九州大学 研究者情報
発表一覧
神野 達夫(かんの たつお) データ更新日:2020.06.24

教授 /  人間環境学研究院 都市・建築学部門 構造防災系


学会発表等
1. 岩田知孝, 浅野公之, 吉見雅行, 三宅弘恵, 関口春子, 松島信一, 川瀬博, 長嶋史明, 山中浩明, 地元孝輔, 山田伸之, 神野達夫, 重藤迪子, 先名重樹, 前田宜浩, 岩城麻子, 神薫, 竿本英貴, 津野靖士, 是永将宏, 眞鍋俊平, 鈴木晴彦, 松山尚典, 谷田貝淳, 布田川断層帯・日奈久断層帯を震源断層とした強震動予測(2)-強震動予測-, 日本地球惑星科学連合, 2019.05.
2. 浅野公之, 岩田知孝, 吉見雅行, 三宅弘恵, 関口春子, 松島信一, 川瀬博, 長嶋史明, 山中浩明, 地元孝輔, 山田伸之, 神野達夫, 重藤迪子, 先名重樹, 前田宜浩, 若井淳, 岩城麻子, 神薫, 竿本英貴, 津野靖士, 是永将宏, 杉山長志, 鈴木晴彦, 松山尚典, 眞鍋俊平, 谷田貝淳, 岡本茂, 末廣匡基, 布田川断層帯・日奈久断層帯を震源断層とした強震動予測(1)-対象地域での新たな深部地盤構造モデルの作成-, 日本地球惑星科学連合, 2019.05.
3. 飯田朋美, 山中浩明, 地元孝輔, 篠山大輝, 津野靖士, 是永将宏, 山田伸之, 三宅弘恵, 神野達夫, 重藤迪子, 吉見雅行, 松島信一, 川瀬博, 浅野公之, 岩田知孝, 2016年熊本地震の余震記録のスペクトル分離解析による熊本平野の地盤増幅特性の評価, 日本地球惑星科学連合, 2019.05.
4. 原淳一郎, 窪寺弘顕, 佐藤利昭, 南部恭広, 重藤迪子, 神野達夫, 木造駅舎の耐震性能に関する研究 その3 常時微動計測に基づく振動特性の把握, 日本建築学会, 2019.09.
5. 佐藤利昭, 原淳一郎, 窪寺弘顕, 南部恭広, 重藤迪子, 神野達夫, 木造駅舎の耐震性能に関する研究その2 耐震診断に基づく耐震性能の評価, 日本建築学会, 2019.09.
6. 窪寺弘顕, 原淳一郎, 佐藤利昭, 南部恭広, 重藤迪子, 神野達夫, 木造駅舎の耐震性能に関する研究 その1 構造調査による構造的特徴の把握, 日本建築学会, 2019.09.
7. 山中浩明, 津野靖士, 地元孝輔, 三宅弘恵, 高井伸雄, 重藤迪子, 神野達夫, 佐藤浩章, 松島信一, 川瀬博, 山田伸之, 纐纈一起, 東京湾西岸部の強震観測点での1次元浅部深部統合地盤モデルの構築, 日本建築学会, 2019.09.
8. 河内辰也, 三浦弘之, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生, 青井真, PS検層による走時曲線と地表/地中スペクトル比の同時逆解析によるS波速度構造モデルの推定, 日本建築学会, 2019.09.
9. 重藤迪子, 迫原尚也, 五通康形, 神野達夫, 微動アレイ観測に基づく阿蘇カルデラ北東部におけるS波速度構造の推定, 日本建築学会, 2019.09.
10. 迫原尚也, 五通康形, 重藤迪子, 神野達夫, 微動アレイ観測による阿蘇市街地の地下構造の推定, 日本建築学会, 2019.09.
11. 野間亮佑, 重藤迪子, 神野達夫, 津野靖士, 是永将宏, 地元孝輔, 山中浩明, アレイ観測による筑後平野のS波速度構造の推定, 日本建築学会, 2019.09.
12. 石橋陸, 重藤迪子, 神野達夫, 九州大学伊都キャンパスの造成地における微動アレイ観測, 日本建築学会九州支部, 2020.03.
13. 田中翔真, 重藤迪子, 神野達夫, 高井伸雄, 2018年北海道胆振東部地震の震央南西地域の高震度地点における微動アレイ観測, 日本建築学会九州支部, 2020.03.
14. 中山怜, 重藤迪子, 神野達夫, 地震観測記録に基づく阿蘇市街地の地盤震動特性評価, 日本建築学会九州支部, 2020.03.
15. 城島飛大, 重藤迪子, 神野達夫, 強震観測記録に基づく九州地方の地盤増幅特性の分析, 日本建築学会九州支部, 2020.03.
16. 高田将輝, 中尾隆, 神野達夫, 本村一成, 中国地方の地震基盤波を用いた統計的グリーン関数の検討, 日本建築学会九州支部, 2020.03.
17. 池森仁哉, 神野達夫, 重藤迪子, 三浦弘之, 阿比留哲生, 微動アレイ観測に基づく中国地方のKiK-net観測点の浅部地下構造の推定, 日本建築学会中国支部, 2020.03.
18. 藤嶋大樹, 三浦弘之, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生, 堆積地盤上における地震動・微動H/Vスペクトル比の逆解析によるS波速度構造モデルの推定とそれに基づく増幅特性の評価, 日本建築学会中国支部, 2019.03.
19. 迫原尚也, 五通康成, 重藤迪子, 神野達夫, 微動アレイ観測に基づく阿蘇市街地の地下構造の推定, 日本建築学会九州支部, 2019.03.
20. 中尾隆 , 神野達夫 , 重藤迪子 , 河崎生 , 本村一成, 経験的グリーン関数法に基づく2016年4月16日に大分県中部で発生した正断層型地殻内地震の震源特性, 日本建築学会九州支部, 2019.03.
21. 田中斐佳 , 重藤迪子 , 神野達夫, 強震記録に基づく筑紫平野の地盤増幅特性の検討, 日本建築学会九州支部, 2019.03.
22. 毛利匠帆, 重藤迪子, 神野達夫, 高井伸雄, 2015年ネパール・ゴルカ地震の余震記録を用いたネパール・カトマンズ盆地における応答スペクトルの単一サイト予測式, 日本地震工学シンポジウム, 2018.12.
23. 田中斐佳, 古谷英康, 木戸智之, 神野達夫, 重藤迪子, 三浦弘之, 阿比留哲生, 不整形地盤における地震記録と微動記録を用いた2次元地盤構造モデルの構築, 日本地震工学シンポジウム, 2018.12.
24. 藤嶋大樹, 三浦弘之, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生, 中村洋光, 青井真, 地震動・微動H/Vスペクトル比の逆解析によるS波速度構造モデルの推定精度に関する検討, 日本地震工学シンポジウム, 2018.12.
25. 河内辰也, 三浦弘之, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生, 中村洋光, 青井真, PS検層による走時曲線と地表/地中スペクトル比の同時逆解析に基づくS波速度構造モデルの高精度化, 日本地震工学シンポジウム, 2018.12.
26. 藤嶋大樹, 三浦弘之, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生, 青井真, 地震動・微動 H/V スペクトル比を用いて異なる波動理論により推定された地盤構造モデルの比較, 日本建築学会, 2018.09.
27. 河内辰也, 三浦弘之, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生, 青井真, PS 検層の走時曲線と地震記録の同時逆解析による地盤構造モデルの高精度化に関する基礎的検討 , 日本建築学会, 2018.09.
28. 河崎生, 神野達夫, 重藤迪子, 上薗周平, 五通康形, 2016年熊本地震において K-NET一の宮で観測された長周期地震動の検討, 日本建築学会, 2018.09.
29. 五通康形, 井島彰伽, 上薗周平, 寄井田恭佑, 重藤迪子, 神野達夫, 2016年熊本地震において長周期地震動が記録された強震観測点における微動アレイ探査, 物理探査学会, 2018.05.
30. 重藤迪子, 上薗周平, 寄井田恭佑, 神野達夫, 2016年熊本地震の阿蘇市一の宮における長周期地震動, 日本地震学会, 2017.10.
31. 有馬拓, 寄井田恭介, 重藤迪子, 神野達夫 , 2016年熊本地震で観測された地震動による加速度応答値の距離減衰特性, 日本建築学会, 2017.08.
32. 髙口仁, 中尾隆, 重藤迪子, 神野達夫, 菊池健児, 高山峯夫, 益城町における 2016 年熊本地震の強震記録と建物全壊率の関係および強震観測点周辺の浅部地盤構造の推定, 日本建築学会, 2017.08.
33. 土岐崇喜, 安部良, 重藤迪子, 神野達夫, 微動アレイ観測を用いた2016年熊本地震の地表地震断層近傍の浅部地下構造の推定, 日本建築学会, 2017.08.
34. 重藤迪子, 神野達夫, 熊本平野で観測された2016年熊本地震の強震動, 日本建築学会, 2017.08.
35. 上薗周平, 正願拓哉, 重藤迪子, 神野達夫, K-NET一の宮における地下構造の推定とそれに基づく地盤震動特性の評価, 日本建築学会, 2017.08.
36. 正願拓哉, 神野達夫, 三浦弘之, 重藤迪子, 阿比留哲生, 地震記録と微動記録を用いた不整形地盤構造の簡易的推定手法の検討(その1)防府市における1次元地盤構造モデルの構築, 日本建築学会, 2017.08.
37. 田中斐佳, 神野達夫, 三浦弘之, 重藤迪子, 阿比留哲生, 地震記録と微動記録を用いた不整形地盤構造の簡易的推定手法の検討(その2)防府市における2次元地盤構造モデルの構築, 日本建築学会, 2017.08.
38. 木戸智之, 三浦弘之, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生, 地震記録と微動記録を用いた不整形地盤構造の簡易的推定手法の検討(その 3)防府市における2次元地震動シミュレーション, 日本建築学会, 2017.08.
39. 西村綾乃, 重藤迪子, 高口仁, 中尾隆, 神野達夫 , 2016年熊本地震における益城町の建物被害分布と地盤震動特性の関係, 日本建築学会, 2017.03.
40. 上薗周平. 寄井田恭佑, 神野達夫, 重藤迪子, 正願拓哉, 2016年熊本地震において長周期地震動が観測された地震観測点における地下構造の推定, 日本建築学会, 2017.03.
41. 土岐崇喜, 安部良, 西村綾乃, 重藤迪子, 神野達夫 , 微動アレイ観測を用いた2016年熊本地震の断層近傍の地下構造の推定, 日本建築学会, 2017.03.
42. 有馬拓, 寄井田恭佑, 重藤迪子, 神野達夫 , 加速度応答値に着目した2016年熊本地震の本震における強震動評価, 日本建築学会, 2017.03.
43. 田中斐佳, 木戸智之, 神野達夫, 三浦弘之, 重藤迪子, 阿比留哲生 , 地震記録と微動記録を用いた防府市の不整形地盤構造のモデル化(その2)2次元地下構造モデルの構築とその地震動増幅特性の評価
, 日本建築学会, 2017.03.
44. 古谷英康, 松尾敦子, 神野達夫, 三浦弘之, 重藤迪子, 阿比留哲生 , 地震記録と微動記録を用いた防府市の不整形地盤構造のモデル化(その1)1次元地下構造モデルの構築
, 日本建築学会, 2017.03.
45. 金子政輝, 神野達夫, 重藤迪子 , ボーリングデータのN値によるS波速度推定式の再構築と推定式の違いが地盤増幅特性に及ぼす影響, 日本建築学会, 2017.03.
46. 境有紀, 汐満将司, 神野達夫, 2016年熊本地震で発生した地震動と建物被害, 日本地震学会, 2016.10.
47. 汐満将史, 境有紀, 神野達夫, 松尾真太朗, 中尾隆, 白井周, 中澤駿佑, 太田圭祐, 2016年熊本地震で発生した地震動の性質と建物被害に及ぼした影響, 日本地震工学会, 2016.09.
48. 田中信也, 菅原正晴, 工藤一嘉, 重藤迪子, 神野達夫, 2016年熊本地震の地表地震断層近傍における建物 被害調査と臨時余震観測-熊本県益城町下陳地区を中心として-, 日本地震工学会, 2016.09.
49. 汐満将史, 境有紀, 神野達夫, 松尾真太朗, 中尾隆, 白井周, 中澤駿佑, 太田圭祐, 2016年熊本地震で発生した地震動の性質と建物被害に及ぼした影響, 日本地震工学会, 2016.09.
50. 田中信也, 菅原正晴, 工藤一嘉, 重藤迪子, 神野達夫, 2016年熊本地震の地表地震断層近傍における建物 被害調査と臨時余震観測-熊本県益城町下陳地区を中心として-, 日本地震工学会, 2016.09.
51. 清水洋, 松本聡, 酒井慎一, 岡田知己, 渡辺俊樹, 飯尾能久, 相澤広記, 松島健, 高橋浩晃, 中尾茂, 鈴木康弘, 後藤秀昭, 大倉敬宏, 山本希, 中道治久, 山中浩明, 神野達夫, 三宅弘恵, 纐纈一起, 浅野公之, 松島信一, 福岡浩, 若井明彦, 大井昌弘, 田村圭子, 木村玲欧, 井ノ口宗成, 前原喜彦, 赤星朋比古, 2016年熊本地震と関連する活動に関する総合調査, 京都大学防災研究所自然災害研究協議会, 2016.09.
52. 神野達夫, 震災復興シンポジウム 熊本地震を受けて今後の木造住宅づくりを考える!「地震の概要と地面の揺れの特徴」, 林業・木材産業活性化工法協力事業協議会, 2016.09.
53. 宮内旺, 三浦弘之, 神野達夫, 平均 S波速度(Vs30)を用いた経験的手法による広島県での応答スペクトル分布の予測
その2 地盤モデルの検証と予測結果
, 日本建築学会, 2016.08.
54. 中尾隆, 神野達夫, 中国地方の地震基盤における加速度応答スペクトルの地震動予測式, 日本建築学会, 2016.08.
55. 安部良, 神野達夫, 都市部の活断層の位置推定における極小微動アレイ観測の有効性の検討, 日本建築学会, 2016.08.
56. 松尾敦子, 三浦弘之, 神野達夫, 阿比留哲生, 微動アレイ記録と地震記録との同時逆解析による山口県防府市での S 波速度構造モデルの推定
(その2)S 波速度構造モデルの推定
, 日本建築学会, 2016.08.
57. 正願拓哉, 神野達夫, 三浦弘之, 阿比留哲生, 微動アレイ記録と地震記録の同時逆解析による山口県防府市での S 波速度構造モデルの推定
(その1)微動アレイ観測の概要と位相速度の推定, 日本建築学会, 2016.08.
58. 神野達夫, 「2016年熊本地震」地震被害調査報告会~緊急災害調査と応急復旧の取組み~,建築物の被害, 土木学会西部支部, 2016.05.
59. 神野達夫, 「2016年熊本地震」地震被害調査速報会,地震動, 日本建築学会, 2016.05.
60. 岡宏記, 神野 達夫, 三浦弘之, 阿比留哲生, 微動アレー観測に基づく防府市の地下構造の推定, 日本建築学会, 2015.09.
61. 神野 達夫, 岡宏記, 金子政輝, 高田将輝, CCA法とSPAC法によるRayleigh波分散曲線の違いが推定される地下構造に与える影響, 日本建築学会, 2015.09.
62. 三浦弘之, 神野 達夫, 阿比留哲生, K-NET防府における地盤増幅特性とレシーバーファンクションの同時逆解析によるS波速度構造モデルの推定, 日本建築学会, 2015.09.
63. 高田将輝, 金子政輝, 神野 達夫, 既存の地震動予測式を用いた地震動の地域性に関する研究, 日本建築学会, 2015.09.
64. 田川佳典, 神野 達夫, 微動アレー観測におけるCCA法が推定される地下構造 に与える影響, 日本建築学会九州支部, 2015.03.
65. 神野 達夫, 金子 政輝, 阿比留 哲生, K-NET観測点のボーリングデータを用いたS 波速度推定式の提案, 日本地震工学シンポジウム, 2014.12.
66. 神野 達夫, 阿比留哲生, ボーリングデータのN値によるS波速度算定式の提案, 日本建築学会, 2014.09.
67. 神野 達夫, 加藤 裕也, 既往の距離減衰式を巨大地震に対応させるための補正項の導出, 日本建築学会, 2014.09.
68. 加藤 裕也, 神野 達夫, 既往の距離減衰式を巨大地震に対応させるための補正項の導出, 日本建築学会, 2014.09.
69. 山田 優, 神野 達夫, 日本の地震データに対するNGAプロジェクトの距離減衰式の適用性, 日本建築学会, 2014.09.
70. 高田 将輝, 神野 達夫, 阿比留 哲生, 中国地方の地震基盤における地震動の統計的経時特性, 日本建築学会, 2014.09.
71. 岡 宏記, 神野 達夫, 阿比留 哲生, 微動アレー観測に基づく中国地方の地下構造の推定, 日本建築学会, 2014.09.
72. 田川 佳典, 神野 達夫, 微動アレー観測におけるCCA法とSAPC法によるRayleigh波位相速度の比較, 日本建築学会, 2014.09.
73. 三浦 弘之, 神野 達夫, 地盤増幅率とレシーバーファンクションの同時逆解析による地盤構造モデルの推定, 日本建築学会, 2014.09.
74. 加藤裕也, 神野 達夫, 既往の距離減衰式を巨大地震に対応させるための補正項の導出, 日本建築学会九州支部, 2014.03.
75. 田川佳典, 神野 達夫, 微動アレー観測におけるCCA 法とSAPC 法によるRayleigh 波位相速度の比較, 日本建築学会九州支部, 2014.03.
76. 真鍋良輔, 三浦 弘之, 神野 達夫, 地震記録から得られる地盤増幅特性とレシーバーファンクションの同時逆解析による地下構造の推定に関する研究, 日本建築学会中国支部, 2014.03.
77. 田川佳典, 神野 達夫, 微動アレー観測におけるCCA法が推定される地下構造に与える影響, 日本建築学会九州支部, 2014.03.
78. 神野 達夫, 真鍋良輔, 微動を用いた広島平野の表層地盤モデルの構築とそれに基づく地盤震動特性評価, 日本地震工学会, 2013.11.
79. 三浦 弘之, 真鍋 良輔, 神野 達夫, 地震観測および微動観測に基づく造成地における地盤特性の評価, 日本建築学会, 2013.08.
80. 真鍋 良輔, 三浦 弘之, 神野 達夫, レシーバーファンクションにみられるPS-P 時間を用いた推定地下構造モデルの検証, 日本建築学会, 2013.08.
81. 神野 達夫, 真鍋 良輔, 微動とボーリングデータによる地下構造モデルに基づく広島平野の地盤増幅特性評価, 日本建築学会, 2013.08.
82. 津野 靖士, 山中 浩明, 神野 達夫, 三宅 弘恵, 纐纈 一起, 関東平野で観測された2011 年東北地方太平洋沖地震(Mw 9.0)の地震動特性:
(その3)余震記録を用いた足柄平野の地震動評価とサイト増幅特性評価, 日本建築学会, 2013.08.
83. T. Kanno and J. Takeda, Study on Constraint Condition for Spectral Inversion Technique
, The 15th World Conference on Earthquake Engineering, 2012.09.
84. 神野達夫, 塩澤周太郎, 小谷啓祐, 真鍋良輔, 阿比留哲生 , 微動アレー観測に基づく広島県の地震観測点の地下構造の推定, 日本建築学会, 2012.09.
85. 真鍋良輔, 小谷啓祐, 神野達夫, 強震記録に基づく地盤増幅特性を用いた地下構造モデルの構築, 日本建築学会, 2012.09.
86. 小谷啓祐, 神野達夫 , 広島平野の地下構造モデルの構築に関する研究, 日本建築学会, 2012.09.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」