九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動
藤井 告(ふじい つぐる) データ更新日:2021.06.14

准教授 /  農学研究院 資源生物科学部門 システム生物学


主な研究テーマ
1) ゲノム編集による物質生産宿主としてのカイコの分子育種に関する研究
CRISPR/Cas9によりカイコを合目的的に改変し、物質生産宿主として優れた性質を有した新規系統の育種を行っている。

2) 昆虫有用遺伝子の探索と機能解析に関する研究
九州大学で保存されている世界最大規模のカイコ変異体群に着目し、交配実験、次世代シーケンス解析、ゲノム編集、生理・生化学的な実験手法を取り入れ、変異体の原因遺伝子の解析を通じて、昆虫有用遺伝子の探索と機能解析を行っている。
キーワード:カイコ ゲノム編集 タンパク質生産 変異体 次世代シーケンス解析 
2020.06~2020.12.
従事しているプロジェクト研究
ナショナルバイオリソースプロジェクト
2017.04~2021.03, 代表者:伴野豊, 九州大学, 九州大学農学研究院遺伝子資源開発研究センター
カイコバイオリソースの保存・提供・収集を行う事業である。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Tsuguru Fujii, Kohei Kakino, Miyu Tanaka, Jae Man Lee, Takahiro Kusakabe, Yutaka Banno, A defect in purine nucleotide metabolism in the silkworm, Bombyx mori, causes a translucent larval integument and male infertility, Insect Biochemistry and Molecular Biology, 10.1016/j.ibmb.2020.103458, 2020.08.
2. Fujii T., Banno Y., Identification of a novel function of the silkworm integument in nitrogen metabolism: Uric acid is synthesized within the epidermal cells in B. mori, Insect Biochemistry and Molecular Biology, 10.1016/j.ibmb.2018.12.014, 105, 43-50, [URL].
3. Fujii T., Yamamoto K., Banno Y., Translucent larval integument and flaccid paralysis caused by genome editing in a gene governing molybdenum cofactor biosynthesis in Bombyx mori, Insect Biochemistry and Molecular Biology, 10.1016/j.ibmb.2018.04.008, 99, 11-16, [URL].
4. Fujii T., Banno Y., Enlargement of egg size by crispr/cas9-mediated knockout of a sex-linked gene in the silkworm, bombyx mori, Journal of Insect Biotechnology and Sericology, 10.11416/jibs.87.3_071, 87, 3, 71-78, [URL].
5. Fujii T., Banno Y., Unique phenotype of the metamorphosis-defective mutant Ishigameyoh (gap): Establishment of a PCR-based marker for efficacious mutant maintenance in Bombyx mori, Journal of Insect Biotechnology and Sericology, 10.11416/jibs.86.3_095, 86, 3, 95-103, [URL].
6. Fujii T., Fujii T., Namiki S., Abe H., Sakurai T., Ohnuma A., Kanzaki R., Katsuma S., Ishikawa Y., Shimadaa T., Sex-linked transcription factor involved in a shift of sex-pheromone preference in the silkmoth Bombyx mori, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 10.1073/pnas.1107282108, 108, 44, 18038-18043, [URL].
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本蚕糸学会
学協会役員等への就任
2020.01~2021.03, ナショナルバイオリソースプロジェクト, 運営委員.
2019.04~2021.03, 日本蚕糸学会, 若手の会運営委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2021.03.19~2021.03.19, 日本蚕糸学会第91回大会, 若手の会運営委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2021年度
2017年度      
2018年度      
2019年度      
2020年度      
2021年度
受賞
日本蚕糸学会進歩賞奨励賞, 日本蚕糸学会, 2018.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2018年度, 若手研究(B), 代表, カイコの内分泌系を制御する新規尿酸関連遺伝子の研究.
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 代表, 真皮細胞における尿酸合成能の発見と生理・遺伝学的解析.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」