九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
VISIKOVSKIY ANTON(びしこふすきー あんとん) データ更新日:2024.05.07

助教 /  工学研究院 エネルギー量子工学部門 応用物理学


教育活動概要
生徒指導。
学生実験を支援します。
結果の考察。
学生が書いて、書類を提出することに役立ちます。
論文の執筆中に指導。
固体物理学、量子力学的計算のいくつかのトピックについての講義。
担当授業科目
2023年度・夏学期, CL5: INTERNATIONAL ENVIRONMENTAL SYSTEM ENGINEERING Ⅴ.

2024年度・前期, データ解析概論.

2023年度・前期, データ解析概論.

2024年度・通年, 量子理工学実験.

2023年度・冬学期, 量子物理工学B.

2022年度・冬学期, 量子物理工学B.

2021年度・冬学期, 量子物理工学B.

2023年度・通年, 量子理工学実験.

2022年度・後期, 量子理工学演習Ⅲ.

2022年度・後期, 課題集約演習.

2021年度・後期, 課題集約演習.

2021年度・後期, 量子理工学演習Ⅲ.

2020年度・後期, 量子理工学演習Ⅲ.

2019年度・後期, 量子理工学演習Ⅲ.

2018年度・後期, 量子理工学演習Ⅲ.

2017年度・後期, 量子理工学演習Ⅲ.

2016年度・後期, 量子理工学演習Ⅲ.

2022年度・前期, 量子理工学実験.

2021年度・前期, 量子理工学実験.

2020年度・後期, プログラミング演習.

2019年度・後期, プログラミング演習.

2017年度・秋学期, Basic computational material science.

2017年度・秋学期, Solid State Physics.

2016年度・後期, Solid State Physics.

2016年度・後期, Basic computational material science.

2015年度・後期, 量子理工学演習Ⅲ.

2015年度・後期, Basics of computational material science.

国際教育イベント等への参加状況等
2024.03, Overview lecture on graphene material properties, potential application, and method of synthesis, Tyumen State University, Russia (online), Tyumen, Russia, Tyumen State University, 50.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。