九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
太田 徹志(おおた てつじ) データ更新日:2021.06.11

准教授 /  農学研究院 環境農学部門 森林環境科学


主な研究テーマ
リモートセンシングデータを用いた森林資源把握
キーワード:リモートセンシング, 森林管理
2012.04~2020.03.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Tetsuji Ota, Oumer S. Ahmed, Steven E. Franklin, Michael A. Wulder, Tsuyoshi Kajisa, Nobuya Mizoue, Shigejiro Yoshida, Gen Takao, Yasumasa Hirata, Naoyuki Furuya, Takio Sano, Sokh Heng, Ma Vuthy, Estimation of Airborne Lidar-Derived Tropical Forest Canopy Height Using Landsat Time Series in Cambodia, Remote sensing, doi:10.3390/rs61110750, 6, 11, 10750-10772, 2014.11, [URL], In this study, we test and demonstrate the utility of disturbance and recovery information derived from annual Landsat time series to predict current forest vertical structure (as compared to the more common approaches, that consider a sample of airborne Lidar and single-date Landsat derived variables). Mean Canopy Height (MCH) was estimated separately using single date, time series, and the combination of single date and time series variables in multiple regression and random forest (RF) models. The combination of single date and time series variables, which integrate disturbance history over the entire time series, overall provided better MCH prediction than using either of the two sets of variables separately. In general, the RF models resulted in improved performance in all estimates over those using multiple regression. The lowest validation error was obtained using Landsat time series variables in a RF model (R2 = 0.75 and RMSE = 2.81 m). Combining single date and time series data was more effective when the RF model was used (opposed to multiple regression). The RMSE for RF mean canopy height prediction was reduced by 13.5% when combining the two sets of variables as compared to the 3.6% RMSE decline presented by multiple regression. This study demonstrates the value of airborne Lidar and long term Landsat observations to generate estimates of forest canopy height using the random forest algorithm..
2. 太田 徹志, 高比良 聡, 中間 康介, 吉田 茂二郎, 溝上 展也, 伐採収益と植栽経費の観点からみた低密度植栽の有効性, 日本森林学会誌, 95, 2, 126-133, 2013.04.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 太田 徹志, 村上 拓彦, 吉田 茂二郎, 溝上 展也, LANDSAT/TMデータを用いた森林伐採地抽出方法の比較検討, 日本森林学会九州支部大会, 2004.10.
2. 太田徹志, 村上拓彦, 葛岡成樹, 加治佐剛, 溝上展也, 吉田茂二郎, 同時生起行列から得られるテクスチャ情報とスギ林分本数密度との関係解析, 日本森林学会九州支部大会, 2006.11.
3. 太田徹志, 溝上展也, 吉田茂二郎, 高分解能リモートセンシングデータを用いた森林情報取得の可能性, 日本森林学会九州支部大会, 2009.10.
4. 太田徹志, 溝上展也, 吉田茂二郎, 高分解能リモートセンシングデータを用いた人工林本数密度推定手法の比較, 日本森林学会九州支部大会, 2010.10.
5. 太田徹志, 溝上展也, 吉田茂二郎, 伐採時の収益と植栽経費の観点からみた低密度植栽の有効性, 日本森林学会九州支部大会, 2011.10.
学会活動
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2014.03.26~2014.03.30, 日本森林学会, 座長(Chairmanship).
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2020.06~2024.05, 日本森林学会誌, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2014年度
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2008年度~2010年度, 基盤研究(C), 高解像度衛星データのテクスチャ情報と林分構造因子との関係解析.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), UAVを利用した熱帯季節林の減少・劣化量把握.
2019年度~2022年度, 基盤研究(B), 分担, 全国スケールにおける熱帯林保全政策の評価:ミャンマー・ カンボジアを対象として..

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」