Kyushu University Academic Staff Educational and Research Activities Database
List of Papers
Toshiya Kobayashi Last modified date:2021.07.01

Associate Professor /


Papers
1. 小林 俊哉, Cases of Research Ethics Education at Graduate Schools in Japan - Kyushu University’s Case, Educational Alternatives International Scientific Publications, 14, 367-373, 2016.09, [URL], 日本では、2014年の春にSTAP細胞問題という若手研究者の研究不正事件が発生し、科学研究機関の権威が大いに損なわれる事態が発生した。この十年間に日本では、STAP細胞問題のような研究不正事件が頻発している。日本政府は、2014年より研究不正対策を開始した。その下で2015年4月以降、日本の各大学院で研究倫理教育が強化された。研究倫理教育はe-learningによる教育プログラムを使用している。同プログラムは、研究倫理についての具体的な知識を短時間で効率的に大学院生に教授するには極めて有効である。しかし、このプログラムは、ごく短時間のテストクイズ形式である。このような方法で受講する大学院生に倫理感を自発的に身に付けさせるには不十分ではないかと思われる。大学院生に倫理感を自発的に身に付けさせるための方法として、日本の先端的研究者は、科学コミュニケーション活動が重要であると考えている。科学コミュニケーション活動によって、e-learning ではカバーしきれない倫理感を大学院生に対して涵養することが可能になる。日本の九州大学では実際に、科学コミュニケーションを取り入れた研究倫理教育を大学院生に対して実施している。本稿では、その内容を紹介している。.
2. Toshiya Kobayashi, Organizational Science and Technology Commnication Activities in Universities in Japan, Journal of International Scientific Publications Media & Mass Communication, 3, 8-15, 2014.08, [URL], The Japanese government disbursed over sixty-trillion yen in total to research institutions including universities nationally from 1996 to 2011 to promote science and technology. Therefore, it is necessary to clearly transmit the achievements of scientific research to taxpayers. As part of their mission, researchers are also required to facilitate understanding and fulfill expectations of the public. To meet such requirements from the government and society, research institutions including universities have strengthened “Science and Technology Communication” activities since 2005. The Japanese cabinet adopted the “4th Science and Technology Basic Program” on August 19, 2011, and the “Promotion of Science and Technology Communication Activities” has spread across Japan.
The objectives of this study clarify cooperation between institutions and researchers and specify elements to be prioritized to enhance cooperation. This paper clarified cooperation among university administrators, public relations departments and researchers based on results of a questionnaire sent to institutions in March 2010..
3. Kobayashi Toshiya, Saburo Ogata, Possibility for the application of publications analysis to evaluation of research institutes
, JOURNAL OF TELECOMMUNICATIONS AND INFORMATION TECHNOLOGY National Institute of Telecommunications , 4, 59-62, 2007.12.