九州大学 研究者情報
発表一覧
田中 理子(たなか みちこ) データ更新日:2020.04.06

特任助教 /  薬学研究院 革新的バイオ医薬創成学


学会発表等
1. Taketomi K, Tanaka M, The theory-practice gap in nursing education; A systematic review focused on the academic and clinical education, The 6th International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science, 2020.02.
2. Tanaka M, Taketomi K, A synergic affect of passive smoking and having dog on pediatric asthma in Japan, The 6th International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science, 2020.02.
3. 松本拓也、森崎浩一、山下勝、吉野伸一郎、黒瀬俊、中山謙、吉屋圭史、田中理子、山岡輝年、古山正、米満吉和、森正樹, 間歇性跛行に対する血行再建後の遠隔期成績と近未来治療, 第47回日本血管外科学会学術総会 シンポジウム10 大腿膝窩動脈病変をもつ跛行肢の長期治療成績, 2019.05.
4. Tanaka M, Harada Y, Yonemitsu Y, An update progress report of Current status of clinical development for gene therapy with Sendai virus vector expressing the human FGF-2 gene (DVC1-0101) to treat peripheral arterial disease, American Society of Gene & Cell Therapy 21st Annual Meeting, 2019.04.
5. 武冨貴久子、田中理子, EBNと看護研究の実践環境と教育的課題の検討-大学病院と一般病院の比較から-, 第38回日本看護科学学会学術集会, 2018.12.
6. 田中理子、米満吉和, 末梢動脈疾患に対する血管新生遺伝子療法, 脳心血管抗加齢研究会2018 シンポジウム5 再生医療とアンチエイジング, 2018.12.
7. Tanaka M, Yonemitsu Y, Nursing implications for gene therapy to treat peripheral arterial disease, 22nd International Conference on Global Nursing Education & Research, 2018.10.
8. 緒方泰子、森岡典子、湯本淑江、武村雪絵、西岡みどり、武冨貴久子、田中理子、米倉佑貴、田中幸子、網中眞由美, 看護職のHealthy Work Environment特性の解明に向けた前向き研究(第2報):2016-2017年の調査より, 第56回日本医療・病院管理学会学術集会, 2018.10.
9. Tanaka M, Yonemitsu Y, Current status of clinical development for gene therapy with Sendai virus vector expressing the human FGF-2 gene (DVC1-0101) to treat peripheral arterial disease, European Society of Gene & Cell Therapy, 2018.10.
10. Taketomi K, Tanaka M, Ootaki J, Nursing students’ satisfaction with their clinical learning environment and related factors in Japan, CLES2018 Symposium, 2018.09.
11. 緒方泰子、湯本淑江、森岡典子、武村雪絵、西岡みどり、武冨貴久子、田中理子、米倉佑貴、田中幸子、網中眞由美, 看護職のHealthy Work Environment特性の解明に向けた前向き研究(第1報):ベー
スライン調査, 第22回日本看護管理学会学術集会, 2018.08.
12. 武冨貴久子、田中理子、大滝純司, 看護師が根拠に基づく看護を実践するための情報リテラシー教育のニーズに関する検討
Educational Needs on Information Literacy of Nurses for Evidence Based Nursing Practice, 第50回医学教育学会, 2018.08.
13. 溝部昌子、大久保縁、菊池絵里、#田中理子、伊藤清恵、武内龍伸、岩倉真由美, 血管看護としてのスキル・ケア・コンピテンシー -実践者によるフォーカスグループディスカッションでの検討, 第3回日本血管看護研究会, 2018.05.
14. Tanaka M, Yonemitsu Y, Nursing implications for gene therapy to treat peripheral arterial disease, Society for Vascular Nursing 36th Annual Conference, 2018.06.
15. 田中理子、米満吉和, アンチエージング医学的アプローチとしての血管新生療法, 第18回日本抗加齢医学会総会, 2018.05.
16. Tanaka M, Harada Y, Yonemitsu Y, Current status of clinical development for gene therapy with Sendai virus vector expressing the human Fgf-2 gene (DVC1-0101) to treat peripheral arterial disease, American Society of Gene & Cell Therapy, 2018.05.
17. Kuramori K, Harada Y, Tanaka M, Yonemitsu Y, A novel natural killer cell phenotype that can eliminate solid tumors, Innate Killer Summit 2018, 2018.03.
18. 溝部昌子、岩倉真由美、田中理子、林田賢史, 血管看護師に求められるコンピテンシー―質問紙調査による結果から―, 第37回日本看護科学学会学術集会, 2017.12.
19. 田中理子、米満吉和, 高性能国産新規RNAウイルスベクターによる虚血肢製剤の開発, 第5回TR推進合同フォーラム・ライフサイエンス技術交流会, 2017.11.
20. 古山正、山下勝、松本拓也、中山謙、吉賀亮輔、吉屋圭司、井上健太郎、森崎浩一、田中理子、米満吉和、前原喜彦, DVC1-0101を用いた血管新生遺伝子治療 ~5年間のlong-termデータによる安全性の検証~, 第58回日本脈管学会総会, 2017.10.
21. 山下勝、松本拓也、中山謙、吉賀亮輔、吉屋圭司、井上健太郎、森崎浩一、古山正、田中理子、米満吉和、前原喜彦, 重症虚血肢に対する血管新生遺伝子治療が患者のQOLに及ぼす影響, 第58回日本脈管学会総会, 2017.10.
22. 岩倉真由美、溝部昌子、宮田哲郎、重松邦広、田中理子、林田賢史, 血管看護師の充実に求められること, 第5回看護理工学会学術集会, 2017.10.
23. Taketomi K, Tanaka M, Ootaki J, Nursing students’ satisfaction of the clinical learning environment and its related factors in Japan, An International Association for Medical Education 2017, 2017.08.
24. 武冨貴久子、田中理子, EBN導入に伴う臨床看護師のレディネスの検証, 第21回日本看護管理学会学術集会, 2017.08.
25. Tanaka M, Yonemitsu Y, An update of clinical development for gene therapy with Sendai virus vector expressing the human FGF-2 gene (DVC1-0101) to treat peripheral arterial disease, The 23rd Annual Meeting of Japan Society of Gene and Cell Therapy; Cardiovascular Symposium, 2017.07.
26. 田中理子, 米満吉和, 研究職としての血管診療への関わり:血管新生遺伝子治療の開発, 第45回日本血管外科学会学術総会 メディカルスタッフ特別シンポジウム, 2017.04.
27. 松本拓也, 松田大介, 山下勝, 吉賀亮輔, 吉屋圭史, 井上健太郎, 松原裕, 古山正, 田中理子, 米満吉和, 前原喜彦, 閉塞性下肢動脈閉塞症に対する血管新生療法に於けるチーム医療, 第45回日本血管外科学会学術総会, 2017.04.
28. 田中理子, 永野みどり, 武冨貴久子, 緒方泰子, マグネット特性を反映した職場環境と看護スタッフの精神健康状態との関係, 第36回日本看護科学学会学術集会, 2016.12.
29. 武冨貴久子, 緒方泰子, 田中理子, 田中幸子, 菅田勝也, 看護師の看護実践環境に対する認識―マグネット病院の特性を反映したPES-NWIの分析から―, 第36回日本看護科学学会学術集会, 2016.12.
30. Tanaka M, Imamura M, Yoshida K, Yonemitsu Y, Long-term safety of gene transfer of recombinant Sendai-virus vector carrying FGF2 for peripheral artery disease , American Heart Association Scientific Sessions 2016, 2016.11.
31. Tanaka M, Imamura M, Yoshida K, Yonemitsu Y, Gene therapy with recombinant Sendai virus vector for peripheral arterial disease: 1-year follow-up of QOL scores, European Society of Gene & Cell Therapy, 2016.10.
32. Tanaka M, Ikeda Y, Yoshida K, Imamura M, Yonomitsu Y, Gene Therapy Nursing: clinical experience of using viral vectors, 15th Euro Nursing & Medicare Summit, 2016.10.
33. 田中理子, 武冨貴久子, 川本利恵子, 大学院教育が看護プロフェッショナリズムに与える影響, 第26回日本看護学教育学会学術集会, 2016.08.
34. 武冨貴久子, 田中理子, 臨地実習の学習環境・指導教育に対する看護学生の認識:CLES+T評価尺度日本語版の開発, 第26回日本看護学教育学会学術集会, 2016.08.
35. 田中理子, 永野みどり, 武冨貴久子, 緒方泰子, 健康的な職場環境を実現する看護管理モデルの開発—看護スタッフの精神的健康状態の現状調査, 第20回日本看護管理学会学術集会, 2016.08.
36. 武冨貴久子, 緒方泰子, 田中理子, 田中幸子, 菅田勝也, マグネット病院の特性を反映した職場の評価―PES-NWIを用いた看護師長とスタッフの比較から―, 第20回日本看護管理学会学術集会, 2016.08.
37. 田中理子, やってみようABI測定, 血管看護領域における患者アセスメントと看護ケア-看護師がおこなう下肢血流評価とその活かし方- 第1回日本血管看護研究会セミナー, 2016.02.
38. Tanaka M, Yonemitsu Y, The Current Status of Gene-Based Therapeutic Angiogenesis for Peripheral Arterial Disease, 11th International Congress on Coronary Artery Disease, 2015.11.
39. Fujino Y, Toyofuku K, Yoshikawa Y, Tanaka M, Kawamoto R, Nursing informatics competency among Japanese nurses, The 4th World Academy of Nursing Science, 2015.10.
40. Taketomi K, Tanaka M, Kikukawa M, Yoshida M, Otaki J, Issues on learning physical assessment in nursing education; a systematic review, The 4th World Academy of Nursing Science, 2015.10.
41. Tanaka M, Taketomi K, Yonemitsu Y, Gene Therapy for Peripheral Arterial Disease and Nursing Implications: Clinical Experience on the Use of Send-viral Vector, The 4th World Academy of Nursing Science, 2015.10.
42. Tanaka M, Matsumoto T, Yonemitsu Y, Factors to improve quality of life undergo gene therapy for critical limb ischemia, The 4th World Academy of Nursing Science, 2015.10.
43. 今村真理子, 田中理子, 平野香織, 吉田久美, 米満吉和, 下肢虚血の検査評価法—EQuIPの導入, 第4回日本下肢救済・足病学会 九州・沖縄地方会学術集会, 2015.09.
44. 今村真理子, 松本拓也, 古山正, 松田大介, 青栁幸彦, 吉屋圭史, 吉賀亮輔, 田中理子, 米満吉和, 前原喜彦, 末梢閉塞性動脈硬化症に対する血管新生遺伝子治療の現状と九州大学での取り組み, 第4回日本下肢救済・足病学会 九州・沖縄地方会学術集会, 2015.09.
45. 田中理子, 田中かおり, 米満吉和, PAD疾患レジストリによる多施設共同研究システム -UPDATE 2014 -, 薬物治療による血管新生療法の展望2015, 2015.02.
46. 田中理子, 小野原俊博, 福田篤志, 三井信介, 伊藤啓行, 岡崎仁, 松本拓也, 山岡輝年, 森崎浩一, 岡留淳, 田中かおり, 岸本淳司, 米満吉和, 前原喜彦, 被験者リクルート促進に向けた疾患レジストリの構築, 日本臨床試験学会第6回学術集会, 2015.02.
47. Tanaka M, Taketomi K, Yonemitsu Y, Kawamoto R, Professional behaviors contributed to nurse manager, the 34th Academic Conference of Japan Academy of Nursing Science, 2014.11.
48. Tanaka M, Yonemitsu Y, Kawamoto R, Effect of educational degrees on nursing profession in Japan, 2nd International Conference on Nursing & Healthcare, 2014.11.
49. 田中理子, 田中かおり, 米満吉和, PAD疾患レジストリによる多施設共同研究システム -UPDATE-, 薬物治療による血管新生療法の展望2014, 2014.09.
50. 田中 理子, 川本利恵子, 職位別にみた看護プロフェッショナリズムの現状, 第20回千葉看護学会, 2014.09.
51. 田中 理子, 藤野ユリ子, 武冨貴久子, 今村貞良, 米満吉和, 慢性閉塞性動脈硬化症による下肢虚血患者の看護に関する実践の報告 -研究看護師の革新的取り組み-, 第18回日本看護管理学会学術集会, 2014.08.
52. 藤野ユリ子, 田中 理子, 豊福佳代, 今村貞良, 川本利恵子, 看護師の情報活用実践力, 第18回日本看護管理学会学術集会, 2014.08.
53. 田中 理子, 藤野ユリ子, 武冨貴久子, 米満吉和, 川本利恵子, 看護教員の看護プロフェッショナリズムに関する調査, 第24回日本看護学教育学会学術集会, 2014.08.
54. 藤野ユリ子, 田中 理子, 川本利恵子, 看護大学生のICT活用状況とインターネット依存, 第24回日本看護学教育学会学術集会, 2014.08.
55. 田中理子, 米満吉和, PAD疾患レジストリによる多施設共同研究システム構築進捗状況報告, 第7回重症下肢虚血の治療を考える会, 2014.03.
56. 田中 理子, 藤野ユリ子, 米満吉和, 川本利恵子, 日本における看護プロフェッショナリズムの現状, 第33回日本看護科学学会学術集会, 2013.12.
57. Tanaka M, Fujino Y, Yonemitsu Y, A pilot study of quality of life for patients with chronic critical limb ischemia after gene therapy, European Society for Gene and Cell Therapy (ESGCT) and SETGyC Collaborative Congress, 2013.10.
58. Fujino Y, Tanaka M, Yonemitsu Y, The efficacy and safety of DVC1-0101 for intermittent claudication secondary to peripheral artery disease: study protocol of a randomized phase IIb trial, European Society for Gene and Cell Therapy (ESGCT) and SETGyC Collaborative Congress, 2013.10.
59. Tanaka M, Fujino Y, Yonemitsu Y, Kawamoto R, International comparison of professional behavior between nurse leaders in USA and Japan, The 3rd World Academy of Nursing Science, 2013.10.
60. Fujino Y, Tanaka M, Yonemitsu Y, Kawamoto R, Internet addiction and emotional intelligence among nursing students, The 3rd World Academy of Nursing Science, 2013.10.
61. Tanaka M, Fujino Y, Yonemitsu Y, Kawamoto R, Professional behavior contributed among Japanese nurses, The 9th International Nursing Conference, 2013.10.
62. Fujino Y, Tanaka M, Yonemitsu Y, Kawamoto R, The relationship of information and communication technology and emotional intelligence among nursing students, The 9th International Nursing Conference, 2013.10.
63. 藤野ユリ子, 田中理子, 米満吉和, PAD疾患レジストリによる多施設共同研究システム構築, 第6回重症下肢虚血の治療を考える会, 2013.08.
64. 田中理子, 藤野ユリ子, 米満吉和, PAD疾患レジストリー, 第5回重症下肢虚血の治療を考える会, 2013.02.
65. Tanaka M, Kataoka M, Yonemitsu Y, The essential role of the translational research coordinator in gene therapy trial, European Society for Gene and Cell Therapy 20th Anniversary Congress jointly organized with the French Society of Cell and Gene Therapy, 2012.10.
66. 田中 理子, 鬼塚理, 片岡希美, 菊武恵子, 米満吉和, 中西洋一, 遺伝子治療臨床研究へのTRC支援, 日本臨床試験研究会第3回学術集会総会, 2012.02.
67. 佐々木千帆, 岩永亮子, 中村優実子, 田中理子, 佐野佳子, 松本治美, 円滑なCRC業務への取り組み –医師へのアンケート調査を実施して -, 九州大学病院業務改善研究報告会, 2012.02.
68. Tanaka M, Shimokawa M, Kawamoto R, Reliability and validity of the Japanese version of the Professionalism in Nursing Behavioral Inventory, The 8th International Nursing Conference, 2011.10.
69. Fujino Y, Inoue H, Tanaka M, Nakahata T, Analysis of Intravenous Injection Nurse Development Program Online Mock Examination Logs using Item Response Theory, Global Learn Asia Pacific, 2011.03.
70. Tanaka M, Fujino Y, Taketomi K, Kawamoto R, Garon M, Ringle K, Professionalism in US Nurse Leaders, The 14th East Asian Forum of Nursing Scholars, 2011.02.
71. Tanaka M, Vaughan S, Garon M, Ringl K, Professionalism in Nurse Leaders, Upsilon Beta Chapter Sigma Theta Tau International, 2008.04.
72. 田中 理子, 救急救命センターにおける面会について考える~面会時の対応マニュアルを作成して~, 第24回日本救急医学会総会, 1996.10.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」