九州大学 研究者情報
総説一覧
神野 達夫(かんの たつお) データ更新日:2020.06.24

教授 /  人間環境学研究院 都市・建築学部門 構造防災系


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 神野達夫・重藤迪子, 熊本地震の概要, 第44回地盤震動シンポジウム(2016)「2016年熊本地震で何が起きたか」, pp. 3-10, 2016.12.
2. 境有紀・汐満将司・神野達夫, 建物被害の観点から見た地震動の性質, 第44回地盤震動シンポジウム(2016)「2016年熊本地震で何が起きたか」, pp. 47-54, 2016.12.
3. 神野達夫・重藤迪子, 熊本地震の地震特性(特集: 熊本地震における地震特性と建築物の被害), 建築技術, pp. 88-93, 2016.11.
4. 神野達夫・重藤迪子, 地震に関する基礎知識と発生メカニズム(特集: 熊本地震における地震特性と建築物の被害), 建築技術, pp. 158-161, 2016.11.
5. 重藤迪子・神野達夫, 2016年熊本地震の強震動(特集: 2016年熊本地震), 日本地震工学会誌, pp. 6-9, 2016.10.
6. 神野達夫, 熊本地震の地震被害(特集: 熊本地震), 西部地区自然災害資料センタ-ニュ-ス, pp. 4-7, 2016.09.
7. 神野達夫・重藤迪子, 地震の概要, 2016年度日本建築学会大会(九州)災害部門 緊急報告会資料2016年熊本地震災害調査報告書, 2016.08.
8. 神野達夫, 平成28年(2016年)熊本地震の地震動の概要, Structure, 2016.07.
9. 神野 達夫, 森川信之, 強震観測網の発達と活用, 第43回地盤震動シンポジウム(2015)「1995年兵庫県南部地震から20年間の地盤震動関連研究の発展と今なお残る課題」, 2015.11.
10. 神野 達夫, 三浦 弘之, 建物の地震被害想定のための地震動の推定手法の高度化に関する研究, 共同研究(中国電力)・平成24年度研究報告書, 2013.03.
11. 神野達夫, 建物の地震被害想定のための地震動の推定手法の高度化に関する研究, 共同研究(中国電力)・平成23年度研究報告書, p. 273, 2012.03.
12. 神野達夫, 地震による建物被害の推定手法の体系化に関する研究, 共同研究(中国電力)・平成20年度~平成22年度研究報告書, p. 168, 2011.03.
13. 神野達夫, 強震観測網の飛躍的展開, 2010年度日本建築学会大会(北陸)構造部門(振動)パネルディスカッション資料「兵庫県南部地震から15年-建物への入力地震動はどこまで解明されたか-」, pp. 2-24, 2010.09.
14. 神野達夫, 地震による建物被害の推定手法の体系化に関する研究, 共同研究(中国電力)・平成21年度研究報告書, p. 171, 2010.03.
15. 三浦賢治・神野達夫, 地震による建物被害の推定手法の体系化に関する研究, 共同研究(中国電力)・平成20年度研究報告書, p. 95, 2009.03.
16. 神野達夫, 活動レポート「第35回地盤震動シンポジウム(2007)『頻発する内陸地殻内地震の地震動とその解釈-新・入力地震動作成手法の使い方と検証(その1)』」, 建築雑誌, pp. 55-57, 2008.08.
17. 神野達夫, 性能設計と地震荷重(パネルディスカッション,構造部門(振動),2007年度日本建築学会大会(九州)), 建築雑誌, pp. 53, 2008.07.
18. 神野達夫, 第35回地盤震動シンポジウム(2007)報告, 震災予防, pp. 35-39, 2008.05.
19. 三浦賢治・神野達夫, 中国地方の地震観測点の地盤特性評価とそれに基づく震度情報の面的補間に関する研究, 共同研究(中国電力)・平成17~平成19年度研究報告書(最終報告), p. 233, 2008.03.
20. 神野達夫, 微動を用いた地震動強さ指標の地盤増幅率の推定手法の開発, 平成18年度~平成19年度科学研究費補助金(若手研究(B))研究成果報告書(18760420), p. 94, 2008.03.
21. 三浦賢治・神野達夫, 中国地方の地震観測点の地盤特性評価とそれに基づく震度情報の面的補間に関する研究, 共同研究(中国電力)・平成18年度研究報告書(中間報告), p. 63, 2007.03.
22. 三浦賢治・神野達夫, 狭隘な平野の地震応答特性に関する研究, 平成17年度~平成18年科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書(17560510), p. 85, 2007.03.
23. 三浦賢治・神野達夫, 中国地方の地震観測点の地盤特性評価とそれに基づく震度情報の面的補間に関する研究, 共同研究(中国電力)・平成17年度研究報告書(中間報告), p. 78, 2006.03.
24. 境有紀、津野靖士、纐纈一起、神野達夫, 地震動の破壊力から見た改正基準法による設計用入力地震動, 第29回地盤震動シンポジウム, pp. 111-122, 2001.11.
25. 境有紀、纐纈一起、神野達夫, 強震記録と周辺建物被害データを用いた地震動の破壊力指標の検討, 強震観測ネットワークに関するシンポジウム, pp. 25-32, 2001.03.
26. 神野達夫、工藤一嘉, トルコ・コジャエリ地震に見られる強震観測点および被災地の地下構造と強震動特性, 第28回地盤震動シンポジウム, pp. 11-22, 2000.11.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」