九州大学 研究者情報
論文一覧
神野 達夫(かんの たつお) データ更新日:2020.06.24

教授 /  人間環境学研究院 都市・建築学部門 構造防災系


原著論文
1. Takuho Mori,Michiko Shigefuji,Subeg Bijukchhen,Tatsuo Kanno,Nobuo Takai, Ground motion prediction equation for the Kathmandu Valley, Nepal based on strong motion records during the 2015 Gorkha Nepal earthquake sequence, Soil Dynamics and Earthquake Engineering, 135, 2020.08, Single-site ground motion prediction equations (GMPEs) for the acceleration response spectra of each site in the Kathmandu Valley was constructed using strong motion records of magnitude 5.0 through 7.3 the 2015 Gorkha Nepal earthquake aftershocks observed at eight sites in the Kathmandu Valley. The regression coefficient for the site term has a strong correlation with the bedrock depth at each site in the Kathmandu Valley. Therefore, a new GMPE applicable to the whole Kathmandu Valley in the long-period range of 1–10 s was generalized using the bedrock depth as a parameter. We applied this GMPE to the largest aftershock. Consequently, at each sedimentary station, the residuals of the predicted value by GMPE are smaller than those predicted by the existing GMPE, and the peaks of the observed response spectra are reproduced well..
2. 神野 達夫 , 汐満 将史 , 境 有紀 , 重藤 迪子 , 松尾 真太朗 , 田中 斐佳 , 金子 政輝 , 古谷 英康 , 上薗 周平 , 有馬 拓, 2016年熊本地震における強震観測点周辺の状況と発生した地震動との対応性―熊本県北,大分県―, 日本地震工学会論文集, 18, 5, 154-190, 2018.11.
3. 境 有紀 , 汐満 将史 , 神野 達夫 , 中尾 隆 , 松尾 真太朗 , 重藤 迪子 , 安部 良 , 寄井田 恭佑 , 土岐 崇喜, 2016年熊本地震における強震観測点周辺の状況と発生した地震動との対応性―熊本県央,天草地域―, 日本地震工学会論文集, 18, 5, 121-153, 2018.11.
4. 汐満 将史 , 境 有紀 , 神野 達夫 , 中尾 隆 , 白井 周 , 中澤 駿佑 , 太田 圭祐, 2016年熊本地震における強震観測点周辺の状況と発生した地震動との対応性―益城町―, 日本地震工学会論文集, 18, 5, 108-120, 2018.11.
5. 三浦弘之, 松尾敦子, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生, レシーバーファンクションおよびレイリー波位相速度の同時逆解析によるS波速度構造モデルの推定, 日本地震工学会論文集, 17, 5, 78-95, 2017.11.
6. 高田 将輝, 神野 達夫, 阿比留 哲生, 中国地方の地震基盤における地震動の統計的経時特性, 都市・建築学研究 : 九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 27, 43-49, 2015.01.
7. 田川 佳典, 神野 達夫, 微動アレー観測におけるCCA法とSPAC法によるRayleigh波の位相速度の比較, 都市・建築学研究 : 九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 26, 41-47, 2014.07.
8. 加藤 裕也, 神野 達夫, 既往の距離減衰式を巨大地震に対応させるための補正項の導出, 都市・建築学研究 : 九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 26, 49-54, 2014.07.
9. 三浦 弘之, 林佑介, 神野 達夫, 地震観測記録に基づく丘陵造成地での地盤増幅度と盛土厚さの関係, 地域安全学会論文集, 24, 33-41, 2014.11.
10. 三浦 弘之, 真鍋 良輔, 神野 達夫, 阿比留 哲生, 地震記録から抽出された地盤増幅特性とレシーバーファンクションの同時逆解析によるS 波速度構造モデルの推定, 日本地震工学会論文集 , 14, 5, 31-49, 2014.11.
11. 神野達夫、三浦賢治, 強震観測記録を用いた表層地盤の非線形特性の推定, 第13回日本地震工学シンポジウム論文集, 3145- 3150, 2010.11.
12. 武田純也、神野達夫、三浦賢治, スペクトルインバージョンに基づく広島県の地震観測点における地盤増幅特性評価, 第13回日本地震工学シンポジウム論文集, 2375- 2381, 2010.11.
13. 神野達夫、三浦賢治、熊谷千代志, 中国地方の地震観測点を対象とした地盤卓越周期の推定方法の精度検証, 物理探査, 61, 6, 533 - 543, 2008.12.
14. Nobuyuki Morikawa, Tatsuo KANNO, Akira Narita, Hiroyuki Fujiwara, Toshihiko Okumura, Yoshimitsu Fukushima and Aybars Guerpinar, Strong motion uncertainty determined from observed records by dense network in Japan , Journal of Seismology, 12, 4, 529 - 546, 2008.10.
15. K. Hatayama, T. Kanno、K. Kudo, Control factors of spatial variation of long-period strong ground motions in the Yufutsu sedimentary basin, Hokkaido, during Mw 8.0 2003 Tokachi-oki, Japan, Earthquake, Bulletin of the Seismological Society of America, 97, 1308- 1323, 2007.08.
16. 神野達夫、三浦賢治, 強震記録に見られる断層破壊の指向性効果とその地震動特性への影響, 日本建築学会構造系論文集, 910, 191 - 196, 2006.12.
17. 森川信之、神野達夫、成田 章、藤原広行、奥村俊彦、福島美光, 震源域と観測点を特定した地震動強さのばらつき -観測記録に基づく検討-, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 122 - 125, 2006.11.
18. 小林大起、神野達夫、三浦賢治, 中国・四国地方の強震記録を用いた統計的グリーン関数の生成, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 174 - 177, 2006.11.
19. 山下 修、神野達夫、三浦賢治, 微動H/Vスペクトルを用いた計測震度の面的補間, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 286 - 289, 2006.11.
20. 神野達夫、三浦賢治, 狭隘な沖積平野の地震時応答特性, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 306 - 309, 2006.11.
21. Kanno, T.、A. Narita、N. Morikawa, H. Fujiwara and Y. Fukushima, A New Attenuation Relation for Strong Ground Motion in Japan Based on Recorded Data, Bulletin of the Seismological Society of America, 96, 879 - 897, 2006.06.
22. 森川信之、神野達夫、成田章、藤原広行、福島美光, 東北日本の異常震域に対応するための最大振幅および応答スペクトルの新たな距離減衰式補正係数, 日本地震工学会論文集, 6, 1, 23 -41, 2006.02.
23. 神野達夫、三浦賢治、, 2001年芸予地震時における広島県の地盤震動特性評価, 日本建築学会構造系論文集, 597, 151 - 157, 2005.11.
24. 境有紀、神野達夫、纐纈一起, 震度の高低によって地震動の周期帯を変化させた震度算定法の提案, 日本建築学会構造系論文集, 585, 71 -76, 2004.11.
25. Tatsuo KANNO, Kazuyoshi KUDO、, Estimation of strong ground motion at damaged areas (Adapazari, Golcuk) during the Kocaeli, Turkey earthquakes of August 17, 1999, Proceedings of The 13th World Conference on Earthquake Engineering, Paper# 376, 2004.08.
26. Tatsuo KANNO, Kenji MIURA, Hiroyuki MATSUSHITA, Site effects in Hiroshima prefecture, Japan during the 2001 Geiyo earthquake of March 24, 2001, Proceedings of The 13th World Conference on Earthquake Engineering, Paper# 382, 2004.08.
27. 森川信之、神野達夫、成田章、藤原広行、福島美光, 東日本の異常震域に対応するための距離減衰式の補正係数, 日本地震工学会論文集, 3, 4, 14 -26, 2003.11.
28. 神野達夫、先名重樹、森川信之、成田章、藤原広行, 金沢平野における3次元地下構造モデル, 物理探査, 56, 5, 313 - 326, 2003.10.
29. 津野靖士、工藤一嘉、神野達夫,木下繁夫, 空間自己相関法を適用した微動によるS波速度構造とその精度, 第11回日本地震工学シンポジウム論文集, 345 - 350, 2002.11.
30. Kazuyoshi KUDO, Tatsuo KANNO, Hiroshi OKADA, Tsutomu SASATANI, Nobuyuki MORIKAWA, Pashalis APOSTOLIDIS, Kyriazis PITILAKIS, Dimitrios RAPTAKIS, Masayoshi TAKAHASHI, Suqun LING, Hideki NAGUMO, Kojiro IRIKURA, Sadanori HIGASHI, Kunikazu YOSHIDA, S-WAVE VELOCITY STRUCTURE AT EURO-SEISTEST, VOLVI, GREECE DETERMINED BY THE SPATIAL AUTO-CORRELATION METHOD APPLIED FOR ARRAY RECORDS OF MICROTREMORS, 第11回日本地震工学シンポジウム論文集, 311 - 316, 2002.11.
31. 神野達夫、青井真、藤原広行, スペクトル比を用いたKiK-net 観測点の地下構造の再検討, 第11回日本地震工学シンポジウム論文集, 281 - 284, 2002.11.
32. 青井真、神野達夫、藤原広行, KiK-net で観測される大阪平野におけるSP 変換波, 第11回日本地震工学シンポジウム論文集, 277 - 280, 2002.11.
33. 境有紀、神野達夫、纐纈一起, 建物被害と人体感覚を考慮した震度算定方法の提案, 第11回日本地震工学シンポジウム論文集, 17 -22, 2002.11.
34. 境有紀、纐纈一起、神野達夫, 建物被害率の予測を目的とした地震動の破壊力指標の提案, 日本建築学会構造系論文集, 555, 85 -92, 2002.05.
35. Kudo, K, T. Kanno, H. Okada, O. Özel, M. Erdik, M. Takahashi, T. Sasatani, S. Higashi, and K. Yoshida, Site specific issues on strong ground motion during the Kocaeli, Turkey earthquake of August 17, 1999, as inferred from array observations of microtremors and aftershocks, Bulletin of the Seismological Society of America, 92, 448 - 465, 2002.02.
36. 神野達夫、工藤一嘉, トルコ・コジャエリ地震における強震観測点および被災地の地下構造と強震動特性, 構造工学論文集, 47B, 147 - 158, 2001.03.
37. Architectural Institute of Japan Reconnaissance Team, Bogazici University, Istanbul Technical University Middle East Technical University, Progress Report on Damage Investigation after Kocaeli Earthquake by Architectural Institute of Japan, International Journal for Housing Science and Its Applications, 24, 99 -104, 2000.02.
38. Kudo, K、T. Uetake、T. Kanno, Re-evaluation of nonlinear site response during the 1964 Niigata earthquake using the strong motion records at Kawagishi-cho, Niigata City, Proceedings of The 12th World Conference on Earthquake Engineering, Paper# 969, 2000.02.
39. Kanno, T., K. Kudo, M. Takahashi, T. Sasatani, S. Ling, and H. Okada, Spatial evaluation of site effects in Ashigara valley based on S-wave velocity structures determined by array observations of microtremors, Proceedings of The 12th World Conference on Earthquake Engineering, Paper# 573, 2000.02.
40. 引田智樹、神野達夫、梅村恒、工藤一嘉、高橋正義、坂上実、壁谷澤寿海, 1997年鹿児島県北西部地震による被災建物の余震時振動性状, 第10回日本地震工学シンポジウム論文集, 1641- 1646, 1998.11.
41. 神野達夫、工藤一嘉、植竹富一、高橋正義、坂上実, 足柄平野における地盤震動特性評価と空間補間, 第10回日本地震工学シンポジウム論文集, 965 - 970, 1998.11.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」