九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
BOGEL CYNTHEA(ぼーげる しんしあ) データ更新日:2021.06.15

教授 /  人文科学研究院 哲学部門 人文科学研究院


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
A 沖縄における共同研究によりJournal of Asian Humanities at Kyushu University (JAH-Q)第6巻(2021年3月)への宮良殿内における19世紀琉球芸術に関する論文の発表につながる。

B オンラインアート展覧会の共同事業の第一ステージの完了。タイトル(日本語仮題)日本と韓国の芸術の関係:海外、陶芸、仏教美術
梨花女子大学(韓国ソウル)の大学院生と教員との協働により構築される。情報は英語、韓国語、日本語で提供されウェブサイトは2021年7月にオープンする。
共同オンライン芸術展:梨花女子大学(ソウル)が九州大学人文科学研究員、人文学国際研究センターのサポートと協力により構築

C The Eastern Buddhist Society, 諮問委員 https://ebs.otani.ac.jp/

D 京都国立博物館との共同国際公開講座シリーズ “東洋染織品の移動と変容/ The Transformation of East Asian Cloth: Transnational and Translocal Textilesのオーガナイザー。2021年月と3月に4セッション。九州大学人文学国際研究センターによる資金援助。

E プログラム:Frogbear (From the Ground Up: Buddhism in East Asian Religions): カナダのSocial Sciences and Humanities Research Councilによる資金援助でブリティッシュコロンビア大学をベースにした4年間の研究と院生の研修プログラム。
2020年度の活動:ベトナム、韓国、中国の研究者と共同で、日本とベトナムでタリスマンのフィールドワークを行うなど、幅広い国際協力活動を行う。
ベトナム国立大学(ハノイ)と共同で、「ベトナムの葬儀と印刷されたタリスマン」という2ヶ国語のドキュメンタリーを撮影中。

F 2020年8月31日〜9月4日まで神戸で開催のAssociation of Asian Studies国際学会“AAS-in-Asia 2020(オンライン) に於いて“Demons and Gods on Display: The Pageantry of Popular Religion as Crossroads Encounters,” と題したパネルでの招待ファシリテーター。

G 2020年度新型コロナ感染症により延期:
梨花女子大学(韓国ソウル)“Buddhist practice and visual culture in East Asia ca. 700: Representing the cosmos on a Buddhist pedestal”ca. 700: Representing the cosmos on a Buddhist pedestal”
コロンビア大学 仏教学の招待セミナー (共催者と学生からの招聘)
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2010.05~2020.06, Advisory board, Metropolitan Center for the Study of Far Eastern Art.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2021.01, 朝鮮半島と日本の美術品オンライン展覧会ウェブサイト
, 九州大学人文学国際研究センター
梨花女子大学, オンライン.

2021.01, 東洋染織品の移動と変容
The Transformation of East Asian Cloth: Transnational and Translocal Textiles, 人文科学研究院 九州大学人文学国際研究センター 
梨花女子大学校 (韓国), オンライン.

その他の優れた社会貢献活動
2019年度, Fieldwork Committee for FROGBEAR: From the Ground Up: Buddhism and East Asian Religions, “is a research and graduate-student training network aimed at fostering scholarship of East Asian religions and their material culture through opportunities for field visits, skill building, study, and knowledge sharing.” It “advances the study of East Asian religions by identifying, analyzing, and disseminating significant new textual, visual, archaeological, and material sources preserved in China, Japan, Korea, and Vietnam.” This international and interdisciplinary project has developed with a $2.5 million grant from the Canadian Social Sciences and Humanities Research Council (SSHRC) and over $20 million in matching contributions from the University of British Columbia (host institution), and international partner institutions (primarily Chinese universities, temples, organizations). All collected textual, art, and material evidence is Open Access..

2017年度, 617 (gallery). Guest Curator. Comme to Tieton • Comme Des Garçons Fashion and Design. Tieton, Washington. August–September 2017.

2016年度, Committee (national representation) for rebranding and new museum logo (1 of 4 persons). Fukuoka Art Museum 福岡市美術館ロゴ・シンボルマーク選考委員会 (Japan)
.

1998年度, Guest Curator. Made in Meiji: Japanese Art from the UOMA Collection, Schnitzer Museum of Art at the University of Oregon (USA).

1995年度, Guest Curator. Nuno: Japanese Textiles for the Body, Contemporary Textiles from NUNO Studio, Tokyo. Gordon Schnitzer Museum of Art at the University of Oregon (USA).

1987年度, Acting Curator of Asian Art and Ethnography, Rhode Island School of Design Museum of Art (USA).

1991年度, Curator of Asian Art and Ethnography, Rhode Island School of Design Museum of Art (USA).

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2020.04~2022.04, 情報化委員会.

2021.04~2022.03, 社会連携推進委員会.

2020.10, 人文学国際研究センター長.

2016.04~2019.03, 国際留学生センター委員会.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」