九州大学 研究者情報
総説一覧
石藏 良平(いしくら りようへい) データ更新日:2021.06.10

准教授 /  工学研究院 社会基盤部門 地盤学


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 安福規之,石藏良平,小林泰三,谷山充, 打撃エネルギーを利用したバックホウによる盛土法面締固め技術とその適用, 基礎工, 92-95, 2020.11.
2. 石藏良平,古川全太郎, 地盤工学会誌九州支部70年記念事業報告, 地盤工学会誌, 2020.07.
3. 石藏良平,安福規之, 将来気候データを用いた河川堤防の危険度評価に向けた取り組み, 西部地区自然災害資料センターニュース,3-6, 2020.03.
4. 公益社団法人地盤工学会 平成30年度会長特別委員会 , 平成30年7月豪雨を踏まえた豪雨地盤災害に対する地盤工学の課題ー地盤工学からの提言ー 2章4節 ため池の被害 提言4.4 分担執筆, 2019.05.
5. (公益社団法人)地盤工学会 平成29年7月九州北部豪雨地盤災害調査団, 平成29年7月九州北部豪雨による地盤災害調査報告書, 2018.06.
6. 石藏良平,安福規之,Michael J.Brown, 地盤工学会論文賞(英文部門)を受賞して, 地盤工学会誌, 2018.06.
7. 安福規之,笠間清伸,石藏良平,村上哲, 平成29年7月九州北部豪雨の被害報告―地盤災害を中心にして―, 基礎工, 2018.03.
8. 地盤工学会九州支部 国際委員会, 第8回地盤工学における最近の課題に関するアジアジョイントシンポジウム(JS-Tainan 2016)開催報告, 地盤工学会誌, 2017.07.
9. (公社)地盤工学会, 平成28年熊本地震地盤災害調査報告書, 2017.04.
10. 土木学会水工学委員会熊本地震災害調査団, 大震度直下型地震による河川への影響の総合的調査研究報告書, 2017.03.
11. 駒延勝広, 石藏 良平, 安福 規之, 了戒公利, 熊本宇土道路における壁式改良工法の盛土沈下抑制効果, 土木技術資料58-5,pp.54-57, 2016.05.
12. 平成22年7月中国地方豪雨災害調査団, 平成22年7月中国地方豪雨災害調査報告書, 土木学会中国支部, 2010.12.
13. 地盤工学会,高炉水砕スラグの地盤工学的利用促進に関する研究委員会委員, 高炉水砕スラグの地盤工学的利用促進に関する研究委員会報告書, 地盤工学会, 2010.04.
14. 2009年7月豪雨による山口県土砂災害緊急調査団,地盤工学会, 2009年7月21日豪雨による山口県防府地区での斜面災害, 地盤工学会誌),Vol.57, No.12, pp.39-42, 2009.12, 2009.12.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」