九州大学 研究者情報
発表一覧
森山 雅文(もりやま まさふみ) データ更新日:2021.06.30

助教 /  九州大学病院 口腔顎顔面外科 口腔顎顔面病態学講座


学会発表等
1. 森山 雅文, IgG4関連疾患を正確に診断するには?〜 唾液腺生検の工夫と画像診断について 〜
, 第63 回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会, 2018.11.
2. 森山 雅文、清水 真弓、坂本 瑞樹、鎮守 晃、望月 敬太、宗村 龍祐、前原 隆、山内 昌樹、石黒 乃理子、中村 誠司, IgG4関連涙腺・唾液腺炎(ミクリッツ病)の病態と診断, 第27回 日本シェーグレン症候群学会, 2018.09.
3. 森山 雅文, Possible involvement of Toll-like receptor in the initiation of IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis, 3rd Symposium for “Accelerating Brain Circulation”, 2017.02.
4. 森山 雅文, 特別企画「IgG4関連疾患の世界トップレベル IgG4関連疾患の病因 – 免疫学的アプローチ −」, 第31回 日本臨床リウマチ学会, 2016.10.
5. 森山 雅文, 田中 昭彦, 太田 美穂, 古川 祥子, 前原 隆, 山内 昌樹, 石黒 乃理子, 林田 淳之介, 中村 誠司, Diagnostic utility of labial salivary gland biopsy in IgG4-related disease, The Annual Meeting of American Academy of Oral Medicine (AAOM) 2016, 2016.04.
6. 森山 雅文, 当科における口腔乾燥症の診断とマネージメント − M3型ムスカリン受容体アゴニストによるドライマウス治療 −, Salivary gland disease ~Summer Seminar in Tenjin~ , 2015.07.
7. 森山 雅文, Management of Xerostomia ~focus on M3 muscarinic receptor agonist~, The 63rd Annual Meeting of Japanese for Dental Research (JADR), 2015.10.
8. 森山 雅文, シェーグレン症候群:診療ガイドラインについて 口腔病変の診断と治療, 第24回日本シェーグレン症候群学会学術集会, 2015.09.
9. 森山 雅文, IgG4関連疾患の唾液腺病変 〜病態形成に関わるTh細胞の活性化機構〜, 第25回日本口腔内科学会学術大会, 2015.09.
10. 森山 雅文, 古川 祥子, 田中 昭彦, 前原 隆, 太田 美穂, 山内 昌樹, 林田 淳之介, 中村 誠司, シェーグレン症候群の病態形成におけるT細胞サブセットの関与, シェーグレン症候群の病態形成におけるT細胞サブセットの関与, 2015.04.
11. 森山 雅文, 田中 昭彦, 前原 隆, 古川 祥子, 太田 美穂, 中村 誠司, IgG4 関連涙腺・唾液腺の疾患概念と免疫学的特徴, 第24回 日本口腔内科学会・第27回 日本口腔診断学会 合同学術大会, 2014.04.
12. 森山 雅文, 田中 昭彦, 前原 隆, 古川 祥子, 太田 美穂, 中村 誠司, IgG4関連疾患の病態形成におけるTh 細胞および自然免疫細胞の関与, 第55回日本神経学会学術大会, 2014.05.
13. Masafumi Moriyama, Sachiko Furukawa, Akihiko Tanaka, Takashi Maehara, Jun-Nosuke Hayashida, Keiko Ohta, Miho Ohta, Seiji Nakamura, T helper subsets in Sjögren syndrome and IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis, so-called Mikulicz's disease, Kyudai Oral Bioscience 2014 -8th International symposium- , 2014.03.
14. Shinsuke Ieda, Masafumi Moriyama, Toru Takeshita, Jun-Nosuke Hayashida, Takashi Maehara, Yoshihisa Yamashita, Seiji Nakamura, Analysis of fungal populations in patients with oral candidiasis using internal transcribed spacer region, Kyudai Oral Bioscience 2014 -8th International symposium- , 2014.02.
15. Sachiko Furukawa, Masafumi Moriyama, Akihiko Tanaka, Takashi Maehara, Hiroto Tsuboi, Mana Iizuka, Jun-Nosuke Hayashida, Keiko Ohta, Miho Ohta, Takayuki Sumida, Seiji Nakamura, Polarized M2 macrophages contribute to the fibrosis of glandular tissue in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis, 2nd International Symposium on IgG4-RD & Associated Conditions, 2014.02.
16. Seiji Nakamura, Masafumi Moriyama, Sachiko Furukawa, Akihiko Tanaka, Takashi Maehara, Keiko Ohta, Miho Ohta, Aberrant activation of Th2 cells by IL-33 in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis, 2nd International Symposium on IgG4-RD & Associated Conditions, 2014.02.
17. Takashi Maehara, Masafumi Moriyama, Akihiko Tanaka, Sachiko Furukawa, Jun-Nosuke Hayashida, Keiko Ohta, Miho Ohta, Seiji Nakamura, IL-21 contributes to ectopic germinal center formation and IgG4 production in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis, 2nd International Symposium on IgG4-RD & Associated Conditions, 2014.02.
18. 森山 雅文, 田中 昭彦, 前原 隆, 古川 祥子, 中村 誠司, IgG4関連疾患の病態形成におけるTh細胞の関与 〜最近のトピックス 「発症と自然免疫」も含めて〜, 第34回 福岡臨床免疫研究会, 2014.02.
19. Masafumi Moriyama, Sachiko Furukawa, Shintaro Kawano, Yuichi Goto, Akihiko Tanaka, Takashi Maehara, Jun-Nosuke Hayashida, Keiko Ohta, Shinsuke Ieda, Yumi Imabayashi, Miho Ohta, Tamotsu Kiyoshima, Mayumi Shimizu, Yojiro Arinobu, Seiji Nakamura, The diagnostic usability of biopsies from submandibular and labial salivary gland in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis, 2nd International Symposium on IgG4-RD & Associated Conditions, 2014.02.
20. 山内 昌樹, 田中 昭彦, 森山 雅文, 川野 真太郎, 林田 淳之介, 前原 隆, 古川 祥子, 太田 美穂, 中村 誠司, IgG4関連涙腺・唾液腺炎(いわゆるMikulicz病)が疑われた悪性リンパ腫の1例, 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013.10.
21. 古川 祥子, 森山 雅文, 川野 真太郎, 田中 昭彦, 前原 隆, 林田 淳之介, 大山 恵子, 大山 順子, 森 悦秀, 中村 誠司, Küttner腫瘍とIgG4関連涙腺・唾液腺炎(いわゆるMikulicz病), 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013.10.
22. Seiji Nakamura, Masafumi Moriyama, Akihiko Tanaka, Takashi Maehara, Jun-Nosuke Hayashida, Shoichi Shinozaki, Sachiko Furukawa, Shinsuke Ieda, Helper T subsets involved in the pathogenesis of localized autoimmune damage in Sjögren’s syndrome, 12th International Symposium on Sjögren's Syndrome , 2013.10.
23. Sachiko Furukawa, Masafumi Moriyama, Akihiko Tanaka, Takashi Maehara, Hiroto Tsuboi, Jun-Nosuke Hayashida, Keiko Ohta, Miho Ohta, Takayuki Sumida, Seiji Nakamura, Polarized M2 macrophages promote fibrosis of glandular tissue in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis (IgG4-DS), 12th International Symposium on Sjögren's Syndrome , 2013.10.
24. Miho Ohta, Akihiko Tanaka, Masafumi Moriyama, Shintaro Kawano, Takashi Maehara, Keiko Ohta, Sachiko Furukawa, Tamotsu Kiyoshima, Mayumi Shimizu, Yojiro Arinobu, Jun-Nosuke Hayashida, Seiji Nakamura, A case of malignant lymphoma initially suspected IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis (IgG4-DS), 12th International Symposium on Sjögren's Syndrome , 2013.10.
25. Keiko Ohta, Masafumi Moriyama, Jun-Nosuke Hayashida, Takashi Maehara, Akihiko Tanaka, Shinsuke Ieda, Sachiko Furukawa, Yumi Imabayashi, Seiji Nakamura, Saliva as a potential tool for the diagnosis of dry mouth including Sjören's syndrome, 12th International Symposium on Sjögren's Syndrome , 2013.10.
26. Mayumi Shimizu, Masafumi Moriyama, Kazutoshi Okamura, Toshiyuki Kawazu, Yoshihiro Tsukiyama, Koichiro Abe, Yukiko Ohyama, Seiji Nakamura, Kazunori Yoshiura, Imaging diagnosis for IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis (IgG4-DS), 12th International Symposium on Sjögren's Syndrome , 2013.10.
27. Takashi Maehara, Masafumi Moriyama, Akihiko Tanaka, Jun-Nosuke Hayashida, Sachiko Furukawa, Keiko Ohta, Miho Ohta, Seiji Nakamura, IL-21 contributes to germinal center formation and IgG4 production in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis (IgG4-DS), 12th International Symposium on Sjögren's Syndrome , 2013.10.
28. Mayumi Shimizu, Kazutoshi Okamura, Masafumi Moriyama, Koichiro Abe, Yukiko Ohyama, Seiji Nakamura, Kazunori Yoshiura, Imaging diagnosis for Sjören's syndrome by scintigraphy - Comparison with sonography and sialography -, 12th International Symposium on Sjögren's Syndrome , 2013.10.
29. 森山 雅文, 田中 昭彦, 前原 隆, 大山 恵子, 古川 祥子, 太田 美穂, 林田 淳之介, 中村 誠司, 当科におけるドライマウスの診断と治療体系ーM3型ムスカリン受容体アゴニストによるドライマウス治療ー, 第22回日本シェーグレン症候群学会学術集会, 2013.09.
30. 古川 祥子, 森山 雅文, 田中 昭彦, 前原 隆, 坪井 洋人, 林田 淳之介, 大山 恵子, 太田 美穂, 住田 孝之, 中村 誠司, IgG4関連涙腺・唾液腺炎(IgG4-DS)の病態形成におけるM2マクロファージの関与, 第22回日本シェーグレン症候群学会学術集会, 2013.09.
31. 大山恵子, 森山 雅文, 林田 淳之介, 篠崎 昌一, 田中 昭彦, 前原 隆, 家田 晋輔, 古川 祥子, 中村 誠司, 唾液を用いたドライマウスの新しい診断方法および病態把握の試み, 第10回口腔ケア学会, 2013.06.
32. 家田 晋輔, 森山 雅文, 篠崎 昌一, 林田 淳之介, 田中 昭彦, 前原 隆, 古川 祥子, 中村 誠司, 口腔カンジダ症の新たな診断と治療法確立の試み, 第10回口腔ケア学会, 2013.06.
33. 森山 雅文, 田中 昭彦, 前原 隆, 古川 祥子, 中村 誠司, IgG4関連疾患の病態形成におけるT細胞サブセットの関与, 第18回 シェーグレン症候群セミナー, 2013.05.
34. 森山 雅文, 田中 昭彦, 前原 隆, 古川 祥子, 林田 淳之介, 中村 誠司, シェーグレン症候群の病態形成におけるThサブセットの関与, 第12回 九州シェーグレン症候群研究会, 2013.05.
35. 森山 雅文, 田中 昭彦, 前原 隆, 古川 祥子, 林田 淳之介, 中村 誠司, シェーグレン症候群の病態形成におけるThサブセットの関与, 第12回 九州シェーグレン症候群研究会, 2013.05.
36. 中村 誠司, 森山 雅文, 田中 昭彦, 前原 隆, 林田 淳之介, 篠崎 昌一, 久保 義朗, 古川 祥子, IgG4関連疾患の病態形成におけるT細胞サブセットの関与, 第57回 日本リウマチ学会総会・学術集会, 2013.04.
37. 森山 雅文, シェーグレン症候群の病態形成におけるThサブセットの関与, 第21回 日本シェーグレン症候群学会, 2011.09.
38. 森山 雅文, 田中 昭彦, 前原 隆, 中村 誠司, ドライマウスならびに関連疾患の診断基準の up to date, 第11回 九州シェーグレン症候群研究会, 2011.05.
39. 森山 雅文, 田中 昭彦, 前原 隆, 中村 誠司, ドライマウスならびに関連疾患の診断基準の up to date, 第11回 九州シェーグレン症候群研究会, 2011.05.
40. 森山 雅文, ミクリッツ病 / IgG4 関連疾患の病態形成におけるサイトカイン・ケモカイン・ケモカインレセプターの関与, 第5回 福岡膠原病研究会, 2011.02.
41. 古川 祥子, 林田 淳之介, 久保 義朗, 豊嶋 健史, 森山 雅文, 田中 昭彦, 前原 隆, 大山 恵子, 中村 誠司, 当科過去 5 年間における口腔扁平苔癬の臨床統計的検討, 第81回(公社)日本口腔外科学会九州地方会, 2011.06.
42. 坪井 洋人, 松尾 直美, 飯塚 麻菜, 田中 昭彦, 森山 雅文, 松本 功, 中村 誠司, 住田 孝之, IgG4関連疾患におけるIgG4クラススイッチ関連分子の解析, 第20回 日本シェーグレン症候群学会, 2011.09.
43. 坪井 洋人, 松尾 直美, 田中 昭彦, 森山 雅文, 飯塚 麻菜, 松本 功, 中村 誠司, 住田 孝之, Analysis of IgG4 class switch related molecules in IgG4-related disease, 第40回 日本免疫学会学術集会, 2011.11.
44. 前原 隆, 森山 雅文, 林田 淳之介, 田中 昭彦, 篠崎 昌一, 中村 誠司, ミクリッツ病 / IgG4関連疾患の病態形成におけるサイトカインの関連についての検討, The 59th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, 2011.10.
45. 前原 隆, 森山 雅文, 林田 淳之介, 田中 昭彦, 篠崎 昌一, 中村 誠司, Localization of Th subsets in salivary glands of Sjögren’s syndrome, 11th International Symposium on Sjogren's Syndrome, 2011.09.
46. 田中 昭彦, 森山 雅文, 林田 淳之介, 前原 隆, 篠崎 昌一, 中村 誠司, Involvement of cytokines in the pathogenesis of Mikulicz’s disease, 11th International Symposium on Sjogren's Syndrome, 2011.09.
47. 前原 隆, 森山 雅文, 林田 淳之介, 田中 昭彦, 篠崎 昌一, 久保 義朗, 中村 誠司, シェーグレン症候群の病変局所における Th サブセットの局在に関する検討, 第56回(社)日本口腔外科学会総会・学術大会, 2011.10.
48. 家田 晋輔, 森山 雅文, 竹下 徹, 林田 淳之介, 篠崎昌一, 田中昭彦, 前原 隆, 大山恵子, 久保慶朗, 古川 祥子, 山下 喜久, 中村 誠司, Relationship between fungal and oral mucosal disease, 第60回JADR総会・学術大会, 2012.12.
49. 古川 祥子, 森山 雅文, 林田 淳之介, 田中 昭彦, 前原 隆, 大山 恵子, 久保 慶朗, 家田 晋輔, 中村 誠司, IL-33 contributes to the pathogenesis of Sjögren syndrome , 第60回JADR総会・学術大会, 2012.12.
50. 今林 佑美, 後藤 雄一, 森山 雅文, 中村 誠司, The use of segmentectomy and hyperbaric oxygenation in treatment of bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaw : a case report, ACOMS (アジア口腔顎顔面外科学会), 2012.11.
51. 森山 雅文, 林田 淳之介, 田中昭彦, 前原 隆, 篠崎昌一, 久保慶朗, 古川祥子, 中村 誠司, ミクリッツ病/IgG4関連疾患の臨床的検討, 第57回日本口腔外科学会総会, 2012.10.
52. 田中昭彦, 森山 雅文, 林田 淳之介, 前原 隆, 篠崎昌一, 久保慶朗, 古川祥子, 中村 誠司, ミクリッツ病/IgG4関連疾患のIgG4産生におけるサイトカイン・ケモカインの関与, 第57回日本口腔外科学会総会, 2012.10.
53. 前原 隆, 森山 雅文, 林田 淳之介, 田中昭彦, 篠崎昌一, 久保慶朗, 古川祥子, 中村 誠司, ミクリッツ病/IgG4関連疾患の胚中心過形成におけるIL-21の関与, 第57回日本口腔外科学会総会, 2012.10.
54. 前原 隆, 森山 雅文, 田中 昭彦, 林田 淳之介, 篠崎 昌一, 久保 慶朗, 古川 祥子, 中村 誠司, ミクリッツ病の病態形成およびIgG4産生における IL-21 の関与, 第21回 日本シェーグレン症候群学会, 2012.09.
55. 田中 昭彦, 林田 淳之介, 森山 雅文, 前原 隆, 久保 慶朗, 家田 晋輔, 古川 祥子, 中村 誠司, 九州大学病院ドライマウス外来におけるドライマウスの診断と治療 —過去10年間のドライマウス患者の臨床統計—, 第9回 日本口腔ケア学会, 2012.06.
56. 森山 雅文, 篠崎 昌一, 林田 淳之介, 田中 昭彦, 前原 隆, 久保 慶朗, 家田 晋輔, 古川 祥子, 中村 誠司, ドライマウス患者における唾液分泌促進材の有用性と副作用の検討 —塩酸セビメリンと塩酸ピロカルピンのクロスオーバー比較試験—, 第9回 日本口腔ケア学会, 2012.06.
57. 森山 雅文, 前原 隆, 林田 淳之介, 田中 昭彦, 久保 慶朗, 中村 誠司, IgG4関連ミクリッツ病の病態形成におけるサイトカインの関与, 第6回 IgG4研究会, 2012.03.
58. 前原隆, 森山 雅文, 林田 淳之介, 田中昭彦, 篠崎昌一, 久保慶朗, 中村 誠司, Interleukin-21 contributes to germinal center formation and immunoglobulin G4 production in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis, so called Mikulicz’s disease, ACOMS (アジア口腔顎顔面外科学会) , 2011.11.
59. 田中 昭彦, 森山 雅文, 林田 淳之介, 篠崎 昌一, 前原 隆, 大山 恵子, 久保 義朗, 家田 晋輔, 中村 誠司, ドライマウスにおけるシェーグレン症候群の鑑別診断, 2011.10.
60. 坪井 洋人, 松尾 直美, 飯塚 麻菜, 中村 友美, 松本 功, 森山 雅文, 中村 誠司, 住田 孝之, IgG4と免疫疾患 IgG4関連疾患におけるIgG4クラススイッチ関連分子の解析, 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会・20回国際リウマチシンポジウム, 2011.07.
61. M Moriyama, A Tanaka, JN Hayashida, S Shinozaki, T Maehara, Y Kubo, S Nakamura , Clinical characteristics of one of IgG4-related diseases, Mikulicz's disease, 61th Kongress der Deutschen Gesellschaft für Mund-, Kiefer- und Gesichtschirurgie , 2011.06.
62. 森山雅文、中村誠司、田中昭彦、前原隆, ミクリッツ病/IgG4関連疾患の病態形成におけるサイトカインの関与, 第3回 IgG4研究会, 2009.03.
63. M Moriyama, JN Hayashida, S Shinozaki, K Hamanaka, S Nakamura , Differences in the pathogenesis of Mikulicz’s disease and Sjögren's syndrome, 85th General Session & Exhibition of the International Association of Dental Research (IADR), 2008.07.
64. 森山雅文、林田淳之將、篠崎昌一、浜中恵子、中村誠司, ミクリッツ病とシェーグレン症候群の病態における相違点, 第62回日本口腔外科学会総会, 2008.04.
65. 森山雅文、林田淳之將、篠崎昌一、浜中恵子、中村誠司, ミクリッツ病とシェーグレン症候群の唾液腺病変における相違点, 第2回 IgG4研究会, 2008.03.
66. M Moriyama, JN Hayashida, K Hamanaka, S Shinozaki, Y Ohyama, M sasaki, S Nakamura., Involvement of IgG4+ B cells and Th2 cells in the pathogenesis of Mikulicz’s disease., 89th American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons (AAOM), 2007.10.
67. 森山雅文、林田淳之將、篠崎昌一、浜中恵子、大山順子、中村誠司 , ミクリッツ病とシェ−グレン症候群の病態における相違点, 第16回 日本シェーグレン症候群研究会, 2007.09.
68. 森山雅文、大山順子、林田淳之將、佐々木匡理、浜中恵子、篠崎昌一、中村誠司 , ミクリッツ病とシェ−グレン症候群の相違点, 第61回 日本口腔科学会総会, 2007.04.
69. 森山雅文、林田淳之將、見立英史、浜中恵子、篠崎昌一、大山順子、佐々木匡理、中村誠司 , シェ−グレン症候群の新しい診断と病態解析方法 -唾液中のサイトカインとケモカイン-, 第51回 日本口腔外科学会総会, 2006.10.
70. 森山雅文、林田淳之將、浜中恵子、篠崎昌一、山本晴久、南栄、大山順子、佐々木匡理、碇竜也、中村誠司 , シェ−グレン症候群の新しい診断と病態解析方法の試み, 第15回 日本シェーグレン症候群研究会, 2006.09.
71. M Moriyama, J-N Hayashida, E Mitate, Y Ohyama, M Sasaki, and S Nakamura , Possible involvement of cytokines, chemokines, and chemokine receptors in the initiation and progression of Sjögren’s syndrome
, 8th Biennial Congress of the European Association of Oral Medicine (EAOM), 2006.09.
72. M.moriyama, J-N. Hayashida, E. Mitate, Y. Ohyama, M. Sasaki, and S. Nakamura , A new method in making definitive diagnosis of SS, 84th General Session & Exhibition of the International Association of Dental Research (IADR), 2006.06.
73. 森山雅文、林田淳之將、見立英史、大山順子、佐々木匡理、中村誠司, シェ−グレン症候群の新しい診断と病態解析方法の試み, 第60回 日本口腔科学会総会, 2006.05.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」