九州大学 研究者情報
発表一覧
水野 敦子(みずの あつこ) データ更新日:2021.07.30

准教授 /  経済学研究院 国際経済経営部門 国際経済分析講座


学会発表等
1. Kenta Goto, Atsuko Mizuno, The Asian Garment Industry in Global Value Chains: An Overview / The Myanmar Garment Industry’s Position in the Global Value Chain:Focusing on Export Expansion in the 2010s, The 12th INDAS-South Asia International Conference, 2020.12, [URL].
2. 水野敦子, 日本の農業分野における外国人技能実習生の受け入れ―熊本県阿蘇の事例を中心に―, 九州大学韓国研究センター開設20周年記念シンポジウム「東アジアにおける人の国際的移動ー海外労働者の受け入れと社会変化ー」, 2020.01.
3. @水野敦子, マレーシア都市部におけるミャンマー移民労働者, 日本マレーシア学会, 2019.12.
4. 水野 敦子, 「労働力流出下のミャンマー都市近郊農村における農業機械化の進展」, アジア政経学会, 2019.11.
5. LIU Xiaojun, MIZUNO Atsuko, FUKAGAWA Hiroshi, "The Implementation and Effects of the Direct Payments for Hilly and Mountainous Area: The Case of Kurogimachi in Yame City, Fukuoka Prefecture ", 政治経済学・経済史学会九州部会, 2019.10.
6. 水野 敦子 , ミャンマー縫製業の成長と国際分業構造:南アジアとの比較に向けて, 神戸大学経済経営研究所兼松セミナー、 南アジア地域研究京都大学拠点(KINDAS)/南アジア地域研究広島大学拠点(HINDAS)/南アジア地域研究東京大学拠点(TINDAS)共催, 2019.07.
7. 水野敦子, ミャンマー都市近郊における農村経済の変化に関する調査報告, 政治経済・経済史学会, 2018.11.
8. @水野敦子 @ナンミャーケーカイン, 「マレーシアにおけるミャンマー移民労働者の実態:ペナンでのインタビュー調査をもとに」, 日本マレーシア学会2017年度(第26回)研究大会, 2017.10.
9. Atsuko Mizuno, Production Migration to Labor-sending Countries, and Upgrading of the Thai Garment Industry, SEASIA 2017 Conference, 2017.12, Previouse study has shown that unskilled foreign workers have provided Thailand breathing space to upgrading the industry by allowing the country to continue with labor-intensive industried. It is pointed out that the garment firms, that were late in upgrading were likely to hire foreign workers during the period of structural adjustment. Thailand's cloting industry exports reached a peak in the latter half of the 2000s, and then began to show a downward trend. Meanwhile, the labour-sending countries to Thailand, especially Cambodia and Myanmar, has increased clothing exports since the begining of this century. Higher poroduction costs and labour shortage forced the garment manufactures in Thailand to implement industrial up grading, and move some production to the neighboring countries, in order to stay competitive and even achieve some growth. However, the relationship between employing foreign workers, the status of ungrading and production shifts to labor-sending countries has not been regorously assesed. The major popuse of this study is to analyse upgrading of Thai garment industry and production migration to Myanmar, the largest labour-sending country, with a focus on the evolution of the production network between these to countries. The produncion shift of garment industry from Thailand to the labour-sending countries expanded in the 2010s, in stite of coutinuouse labour immigration to the industry in Thailand. We reveal that production networks between thailand and the neighbouring countries were consolidated and that the Thai garment industry has sucseeded in upgrading while employing foreign workers trough this change..
10. 水野敦子, 都市労働需要の拡大下におけるヤンゴン近郊農村の農外就労―タン. ダピン郡区一村落の事例―, 東南アジア学会第97回研究大会, 2017.06.
11. 水野 敦子, ミャンマーにおける縫製業の成長と地域・世界経済への再統合, 神戸大学経済経営研究所RIEBセミナー, 2015.10.
12. 水野 敦子, ミャンマーにおける縫製業の成長とタイとの分業関係の進展, 2015年度アジア政経学会秋季大会, 2015.10.
13. 水野 敦子, ミャンマー中央乾燥地域の農村経済と労働力流出―ニャンウ―県における一農村調査を中心に, 政治経済学・経済史学会 2015年度九州部会, 2015.10.
14. 水野 敦子, ミャンマーからのマレーシアへの人口移動とその就業, 京都大学地域研究統合情報センター/地域研究コンソーシアム(学会連携プログラム) 東南アジア学会/日本マレーシア学会/東京大学グローバル地域研究機構持続的平和研究センターCDR 共催 「東南アジアの移民・難民に関する緊急研究集会」, 2015.07.
15. 水野 敦子, ASEAN経済統合の進展下における労働力送出国ミャンマーの工業化, 樫山奨学財団研究懇談会「現代アジア研究の今とこれから」を考える, 2015.04.
16. 水野 敦子, 矢倉研二郎, タイを中心とした国際労働移動に関する研究-地域経済統合は何をもたらすのか?, 第6回バンコク東南アジア研究会, 2014.12.
17. 水野 敦子, マレーシア都市部におけるミャンマー移民・難民の今日的状況, 日本マレーシア学会,2014年度研究大会, 2014.12.
18. 水野 敦子, 日本市場向け輸出拡大を通じたミャンマー縫製業の成長と雇用拡大, 産業学会、第52回全国研究会, 2014.06.
19. 水野 敦子, ミャンマー縫製業の日本向け輸出の拡大東アジアにおける生産拠点分散化との関連から, 亜細亜大学・国士舘大学・九州大学3大学連携/ 第7回東アジア経済ワークショップ, 2014.03.
20. 水野 敦子, ミャンマー・ドライゾーンの農村労働力流出, 国際金融開発経済研究会, 2014.02.
21. 水野 敦子, 「ミャンマー縫製業の非熟練労働市場と生産管理システム-ヤンゴンでの工場調査を中心に-」, 産業学会 2013年度西部部会, 2013.11.
22. 水野 敦子, ミャンマーと中国の関係―パウッポー(胞波)関係の変容, 地域研究コンソーシアム(JCAS)公開シンポジウム「日中関係の質的変容をどう理解するか―他地域の視点から捉えなおす」, 2013.11.
23. 水野 敦子, ミャンマー中部乾燥地域農村の労働力流出に関する一考察, 東南アジア学会 九州例会, 2013.04.
24. 水野 敦子, ミャンマーにおける農村労働力流出に関する一考察―中部乾燥地域での事例から―, 2013年度 ビルマ研究会, 2013.04.
25. 水野敦子, 「ミャンマーにおける中国の経済援助拡大の意義と課題―輸出加工区建設の頓挫を巡って―」, 2008年度アジア政済学会西日本大会, 2008.06, 中国の経済協力の一環として計画されたミャンマーの輸出加工区建設計画について,従来の軍政の閉鎖的経済体制を支えてきた中国とミャンマーの経済協力とは性格の異なるものとして注目し,その意義と課題について考察した。.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」