九州大学 研究者情報
発表一覧
渡辺 敦史(わたなべあつし) データ更新日:2021.10.04

教授 /  農学研究院 環境農学部門 森林環境科学


学会発表等
1. 渡辺敦史, ウルシ遺伝資源評価は何をもたらすのか?蓄積された過去の財産を将来に伝えるために
, 漆サミット, 2020.11, 日本のウルシ林の遺伝的多様性を明らかにし、渡来種とされてきたウルシが我が国にも天然分布していた可能性、日本全体のウルシ林の遺伝的関係性、育種による優良品種開発に向けた取り組み法、ウルシ林の造成・管理法などを一般市民を対象として解説している。.
2. 渡辺敦史・田村美帆・田端雅進, 現存ウルシ林の遺伝的多様性, 日本森林学会, 2020.03.
3. 渡辺敦史,山口莉美,泉雄一郎,田村美帆,田端正進, 優良ウルシ選抜に向けたDNAマーカー開発の取り組み
, 第130回日本森林学会, 2019.03.
4. 渡辺敦史・山口莉美・田村美帆 , ウルシ液滲出時の遺伝子発現解析
, 日本森林学会, 2018.03.
5. 渡辺敦史・田村美帆・玉城雅範 , リュウキュウマツ保全に向けた遺伝構造の解明
, 亜熱帯研究会, 2017.08.
6. 渡辺敦史, ゲノム情報を利用したスギ育種の可能性と今後の展望
, 九州紙パ研究会, 2015.06.
7. 渡辺敦史, ウルシ優良個体選抜に向けて, 2015.12.
8. 渡辺敦史, スギさし木発根における遺伝子発現プロファイルの構築
ー大量増殖手法の確立を目指してー
, 2016.03.
9. 柳原尚貴, 坪村美代子, 平岡裕一郎, 栗田学, 平尾知士, 高橋誠, 渡辺敦史, DNAマーカーに基づいた次世代優良少花粉スギの効率的スクリーニング
�, 日本森林学会, 2015.03.
10. 福田有樹, 三嶋賢太郎, 田村美帆, 渡辺敦史, 環境シグナルに対するスギ木部形成遺伝子群の発現応答
�, 日本森林学会, 2015.03.
11. 小林玄, 松永浩治, 井城泰一, 山口莉未, 田村美帆, 渡辺敦史, 次世代抵抗性品種開発に向けたマツノザイセンチュウの再収集と遺伝資源評価
, 日本森林学会, 2015.03.
12. 宮田翔介, 岩泉正和, 井城泰一, 田村美帆, 渡辺敦史, クロマツ多様性に基づく抵抗性品種の再評価
�, 日本森林学会, 2015.03.
13. 渡辺敦史, 海岸林の未来を語る対話の場 —マツ林保護と再生に向けてー, 日本造園学会, 2014.05.
14. 田村美帆, 郷田乃真人, 福田有樹, 坪村美代子, 三嶋賢太郎, 渡辺敦史, 大規模に集積されたスギ遺伝子のインフォマティクス解析, 森林遺伝育種学会, 2014.11.
15. 山口莉未, 平尾知士, 渡辺敦史, マツノザイセンチュウのクロマツ樹体内における移動と発病の関係性, 森林遺伝育種学会, 2014.11.
16. 小林玄, 松永孝治, 渡辺敦史, マツノザイセンチュウの増殖と病原性の関係, 森林遺伝育種学会, 2014.11.
17. 三嶋賢太郎, 井城泰一, 藤原健, 黒田克史, 渡辺 敦史, スギ早期選抜にむけた EST 情報の収集と網羅的発現解析, 日本森林学会, 2013.03.
18. 井城泰一, 三嶋賢太郎, 石栗太, 平岡裕一郎, 三浦真弘, 渡辺 敦史, スギ次世代化に向けた材質形質の遺伝性評価, 日本森林学会, 2013.03.
19. 小野雅子, 栗田裕子, 渡辺 敦史, 適正な系統管理に向けたラベルシステムの高度化, 森林遺伝育種学会, 2012.11.
20. 坪村美代子, 中村博一, 市村よし子, 伊藤美和子, 原口雅人, 斉藤央嗣, 渡辺 敦史, 少花粉スギ品種の選抜とその特性, 日本森林学会, 2013.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」