を作る, 数学・数理科学4研究拠点合同市民講演会, 2017.11.
18. Naoyuki Kamiyama, Mathematical Models for Evacuation Problems based on Dynamic Network Flows, 2nd ISM-ZIB-IMI MODAL Workshop on Mathematical Optimization and Data Analysis, 2017.09.
19. Naoyuki Kamiyama, Submodular Function Minimization with Submodular Set Covering Constraints and Precedence Constraints, 15th Workshop on Approximation and Online Algorithm, 2017.09.
20. Naoyuki Kamiyama, Practical Algorithms and Models for Evacuation Problems, 10th Japanese-Hungarian Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications, 2017.05.
21. 神山 直之, 被覆型不等式制約を持つ劣モジュラ関数最小化問題に対する主双対近似アルゴリズム, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会, 2017.03.
22. 神山 直之, よりよい社会システム構築のための基盤技術としての離散最適化, 日本応用数理学会ものづくり企業に役立つ応用数理手法の研究会, 2017.02.
23. Yosuke Hanawa, Yuya Higashikawa, Naoyuki Kamiyama, Naoki Katoh, and Atsushi Takizawa, The Mixed Evacuation Problem, 10th Annual International Conference on Combinatorial Optimization and Applications, 2016.12.
24. 神山 直之, 避難計画問題に対する実用的なアルゴリズム, 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 共同利用研究 公開ワークショップ 「最大フロー求解アルゴリズムの効率的実装と,その大規模データを用いた避難計画策定への応用」, 2016.09.
25. 神山 直之, パラメトリック劣モジュラ関数最小化に基づく避難計画アルゴリズム, 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会, 2016.09.
26. 神山 直之, 計算限界解析と数理計画法, 第20回情報・統計科学シンポジウム, 2015.12.
27. Naoyuki Kamiyama, Stable Matchings with Ties, Master Preference Lists, and Matroid Constraints, 8th International Symposium on Algorithmic Game Theory, 2015.09.
28. 神山 直之, 歩車混合避難計画問題, 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 共同利用研究 公開ワークショップ「大規模データに対する 最大フロー求解アルゴリズムの実装技術の構築」, 2015.06.
29. Naoyuki Kamiyama, Matroid Generalizations of the Popular Matching and Condensation Problems with Strict Preferences, 3rd International Workshop on Matching Under Preferences, 2015.04.
30. 神山 直之, マッチング問題と離散最適化, 情報処理学会全国大会, 2014.03.
31. 神山 直之, より良い都市・社会システム構築のための最適化理論, 九州大学テクノロジーフォーラム 2014, 2014.12.
32. 神山 直之, 劣モジュラ被覆制約付き劣モジュラ関数最小化問題, 数学・数理科学と諸科学・産業との協働によるイノベーション創出のための研究促進プログラム「自然言語処理と最適化」, 2014.10.
33. 神山 直之, 時刻ラベル付き非巡回ネットワーク上の有向木詰込み問題, 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会, 2014.08.
34. 神山 直之, マトロイド制約付き最適選好マッチング問題, 日本オペレーションズリサーチ学会「最適化の理論と応用」研究部会, 2014.04.
35. Naoyuki Kamiyama, Packing Arborescences in Acyclic Temporal Networks, 3rd International Symposium on Combinatorial Optimization, 2014.03.
36. Naoyuki Kamiyama, A New Approach to the Pareto Stable Matching Problem, 8th Japanese-Hungarian Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications, 2013.06.
37. 神山 直之, 安定マッチング問題に対するマトロイド的手法, ゲーム理論ワークショップ, 2014.03.
38. 神山 直之, 有向非巡回グラフにおける有向木ゲームの仁の計算, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「OR 横断若手の会」研究部会, 2014.02.
39. 神山 直之, 劣モジュラ罰則付き耐故障性施設配置問題, 冬の LA シンポジウム, 2014.01.
40. 神山 直之, プロジェクト閉鎖付き順次独裁メカニズムの拡張に関する研究, 電子情報通信学会コンピュテーション研究会, 2013.12.
41. 神山 直之, 最適化手法と計算限界解析:双対性と整数性, ELC 計算量理論の秋学校, 2013.09.
42. Naoyuki Kamiyama, Pareto Stability in a Two-sided Matching Market with Indifferences, Forum Math-for-Industry 2012, 2012.10.
43. Naoyuki Kamiyama, Matroid Intersection with Priority Constraints, 21st International Symposium on Mathematical Programming, 2012.08.
44. 神山 直之, パレート安定マッチング問題に対する新算法, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会, 2013.03.
45. 神山 直之, 離散最適化~ネットワークフローを中心に~, IMIチュートリアル「数学モデリングの基礎と展開」, 2013.02.
46. 神山 直之, 最速輸送問題, 京都大学数理解析研究所研究集会共同研究「組合せ最適化セミナー」, 2012.07.
47. Naoyuki Kamiyama, Tamas Fleiner, A Matroid Approach to Stable Matchings with Lower Quotas, 23rd Annual ACM/SIAM Symposium on Discrete Algorithms, 2012.01.
48. Naoyuki Kamiyama, Robustness of Minimum Cost Arborescences, 22nd International Symposium on Algorithms and Computation, 2011.12.
49. Naoyuki Kamiyama, Submodular Function Minimization under a Submodular Set Covering Constraint, 8th Annual Conference on Theory and Applications of Models of Computation, 2011.05.
50. 神山 直之, 優先度制約付きマトロイド交差問題, 冬のLAシンポジウム, 2012.02.
51. 神山 直之, 割当問題の数理モデル, 平成23年度数学・数理科学と諸科学・産業との連携研究ワークショップ「数理モデルの産業・諸科学への応用」, 2011.11.
52. 神山 直之, 安定マッチングモデルに対するアルゴリズムの最近の進展, 平成23年度数学・数理科学と諸科学・産業との連携研究ワークショップ「最適化理論の産業・諸科学への応用」, 2011.10.
53. 神山 直之, 最小費用有向木のロバスト性に関する研究, 日本応用数理学会2011年度年会, 2011.09.
54. Naoyuki Kamiyama, Tomomi Matsui, Approximation Algorithms for Data Association Problem Arising from Multitarget Tracking, 17th Computing: the Australasian Theory Symposium, 2011.01.
55. 神山 直之, 有向木詰め込み問題の歴史と最先端, 日本オペレーションズ・リサーチ学会, 2010.09.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」